teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:31/542 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

戦争体験

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年 9月23日(日)20時48分40秒
  通報 返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>昔は領土と賠償金がとれましたが今は状況が違います。

 どこぞの国は戦争した訳じゃないのに、謝罪と賠償を要求していますが、
今はたしかに領土の賠償金は要求しないですね。デメリットが大きいのでしょうか

>一般庶民であれば一文無しになったり徴兵で戦死したりします

 一般人の場合はそれがかなりでかいですよね。また、戦争は体験した人にすると凄まじいを遥かに超えて過酷だそうで、
ネグロス電工の創業者、菅谷政夫さんは、社名にフィリピンの島を入れた理由として、
「この時(ネグロス島の体験を)の苦しみを思えば、のちにどんなに辛いことがあっても乗り切れるに違いない」
から命名したそうです。
(ネグロス島は派遣された600名中生きて帰れたのは1割ほど)

古い人にしかわからないでしょうが、城南電機の宮路社長(当時)は、現金商売の人で、
常に2000万円ぐらいの現金を鞄に入れて持ち歩いていたそうです。
当然、何度も強盗未遂にあうのですが、宮路社長曰く
「戦争中に受けた機銃掃射に比べたら強盗なんて大したことない」
だとか。

戦争体験ではありませんが、戦争ドラマ「さとうきび畑の唄」に主演した明石家さんまさんは、ロケ途中~終わったあたりで、自分が出演するテレビ番組のトークで
「もう戦死させてくれ」「もう二度と戦争映画なんて出るか!」
と言ってたのを自分も番組内で聞いたことがあります。ロケでこんなに過酷だということは
実際の戦場ってその何倍も何十倍も過酷なんだなと思いました。
 
 
》記事一覧表示

新着順:31/542 《前のページ | 次のページ》
/542