teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


満足度は今一つなんですけどね~

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年11月13日(火)23時09分32秒
編集済
  >こうのたかとりさん
お久しぶりです。シティ、結局足掛け1年になっちゃいました。労力の半分以上はモトコンポとフィギュアだったんですけど、全体に満足度は今一つなんですよね。
フィギュアはあんな出来ですし、車二台も素組みだし。
どうも改造とかしないと収まらない性格になってきたようで・・。

スクールメイツ、若い頃は色んな歌番組に必ずいたなって存在でしたね。ちょっと調べたら、あそこから結構知られたタレントが数多く出ていることに改めてびっくり。また今でも存在している!

レッツゴーヤングですか。もちろんわかるけど、私としてはその前の「ステージ101」の世代だったりする。

>模型鑑賞士さん
ありがとうございます。

今回はなるべく簡便に複製を生産することを目指しましたが、再現性が今一つだと結局修正に時間を取られてストレスもたまってしまう。
そう考えるとやっぱりおとなしくシリコン&レジンの技をマスターした方がいいなと・・・最後の最後に思うようになり、いわゆる「複製基本セット」を揃えたわけです。

今ちょっと別の口直しキット(車じゃない)をやっているので、すぐにはやりませんが、フィギュア複製を基礎からマスターして、失敗している様子や得られた知見はどんどん書いていくつもりです。

でも先は長そうだなー。
 
 

おめでとうございます!

 投稿者:模型鑑賞士  投稿日:2018年11月13日(火)22時33分8秒
  完成おめでとうございます!早く、美しい作品は本当に惚れ惚れします。turbo2のリアハッチのヒンジの細さにも感動しました…。ソリッドカラーもあそこまで映えるとは知りませんでした。
それにしても最後の大量の資材は思わず笑ってしまいましたよ。「原型師」電動氏 という肩書がつく日も近いかも?!次回作も楽しみに待ってますね!
 

シティ完成おめでとうございます

 投稿者:こうのたかとり  投稿日:2018年11月13日(火)02時24分30秒
  以前にダンボール工作でもう一個の掲示板に投稿させていただいた者です。

2台のシティ、完成おめでとうございます!!
いろいろ難航されたようですが、キッチリ仕上げるところはさすが電動士さんですね。

白い衣装の女の子フィギュアがたくさん並んでいる写真を見て、
以前、NHKのレッツゴーヤングなどでよく出てきたスクールメイツを思い出しました。

あの頃、アイドルの後ろで踊っていた女の子も今は50~60代なんですよね。
時代の流れを感じます...
 

フィギュアは面白いですよ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年11月11日(日)22時34分44秒
編集済
  ここでも何回か書いていると思いますが、車のキットにフィギュアが添えられると、ぐっと世界観の広がりが出てきます。
ただなかなかイメージドンピシャのフィギュアってないわけで、自分で作れたらいいなあといつも思っているものですから、今回は色々試しながらやってみました。

複製は自分のため・・・と言うより、もし欲しい人がいたら気軽に配れるようにと思ってですが、まだ到底他人様に渡せるレベルではないので、これからも修業が続きます。

働く車はそれぞれが目的がはっきりしていますから、そのための構造を見ているだけで楽しいですよね。このキットも梯子が見事に伸びるんですね。よく出来ている。

このキットはアオシマ。今度静岡地域発ドラマをやりますけど、先日放送されたメイキングを見ていたら、このドラマに出てくる模型メーカー、アオシマがモデルって言ってました。

本編では展示会仲間の作品も出るはずなので、楽しみです。

https://www.nhk.or.jp/shizuoka/drama/
 

フィギュア自作

 投稿者:TH  投稿日:2018年11月11日(日)00時08分5秒
  それだけで凄いと思ってしまいます。私には出来ない事なので。
まるで「おそ松くん」の様に並んだ姿で、思わず笑ってしまいました。

私の方は一寸変わって消防車を作りました。
1/72なので小さいんですが、細部まで良く出来ていて、大変なんだけど楽しく製作できました。

http://motor.geocities.jp/ykknq001/index.html

 

車はぺったんこだから、それだけでは不利な面もあるかも

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年10月29日(月)20時35分1秒
  そうでしたね。ホビーロードコンテスト用だった。

決められたスペースの中でジオラマを仕立てるとなると、ロボット系はそれだけで高さがあるし、AFVもそこそこかせげる(地面に仕掛けをすればさらにプラス)。
一方車はそのままだと大抵ぺったんこですから、樹木や建物を上手く活用しないと全体ボリューム感として不利な面もあるかもしれませんね。

ロンドンのカフェの外観を色々検索してみたんだけど、結構好き勝手にやっている感じがしました。えりあんさんのカラーリングもそんなに違和感ないと思いますけど。
 

実は…

 投稿者:えりあん  投稿日:2018年10月28日(日)16時42分3秒
  今回のジオラマはコンテスト用という事であえてちょっと派手にしているのです。
イギリスの風景だともっと地味な感じの建物が多いのですが、車が白という事もあってそこで色味を付けないと地味すぎるのでこうなりました。
あんまり考えないで作り始めると後々困るという例なのでした。

http://elian.cocolog-nifty.com/

 

相変わらず上手いなあ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年10月27日(土)00時06分9秒
  日曜は立ち寄ってくれてありがとうございました。
今複製中のフィギュアはあんな感じ。理想から見れば30%程度の出来ですが、もうずいぶん時間を浪費しているし、今回はあの程度で妥協してそろそろ塗装に入らないとねー。

ジオラマ、相変わらず上手いですねえ。今回はCAFEの外観をどんな色に仕上げるか、そしてフィギュアをどう料理するかが主な興味の対象でしたが、外観は予想よりも「強い」色で来ましたねえ。勝手にフランス、あるいはイタリアっぽいイメージかなと思ってましたが、よく考えれば車はエスプリだし、イギリスとなると「なるほど、こうか」と納得です。

フィギュアの塗り・・・特に顔が気になるのですが、今度実物をじっくり見ます。「兵隊さん塗りのアレンジ」に興味津々。
 

カフェで待ち合わせ

 投稿者:えりあん  投稿日:2018年10月25日(木)22時05分34秒
  日曜日はお疲れさまでした。
例のおゆまる複製のブツも全然OKな感じで塗装後が楽しみです。

こちらも先日のジオラマが完成しました。
タイトルは「カフェで待ち合わせ」という見た目のままです。
もう少し情報量を増やしたかったのですが、ベースにしたイギリスの街中って意外とと言っては失礼ですが綺麗すぎてゴミとか変な物を置けなく、いろいろ考えたのですがアイデアが浮かばずタイムアップとなってしまいました。
現在はホビーロードのコンテストの棚に展示させていただいておりますが、そんな感じなので返却されたら少し手直しするかもしれません。
でも多分そのまま放置だろうなぁ…。

そして早くも次のネタも考えが浮かんできたのですが、今度はちょっと予想外なアイテムが主役となる予定です。

http://elian.cocolog-nifty.com/

 

明日(日曜)は亀田アピタで

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年10月20日(土)22時57分52秒
  新潟モデラーズ倶楽部の展示会です。
私もゲストで参加してます。
興味のある方はぜひ。
 

「学業が忙しい」とは素晴らしい!

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年10月16日(火)23時04分31秒
編集済
  >模型鑑賞士さん
模型鑑賞士さんの年齢がわかりませんが、以前の書き込みでの好みの車種などから見るとやっぱり大学生なのかなと推定しますが、もし大学生で「学業が忙しい」となると、これは素晴らしい。
私自身も大学時代は充実した日々を送っていましたが、どちらかと言えば学業より趣味・部活・バイト(大人の世界を垣間見た)などの方が印象に残っていて、学業は「それなり」だったものですから・・・。
でも今思うともっとしっかり勉強していれば、さらに良かっただろうと思うもので。

おゆまる複製は十分使える技法ですね。いくつかのネックは解消されつつあるし、好きな形のフィギュアを好きなように複製できれば、工作にもグンと広がりが出てきますから、こうなったらこの技法をしっかり自分のものにしたいです。

>えりあんさん
そう、おゆまる方式の利点は「安いこと」「作業時間が短いこと」だと思うんですよ。欠点はいくつかあるものの、ちゃんとしたマスターがあれば型をいくつも作って量を増やすことも可能。
ただ、グルーガンの温度は100℃をかなり超えるので、熱いままマスターに押し付けるとマスターを痛めてしまうなど、まだ気になる点もあります。
温度に関しては、今電圧コントローラーを使って確認中ですが、75Vまで落とすといい感じになりそうです。

普段やらないことをトライする・・・それが楽しいですよね。
 

おゆまる複製

 投稿者:えりあん  投稿日:2018年10月15日(月)23時47分16秒
  どうやらあまり複雑な物でなければおゆまる+グルーガンで上手くいきそうな感じですね。
シリコンとレジンキャストだと手間もお金も掛かりますから簡単な複製なら試してみようかと思います。

ジオラマは珍しくリアルフィギュアですが兵隊やアニメ系と違って普段作らないので悩んじゃいますね。

http://elian.cocolog-nifty.com/

 

(無題)

 投稿者:模型鑑賞士  投稿日:2018年10月15日(月)21時53分20秒
  お久しぶりです。最近は学業の方が忙しく(学生なんです!)なかなか見ることが出来ませんでした。
フィギュアの複製、面白いですね~!おゆまるでの複製気になっていたんです。でも「光硬化パテじゃないとできひんのやろなぁ」と諦めていました。フツーのパテでもできるようなので今度試してみたいと思います!このサイトを見ると制作意欲が湧いてきます!わくわく。
 

なかなかいい感触でしたよ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年10月14日(日)22時02分28秒
  素晴らしい情報をありがとうございました。早速やってみましたが、今までよりも確実に型が作れます。
今から進んだ所まで更新しますから見てやってください。

ジオラマ、相変わらず上手いですねえ。今回はcafeのカウンターまで作り、場合によっては裏から見てもかまわんよって趣向でしょうか。

また、フィギュアが「普通の人物(リアルフィギュア)」になってる!
どんな感じに塗装するんでしょうねえ。そこも興味あるなあ。
 

行動早いw

 投稿者:えりあん  投稿日:2018年10月14日(日)09時30分17秒
  早速グルーガンを導入するとは流石電動士さん行動早いですね!
これでお手軽に精度の高い複製ができればめっけもんなんですが、結果が気になる所です。

2002はtiiとターボの両方を作りましたがモールは確かに鬼門でした。
接着のクリアランスは予想していたのでモールの接着面を少し削っていたのですが、それでもはまりにくかったです。
あとやっぱり折ってしまうのでもう少しABSを増やしてくれたらありがたかったですね。

そして現在製作中のジオラマです。
地面が灰色で車が白という地味カラーになりそうだったので背景の建物を派手にしたんですが、ちょっと派手すぎてそっちに目が行ってしまう感じに…。
フィギュアを少し派手目にすればそちらに目線が行くかなとも思っていますが、お洒落センスが無いので苦労しそうな予感です。

http://elian.cocolog-nifty.com/

 

キットの良し悪しには、作る人にどれだけ寄り添っているかもありますよね

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年10月13日(土)21時05分31秒
編集済
  >THさん

BMW、いい色ですねえ。メタリックの中間色ってボディーの形が一番わかるし、メッキパーツもいい雰囲気でボディーに馴染みます。

ハセガワのこのキット、よくぞこの車種を作ってくれましたと思いますが、キット自体を見れば確かに全周のモール別パーツ化は作る側としては鬼門ですよね。普通だったらモールドにして、あとはマスキングして塗装するかメタルシールを貼れってことになるんでしょうが、このキットのように別パーツになっていれば初心者に近い人でもなんとかなる。だけども接着が難しく、なかなかきれいに仕上げられないというジレンマ・・。

もし私が設計者だったら、ここは裏から焼き止めができるように考えると思います。 でも今のご時世、焼き止めをメーカーが指定するのは安全上ご法度なのかな・・・。

さて、同時並行の理由は先日「あいばーん」さんにお答えした通りで、本来はしたくないのが山々。
また、今効率的に進んでいるかと言うとどうも怪しい。静岡から5か月も経っちゃいましたが、その後一つも完成していない状況は由々しき事態なんですよ。
来年の静岡に向けてざっくりとした作業進行予定表は作っているんですが、完全に破綻しちゃってます。

また、掲示板で余計な知恵(笑)を授けてくれる人がいるものですから、さらにドツボにはまってます。
  
 

同時進行が凄いですね

 投稿者:TH  投稿日:2018年10月12日(金)23時45分31秒
  塗装やパテ作業での硬化待ちとかあるので、2~3個平行してた方が効率が良いと思うことはありますが、私の場合、心理的に落ち着かなくなってしまいます。
結局1個づつ作ることが殆どですね。と言いつつ途中まで作って1年以上放置してるものがあったりしますが。

ハセガワのBMW2002作りました。これは多くの人が作られてるので今更ですが、ボディへのモール類の接着が凄く気を遣う作業で、一番大変でした。

http://motor.geocities.jp/ykknq001/index.html

 

その手があったか

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年10月10日(水)23時09分3秒
編集済
  グルーガンを使う方法、なるほど!です。
おゆまるをお湯で温めて使う方法、どうしても水滴が取り切れずに悪さしている感覚があり、何度やっても満足な複製ができなくてイライラしていました。
教えていただいた方法、ぜひ試したいと思います。

次に覚えるのはもちろんシリコン&レジンですけど、もし満足できるフィギュアのマスターができたら、えりあんさんが私に「あれ」を下さったように、私も多めに作って配れたらいいなあと。
最近は各メーカーから魅力的なフィギュアも出るようになってきましたし、ニーズはあると思いますよ。

今回のミニクーパー、エンジン移植はいいですねえ。実際にはできるかどうかわかりませんが、こういう自由なモデリングが楽しい。
ご存知のように私も1/12のムスタングにマトラのエンジンを押し込めちゃいましたけど、こういうおバカな制作をしている時がものすごく楽しい。
同類ですね。
 

ミニ・クーパー・マルティニ・レーシング

 投稿者:えりあん  投稿日:2018年10月 9日(火)23時35分14秒
  電動士さんもいよいよ本格的に複製スタートでしょうか。
先日Twitterを眺めていたら百均のグルーガンにおゆまるを入れて使うと、煮て使うよりも柔らかくなって複製の精度も上がるみたいな事が書かれていたので試してみても面白いかもしれません。

そして久々の新作が出来上がりました。
毎度のタミヤのミニ・クーパーなんですがエンジンをバイクのGPZ900Rから移植し、マフラーもそれに合わせて左右の二本出しにしてみました。
内装もNOSなんかも装備してみたりして遊んでおります。
マルティニのラインは塗装で仕上げたんですが中々難しいですね。

http://elian.cocolog-nifty.com/

 

おそらくフィギュアを完成させるのが怖いからでしょう

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年10月 3日(水)23時19分36秒
  NOPPOマシーン、お話を聞いていると大滝のこのシリーズよりも色々と拡張性があって面白そうですね。どっちが早かったんでしょう。

私は子供の頃から「正しいしつけ(笑」で育ちまして、完成させたものを親に見せないと次のキットを買ってはいけない暗黙のルールがあった。
それがずっと続いていたんですが、効率とかモチベーション維持を考えると、ある程度の同時並行は許されるかなと思ってます。

ただし今回浮気しているのは、フィギュアで行き詰っているからでしょう。造形も今一つだし、今後の塗りにも自信がない。それで手が止まりがちになるのをオオタキで埋め合わせしているのが、今回のありさまだと思います。

フィギュア・・・つらい。
 

レンタル掲示板
/119