teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:16/524 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

反戦の理由

 投稿者:САША  投稿日:2018年 9月18日(火)12時36分0秒
  通報 返信・引用
  こんにちは。
確かに戦争はお金もかかりますし犠牲者もでます。前にも述べましたが補給国でしたらあまりお金もかかりませんし犠牲者も少なくてすみます。メリットのほうが大きいと思います。
個人的にも反戦の理由があります。私の祖父は戦前、新大阪駅北西部の一等地に借地ではありますが庭付き蔵付き?納屋付き?の一戸建てに住んでいたそうです。当時は新大阪駅もなく田畑ばかりで一等地ではなかったそうですが。私の父の姉である私の伯母の説では蔵、父の妹である叔母の説では納屋ですが戦災で家財がほとんど焼失してしまったそうです。戦争では火災保険がでないため火災保険の観点から反戦です。私の伯母の説では祖母は北条系統で跡取りできる兄弟がいなかったため嫁入り道具に先祖伝来の武具や家系図がありそれらも焼失したそうです。しかし家系図っていくらでも偽造できますので今となっては北条系を証明できるものはありません。徳川家康も名門の吉良家に頼み源氏長者になったのは有名な話ですからね。滅びた北条家のことですから正式な武士ではなく足軽や同心であった可能性もあります。
日露戦争では僅差の勝利であったため仕方ありませんが戦後交渉も戦後に勝つことに次いで肝心ですね。豊臣秀吉と徳川家康の直接対決では徳川家康は戦争には勝ちましたが戦後交渉では豊臣秀吉に一泡ふかされています。吉田茂も戦後交渉で有利にすすめました。戦後交渉を失敗した方は勝って甲の尾を締めるという言葉を痛感したでしょうね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:16/524 《前のページ | 次のページ》
/524