teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


完成目前

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年12月12日(木)22時55分57秒
  手前の三台はほぼできました。
後ろの二台ももう一息です。
 
 

古い模型仲間からこれをいただきました

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年12月 8日(日)00時34分57秒
  一部はゼンマイ付きですが、ゼンマイをオミットしたという説明書きがあるものもあります。
これは今回のネタには使わず、またの機会にディオラマ仕立てで丁寧に作りたいですねえ。
模型仲間に感謝感謝です。
 

色々やったんですけど、なかなか完全には戻らないですねえ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年12月 5日(木)23時01分38秒
  紫外線による黄ばみ取り、これまでも結構何回か試したんですけど、確かに効果があることは確認できました。ただ古いものだと新品のような白さを撮り戻るのはなかなか難しいようですねえ。
漂白剤などもやってみたけど、こっちも今一つ。

タミヤの1/20のF-1なども、デカールさえ使えれば組めるのが結構あります。もし実際に作ろうとなったら方法はいくつかあるんでしょうけど、手持ちのキットを誰かにあげるとかする際はデカールの状態は良いに越したことないですもんね。

古いキットを作るのが好きなものですから、いつもそこで難儀します。
 

日光漂白試してみては

 投稿者:TH  投稿日:2019年12月 5日(木)00時04分14秒
  デカールの黄ばみ、日光に晒すことで回復することがあります。日光に含まれる紫外線が黄ばみに効くみたいで、以前製作したタミヤのマツダ787Bのデカールは、日光漂白で白さを回復させたものでした。

http://mryacht.masa-mune.jp/

 

デカールがきれいだったのはそういうことでしたか

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年12月 3日(火)23時07分3秒
  私の持っている88Cは巡り巡って手元に来たもので、キット自体やタイヤは良い状態ですがデカールがやや黄ばんでいるのが残念。私がやるとなったら、青いところは何とか塗装でチャレンジしたいと思いますけど、白い部分(文字ロゴとか)はどうにもならない。

でも再販モノがあるんですねえ。

私の在庫を作ろうとなればサードパーティーのものも手に入るんでしょうけど、何かやっぱりちょっと引っかかるところもある。かと言ってパーツ取りに使うのもキットに申し訳ないし。
古い在庫は結構ありますけど、どれもデカールが今一つでねえ。キットは積まずにすぐ作るのがベストですねえ。

カーモデルはそのあたりが本当に悩ましいです。古いキットの在庫は結構あるんで。

 

青色部はデカールです

 投稿者:TH  投稿日:2019年12月 2日(月)23時34分24秒
  コメントありがとうございます。
青の所もデカールです。このキット、最近再販されたヤツで、デカールはカルトグラフ製でした。以前のカルト製デカールは綺麗だけど軟化剤も跳ね返す程強情というイメージでしたが、これは軟化剤もよく効く柔らかいものになっていました。なのである程度定着してから軟化剤を使う様にしないと縮緬状にシワシワになってしまうので注意が必要でした。
大判デカール使うか、塗装にするか、どちらにしても苦労するのが見えているので、悩ましいところです。

http://mryacht.masa-mune.jp/

 

あ、このキット、持ってますぅ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年12月 1日(日)23時15分10秒
編集済
  MINOLTA TOYOTA 88C、かっこいいですねえ。この時代のCカーが一番かっこいいと思います。
なぜかキットはストックしています(ハセガワは他にも少々)。いつか作ろうと思ってますが、いつになるやらってところです。

青いところはデカールが入ってますが、塗装でなくデカールでやったのならむしろ大変だったんじゃないかと思いますが、きれいに貼られていますねえ。

鉄道模型はよく「趣味の王様」と言われますが、精密でありながらちゃんと動いて楽しめるところは素直にすごいと思います。今回やっているムービングベルト、鉄道模型の足元にも及びませんが、動いているところを眺めるだけでも楽しいと思いますよ。

今日、地元の古い模型仲間から、「ストックしているスバル360・マツダR360クーペ・マツダキャロル・ホンダS600ハードトップ・トヨタパブリカ700をあげるよ」との連絡があったんですが・・・鬼かと(笑。
そっちはちゃんと作ってあげたいな。
 

またまたレースカーです

 投稿者:TH  投稿日:2019年12月 1日(日)12時58分17秒
  今回もレースの車を作りました。
デカールだらけで作ってる時は大変なんですが、出来上がると「良いなぁ」と自己満足しています。

動きのある模型は楽しいですよね。私はプラモの他、鉄道模型もやりますが、こちらは「動いてナンボ」の模型ですので、どれだけ精密に出来ていても走りが悪い(脱線し易いとか)だと途端に魅力が無くなります。
ムービングベルトでの運転、楽しそうです。

http://mryacht.masa-mune.jp/

 

アリイや童友社はありがたい存在

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年11月 2日(土)23時07分51秒
編集済
  私のように長くやってますと、廃業・倒産したオオタキ・日東・ヤマダ・ニチモ・LSなどの金型を使って懐かしいキットを供給し続けてくれるメーカーは応援したい存在なのですが、アリイ(マイクロエース)の場合は鉄道模型の方はホームページにも載ってるのに、プラモの方は見当たらない。そちらは今後もどういう扱いなのかが良く見えず、微妙に不安な所もありますね。
1/32のこのシリーズは価格も手ごろだし、プラモの入門用には最適なのでいつまでも続けてほしいと思うものの、もうちょっと出来が良ければと残念に感じるところもあります。

プラモメーカーは静岡が一大産地ですが、その他東京の玩具メーカーや卸問屋から変化したものも多い。その他となると栃木のニチモあたりがすぐ思い浮かびます。
アリイはもともと板橋区にあったそうなので、蕨はそこから近いって言えば近いのかな・・・。

グーグルストリートではこんな感じ。ああ、同じ会社なんだなと思って妙に安心したりして。
 

ちなみに・・・

 投稿者:あいばーん  投稿日:2019年11月 1日(金)20時21分33秒
  模型電動士さま、度々すみません。

今のマイクロエース=アリイですが、私の育ちの故郷である「埼玉県 蕨(ワラビ)市」に本社があります。
小学生の頃静岡の祖母の家で、従兄弟の兄ちゃんにマクロスのプラモを造っている時に指摘されてビビった記憶がありました(^-^;

http://aiburne-modeler.livedoor.biz/

 

あいばーんさんもお書きになっているように

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年10月23日(水)23時49分38秒
  DATSUNの語源こんな感じです。
https://jafmate.jp/blog/kurunandesu/171115-2.html

 

サフを吹いたら

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年10月23日(水)23時43分19秒
  刻印がよりはっきり見えるようになりました。
面白いからこのまま作っちゃいます。

ちなみに今回は5台まとめて作ります。
 

私も愕然としました

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年10月20日(日)22時34分8秒
  まさか刻印が間違っているとは思わず、二度見、三度見しちゃいました。
また、もしかしてDATSANと表記していた時代があったのかなと思って色々調べましたが、そんなことないみたいですね。
このキット、車種から考えてエルエス時代のものかなと思っていたんですが、手持ちのリストにはLSの製品として載ってないので、もしかしたらアリイがラインナップに加えたものかもしれません。シャーシ構造から考えるとそれもあり得ます。

アリイだったら驚かないぜって考えてしまう自分が怖い。
 

確かDATSUNは・・・

 投稿者:あいばーん  投稿日:2019年10月20日(日)17時26分55秒
編集済
  模型電動士さま、製作お疲れ様です。

確かDATSUNって日産の海外ブランドとして牽引した偉大なブランドでしたね。
当初、創業者3名の頭文字と兄弟という意味で「DATSON」と名付けたそうです。
しかしDAT”SON”では「損」という意味で、太陽から”DATSUN”となったそうですね。

いずれにしても電動士さまの観察眼、恐れ入ります・・・(^-^;

http://aiburne-modeler.livedoor.biz/

 

DATS”A”N?

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年10月19日(土)23時57分46秒
  俺は今、悪い夢でも見ているのだろうか・・・。
何十年もこのまま作り続けていたとは、恐るべし。
 

思い立ったが吉日

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年10月18日(金)18時50分52秒
編集済
  どうもです。例のネタ、LED成功ですか。良かった。そこをクリアすればあとは何とかなりますね。
SHUN1/24さんもこれまでたくさん、アイディアの詰った作品を作ってますよね。今回は面倒な点灯工作でしたが、動きに関しても色々妄想していたとは。
ルマンのアイディアですが、車がS字カーブを走るギミックは「こうすれば何とかなるかな」というイメージは思いつきます。問題は車の入れ替えでしょうか。相当面倒そう。
でもぜひ実現させてほしいな。

とりあえず私の工作はどこかの展示会で披露しますから、お客さんの反応を一緒に確認してみてください。そしていつかはぜひ。
 

私も真似してみたい!!

 投稿者:SHUN1/24メール  投稿日:2019年10月18日(金)12時02分8秒
  SHUN1/24です。

こちらのサイトでは随分ご無沙汰していました。

今回のムービングベルト、静岡で電動士さんが熱心に覗き込んでたので、もしかして何時かはお作りになるのではないかと思ってましたが、こんなに早く手掛けていたとは・・・。
アリイの1/32を作っていたのはその前兆だったんですね!
単にベルト駆動だけではなく、リンク機構でクルマを蛇行させるなんて凄いの一言です!!

実は私も路面を動かすのではなく、具体的には1966、67年頃のル・マンのS字カーブの情景をボックスアート的に作り、そこを右手から出場車が現れ疾走して左手に消えて行く。
尚且つ裏舞台では自動でクルマを入れ替え、表舞台に出して走らせる、なんて妄想を長年抱いてました。

兎に角、発想とそれを実現化させるなんて素晴らしいですね!

こちらも今作っている消防車もチップLEDの仕込み、点灯に成功していて、車両の細かい仕上げに入っています。
キャブ左右のバックミラー自作が面倒ですわ!
 

こんなにウケるとは思わなかった

 投稿者:模型電動士  投稿日:2019年10月15日(火)20時13分25秒
編集済
  >TH さん
そうですか、ロボット方向を想像していたんですか。外れでした~。
何だかんだと言って私はモーターライズが原点なんで、今回のからくりはやっていて自分でもとても面白いです。
たかととさんもTHさんも「見ていて思わず笑顔になる」と書かれていますが、それは最高の誉め言葉です。
後は「笑顔」から「笑い」に持って行くアイディアを出せるかですね。頑張ります。

>あいばーんさん
昔、これに近い発想のおもちゃもあったんですが、メカを覆ってしまえば子供達はその仕組みがわからずに不思議がるかもしれません。そこもねらい目です。
パッシングをすることは・・・リトラクタブルじゃなければできるでしょうね。遠赤リモコンをつかえばいい・・・。でもやらないよ。

>たかととさん
私も右手の親指の付け根が時々痛くなります。パテをこねたり削ったりを繰り返していたからかなあ・・・。
でもたかととさんはだんだんと良くなっているようで何よりです。
RX7の動きは狙ったものではないです。磁石の強さ、タイヤとベルトとの摩擦、ベルトのスピードなど色々な要素が影響しているんでしょう。軽トラのT360は全然そういう動きをしませんし。
でもどう転んでも結果オーライで行きますね。
 

なるほど!

 投稿者:あいばーん  投稿日:2019年10月15日(火)19時29分12秒
  模型電動士さま、今回の製作は斬新ですね!
アリイ(LS)の1/32で製作した車が走る情景・・・凄いです!

これでRX-7とR33 GT-Rが入れ替え可能なら、後を追う車がパッシングしながらだとリアルさが増すかと・・・(コラコラ無茶言うな!

http://aiburne-modeler.livedoor.biz/

 

こう来ましたか!

 投稿者:TH  投稿日:2019年10月14日(月)23時47分44秒
  チェーン機構だけ紹介されていた時は、ロボットでも動かすのかななんて想像してましたが、
ムービングベルトでしたか。見ていて思わず笑顔になりました。

http://mryacht.masa-mune.jp/

 

レンタル掲示板
/128