teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 <思いやりのあるコミュニティ宣言>
 teacup.掲示板は、皆様の権利を守りながら、思いやり、温かみのあるコミュニティづくりを応援します。
 いつもご協力いただきありがとうございます。

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


Re: p90

 投稿者:木下筑前  投稿日:2022年 1月11日(火)22時05分23秒
返信・引用
  > No.819[元記事へ]

ロードスの騎士さんへのお返事です。

こんばんは

プロジェクト90いいですよね('ω')
トイテックの電動ガンもってました。
今は東京マルイに鞍替えしていますけど

> 画像が入っていませんでした。
 
 

Re: ホバリング

 投稿者:木下筑前  投稿日:2022年 1月11日(火)22時04分4秒
返信・引用
  > No.817[元記事へ]

CAШAさんへのお返事です。

こんばんは。

ホバリングで勘と訓練で克服してたと思ったのですが、鏡をつかってるのですね。
小型船舶免許をお持ちとは羨ましいです。一時期、K400(アマチュア競艇)に憧れて
本気で取ろうとした時期がありました。今は賭けに専念してますが('ω')
やはり、車は個体、船は液体、ヘリは気体が相手なので、レスポンスは異なるのですね。


> こんばんは。
> ホバリングは難しいと思います。強風が吹けばながされすぐ横に断崖絶壁があれば当たって大事故になる可能性もあります。関西外大航空部監督、当時は関大航空部監督にかなり前に忘年会誘ってもらい隣に朝日航洋のベテランヘリコプターパイロットが座ったのでいろいろ聞けました。ホバリングしロープを垂らして物を吊り上げる作業はパイロットからは見えないので鏡をみてすると言っていました。それがすごく難しいそうです。
> 今から30年くらい前ですが当時はヘリコプターの体験操縦ができた時代だったので監督とその関大の先輩に2回体験操縦させてもらえました。前、右、左、Uターンは免許がない私でも簡単でした。私は小型船舶免許を持っています。車より船のほうが舵の反応は遅いですね。水より空気のほうが抵抗少ないのでヘリコプターの舵の反応は船より遅いです。
 

p90

 投稿者:ロードスの騎士  投稿日:2022年 1月 9日(日)21時48分45秒
返信・引用
  画像が入っていませんでした。  

p90

 投稿者:ロードスの騎士  投稿日:2022年 1月 9日(日)21時45分44秒
返信・引用
  実家に戻ってきて、一作目です。白黒のほうは某雑誌のデッサンです。  

ホバリング

 投稿者:CAШA  投稿日:2022年 1月 8日(土)18時25分40秒
返信・引用
  こんばんは。
ホバリングは難しいと思います。強風が吹けばながされすぐ横に断崖絶壁があれば当たって大事故になる可能性もあります。関西外大航空部監督、当時は関大航空部監督にかなり前に忘年会誘ってもらい隣に朝日航洋のベテランヘリコプターパイロットが座ったのでいろいろ聞けました。ホバリングしロープを垂らして物を吊り上げる作業はパイロットからは見えないので鏡をみてすると言っていました。それがすごく難しいそうです。
今から30年くらい前ですが当時はヘリコプターの体験操縦ができた時代だったので監督とその関大の先輩に2回体験操縦させてもらえました。前、右、左、Uターンは免許がない私でも簡単でした。私は小型船舶免許を持っています。車より船のほうが舵の反応は遅いですね。水より空気のほうが抵抗少ないのでヘリコプターの舵の反応は船より遅いです。
 

Re: オートローテーション

 投稿者:木下筑前  投稿日:2022年 1月 5日(水)23時20分19秒
返信・引用
  > No.815[元記事へ]

CAШAさんへのお返事です。

こんばんは

ドスンと着陸だと機体が壊れそうですね('ω')
そもそも、ヘリってホバリングが難しいと聞きました。自衛隊でロープ降下する際の
ホバリングはほぼ動かないですが、猛訓練の賜物なのでしょうね('ω')


> あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。
> オートローテーションは免許を取るための試験でします。私はヘリコプター免許もってないので持っている人々の意見では極端に表現すればドスンと着陸する程度の技術では免許とりたての操縦士でもできるそうです。フワッと着陸する技術は上手だそうです。
> 車の免許で例えるなら車庫入れは免許を取るための試験でしますが車庫入れ専門のプロはすごく上手です。というわけでオートローテーションうまくするのはやはり技術がいるといわれています。
 

オートローテーション

 投稿者:CAШA  投稿日:2022年 1月 1日(土)23時18分46秒
返信・引用
  あけましておめでとうございます!今年もよろしくお願いいたします。
オートローテーションは免許を取るための試験でします。私はヘリコプター免許もってないので持っている人々の意見では極端に表現すればドスンと着陸する程度の技術では免許とりたての操縦士でもできるそうです。フワッと着陸する技術は上手だそうです。
車の免許で例えるなら車庫入れは免許を取るための試験でしますが車庫入れ専門のプロはすごく上手です。というわけでオートローテーションうまくするのはやはり技術がいるといわれています。
 

Re: アメリカのヘリコプター事情

 投稿者:木下筑前  投稿日:2021年12月31日(金)00時44分27秒
返信・引用
  > No.813[元記事へ]

CAШAさんへのお返事です。

こんばんは。

フライト情報を見るとアメリカはすさまじい数の飛行機が飛んでますよね。
飛行機の法律が違うからか、夜でもお構いなしに離着陸していますし。
オートローテーションは結構な技術が必要と聞いたことがあるのですが、
やはり難しいのでしょうかね
 

アメリカのヘリコプター事情

 投稿者:CAШA  投稿日:2021年12月28日(火)12時22分20秒
返信・引用
  こんにちは。
知り合いの関西外大航空部監督はアメリカで航空ビジネスもしているのでアメリカのヘリコプター事情にも詳しいです。アメリカにも山はありますが日本のような山だらけではなくほとんど平地が多いそうです。しかも国土も広いので航空機は日本よりはるかに飛んでいます。平地ですと滑走路を作るハードルが低いので燃費が悪くスピードでも劣るヘリコプターより飛行機のほうが圧倒的によく飛んでいます。それでも日本よりはるかにヘリコプターは飛んでいるそうです。有名人でもときどき自家用航空機の事故にあったと報道されるくらいですから相当飛んでいるのでしょうね。管理人様がおっしゃる通り車なら路肩に停めればいいですが航空機ならそんなことはできません。関西外大航空部監督はハイザーという全米屈指のヘリコプターパイロットといぜんにビジネスパートナーでした。ハイザーパイロットスクールも日本で開校しましたがバブル崩壊や阪神大震災、デフレ不況なので撤退しました。そのハイザー氏もアメリカで山火事消火中に事故に遭い旅立たれました。何かのエンジントラブルか山火事の熱風でヘリコプターが故障したのではないかといわれています。そのまま墜落せずオートローテーションという技術を使い不時着したのではないかといわれています。山火事で不時着すれば逃げ場がないのでたいへんだったでしょうね。私はそのことをテレビで知りショックでした。交通事故も怖いですが航空機事故も怖いですね。
 

Re: f8f

 投稿者:木下筑前  投稿日:2021年12月26日(日)23時25分42秒
返信・引用
  > No.810[元記事へ]

ロードスの騎士さんへのお返事です。

こんばんは

ベアキャットは不人気というより知名度がなかったかと思います('ω')
ベアキャットは7.5G以上の力が翼にかかると外れるように設計されていましたが上手くいかず、
(高Gで翼全てを破損させないようにした措置)
爆発で対処しようとしたら地上で暴発して作業員がお亡くなりになって廃止されたそうですね('ω')
これは日本のwikiには記載がないので、本当なのかなーって思いますが('ω')(アメリカwikiには記載がある)。

私は不人気だけど好きというのは、パッと思いつかないですね('ω')
航空機・・・F-2
戦車・・・90式
艦船・・・高雄級一等巡洋艦
ライフル・・・M4カービン
拳銃・・・USP
至極まっとうなのが好きですね('ω')


>  今、プラモのf8fを作っています。比較的不人気だけど私は好きなんです。
>  それで、思ったんですけど、筑前さんは不人気だけど自分は好きなものってなんですか?
>  私は
>  戦車‥二次大戦フランス戦車(R35とか)
>  銃器‥百式機関短銃
>  艦船‥ジャンバール
>  航空機‥f8f、f2aバッファロー、二次大戦ソ連機
>  フランスの兵器は独特のデザインセンスが好きなので、お気に入りです。
 

Re: 補足

 投稿者:木下筑前  投稿日:2021年12月26日(日)23時14分58秒
返信・引用
  > No.809[元記事へ]

CAШAさんへのお返事です。

こんばんは

ヘリの事故率ってアメリカ軍限定ですと、さほど固定機と差がないそうですね。
日本よりも多く飛んでいるアメリカですと、プライベート機の事故が結構多いとか
ヘリに限らず航空機の場合は、なんらかのトラブルがあっても路肩に駐車して
JAFを呼ぶってのができないので、危険だなーって思われてるんでしょうね('ω')


> こんにちは。
> 漠然とヘリコプターの事故率は高いと投稿してしまったので補足します。
> まずヘリコプターは事故率高くても小回りききますし軽飛行機より便利な乗り物だと自分では思っています。そこそこ高いところから墜落すれば軽飛行機もヘリコプターも死亡率は同じくらいです。同じ飛行回数でも飛行距離、飛行時間はヘリコプターは軽飛行機より短めです。軽飛行機以外のジェットやプロペラ旅客機はほとんど死亡事故はありません。軽飛行機とヘリコプターではニュースで報道されるような大きな事故はややヘリコプターが高いもののほとんど同じくらいです。それらのことからヘリコプターは旅客機などのすべての飛行機と比較すれば事故率は非常に高いといえます。軽飛行機と比べれば事故率はやや高いですが便利な乗り物なので山が多い日本の地形にあった乗り物だと思います
 

f8f

 投稿者:ロードスの騎士  投稿日:2021年12月25日(土)18時54分13秒
返信・引用
  今、プラモのf8fを作っています。比較的不人気だけど私は好きなんです。
 それで、思ったんですけど、筑前さんは不人気だけど自分は好きなものってなんですか?
 私は
 戦車‥二次大戦フランス戦車(R35とか)
 銃器‥百式機関短銃
 艦船‥ジャンバール
 航空機‥f8f、f2aバッファロー、二次大戦ソ連機
 フランスの兵器は独特のデザインセンスが好きなので、お気に入りです。
 

補足

 投稿者:CAШA  投稿日:2021年12月24日(金)13時44分32秒
返信・引用
  こんにちは。
漠然とヘリコプターの事故率は高いと投稿してしまったので補足します。
まずヘリコプターは事故率高くても小回りききますし軽飛行機より便利な乗り物だと自分では思っています。そこそこ高いところから墜落すれば軽飛行機もヘリコプターも死亡率は同じくらいです。同じ飛行回数でも飛行距離、飛行時間はヘリコプターは軽飛行機より短めです。軽飛行機以外のジェットやプロペラ旅客機はほとんど死亡事故はありません。軽飛行機とヘリコプターではニュースで報道されるような大きな事故はややヘリコプターが高いもののほとんど同じくらいです。それらのことからヘリコプターは旅客機などのすべての飛行機と比較すれば事故率は非常に高いといえます。軽飛行機と比べれば事故率はやや高いですが便利な乗り物なので山が多い日本の地形にあった乗り物だと思います
 

Re: 航空機のイメージ

 投稿者:木下筑前  投稿日:2021年12月20日(月)06時12分8秒
返信・引用
  > No.807[元記事へ]

CAШAさんへのお返事です。

おはようございます。

やはりヘリの事故率はたかいのですね
日本の場合は空を飛ぶのは法律の壁がやかましいという理由もあるかもしれませんね

 

航空機のイメージ

 投稿者:CAШA  投稿日:2021年12月17日(金)10時35分2秒
返信・引用
  おはようございます!
日本の空の産業がなぜ活発にならないのかは国民性にあるような気がします。空の乗り物の事故率は陸より低いといわれていますが、ヘリコプターの事故率はグンと上がります。ちょうど1年ほど前の年末に出村孝太郎氏が旅立たれました。私の知り合いの関西外大航空部監督と一緒に仕事したことがあったそうです。出村孝太郎氏にお会いしたことはありませんが知り合いのビジネスパートナーがこんなことになるとは私にとって衝撃的でした。短距離離着陸ダート軽飛行機を使わなくてもやや燃費が悪いヘリコプターで充分です。そのヘリコプターも事故するとたいへんなことになるというイメージでなかなか規制緩和できないんでしょうね。ひと昔前まで無駄な公共事業でいらない舗装路を作りまくったためヘリコプターのでる出番もないかもしれません。外国に行けばわかりますが先進国でも人がほとんど通らない道路も舗装するのは日本くらいのものです。
 

Re: 超音速時代

 投稿者:木下筑前  投稿日:2021年12月16日(木)21時29分12秒
返信・引用
  > No.805[元記事へ]

CAШAさんへのお返事です。

こんばんは

やはり超音速は燃費悪いのですね。
ソニックブームは実際にはどうなんでしょうかね。怪しい伝説での検証
(ホーネットを低空音速で飛行した)
だとやっとこさ硝子1枚割ったって感じでしたし('ω')

砂浜飛行場はやはり採算取れないのでしょうかね。

 

超音速時代

 投稿者:CAШA  投稿日:2021年12月14日(火)10時56分54秒
返信・引用
  おはようございます!
人類は有人動力飛行から50年ちょっとで宇宙に行きその少し後には月まで行っています。そんな人類でさえも超音速時代をあきらめてしまった原因は燃費とソニックブームにあるといわれています。最近はソニックブームを克服するめどはたっているようですが燃費の問題はまだ解決しないみたいですね。燃費が悪いから運賃が高くなりお金持ちしか乗らないがお金持ちは少ないので儲からないからやめてしまったということですね。家電などいろんな分野でお金持ちが最新の高価な物を買い軌道に乗れば普及していくパターンですが超音速時代だけは例外ですね。お金儲けのもう一つのパターンがすき間を狙うことです。グライダータクシーや短距離砂浜離着陸ダート軽飛行機はまさにすき間を狙ったビジネスプランです。最近は気象情報が発達し自動操縦の技術も素晴らしいためグライダータクシー将来実用化するかもしれません。短距離砂浜離着陸ダート軽飛行機のほうは需要が少ないので儲からない気がします。
 

Re: 超音速旅客機

 投稿者:木下筑前  投稿日:2021年12月13日(月)21時42分5秒
返信・引用
  > No.802[元記事へ]

CAШAさんへのお返事です。

> 一つ目はグライダーでの空のタクシーです。グライダーはエンジンがなく空を滑空する乗り物なので燃料代はいりません。しかしグライダーはエンジンがないので気流を読む操縦が難しく目的地まで安全に行けるベテランパイロットを育成するのはたいへんだと言っていました。よって今は考えてないそうです。


グライダータクシーはいいですね('ω')
昭和40年代とか未来予想図でほんとに空を飛び回る時代がくるとされましたが、
今のところ空を飛び回るどころか、車もタイヤで走行していますね('ω')


> 二つ目は砂浜を滑走路として使う短距離離着陸ダート軽飛行機です。日本は砂浜が多いので滑走路には困らないですが一般大衆に広く知ってもらうためには莫大な広告宣伝費がかかり知ってもらったとしても人口が少ない田舎の砂浜から砂浜に飛ぶ需要が果たしてあるのか?という疑問があるそうです。航空機を飛ばすためには手続きがたいへんで時間もかかるそうですがこの問題は規制緩和でなんとかできそうですが。


砂浜空港はイギリス(正確にはスコットランド)のバラ空港が有名かつ唯一ですね('ω')
車輪が砂にのめりこまないのかなーって思いますけども('ω')
 

Re: 超音速時代

 投稿者:木下筑前  投稿日:2021年12月13日(月)21時36分13秒
返信・引用
  > No.801[元記事へ]

ロードスの騎士さんへのお返事です。

こんばんは

旧交通博物館(秋葉原)にJAL仕様のコンコルドの模型があったのを覚えています。
当時は旅客機も超音速になると信じて疑われない時代でした('ω')
旅客機は日本はなかなか作れないでいますが、
もちろん簡単に作れるわけではないのですが、なにが理由があるのでしょうかね('ω')


>
>  敗戦後の十年くらいにジェットの研究・開発ができなかっとのが大きいんでしょうね。
> 今の中国みたいな立ち位置に日本がいたら、最低限のものは作れるんでしょうが、半属国な
> 状況ではなんだかんだで断念してしまうのでしょう
>
>
 

超音速旅客機

 投稿者:CAШA  投稿日:2021年12月11日(土)15時25分45秒
返信・引用
  こんにちは。
管理人様のおっしゃる通りお金的に合わなかったのだと思います。高い運賃でも乗ってくれるお金持ちの割合も少ないですし。超音速旅客機は運賃をとって実用化したのはコンコルドとソ連の飛行機しかありません。現在実用化検討中のものはソニックブームの問題は解決できても高い運賃でも乗ってくれ毎回満席になるような需要がないのでしょうね。
私の親しい知り合いに現在活動停止中の関西外大航空部監督で元関大航空部監督だった人がいます。関西外大航空部も関大航空部もグライダーを操縦する部活です。彼はグライダーだけでなくヘリコプターパイロットでしたし自営業でヘリコプターメインの仕事もしています。グライダーやヘリコプターだけでなく航空関係に幅広い知識をもっています。
話はお金持ち相手のロマンある話題から一般大衆向けの話題に変わりますが以前に彼が二つのビジネスプランがあると言っていました。
一つ目はグライダーでの空のタクシーです。グライダーはエンジンがなく空を滑空する乗り物なので燃料代はいりません。しかしグライダーはエンジンがないので気流を読む操縦が難しく目的地まで安全に行けるベテランパイロットを育成するのはたいへんだと言っていました。よって今は考えてないそうです。
二つ目は砂浜を滑走路として使う短距離離着陸ダート軽飛行機です。日本は砂浜が多いので滑走路には困らないですが一般大衆に広く知ってもらうためには莫大な広告宣伝費がかかり知ってもらったとしても人口が少ない田舎の砂浜から砂浜に飛ぶ需要が果たしてあるのか?という疑問があるそうです。航空機を飛ばすためには手続きがたいへんで時間もかかるそうですがこの問題は規制緩和でなんとかできそうですが。
今は体調を崩されているのでまた元気になれば一般大衆向けのビジネスプランを語り合うことができるでしょうね!
 

レンタル掲示板
/41