teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:97/542 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

人類の進化

 投稿者:САША  投稿日:2018年 4月27日(金)13時45分0秒
  通報 返信・引用
  こんにちは。
おっしゃるように人間はほとんど進化していない人種も存在します。純粋な人間であるニグロイド(黒人)は全く進化していないといわれています。動物の進化に必要な時間からすれば人間が出現し今までの期間が短すぎるともいえますが。食べ物を求めて南アフリカまで到達したニグロイドは餓えで貝を食べるようになったそうです。そして生き延びることができ北上しネアンデルタール人と混血したことが遺伝子でわかっています。そしてコーカソイド(白人)が生まれました。その後寒冷地に適応するためコーカソイドからモンゴロイド(黄色人種)が生まれたというのが定説です。しかし疑問も残ります。その頃は氷河期の終わりで今より陸の面積が広く海の面積が狭いでした。なぜなら寒いと海で蒸発した水分が雨になって川になりまた海に戻るという循環が起こらず雪となり陸に堆積し続けるからです。南アフリカまできたニグロイドが今は水没しているところを通って別ルートで進出したのかもしれませんし。寒冷地に適応するためコーカソイドからモンゴロイドが生まれたといわれていますが未発見の別の旧人と混血した可能性もありますし。水は低いところに溜まります。水があれば人も集まってきます。高いところより低地のほうが文明は発達しやすいです。中南米などの例外もありますが。まあ過去の水害の教訓で高地に文明を築いたとも考えられますが。いえることは人が集まっていたところが氷河期が終わり、陸の雪が溶け水位が上がり水没し、生活や人骨などの証拠が無くなったという点です。証拠がないものを空想や妄想すればなんとでもいえますし、キリがありませんがいきなりシュメール人がそれまでなかった文明を始めるのも相当に無理があると思います。何がいいたいかといえば科学者は乏しい証拠を強引にむすびつけ、それを覆す証拠が見つかれば手の平を返すような態度だということです。それなら哲学者のように最初からいろいろな可能性が考えられるが現時点での仮説はこうだ、といっているほうが後々恥をかかなくていいような気もしますが。
 
 
》記事一覧表示

新着順:97/542 《前のページ | 次のページ》
/542