teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:35/526 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

日本軍の特徴

 投稿者:САША  投稿日:2018年 8月20日(月)19時54分40秒
  通報 返信・引用
  こんばんは。
確かに日本軍の作戦はいろいろと失敗が多かったですね。作戦をたてる軍人と生産能力の低さによる物量が劣っていましたが兵器の性能がよかったり現場の軍人は優秀な人が多かったと思います。戦前は運動といえば水泳と相撲、剣道、柔道といった格闘技が主で野球もありましたが観戦が中心で皆がグローブ、バットを揃えるほど一般庶民に浸透していませんでした。今の子供達もゲームが中心で他の球技もあるため野球は往時に比べ衰退していますが。ということは肉弾戦では世界の主要国の中でも最強であった可能性があります。主要国でなければグルカ兵や高砂族などもいますが。厳密にいえば高砂族も日本兵だったんですけどね。ジャングルではボルトアクションライフルは不利ですが距離が離れればセミオートでも照準をあわせるのに時間がかかりボルトアクションでも圧倒的不利にはならないと思います。
対戦車兵器は山なりに弾道を描く迫撃砲やてき弾筒、ライナー性の曲線弾道を描くてき弾発射器、榴弾発射器、人力で投げる地雷や手榴弾、火炎瓶、破甲爆雷、刺突爆雷などいろいろありましたが日本軍になかったのはライナー性の曲線弾道を描くてき弾や榴弾発射器でした。ノモンハン紛争で戦果があった竹竿地雷キャタピラ攻撃を工夫して刺突爆雷が生まれたのかもしれませんね。
日本軍もソ連軍も強引な攻守で前大戦では多数の犠牲者を出しました。強引な攻守も時と場合によっては必要な時もありますがいつも強引な攻守ばかりでは兵士にとって大迷惑ですね。
 
 
》記事一覧表示

新着順:35/526 《前のページ | 次のページ》
/526