teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


新着順:7/2431 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

F1の歴史は興味深い!

 投稿者:SHUN1/24メール  投稿日:2019年 3月 4日(月)18時24分37秒
  通報 編集済
  SHUN1/24です。

マトラF1の排気管の色の考察、非常に興味深いものがありますね~!!
1967~71年頃のF1レースは当時の私の青春時代にピッタリ被さります。

排気管の色、当時は白い耐熱塗装は割と一般的で、フェラーリのPシリーズもそうですが、F1も白でした。
他チームでもホンダF1なども一時期白だったし、国内のトヨタ7も白だったし、更には66年のインディー500ではロータス38は黄色に塗装されてましたね!
熱的には勿論黒が放熱性では優れてるとは思いますが、当時の私は「黒は清潔感がなく、やはり白の方が美しい!」と思っていました。

メッキパイプも使っているチームも多数ありましたが、一般的にはタコ足以降のストレートテールパイプ部分にクロームメッキパイプを使っているチームが多かったような気がします。(かの名機・ロータス49などもストレート部はギンギンのクロームメッキでしたね!)

クロームメッキと言えば、私が入社した頃、『クロームメッキは水素脆性が危惧される』と言う事を教わりました。
当時のF1のサスアームはメッキが一般的でしたが、その後黒塗装になり、現在ではカーボン製となって地肌はカーボン模様の黒ですもんね!

F1カーは当時のマトラMS11だけではなく、(今でもそうですが)、一戦ごとにそれも予選時と決勝時でも仕様が様々に異なっていますね!
私も手持ちのマトラF1の資料写真を見ても、ついうっかり予選と本戦のごちゃ混ぜになってしまいます。
 
 
》記事一覧表示

新着順:7/2431 《前のページ | 次のページ》
/2431