teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


寄生虫

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 6月16日(土)21時20分46秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>中国が衰退したのはアヘン戦争から20年くらい前までと思います

 大清帝国時代に鎖国してなかったらどうなってたんでしょうかね
どうにせよ満州人支配を漢人がそのまま受け入れるとは思えないので体制はひっくりかえったとは思いますが。

>世界三大発明や世界三大料理にも影響力ありますし

 中国が発祥・先に発明というのは結構ありますね。火薬もそうですし。
料理といえば、中国では飢餓を何度も経験しているため、
飛んでいるものは飛行機以外、泳ぐものは潜水艦以外なんでも食うと言われていますが、
生食はしないですね。やはり生で食べるといろんな寄生虫や病気にかかると知ってたからでしょうが、
生食文化がある日本だと昔はサナダムシや回虫などの寄生虫をもっている人が多かったそうですが、
中国の人はどうだったのでしょうかね

>つい最近までは弥生人は朝鮮半島から来たといわれていましたが遺伝子から中国南東部から海流に乗って来たといわれています。

 遣唐使でさえ何度も難破しているルートですが、当時の造船技術と航海術では文字通りの死地に赴く感じだったのでしょうね。
もしくは、台湾から先島諸島→沖縄→奄美諸島というルートだったのでしょうか。

 
 

中国について

 投稿者:САША  投稿日:2018年 6月11日(月)12時00分46秒
返信・引用
  こんにちは。
中国の話題がでたので中国について述べたいと思います。中国は世界四大文明の中でも常に世界に影響力あったと思います。インドも凄いですが。中国が衰退したのはアヘン戦争から20年くらい前までと思います。戦乱が多い国なので多少の栄枯盛衰は繰り返していましたが。世界三大発明や世界三大料理にも影響力ありますし。昔、ファーストフード店やファミリーレストランなどの外食産業があまりなかった頃でも大衆食堂や中華料理店はありました。日本人は弥生人と縄文人の混血です。つい最近までは弥生人は朝鮮半島から来たといわれていましたが遺伝子から中国南東部から海流に乗って来たといわれています。戦乱での難民かもしれませんね。今から40年以上前ですが竹村健一氏が中国は眠れる獅子が起き上がるだろうと予言していました。そのとおりになっています。
 

地上絵破壊

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 6月10日(日)21時42分44秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>ナスカの地上絵は小型のものですと作り方は想像できるそうですが何のために作ったかは謎だそうです。

 作る自体は手間暇かければできますが、たしかに何のために作ったんでしょうかね。
祭祀用というのが有力ですが、人が歩くには幅が狭いですし。

>周辺の丘や山からでは角度がついて見にくく真っ正面、つまり真上からでないと見にくいといわれています。

 地べたから見ると見にくいどころか絵がかいてあること自体がわからないぐらいですね。
最近、ナスカの地上絵が破壊されつつありますが、理由としてトラックがショートカットして
通行するために車輪の跡がついてしまうからで、運ちゃんもそこに地上絵があるって見えてないんでしょうかね

>ただし最近発見されたナスカの巨大地上絵は衛星からしか見えないそうです

 全長が50kmもあるとか。
ただ、自然物や送電線が重なって偶然的に造形物に見えるという説もありますね

>超高高度大気圏または成層圏に訂正します

 実質的に衛星からしか見えないでもいいかと思います。些細な事には気にしません。
wikiみたいに[要出典]とかつけたくないですし

>気球に似た飛行物体は昔からあります

 たしかに人類が最初に空に飛び立ったのは気球ですね。
1783年のフランスのパリでのお話しになりますが、気球の初飛行見物に集まったのは40万人にも達したそうです。
戦争でも一か所にそんなに集まらないのでどれだけ空を飛ぶのを人間が期待してたかがわかります。
 中国といえば、ワン・フーという明代の役人が黒色火薬を使って宇宙に行こうとしたという話があります。
本家中国にはそういう記録がないのですが、アメリカの本で出てきます。
内容は、椅子に黒色火薬を装填して点火して打ち上げるというものですね。
「怪しい伝説」というテレビ番組で検証実験があったのですが、椅子にマネキンを載せて点火すると
見事に爆発して四散したそうです。
 

度々の訂正

 投稿者:САША  投稿日:2018年 6月 8日(金)10時25分45秒
返信・引用
  グライダーやパラグライダーに似た空飛ぶ乗り物と投稿しましたがチャイニーズランタンなど気球に似た飛行物体は昔からあります。中国人やインディアン、南米の原住民などはモンゴロイドです。古代の陸地が広かった頃は環太平洋モンゴロイド文化圏があったのかもしれませんね。  

訂正

 投稿者:САША  投稿日:2018年 6月 8日(金)10時04分4秒
返信・引用
  最近発見されたナスカの地上絵は衛星からしか見えないと投稿しましたが誤認だということがわかりました。超高高度大気圏または成層圏に訂正します。度々の訂正すみません。  

オーパーツ

 投稿者:САША  投稿日:2018年 6月 7日(木)22時57分9秒
返信・引用
  こんばんは。
ピラミッドはどうやって作ったかわからないということはオーパーツの一種なんでしょうね。ナスカの地上絵は小型のものですと作り方は想像できるそうですが何のために作ったかは謎だそうです。周辺の丘や山からでは角度がついて見にくく真っ正面、つまり真上からでないと見にくいといわれています。
つい最近、関西外大航空部監督の方と約一年ぶりに会いました。飛行機免許、ヘリコプター免許を持ち航空機免許斡旋業や航空機での患者搬送の仕事をしているそうです。定期便では間に合わない突発的な移動で手配もしているそうです。顧客には吉本興業やジャスティンビーバーがいるそうです。その方はグライダーにも詳しく上昇気流をとらえれば長時間飛行できるそうです。古代の人は動力付きでなくても航空理論さえ知っていればグライダーやパラグライダーに似た空飛ぶ乗り物に乗ってナスカの地上絵を楽しんでいたのかもしれませんね。ロマンは広がりますね。ただし最近発見されたナスカの巨大地上絵は衛星からしか見えないそうです。全く謎であり想像を超えていますね。
 

ピラミッド

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 6月 6日(水)19時38分18秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>与那国島不思議自然地形?に関しては一部の人々が遺跡だと主張していますが自然地形が主流です。

 与那国島海底地形は私も自然地形だと思うのですが、それにしては結構整えられてできてますよね。
大きな建造物はたまに宇宙人が作ったとかいう人も出てきますが、たとえば万里の長城とか、ピラミッドとか
宇宙人が作ったという説が全くでないのは作る過程が記録として残っているからですけど、
記録をとるって大事なんだなぁと思います。
ピラミッドは人間が作ったのは確実ですが、どうやって作ったのかはよく分かっていないですね。
昔は外部スロープ説(外に土盛りして角度を抑えて上に運ぶ方法)が主流でしたが、それをやると
角の角度が測れないという致命的な欠点が出てきます
(角度がずれると上手に四角錐ができないばかりか重量がめっちゃ重たいため崩れる危険性がある)
今では内部スロープ説が有力ですが、実際にはどうなのでしょうか

>ただし大災害が起こりまた東京を復興しているようでは関東大震災の二の舞です。

 大手ゼネコンはめっちゃ喜びそうですが、遷都するにしてもどこにするかというのは
結論はでないような気もします。
そういえば、奈良時代あたりは何回か遷都していますね。当時は物資が貴重品のため、
使えるものは何でも解体して移築したそうですので、凄まじい労力が必要だったんでしょうね。
逆にいえば、農閑期は農民は仕事がないため、ただ飯食わせずに公共事業させてたともいえるのでしょうか
 

古代遺跡

 投稿者:САША  投稿日:2018年 6月 3日(日)13時36分54秒
返信・引用
  こんにちは!
以前に古代の低地の生活は石器以上現代以下と投稿しましたがギョベクリ テペ遺跡や与那国島不思議自然地形?遺跡?など一万年以上前と思われるものがあるため追加と訂正します。
ギョベクリ テペに関しては石器ではあのような石の加工品を造るのは難しく金属工具を使用していたと考えるほうが妥当だと思います。
与那国島不思議自然地形?に関しては一部の人々が遺跡だと主張していますが自然地形が主流です。しかしギョベクリ テペでさえ地上にあるのにまだあまり発掘されていません。海中にある与那国島不思議自然地形?を表面だけ調べて自然地形だと決め付けるのはどうかな?と思います。
よって古代の低地の生活は金属工具以上現代以下に訂正します。すみません。

確かに遍都は現実的ではありません。大災害が起こってからでも遅くはないというか仕方ないと思います。ただし大災害が起こりまた東京を復興しているようでは関東大震災の二の舞です。歴史から学ばなければなりません。もしそんな同じ過ちをするようでは私が前からいっているように役人の上層部と国政にたずさわる政治家は木を見て森を見ず、でしょうね。つまり全体像や大局観を見る能力がないということです。
 

10年前の10年後

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 6月 2日(土)21時33分58秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>東京は天災の面から最悪の都市です。

 東京は不思議と台風は直撃しないんですよね。
日本の場合は現実的な脅威として、いつくるかわからない地震よりも、
台風のほうが脅威と思うのですが、そういう面では恵まれているといえますね。
台風は来なければ来ないで水不足に悩まされるので、来るなとは言えないんですよね(´ω`)

>日本の真ん中に首都をおけばどうかな?って思います。

 オーストラリアは、首都をシドニーかメルボルンかで揉めにもめて、結局は中間のキャンベラで決着しましたね。
今の日本で遷都は現実的ではありませんが、政府が決めたらすさまじいまでの誘致合戦になるんでしょうね

>東海、凍南海、南海地震のすべてで影響をうけやすい地域でもあります。

 東海地震が起きたときに確実に影響するのがトイレットペーパーで
意外なことにトイレットペーパーはほぼ国産品でしかも生産の7割ぐらいが静岡に集中しているそうです。
トイレットペーパーは2か月分ぐらいは在庫でもっておいたほうがよさそうですね。

>少年の頃から実生活に関係のない空想をするのが趣味で今も続けています。

http://old2ch.com/archives/4062554.html

空想といえば、2001年に10年後の首相を予想するスレが2ちゃんねる(当時)にありまして、
上記サイトはピックアップ版のため、必ずしも当時を反映していませんが
(10年後を知っている立場での編集のため)
書いた本人もネタでふったと思われる鳩山(兄)や菅直人とか、見事的中していますね。
(ちなみにスレ立て時点のちょうど10年後の2011年9月6日時点での首相は野田佳彦)
スレ読めばわかるように、いわゆる小泉人気が絶頂の頃ですが、
この人たちに「10年後は民主党が政権とってるよ」と教えたら信じてくれるのでしょうか?
 

遍都

 投稿者:САША  投稿日:2018年 5月27日(日)17時22分4秒
返信・引用
  こんにちは。
東京は天災の面から最悪の都市です。関東大震災もありましたし、もし富士山が噴火すれば偏西風にのり被害があります。大阪を首都にしても前島密が言ったように東日本が衰退してしまいます。除雪はコストがかかるため雪が降る地域の衰退は仕方ありませんが。やはり岐阜愛知県新首都構想があるように日本の真ん中に首都をおけばどうかな?って思います。しかし東海、凍南海、南海地震のすべてで影響をうけやすい地域でもあります。その時は大阪をサブにして機能すればどうかな?って思います。
少年の頃から実生活に関係のない空想をするのが趣味で今も続けています。愛知県が首都になればいいなって思ったのも少年の頃でした。モスクワ国立大学人文学部に行ってから私より遥かにエスカレートした人々に出会いさらに深く考えるようになりました。昔、お金がなかった私は図書館に行くか立ち読みしかなかったのですが今はインターネットがあるので便利です。実生活に関係のない空想を続けていましたが今はある政治家の幹事をしていますので今までの勉強が助言に役立っています。芸は身を助けるとはこのことですね。
 

PT境界

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 5月26日(土)22時23分25秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>明治に大久保利通が首都を大阪にしようという案があったようです

 軍事面からも、大村益次郎が大阪を中心に添えようという考えがあったようですね。
ようは、明治維新後の内乱は西からおこるだろうという想定ですが、大阪が首都だったら
「大阪ラブストーリー」「大坂を斬る」「大坂捜査網」「阪神の星」
とかいうドラマ・時代劇・アニメができてたかもしれないですね(´ω`)

>関東大震災で大きな損害がありました。個人的意見になりますがこの時点で遍都したほうが良かったと思います

 政府も本気で遷都しようと思ってたようですね。案はいくつかあったそうですが、
日本国内ですと、加古川(兵庫)あたりが「過去に大災害が記録されていない」という理由で
遷都先の1つとされたり、
将来の大陸進出を見越して京城(ソウル)に遷都という案もあったそうです。
ソウルに遷都してたら太平洋戦争敗戦後が凄まじく大変だったような気がします(´ω`)

>歴史にもしもはタブーといわれていますが

 タブーというか、実際にありえなかった話なので、議論したらキリがないという意味でしょうね。
私はいいとは思うのですが・・・

>爬虫類の中でも亀は特殊です

 亀はすさまじく昔からいるそうですね。古世代から中生代に移る時の大量絶滅、いわゆるP-T境界より前から
いたということで、すげーなと思います。
亀は新陳代謝が遅いそうで、100年以上生きる種もあるそうですね。
あと、亀は大航海時代の船乗りの貴重な食料だったそうですね。リクガメは遅いので捕まえるのが容易で
ひっくり返してしまうと自力で起き上がれないので、保存も楽だったとか。
 

日本の首都

 投稿者:САША  投稿日:2018年 5月26日(土)17時08分14秒
返信・引用
  こんにちは。
少し話題からそれますが明治に大久保利通が首都を大阪にしようという案があったようです。前島密がそれでは東日本が衰退してしまうと助言し東京になりました。その後、関東大震災で大きな損害がありました。個人的意見になりますがこの時点で遍都したほうが良かったと思います。東京は徳川家康が左遷され湿地帯に作った都でその上に耐震設計されたビルが建ち並び軟弱な地盤だからです。それではどこが良いか?愛知県が良いと思います。愛知県は日本のほぼ真ん中で京都や大阪にも近いですし東京にもそんなに遠くありません。日本海にも近いですし福井や石川も発展していたと思います。歴史にもしもはタブーといわれていますが節度あるもしも、でしたら反省する意味をこめて将来に向け多いにありだと思います。
爬虫類の中でも亀は特殊です。進化の過程も謎ですし体温を一定に保てる種類もいます。しかも何か癒されます。
 

ナチュラルセレクション

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 5月23日(水)20時44分10秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>天皇が住んでいた場所を首都とする説

 なるほど。たしかに、江戸時代のドラマや映画だと
「京へ上る」
「これから江戸へ下る」
というセリフも見えますね。
日本の場合は、憲法での首都の定義がないですが、天皇がお住まい・政治の中心という2つを満たしていますので
東京が首都というのは間違いないですが、昔は必ずしも一致してなかったですね。

>酸素を使う動物の中でも今生き残っている爬虫類は同じ爬虫類の恐竜が絶滅したのに凄いと思います。

 体が大きいと長生きする傾向にあるそうです。
下手に長生きしてしまうと急激な環境の変化に耐えられないため滅亡したという説もありますね。
また、かつて存在していたマンモスですが、人間と同じく1回の出産で1匹の誕生のためか、
狩猟に弱かったために滅亡したという説もありますね。
かつての弱肉強食の頂点が変わってしまうとこういう弊害もあるのですね
 

日本の首都の定義

 投稿者:САША  投稿日:2018年 5月20日(日)16時00分4秒
返信・引用
  こんにちは。
日本の首都の定義がはっきりしないため政治の中心、つまり豊臣政権が大阪にあったため大阪が当時の首都であったともいえます。天皇が住んでいた場所を首都とする説もあります。私見では難波宮が大阪で唯一あった首都だと思っていたのですが伝説では仁徳天皇などが大阪に住んでいたそうです。実際に仁徳天皇陵や高津神社があるわけですから今の大阪市南部に住んでいたのは限りなく事実に近い伝説かもしれませんね。
恐竜は最新の研究では体温調節できた種類もいたのではないか?といわれていますがここでは一応爬虫類ということで投稿します。酸素を使う動物の中でも今生き残っている爬虫類は同じ爬虫類の恐竜が絶滅したのに凄いと思います。しかもあまり食べなくてすむ省エネ体質ですし。哺乳類のほうが優れていると思われがちですが共存しているため爬虫類は長所も十分あると思います。
 

難攻不落

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 5月19日(土)22時07分24秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>大阪が首都だったのは一回しかなかったと書きましたが何度かありました。

 そうだったのですか。
私も1回(豊臣政権)だけだと思っていました。

>交流しやすいということは逆にいえば攻めやすいことを意味します

 典型的な所が稲葉山城(岐阜城)ですかね。
今でもケーブルカーでないと行くのは厳しいですし(歩いていけないことはないですが)。
ただ、難攻不落の稲葉山城という割には7回ぐらい落城してますけどね(´ω`)

>酸素を使う生物はハイパワーを生み出します。

 酸素は燃焼に必要ですが、生命にも力を与えるのですね。
土星の衛星タイタンはメタンがあるのは分かっていますが、酸素は確認されてないですね。
仮に酸素があった場合、少しの火花で衛星全体レベルでの大爆発になると思うのですが、
そういう意味ではタイタンに生命がいる可能性は絶望的ということでしょうかね
 

訂正

 投稿者:САША  投稿日:2018年 5月14日(月)22時09分57秒
返信・引用
  大阪が首都だったのは一回しかなかったと書きましたが何度かありました。奈良の前は大阪に首都があったという説まであります。勉強不足ですみません。  

首都

 投稿者:САША  投稿日:2018年 5月14日(月)12時14分52秒
返信・引用
  こんにちは。
九州や出雲と比較すれば奈良や京都は外国と交流しにくい地形だと思います。交流しやすいということは逆にいえば攻めやすいことを意味します。防衛面かもしれませんね。奈良も京都も盆地で攻められにくいですし瀬戸内海の海の終着駅である大阪にも近いです。大阪は昔から四天王寺などがあり港町として栄えていましたが首都になったことは一度しかありません。奈良や京都の首都の期間が長かったのは便利さより安全を優先したのかもしれませんね。台風の通り道である日本列島も盆地であれば防いでくれますし。
酸素を使う生物はハイパワーを生み出します。動物の中でもあまり食べなくてすむ爬虫類よりたくさん食べなければならないが温度にあまり影響されず活発に動ける鳥類や哺乳類も共存しているということは今の地球は多様性があるんでしょうね。
生物の中では酸素を使う動物がハイパワーを生み出しますが無生物に近い中間的存在である恒星は核反応をエネルギー源にしているため凄くハイパワーを生み出すといえます。
 

内陸

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 5月13日(日)18時54分9秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>奈良、京都は内陸部ですし

 古代の都市はたしかに内陸ですね。大きい船もなかったことですし、物資の集積なんかは
内陸が良かったのでしょうかね。

>無生物、特に金属では酸素は猛毒です

 具体的にどんな生物とは実例をあげる知識がないのですが、
昔は酸素がなかったせいか、今の細菌でも酸素を嫌う種類がいると聞いたことあります。
 

地球のバランス

 投稿者:САША  投稿日:2018年 5月10日(木)12時11分45秒
返信・引用
  こんにちは。
おっしゃるように内陸部で栄える現象は海に囲まれた日本でもあります。奈良、京都は内陸部ですし。世界四大文明は大河周辺で低地ですが水害が多発し人は集まるものの政治の中心は内陸部のほうが都合が良かったのかもしれませんね。近代になり防衛面ではなおさらです。
地球のバランスはおっしゃるように温度調節素晴らしいと思います。暖かくなれば厚い雲でおおわれ放射冷却現象は起こりにくいものの太陽熱を遮断できます。寒くなっても火山活動が活発になれば温室効果が期待できますし。植物と水のおかげで自浄作用があるのかもしれませんね。無生物、特に金属では酸素は猛毒です。猛毒をだす植物とそれを使う動物のバランスも素晴らしいです。
 

石炭紀

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 5月 9日(水)22時38分27秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは。

>核戦争で何度も古代文明が滅びたという説は古代文明を高く見積もっている人達の説でしょうね。

 本当なら何らかの痕跡が残ってる筈ですからね。

>昔の人は石器を使っていたことが発見されていますが当時はその場所は高地でした。

 高地といいますか、栄えた都は内陸が多いですね。
今でも主要国の首都は内陸が多いですね。これは防衛上の問題
(19世紀あたりまでは艦砲射撃を食らう可能性があったため)
なのでしょうが、それ考えたら東京は海に近い&海抜が低いという条件が悪い都市ですね。

>全球凍結が溶けだした原因は火山活動による温暖化で熱がこもったためだといわれています

 そのまま温暖化の暴走で金星化しなかった地球は自浄作用があるんでしょうかね。
全休凍結の要因の1つとしては二酸化炭素の劇的減少があるそうですが、
石炭紀は地球の陸地の大半が森林で、酸素濃度が35%にも到達したそうで、それが氷河期への
引き金になり、今、地球で取れる石炭の原料となったそうですね。
石炭紀に人類はいませんが、存在してたら相当巨大化してたんでしょうね。
 

レンタル掲示板
/25