teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]
あなたも高機能な無料レンタル掲示板を作りませんか?
作成は、こちらから→

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]

スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す  スレッド作成

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成


訂正

 投稿者:САША  投稿日:2018年12月11日(火)10時40分53秒
返信・引用
  いつも訂正ばかりですみません。
銃弾のエネルギーを効率よく伝えるのはなかなか難しいと投稿しましたが誤りです。
体格、距離などでそこそこ適した銃弾の研究はされていますが戦場では敵の体格や距離で最適な銃や銃弾を選べないため汎用性の高い突撃銃が使われます。
ただし一撃必殺を要求されるような対テロ部隊では戦場で禁止されている弾や鉛のこびりつきのメンテナンスも気にしないため最適な銃弾が選ばれます。
個人的には戦場で禁止されている弾を使わないのはルールのためではなく鉛のこびりつきによるメンテナンスのためだと思います。戦争の勝ち負けに影響するようなルールですと平気で破ったりしますからね。
 
 

反動と銃創の追加

 投稿者:САША  投稿日:2018年12月11日(火)10時09分21秒
返信・引用
  おはようございます。
確かにリボルバーは撃ちやすかったですね。自動拳銃では銃口にたいして真直角ではないもののグリップはやや直角に近い角度でついています。リボルバーでは銃口にたいして斜めにグリップがついているために撃ちやすいのだと思います。
ソ連時代に競技用拳銃MCー3という銃がありました。銃口にたいしてその延長線上にグリップがあるので反動は上に跳ね上がらず真後ろに衝撃があります。

管理人様は銃創の情報が欲しいとのことなので銃創情報を追加します。紙の標的に銃弾が当たれば弾も潰れず、口径ほどの穴しかありません。電話帳を何冊か重ね撃てばライフル弾であれば空洞現象によく似たような空洞になりハローポイント拳銃弾系では弾が潰れます。固体ではあるものの液体を含みゼリー状の人体では空洞現象が電話帳より大きくなります。
戦争中少女が機銃掃射で被弾し致命傷にならないことがありました。ライフル弾よりはるかにエネルギーが大きい機銃弾で致命傷にならなかったのは単に運が良かっただけといわれていましたが理論で説明できます。
紙が一枚だと弾も潰れず空洞現象も起こらないように食糧難で薄くてガリガリの少女ですと空洞現象が起こる前に弾が貫通してしまうからです。ただし痩せている人はひ弱な人が多いので小さい銃創でも致命傷になる場合があります。
力士並の体格で脂肪と筋肉が分厚い人は低威力小口径拳銃弾では筋肉で銃弾が止まってしまう距離があります。同じ距離で痩せている人が被弾すれば大ダメージになる場合もあります。よって銃弾のエネルギーを人体に効率よく伝えるのはなかなか難しいといわれています。わかりやすくいえば運が良かったから致命傷にならなかったというのもうなずけます。
 

反動

 投稿者:木下筑前  投稿日:2018年12月 5日(水)21時43分16秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>いくらAK系が横転や乱回転しやすいといっても至近距離では骨をも砕き直進します。

 ライフル弾は威力ありますからね(´ω`)
拳銃弾だと38スペシャルあたりでは弾くと聞いたことがあります。
.22LRだと頭蓋骨を貫通できずに皮膚と頭蓋骨の間をぐるりと一周した例もあると聞いたことがあります。

>ストッピングパワーを維持できるのがAK系銃弾の特徴です

 銃弾は、銃身から離れた瞬間に速度が落ちます。ただ、音速を切ったあたりから
降下速度はゆるやかになります。
AK47の弾だと口径が大きいので、弾も重く、そういう意味では威力はあると言えます。

>ワルサーP38とガバメント系と最新式拳銃を撃ちましたが

 私の場合は、GM系とUSPとリボルバー撃ちましたが、撃ちやすいという面ではリボルバーですね。
反動はエアガンの比ではありませんが、ポン!(耳栓しているのでそう聞こえる)という音と反動で
びっくらこきました(´ω`)
ただ、自動式拳銃と違って反動がよく逃げますね。
ただ、.22LRだけは「モデルガンと変わらないなぁ」というのが本音でした(´ω`)


今日から、ハンドルネームを木下筑前守から木下筑前に変更いたします<(_ _)>
 

Re: 等身

 投稿者:ロードスの騎士  投稿日:2018年12月 3日(月)12時33分28秒
返信・引用
  > No.544[元記事へ]

木下筑前守さんへのお返事です。

(長くなってきたので返答不要)
 私は模写はトレースに準じて、可能な限り元の絵と同じになるように描きます。
そうするとデフォルメされた絵もなぜそうなったのかわかって面白いです。
 

AK100

 投稿者:САША  投稿日:2018年12月 1日(土)15時09分18秒
返信・引用
  もう何年も前になりますがロシアでAK100系をセミオートで撃ったことがあります。反動はマイルドでフルオートで撃っても集弾はいいのでは?と想像できました。フルオートで撃つのは室内等の短い距離で敵が集まっているなどの限られた状況でしか使用しませんが。

私は実は懐古主義的一面があります。車でも性能は悪いのに80年代のスポーツカーに憧れますし96年までセリカXXという車に乗っていました。
AK100も何か趣というものがなくなに特徴がないような気がしました。弾自体はすでに述べたように特徴はあります。
AK100を撃ったときMP-446バイキングとマカロフも撃ちました。その時もマカロフのほうが気に入りました。

数年後別の射撃場でワルサーP38とガバメント系と最新式拳銃を撃ちましたがやはりワルサーP38とガバメント系のほうが気に入りました。
 

追加とまとめ

 投稿者:САША  投稿日:2018年12月 1日(土)14時35分2秒
返信・引用
  こんにちは。
説明不足だったため追加します。いくらAK系が横転や乱回転しやすいといっても至近距離では骨をも砕き直進します。それより少し距離が長くなれば骨や腱といった人体の硬い部分に当たれば横転や乱回転します。またそれより少し距離が長くなれば筋肉や内蔵といった人体の柔らかい部分で横転や乱回転します。つまり空洞現象を補うように横転や乱回転し弾の威力が落ちてもストッピングパワーを維持できるのがAK系銃弾の特徴です。デメリットとしてすでに述べましたがかすり傷程度の距離になれば当たりにくくなりますが。

まとめとして200MまでならNATO弾もAK系銃弾も互角。200-400Mくらいの距離ならAK銃弾が圧倒的有利。400-600MならNATO弾が有利になりますがかすり傷程度になってしまいます。NATO弾はいろいろなメリットを考えて開発されましたがそのメリットの一つに敵に大怪我を負わせるというものがあります。負傷兵は手がかかるからです。メリットを考えて開発されたのに距離によってはデメリットになることを想像もできなかったでしょうね。
 

鉛と鉄

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年12月 1日(土)00時51分23秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

大昔のコミケ原稿を漁っていたらこんなのが出てきました。
5.56mm弾と5.45mm弾が、鉛と鉄の配分や配置が違ってるのが面白いですね

人体ゼラチンの映像を見ると、AK系(7.62mm,5.45mm共に)はゼラチン内でストップした際に
前後が逆になってストップしている事例が多いですね。
ようは最低でも180°は回転しているということですが、その分人体にダメージを与えているということになります。
ただ、それがどの程度ダメージにプラスされるのかは分からないですけどね。
 

銃弾の威力と銃創

 投稿者:САША  投稿日:2018年11月29日(木)19時29分11秒
返信・引用
  こんばんは。
各国で負傷した兵士の銃創は研究されていますが角度、距離、銃弾の種類がわからないため研究結果は不十分だと言われています。ハンターなどの情報も動物と人間では皮の厚み、骨格や筋肉の硬さが違うためこれもまた良いデータではないと言われています。
人間でも亡くなられた方ではストッピングパワーがわからないためあまりよくないと言われています。
いろいろなロシアの元軍人の知り合いの話を総合すれば銃殺された人々を研究していたのではないかと言われています。もちろん副次的結果であって研究が主目的ではなかったことを願いますが。

その努力が報われたのかどうかは知りませんがAK系の銃弾は良い銃弾だと言われています。なにが良いのかといえば5㍉NATO弾を使用するアメリカの代表的な突撃銃と比較してみます。
アメリカの突撃銃の有効射程は500-600mと言われています。有効射程とは殺傷力がありよく当たる距離ですがこの殺傷力がくせ者で十分な威力を発揮できるのは200m程度だと言われています。もちろん600mでも頸動脈にピンポイントで当たれば即死しますが。
AK系の銃弾の特性は有効射程は5㍉NATO弾に劣るものの意図的に弾頭のバランスを悪くして横転や乱回転しやすく造られています。銃弾のストッピングパワーとは弾が潰れる、横転や乱回転する、空洞現象の三つです。軍用ライフル銃弾は貫通力を高めるため潰れにくいです。銃弾の威力が十分ある距離では空洞現象が期待できますがアメリカの突撃銃弾では200Mを超えると徐々にストッピングパワーがなくなっていきます。
AK系では200Mを超えて空洞現象が期待できなくなった距離でも横転や乱回転しやすく造られているためストッピングパワーがあまり落ちません。しかし弾頭のバランスが悪いため殺傷力がほとんどなくなった距離では空気抵抗に負けてしまうので当たりにくくなりアメリカの突撃銃の有効射程が長いのはこのためです。

兵士に評判が良いのはAK系銃弾で600Mくらいなら突撃銃を使わなくても狙撃銃に助けてもらえるからです。
 

人体ゼラチン

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年11月28日(水)23時17分3秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>お金に困っていたようで渡航費用はトルコのバイヤー募集広告を見て応募しその会社が払ったそうです

 店手放してたので金には困ってたのは容易に想像できますが、模型屋やってたころに、
まさか自分が異国で死ぬなんて思ってなかったでしょうね。
日高屋っていつできたんでしょうかね。2001年のトイガンカタログには記載があるのですが、
1997年には記載がないのでこの間にオープンしたと思いますが、
トイガン業界自体が空前のブームだった平成元年前後と比べると、売上数が4分の1と
かなり落ち込んでいるので生き残るのは厳しかったのでしょうか。
熊本市内ではトイガン扱う店はかなり減りました。

>せっかく送り込んだのに仕事をせずすぐにシリアに行ってしまったので

 それアカンような気がするんですが(´ω`)

>ソ連時代に粛清により銃殺された人々はそうとういたそうです。

 スターリン時代は裁判せずに銃殺でしたが、フルシチョフ以降は裁判して銃殺なので
それでも良くなったということでしょうか

>銃殺された人々を実験材料として利用するような非人道的なことはなかったと思います。

 良く知られているのは、木の板を等間隔に置いて射撃して威力を確かめることですが、
実際に人体に当たった結果とは異なるので、やはり人間で試すのがいいんでしょうね。
帝政ドイツ時代は100体単位で死刑囚を銃で試し打ちしたといわれています。
さすがにそれは問題だと思ったのか、各国でやってたのは、軍馬でお亡くなりになった馬を
試し打ちしてたようですね。
今では人体ゼラチンがあるので、それを使用するのが主流なようですね。

>アメリカの自分で発砲した事故や自殺は至近距離なので銃創の情報が偏っているかもしれません。

 アメリカの銃の自殺写真は結構グロデスクです(´ω`)。見慣れるとそうでもないですがグロいです(´ω`)
当たり所にもよるんでしょうが、銃で撃たれても当たり所によっては出血が多くなく、
服に吸収されるため血の海という状態にならない場合もあるようですね。
最近、北海道で、森林の監視職員が、ハンターに撃たれて死亡した事件がありましたが、
120mの距離、散弾銃ということでスラッグ弾使ったと思われますが、怖いですね(´ω`)
同じ北海道で、未解決の新渡戸勝彦さんの猟銃死事件は、進捗を全くきかないのですが、
どうなってるんでしょうかね?
2011年2月4日の事件、2人組、青いRV車で逃走・・・
とか、目撃証言があるのになんで捕まらないのかなぁと思います。
 

等身

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年11月28日(水)22時38分59秒
返信・引用
  ロードスの騎士さん、こんばんは

>このやり方だと昆布みたいな裏表があって、謎の力で浮遊している髪の毛が省力化と表現の問題なのでしょうが非常に気になります。

 ロードスの騎士さんが具体的にどのようにされてるかはわかりませんが、
私の場合はトレースといっても実際には等身が異なって作画するため
(基本的に6等身で描きます)
実際の人物を参考にすると合わないんですよね(´ω`)
たとえば、銃持たせると、ぜってー合わない(´ω`)
私は、頭を1とすると、胴体2、足3(膝から上下で1.5ずつ)、腕2.5としております。
松本零士さんとか独特の等身で単車などの兵器にキャラを違和感なくのせてるので凄いと思います(´ω`)

 

銃創

 投稿者:САША  投稿日:2018年11月28日(水)00時08分2秒
返信・引用
  こんばんは。
湯川氏は以前、アメーバにブログを投稿していました。お金に困っていたようで渡航費用はトルコのバイヤー募集広告を見て応募しその会社が払ったそうです。湯川氏はバイヤーの知識や経験はなかったそうなので湯川氏特有の話術で採用されたようです。せっかく送り込んだのに仕事をせずすぐにシリアに行ってしまったので困ったでしょうね。湯川氏が捕まった当時なぜか送り込んだ会社名は報道されませんでした。

私は昔、ロシアに住んでいました。ロシアは徴兵制なので知り合いのロシア人男性は元軍人がそこそこいます。銃弾や銃創のことが詳しい元軍人もいます。ソ連時代に粛清により銃殺された人々はそうとういたそうです。いくら人権無視のソ連時代とはいえ銃殺された人々を実験材料として利用するような非人道的なことはなかったと思います。たぶん副次的結果として研究していたと思います。距離別、いろいろな口径や火薬量を試していたようです。アメリカの自分で発砲した事故や自殺は至近距離なので銃創の情報が偏っているかもしれません。長文になりますのでご希望があれば投稿します。
 

Re: 模写

 投稿者:ロードスの騎士  投稿日:2018年11月26日(月)21時18分57秒
返信・引用
  > No.540[元記事へ]

木下筑前守さんへのお返事です。


このやり方だと昆布みたいな裏表があって、謎の力で浮遊している髪の毛が省力化と表現の問題なのでしょうが非常に気になります。
(下の絵の元の作品はヨットハーバーというシチュエーションなので、風で髪がたなびいているのは
自然ですが)
 ぱっと見だと自然な作品でも、関節が明らかにおかしかったり、光の当たり方が不自然な作品は
結構あります。
 

ジョン・ウェイン

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年11月24日(土)23時31分13秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>もし領事館に射撃場があり実弾射撃ができたとしてもモラル上の問題と不審者などが出入りするためやっている領事館はありません

 逆にやってたら怖いですよね(´ω`)
さすがのアメリカでも、発砲できる領事館なんてないと思いますし(´ω`)
ちなみに、アメリカで銃を所持している人は(紙の上では)半分にも満たないそうですね。
国民総ジョンウェインな国だと思ってたので意外です(´ω`)
あと、うちのネタで計画して、全く進んでない「銃創のおはなし」というネタで資料集めてて、
アメリカの銃による死者数の3分の2は自分で自分を撃ってるそうですね。
事故もあるでしょうが、半数以上は自殺なんでしょうね

>カジノを開いた領事館員はモラルがなかったのかもしれません

 単純に金欲しさでしょうけど、アウトレイジみたいにアウトローな人が絡んでるんでしょうかね

>中東で亡くなられた湯川遥菜氏がいました。湯川氏は兵士としては素人同然でしたが動画などの情報は素晴らしいでした。

 日高屋の店長としてしかイメージがないですが、競争相手がやたらと多い上にいいライバル店が多すぎる
首都圏で生き残るのは厳しかったのでしょうか。
死人に意見をいうのはよろしくないというのを百も承知でいいますが、
いくら民間軍事会社と名乗ってるとはいえ、素人が本物の銃もって戦地いったらアカンでしょ(´ω`)
殺され方はともかくとして、スパイ容疑で処刑されても文句はいえないですし(軍服を着ていないため)
本人はそれを分かっていたんでしょうか。

>フリーの戦場ジャーナリストは経費は自分もちなのでビジネスとしては成り立たないため少ないです

 有名な渡部陽一さんは、テレビ出演は「次の戦場に赴くための金を稼ぐため」に出てるそうです。
それでも金が足りない場合は、現地で沖仲仕やってるという話も聞きました。
渡部さんの場合は、ちゃんと下調べして本当に危険ば場所にはいかないそうで、
使用するカメラも黒テープ貼って光の反射を抑えるようにして、撃たれないようにしてるそうです。
また、アーマーベストも着用しているそうです。幸いに食らったことはないそうですね。
 

模写

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年11月24日(土)23時03分43秒
返信・引用
  ロードスの騎士さん、こんばんは

>写真模写→同じ構図のイラスト模写→それをもとに同じ構図の作品作成 の流れです。

 そういう流れで描かれるのはよろしいかと思います。

あっしの、イラスト模写の例です。
前者は正式にNASAが作って宇宙にばらまかれてます。
アメリカはスケールが違いますね(´ω`)

 

領事館の業務

 投稿者:САША  投稿日:2018年11月23日(金)09時50分57秒
返信・引用
  おはようございます!
領事館がもしお金儲けがメインになれば領事館の業務を逸脱してしまいます。ここは銃器の情報で知ったので銃についての例をあげます。もし領事館に射撃場があり実弾射撃ができたとしてもモラル上の問題と不審者などが出入りするためやっている領事館はありません。大麻合法国の領事館も同様の理由でありません。大麻の場合は領事館からでた日本人を検査することができるためなおさらです。治外法権であっても領事館員は気を使っているのでしょうね。カジノを開いた領事館員はモラルがなかったのかもしれません。

ずっと前に投稿しましたが私のFacebookの友達にフリーの戦場ジャーナリストがいて、その友達に中東で亡くなられた湯川遥菜氏がいました。湯川氏は兵士としては素人同然でしたが動画などの情報は素晴らしいでした。一部アラビア語と思われる字幕があったため誰かにもらったものと思われる情報もありましたが。日本では報道されていない情報がありフリーの戦場ジャーナリストって必要だなと感じました。
フリーの戦場ジャーナリストは経費は自分もちなのでビジネスとしては成り立たないため少ないです。死亡する確率が極めて高いためお金儲けではないんでしょうね。今後、身代金とのバランスが重要だと思います。
 

イラスト

 投稿者:ロードスの騎士  投稿日:2018年11月22日(木)23時07分43秒
返信・引用
  練習開始から400時間の作品です。
 わたしがやっている練習は写真模写→同じ構図のイラスト模写→それをもとに同じ構図の作品作成 の流れです。最初は恐ろしく時間がかかりましたが、このやり方にしてから、伸びが早くなりました。
 

カジノ

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年11月 1日(木)23時25分46秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>領事館は基本的には治外法権ですが

どこぞの領事館でカジノやってたそうですね。
アウトレイジだけの世界と思ってたらそうではなかったようで(´ω`)

>日本人フリー戦場ジャーナリストの安田氏が解放されましたね。

 いろいろな批判がありますが、無事に日本に帰れて良かったです。
こういう人が現地での体験をいろいろと語ってくれればいいんですけどね
 

トルコでの出来事

 投稿者:САША  投稿日:2018年10月26日(金)14時54分39秒
返信・引用
  こんにちは。
以前にロシア総領事館に行く仕事やロシア総領事館でのパーティーに行ったことがあったので領事館のことは一般の人より知っています。領事館は基本的には治外法権ですが職員は本国の法律やモラルに従うだけでよいかといえば駐在地のルールにも従ったほうが良いそうです。なかなかデリケートな問題ですね。トルコのサウジアラビア領事館でジャーナリストが行方不明になりましたが同じトルコで行方不明になっていた日本人フリー戦場ジャーナリストの安田氏が解放されましたね。Facebookの友達に以前に述べたようにフリーの戦場ジャーナリストがいます。フリーの戦場ジャーナリストがいないと情報が偏りますし税金で身代金を払って釈放してもらえばいくらでも一攫千金を狙って危険地帯に行ってしまいます。なかなか難しい問題ですね。
 

密航

 投稿者:木下筑前守  投稿日:2018年10月19日(金)23時33分52秒
返信・引用
  САШАさん、こんばんは

>超法規的措置で国外脱出したのは凶悪犯ばかりというのは間違いです

ヨットで太平洋横断した堀江さんは、法的に言えば密航ですね。
サンフランシスコ市長の超法規的措置がなかったら日本では叩かれまくりだったんでしょうね

>上手く軟着陸させないとまたリーマン級の危機がくると思います

 好況・不況は波がありますが、最近はいまいち実感がわきませんね。
昭和時代の円高不況とか、バブル後の不況とか、リーマンショックとかあからさまにわかる不況しか経験せず
好景気というのを肌で実感したことがないですね

>正しいことを主張している人々を弾圧せず

 サウジアラビアを批判していた記者が行方不明になった事件が話題になっていますが、
アメリカがサウジを敵に回すとは思えないので、どういう着陸をするかに注目したいですね。
 

米景気

 投稿者:САША  投稿日:2018年10月15日(月)23時33分5秒
返信・引用
  こんばんは。
私の知り合いはパスポートに不備があっただけでマスコミが報道しているように超法規的措置で国外脱出したのは凶悪犯ばかりというのは間違いです。
ところで私が投稿した翌日に米株価が暴落しましたが単なる前兆にすぎません。なぜならば米景気は絶好調で株価が落ちだすのは早くて半年先、遅くても三年先くらいだろうと思います。上手く軟着陸させないとまたリーマン級の危機がくると思います。世界の景気が悪くなると軍国主義者たちが暗躍することがよくあります。諜報機関は戦争寸前で食い止めることもありますが戦争をあおることもあります。私の知り合いの方々は影でこそこそせず反戦平和デモなどで民衆に訴えかけ草の根活動をしています。正しいことを主張している人々を弾圧せず、ずっと平和が続けばいいですね。
 

レンタル掲示板
/28