teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


2019年版・推奨人名事典

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2019年 1月 3日(木)20時49分18秒
   かなーりへろへろのまま三が日ラストスパートだが。↓毎年の下記“推奨”意図基本は、管理人にもう外向け筆記の余力は皆無ゆえ、だったらわしより優秀な人たちの膝打ち思考にゆだねるべきぢゃね? に尽きているのよ。そこを忘れてる相手しか想定なしなんてまた悲劇だがw。

 反左翼が実はミドルティーンからだった管理人ゆえ、この点に目新しいものはない。んが、2003年から暫くは、単なる外観・雰囲気だけにせよ、わしも又“リベラル”勢の一員だったんぢゃね? と思われて仕方がない言行もかなり含まれていただろう。けどここに来て苛烈? なほどの反リベラルに転じたものの、それはやっぱりリベラルなる概念が恣意的なファシスト型人間どもに“乗っ取られた”この十年だからなのぢゃ。もし20世紀に大きな支持を得た共産主義がそのとおり、人類の平等に貢献するものであったなら、の筈がお話にならなったのもその実践者たちがだめだったからや~ちっともわかりにくくないよね。同じこと=概念を恣意的に貶め続けた事例として、“平和・人権・反戦”などもこの手垢べたべた大好き左派により、もうぼろぼろな有り様だし、を#walkaway-ブランドン・ストラカさんもアメリカで痛切に看取したのだろう。同じくこれが日本だと岩田温さんの言説でよーく確認され、彼によれば“リベラル=病”と。ストラカさんと岩田さんのどちらが上、てな話じゃなく、日本人のリベラル、がどうおかしくなっているかの指摘はネイティブゆえの利があるよね。果たしてそれが正しいか否か、これを見ているぽまいら(いるのか?)に委ねるがヘーキかよ?
 慰安婦問題を調べ上げた頃、ん? これらの話=朝鮮戦争当時の洋公主(ヤンコンジュ)さんの件がかなーりランダムに混じってるんぢゃね? と割りとすぐわかり、何年とて経ようがますますそのにおいが濃厚になったんだが。韓国でその“現場”を偽りなく見ていた人に崔吉城さんがあり、彼も呉善花さん同様、韓国に不利ながら客観性に富む“事実”しか述べていなくとも、やっぱりあちらには住めず今は日本にいるものの、当然、もし社会資料としての客観性を維持向上したいならば、自分たちの政治カードにそぐわないとて、これを不当に抹殺してはいかん。されど同じく、この慰安婦=洋公主、が事実に富む示唆かどうかぽまいらに丸投げ……、してもどーせみないんだろうなあw。
 同様にして、これだけ長い時間を費やし、“日韓友好”に努力を捧げた者はいないだろう人が黒田福美さん。ところがその彼女さえ、今の韓国がおかしくなりその痛烈な遺憾表明者に転じており、けれどそれは管理人(在日さんで悪い人なんか見たことないと既述)同様どころか、それ以上の交流を踏まえ、韓国という国の在り方に疑問を呈するとも、韓国人の誰も批難していない。一体そんな彼女がにゃんを嘆いているのか、ぽまいらはバカにしてみないんぢゃね? かどうか試みたいw。
 ここ数年の弊暗黒BBSにさえ、“中国”の存在感が近年はとても大きくなった字数増加はそのとおり。ゆえに大躍進だニイハオトイレだなんて話も頻出したけれど、そこらの竹のカーテン余波で今もよく知られないままの“人民共和国”資料を紹介させたら、この桶泉克夫さんに勝る人はいない。そうした当時の子供向け啓蒙絵本(そのこまっちゃくれたくささに大笑いだが)から文革などのこれぞ独裁刊本に至るまで、お考えの立場相違なく一瞥の価値ありすぎ。
 今般のシリア内戦こそ、あるいはイラク戦争以上に“情報”が膨大化の上、錯綜・混乱、やっぱり左右の別なくどなたであれ立場上のバイアスがかかった言説が寧ろ多数(何れもある点では正しく・ある点では政治カード臭ぷんぷん)であり、たとえばここでも用いられたらしい毒ガスなど化学兵器にせよ、わしは既にイラン・イラク戦争のハラブジャであれ、あの行使者が誰であるか、よーく注意しなきゃだめだよと。然るにその錯綜・四散したシリア情報の複雑怪奇な山積みから、我々に出来る限りの客観的なデータを教えてくれる人に、青山弘之さんがいる。アサドはおろか、ホワイト・ヘルメットからトルコやロシアに至るまで、どれが“正しい”と言いえない様相・おまけに胡乱で怪しい論者が輪をかけてわあわあなんだから、そのとおりにフィルターなく伝えるべきだ、との姿勢をここまで貫くのはほんと大変だよね。
 管理人はこれも長らく“州制度”をこの日本が敷かなくちゃだめと主張しているが、それは要するに“地方”津々浦々が困らない国であって欲しい、そこに尽きる。従ってそのアプローチひとつが橋下都構想であってもそれはそれでいいんぢゃね? と。然るにそれを単なる机上ではなく、とことんの現場感覚・経験の説得力で推進している有無なき人に木下斉さんがいる。今年はかなり経済的な議論も、我々の生活に根ざすレベルで提起し、経済がどう循環して行けるかと説いたよね。木下さんとそのニュアンスでとても近いのぢゃ。ただ繰り返すが両者のアプローチ・立ち位置は大きく異なっており、けれどそのどれでも構いはせん。寧ろ違いのあるアプローチであれ、目的が一致していたなら、それこそ社会の強みになるんだよ。
 もし左派すぎるミッテラン政権に、この人=ジャック・アタリさんが提言しなかったら、今頃フランスもどうなっていたやらと定評されているが。然るにアタリさん最新の思考、を閲して驚いたやら、そこはわしが至らなかった通切な反省やらで、フランスであればその実存的思索、リベラル・アーツてな方面にわしゃ偏頗しすぎていたから経済もやらなきゃなあ、と思っていたその紆余曲折、あららで近い様相をこの人の最新論説に確認し、その範囲たるやブロックチェーン~IoT(管理人の最近は、ONNX(Open Neural Network Exchange)であるとか、あるいは3次元NAND-96層から1000層への技術的進捗予想とかがおもろいなあと)に及び、けれどそこでも経済三流であった筈のフランス実は底力(工学から某シンセ音源など基礎技術自体は元々高かったのよ)が、いよいよ侮れなくなったなあ、をアタリさんの思考、そしてフレンチテック~スタシオンF(渡仏したらぜひ見学しなされw)などを並べてこそ痛感せざるを得ない。って、ここらでも日本はゆでがえる停滞の危機感を持たなあかんのや。

ブランドン・ストラカ 岩田温(リベラル関連)
崔吉城 黒田福美(韓国関連)
桶泉克夫(中国関連)
青山弘之(シリア関連)
ジャック・アタリ(経済関連)
 
 

《サービスもただ》が致命傷

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2019年 1月 3日(木)11時10分32秒
   ……前稿の中国インバウンド云々で前振りしたとおり、結局卑近-生身の我々自身で直接、切実に関係せざるを得ないのがこの“サービス”業=ラーメン屋さん・美容院さん・物流の運ちゃん・介護職さんetcで数え切れん真性そこらの人なりわい。そう、ところが“安全と水はただ(無論それも間違いだが)”に続き、このデフレ30年にて“サービスもただ”にしろー、の又もデフレ頭誤認をやらかしたのこそ、致命的な選択であったろう。実際、世界の経済系シンクタンク各所からも、“日本のサービス業分野生産性は世界最低クラス”ととっくに定評されとるのぢゃw。
 おわかりか。勿論、依然として輸出産業も桁は大きく、やっと我々が誇れるとおりこの工業・技術立国ゆえ、たとえどう中国-ASEANに最終組み立て地が奪われるとも、日本電産・ファナック・キーエンス・安川電機・不二越といった列挙だけでも大変な優秀企業さん(とてラーメン食べない人・たまにはソバージュにしたいわあ・クロネコさんいつ来るのかしら・母親の介護どうしよーetcのお世話にならん人間がいるのかや? )はまだまだ安泰&成長するだろう。んが、それだけではGDPの1~2割やらじゃ。
 そうでなく、両立普通に可能だが、元々内需もかつて得た高度成長期の蓄積・資産ゆえ、6~8割ものGDP比率が担われており(注。ここらの数値に幅ありの理由は、これに金融分野が加減算されるからなの。金融資産のぶれは大きいからねえ)、けれどそここそ“デフレ上等”頭になりはて、おかげでブラック企業蔓延w・税と社保を払ったら何がG7国家の一角かいw、の困窮庶民続出。かつてコンビニ大手が取引の下流業者さんに“ゼロ円で納品しろ”とやらかしてからさえ、もうかなり昔ぢゃね? のざまや。
 これも前掲のバリエテにすぎないが、牛丼やハンバーガーなどのいわゆるファーストフード各種価格に対し、500円? うわっ、どーしてこんなに高いんだよ、300円にしろーっ(←こーゆー店で1食10円コスト削るのがどれだけ大変か、わかっとるのかよ、級の相手でも“お客さま”ってなw)とやらかして恥じない・怖じない反動たるや、そんな何百円をさもしくもけちろうとする、あんたの賃金はじゃあどこから出て来るんだよ、に、もろの“反映”されとるゆえ、ますますお互いの首締め仕合に勤しむだけ(これをデフレ・スパイラルだと)。
 のみならずこれはほんまに一週間前やらに遭遇したツイートさんだが、そんなワンコイン級の店に行きいわく、“福神漬けの位置がおかしい・ごはんの盛り方がおかしい・マニュアルをここの店員はわかってるのかーっ”と、インスタ蠅やらにも投稿していたか不明にせよ、しっかと写真つきでぶちかましており、やれやれとしか。そう、500円さえ払いたくありませんが完璧な仕事は要求しますだとお、の途轍もない理不尽(=正しく“サービスはただ”精神典型)がそうとは思えずこんな頭をさらしている輩が珍しくない社会~これがデフレ30年の末路やら、気がつかず改善しないならもっとひどくなるやらw。だからゆでがえるは駄目なの。
 同じ人間同士・その誰かさんにサービスを要求するなら、それに見合った対価を払わずどうだろうか。そしてそのけちで愚かな精神行使により、今回こそこっぴどく説いたとおり、我々の社会にその正当-健全な“対価-信用”が巡らず滞留したゆえ、誰もが、ひいー、もうお金がなーい状態に陥ってしまった。更におわかりか。そう、斯くしてこの庶民レベルが寧ろ率先してさえ対価、を費やそうとしない果てこそ、左派さんが救わねばと願う弱者さんに宛てる余裕がますますなくなるのぢゃ。これも繰り返す。だ・か・ら分配社会ではだめなの。勝手に原資をマクロ~庶民レベルで節約・削減・けちれば勝ち、で残ったものを分配? 無理ぢゃ。
 最新例こそがあのベネズエラなので、↑こんな感じをもっと徹底した“21世紀の社会革命”に縛りあげ、屈指の産油国ゆえその関連国営企業に勤める人は無論当該国のエリートさんながら、チャベス革命前に月30~40万円(ベネズエラの勤め人相場ではやっぱり物凄いやろ)稼いでいたものが、只今のマドゥロ時代になりたったの5000円w、の何に納得しよう。でもそれを20世紀の左翼革命は人間の当然と思っていたので、まーお仲間のキューバでは、現に久しくあそこのやっぱり代表的エリート-医師も月5000円らしい。ちなみにそんなキューバがブラジルにその医師を派遣(アマゾン地域などに需要は多いのぢゃ)し、ブラジルでは、え、たった5000円しか貰っていないの? じゃあ彼等医師さんに我が国として手当を、と提案したところ、それもいかーん、革命精神に悖るからその手当てはキューバ国家に寄越せー、だったらしいw。
 こんなデフレ頭日本もおちおちこれら海外の笑っていいのかよ、ねたが他人事と思えなくなるんぢゃね? と、左派~リベラルさんのお話を聴いてわしは更に危機感が募るゆえ、せっせと正月無視で書いているんだってばさ。
 一体そこまで絞りあげたベネズエラも又、20世紀ニイハオトイレ組と同じく、対価信用が不自然に社会から壟断-搾取されてしまったゆえ、結局、まっさきにベネズエラで最悪の危機に陥った人々=貧困層つー悪夢。そう、このチャベス~マドゥロ失政により、まず旧宗主国スペイン~EU諸国へベネズエラ富裕層が逃避し、アメリカにも似た逃避が生じ、近年はこれが中間層に及んだゆえ、彼等の資金ではペルー・コロンビア・ブラジルなど周辺国へと逃亡限界の開始。……んが、既にシリア難民話でもお伝えしたとおり、ベネズエラでも社会主義革命により最も救われなくちゃならなかった貧困層こそ、逃げ場などありはせん空の棚ばかりになったスーパーへ、それでも何故行列するのか? 今時の医療機器にもし電気が来ないなら、貧しい患者さんはどうする? といったお話にならない深刻な問題を、産むべくしてをこれで正味1世紀(ロシア革命から数えなされ)繰り返し、まーだ皮相の“平等”さえ唱え、信じていればの人々こそ、だからわしはおかしいとしか思えんが、なにか? そして又ぞろのチャウシェスク・パターンやら、そんなマドゥロが困り果てた国民を知るやら、昨年にトルコ外遊の折り、そこの世界的著名レストランでステーキをたらふく食ってるぞー、でかなりの失笑を買っておった(国民がまともに食えてるなら、それしきを一国の大統領が行うとも批判せずよし、は言うまでもないw)。
 そう、こうした膨大すぎる“分配社会”の失敗事例、に学ぼうとしない左派は批判されても仕方がないんだよ。これで常に真っ先の実害を喰らう層=弱者さんなのに。何故そうなるかの構造を、ここまで何年にも及び解明しているんだから。然るに何故これで失敗必至なのかの理由ひとつこそ、斯くして搾取・収奪(?)された原資-あらかたは税としてもいいだろうその資金を、結局は何らかの“官僚機構”に任せねばならなくなるからじゃ。彼等は商売なりを経て、これらの原資を稼ぎ出した当事者ではない。管理人は長らくリビア=カダフィ体制を注視していたんだが、何故ならあそこは世界唯一のアナーキズム=無政府国家を標榜しており(無論、過去)、ほー、だったらどー運営すんのかなあと。と・こ・ろが。他に手立てなどないから批判は忍びないものの、リビアも人口比であれば産油国としてかなりの富を国民に齎しうる自体、難解な話じゃないよね~けれど看ているとその石油をじゃあどう売りますか? 結局は石油相てな人を設け、イタリアなどと普通の官僚組織にて取引w。そしてこれはソ連も東欧諸国もみんな同じであれやっぱりやむなし・更に発足から暫くは目立たなかったものの、最近になるほどEU政府の官僚主義っぷりは、目を覆って劣化しただろ~それがブレグジットなどのトリガー・導火線なのも疑いえないし。
 斯くして分配社会の実務をこなす官僚主義=人類実験の失敗が否めず(ここでも財務省以下、つと無限に批判しとるやろ)、だったらどうするの? の鍵こそが原資循環社会(=タラントの褒賞者志向)なのよ。500円のカレー皿やらの福神漬け並びがいかーん、何て要求は既にミニマム悪玉菌チャウシェスクやサダム・フセイン(こいつも自分が演説しとるテレビを見ない奴は逮捕だー、だっただろ)の様相を呈しているので、それが果たして“対価として妥当な態度か”我々個々が判断する社会。これを無考えに分配すりゃいいってなw。それでどこの無愛想なUSSRキヨスクやグム百貨店が最後に出来上がるのやw。
 健全なる努力を用いたサービスには、健全なる対価を与える社会←もうここからしてこの30年は狂っていたの。
 一方、さりとて事実身動きがとれず、サービス-労働を担うことの不可能な弱者さん、がこれも有史以来、人類に実在したことも認めなくてはいかんので、けれどベネズエラ状態ではそこらの人とてもう分配しようがない貧困へ追いこまれてしまうんだから、ナンセンスにもそんなシステムを考えちゃあかん。そうでなく、もし説いた健全な対価循環社会が成立すれば、自ずとしてそこに“利潤”が生じる。これは仮にイスラム金融であれ同じ考えを昔から知っていた。かかる利潤を、我々は全力でも働けない人々に贈与すること。それは“分配と似て非なる概念”なの。繰り返すとおり、元々我々人類は確たる経済理論完成を知らない~経済なんてものは寧ろ、極めてファジー・曖昧なものだとわからんのかや。
 ここに百万円がある→もし得た者がバフェットなら、これを元手に投資して倍増させた(タラントのたとえではこうした者を褒めている)ろう。一方、お話にならんそこらの場外馬券場・あるいはパチ大好きおじさんだったら、一日にしてそれを擦ったかも知れぬw。この中間にありうる“百万円行使”の経路たるや無数だよね。従って我々人間が“金”をどう使うやら、のみならず近代以後の数百年とて詳述したとおり、常にそれは緩慢な推移で“増加”してこそ健全に使いこなしうる=いわばこの30年、我々日本がやらかしたことは一種のゼロサムどころかすりへりゲームだったのぢゃ。即ちこれを一定-安定、と思い込んだ共産主義・日本デフレの百年目w。如何にそんな頭で分配するからー、と頑張った積りとて、お猿さんさえ激怒するだけだと昔の人とて知悉していたのにねえ。
 ちと哲学的に申せば、信用-対価-その具現がお金(ヤップ島の石貨もそのひとつよん。そして最新の仮想通貨も同じこと)=概念なの。概念は無限に変わる。ヘラクレイトス的だろ? 万物流転の一相=資金である以上、これが“止まる”と考えてはだからだめだし、もし“止まる”とお考えであるなら、明くまでもそれは同じ概念上の“停止”が我々人間に“利便”を供給する場合に限られる。おわかりか。そう、これは事実上、完全なる図形がもしありえなくとも、その“完全なる概念”を行使想定し、実用に供する場合にのみ正義となるのぢゃ。ってわしの脳内フィソロフィーは悲惨すぎるチラ裏人生以上に暴露せぬ自戒永年ながら、まー数行の謎々レベルなら許してちょんまげ一万個w。従ってもしシチアシオン-状況が分配を要請していれば、その限り-アウフヘーベン(って、何故ここでヘーゲルなんだよw)止揚行使にて、一時的な分配社会選択でもそれは何ら構わんのや~わかりにくい筈もなく、たとえマクロ資金循環がどうあれ、そこらの宴会にみんなが集まり、じゃあ公平な割り勘にしよー、おおーっ、のケースならそれは単なる四則算で“分配”が最適たりえよう。そう、そーゆー適性を理知的に悟り、分配を社会ツールとして行使する限度。わっかるかなあ、の何故今度はちとせ師匠やら。尤もこれで、わっかんねえだろうなー、になっちゃってるのがオールド左派だよ。それじゃ困るね。

※てなとこで十年誰もみている期待ゼロのBBS相手にびっしり年末年始かかりきりw。21世紀のダナオスだよね。然しだ。この2018~19筆記シリーズの最後(まだいっくらもねたはあるものの、4日から時間は捻出不可能なの)にこそ、声を大きくして言いたい→そう、愚かなる読者各位(いるのか?)ども、このわしがここ開設当時の言説に比べ、結局は右傾化一方じゃねえかーい……、では何もないんだよ。その為の膝打ちねたとして#walkawayを敢えてぶつけただろ。もうひとつには、例えばデモとされる手法にせよ、2003年当時はこれを大いに推奨していた、ものの~おわかりか。それもこの15年でSNS他、やっぱり“情報”が大きく変わった。前記のベルリンデモ、あるいはファッション&おっしゃれー&チャラ男左翼の最高峰だったんぢゃね? のあのmai68=五月革命にせよ、半世紀前まではああしたアピールが当時なりの最も効果的な手段だったろう。無論そんなデモを今後も場合吟味で行う自体、反対する意味は何もないんだが、何しろ2003年に全くなかったネット発達に至り、何かの事件があればテキストや写真はおろか、動画さえ全世界に拡散、それも半日さえ掛からずの世相になった。更にあけすけのぶちまけだが、なーんとそんな2003年頃のネットスキル最先端? で一応あったかもなw、のわしらがやっていた言動さえ、今はもう“インターネット老人会”と揶揄されようが反論したら総スカン・最悪炎上かいwwwほど変わっても別にぃ、てな俯瞰性は寧ろ必須だよね。そこらのニュアンスですよ。なんでも大声出して・出さなきゃ伝わらんぞー、が限界だった頃とそれを冷静に比較せなあかん。かつてニイハオトイレ時代の中国、その全人代に参加した今やお爺・お婆の党地方幹部さん談によれば、“昔は北京に行くだけで一日どころか三日ががり(=そんな鉄道他交通インフラ未熟w)だったものが、今ではこの齢になっても楽ーに高速鉄道一本、数時間で行けるアルねー”ドヤ、この発展はと。同じくかつてのハッジ巡礼でメッカへ行きたいなら、“女はとても無理。それは差別じゃなく、大の男でもいつ行路砂漠のどこで死ぬかわからなかった過酷さからなんだよ。……でも今は神殿卑近まで近郊電車で行ける上、近年にはもっとそばまでそれが延伸するというじゃないか”と有り難がるムスリム・ムスリマさんが全世界にいる。そう、いつもどおり、万物・世界は流転してこそを忘れなきゃいいのみ。事例にわかりよいハードウェア重厚長大ものを提示したが、それがソフトウェア・レベルであれ“変わって当然”なら、デモ=政治的アピールの形容とて、どんどんアップデートされて何がおかしい。けどどうやらその次元で、かつての四畳半フォークもとい左翼さんは、青春の旅立ちwのままフリーズ状態なのも奇観なのにねえ(そこを今の若者たち-ミレニアム世代にどう理解させられるやら。むりむりむりー)。おわかりか? そう、彼等“革新”を唱えていた最先鋭、の筈がごらんのとおり最も守旧老害になるのも、あるいは世界人類が繰り返した一景かも知れぬ~まーそれはパリのポンヌフ=直訳して“新橋”が旧市街の観光象徴になり、東京の同じくどんずば新橋もかつては日本鉄道発祥地で眩しく見上げつつ、“毛唐由来の岡蒸気にゃこりゃたまげたぜよー”と驚いた江戸っ子さんたちが、現在では頭にネクタイ巻いた中高年サラリーマンさんたちの一番安心して酔えるオールド世代聖地に落ち着いたとて、それはそれで滋味ある話さw。
 後はこれ個人的な話、でやはり前述済みのとおり、経済音痴ではいかんからベンキョーしよう、が新たな意見醸成にとても大きかったし。
 そしてもうひとつ、そんなことよりまーだ圧倒的に上級、なのはな、今回でもどれだけ“弱者”=最低層に言及しただろうか。そう、ここまで=それこそフランス・ロシア革命から#walkawyで批判されたリベラルまでの“安易な発想”~どの例も差別なき社会と熱望しつつ、あっさり自分たちこそが常に最大の差別者・ファシストになりつづけたあげく、その撲滅せなあかん貧困社会醸成の歴史的主犯ばかり産生している、その根治処方箋を書いた積り。何しろ、あちゃー、でここから何を言うとるのかさっぱり判らん人々が今の左派さんとは。こいつらの方法で、世界から貧困や差別はなくならず、逆に助長されている悲劇と不条理に何を我慢しろと? 元はたとえ理想に燃えた左翼さんだろうと、“ベルリンの壁”が壊される理由自体になったなら、批判されずどうよ?
 てな訳で管理人、ネトウヨ転身どころか実は21世紀の超コペルニクス的転回極左になってたのかあああ、やら往年のけむまきだけは変わらんねえ。
 

タラントのたとえ~朝三暮四

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2019年 1月 2日(水)14時55分35秒
   一体12月31日・1月1日の年二日しか投稿しない禁をついに破ったのかあああ、程ではないがともかく珍しい2019年の1月2日になっちゃいましたねー。
 けどそんなこた別に、え、又タイトルからして訳わがめじゃね? も判らんかったらとっととググ一発ですぐおしまい-解決の情報社会になったゆえ、そこで甘えて調べませんじゃあどうかのを。従って簡単な言及しかこの“タラントのたとえ”事由に裂かないとして、これは要するに
☆ただお金を持ってるだけじゃだめ
 てなお話なのね。たまたまやら長らく朝三暮四の方は十五年前からしばしば起用していたけれど、こちらが東洋のエスプリなら、タラントはどんずばで西洋、てな管理人らしい組み合わせの意図だと説明せんでもわかって頂けたら幸い、ってそれも75億人のひとりも無理な要求でしたなw。まーまともな思考に達したいなら、東洋が菩薩なら西洋は天使、てな論理構成を昔から練り上げているのも単なる事実だし。
 で、とりわけてバブル崩壊後の我邦-日本がこーんなジレンマ陥穽に落ちた国なんて有史以来の希有、を人類の知恵に参照として省みる試みも仕方ないよなあ、の好例に於いてこのタラントのたとえは頼もしい。そう、文字通りで我邦は今や全金融資産ならそろそろ2000兆円・預貯金だけでも1300兆円(これを区別しないと~何故なら債券や株はやっぱり金利-有価証券の話になるだろ)だっけ? をもいわゆるブタ積みしており、まんまでこれが神様からサイテーと判定された“タラントのたとえ”に嵌まりすぎとるのぢゃ。そう、古来お金-マネーは有効に行使するため存在するのであって、現にそこで間違えはじめて長め判定なら30年・短くみても20年はこのブタ積みが嵩んで停まらん。実にこの金利なんぞさっぱりつかん1300兆円っ、が実在しつつ、そのくせ多くがもう日本に金はなーい・借金だらけだー、と本気に思い込んでいるなんてwww。ちなみやら後者の借金云々なんてのは財務省だけの算盤思惑しか勘定に入っていない(この件は以前、まっさきに推奨した高橋洋一さんの本をみてくらはい)んだからさ。けど前者の“金無し”が誤認やら事実やら、もしこれだけの一部がまともな利回りのつく金融市場へ流れ込めばどれだけ経済活性になるかと説く人(さわかみファンドさんなんかがその一例)も少なくないが、全然そうならないのも、やはり以前説明したとおり、日本だけが30年前の株価4万円→30年後に半額の2万円だわ、途中のミンチン党時代では8000円になっちゃうわだからなの。
 ちなみにでも何でもなく、この30余年前、今やお爺ちゃんの証券屋さんのお話だと“日経平均がもし2万円だったら、アメリカの株価は2千円と覚えとけば良かったんだよー”らしい。ところがこの30年後は日本の株価2万円~アメリカの株価2万数千ドルw=ここまで簡単な計算を書き加えずともいいんだろうが、たった30年で10倍もの大差逆転はちとおかしすぎ、ってな。これはアメリカが特殊なのではなく、あれだけの社会民主主義国家群たるEUとて、30年前のざっと5倍なんだし、中国やASEANの猛追ぶりも言うまでもない。左巻き発想だと誤認してこそ、に陥りがちだが、世界の経済システムもまだまだ未熟(20世紀初頭はマルクス経済学で繁栄だー、とガチに多くが思い込んでいたが、その実践がどれだけお話にならんかったやら)であり、なーにが金融工学でサブプライムならそれで貧困層にも立派な家が買えるぞー、なもんけえ、とっととそれも大失敗してあのリーマンショックw、がたった十年前やろ。従ってこう世界で経済がシュリンク-縮小した一億国家なんてものはありえず、前記しているが繰り返すなら、日本だけが株価半減になってもやって行ける超絶経済理論
、なんてものをどう信じられる? ここでわしが述べた話なんぞ、せめて世界標準並の経済システムにしてみなされ・それをもこんなガラパゴス固執で凌げると思い込める頭こそあのゴーマンすぎくね? それが有無なくお話にならないのは、斯くしてタラント的にサイテーの金融ブタ積みのあげく、そのくせ医療・介護・子育て(他多数重要案件は省きますw)にどれだけお金が足りないんだよー、もっとみんなに寄越せー、ってな→そう、これをわしは朝三暮四経済ではだめだつーとんのに。変な左巻きさんはもう成長しないからこれ以上お金がなくてもいい社会にしましょうと本気で思い込んでいるやろ。違う。それでは正反対の待った無しで、こう埋蔵したままのタラント最下位状態・ブタ積み・内部留保(の件も昨年までに言及済み)が何故解消しないかも、要するに金を使ったら損だぞー・安心して使えないぞー、のスパイラルゆえ、それを社会の色々な停滞打破に向けた循環へと再シフトせなあかん。
 そしてこの30年デフレ-シュリンク経済の惨状たるや、何しろガチの数日前-大晦日報道でさえ

 受験傾向が一変した最大の要因は、私学助成金の不交付基準が厳格化されたことだ。
 これまで収容定員8千人以上の大学では、入学者数が定員の1.2倍以上になると助成金が全額交付されない基準があった。しかし、文科省では都市部の大規模大学に学生が集中するのを抑制するため、この基準を平成28年度は1.17倍、29年度は1.14倍、30年度は1.1倍と、段階的に厳しくした。
 この政策が各大学に与えた影響は大きく、今年行われた30年度入試では、合格者数を絞り込み過ぎて追加合格を出す大学が続出した。

(以上、2018年12月31日・産経新聞より引用)

 ごらんのとおり(お茶目な人の為に“不交付基準が厳格化された”1センテンスだけ注意しなされ=お金がないので絞りましょう=暮四だったのを暮三にしますからお猿さん、もとい大学さんはその暮三を奪いあってちょんまげ百個つー意味よ)。そう、管理人が何年にも及び散々批判しとる“朝三暮四”はおろか、今やこのデフレ数十年つー未曾有のだめ社会観ゆえ、遂に“朝三暮四はおろか朝三暮三”、このままだと朝二暮三=今まで元々朝は三だったんだから、次は二にするぞー、状態へとほんまに変わりつつあるんだのーに感心した記事ではあるね。まーこれに似た正視しようのない事例も既に数え切れず蔓延一途、同じ大学ねたでいうたら世界でこーんなに論文数が激減一途・教授さんが雑用兼任でもまだ研究費足りんぞー、の国はないとかさ。それが無数の個別社会体にも跋扈してるんだってばさ。
 朝三暮四の場合、あれはお猿さんに全日で七つを与えていたなら、それを朝夕で操作したって同じやんけ、むっきー=猿でも怒るwつー意味だよね。ところが我々のデフレ30年は真性猿以下。でもこれとて常に物価や賃金が同じならそれでよし、てな思考に国民も含め陥っただけ。そしてこの過剰-異常な物価安定経済、で同じくシュリンクのあげく、あの崩壊に至ったのが共産圏なので、実にわしがまだ小学生だった頃、当時の担任さん(既に故人。合掌)がまた今から思えばまさかの典型左巻き教師で、わしらに“いいかい。ソ連ではリンゴもバターもみーんな1キロ10円なんだよ”と、そのソ連マーケット写真入り資料で得意満面に教えてくれた。念の為だがあまりに子供だったゆえ間違えた数値記憶であるかもにせよ、まー日教組さんあるある(注。冷戦当時の)だろう。
 然し散々そんなシステムが巧く行く訳ないと何度も説いた上、事実上、潔癖性も実は病気のひとつに似て、物価-賃金が変わらない=“正義・正解”誤認だと社会-人々は困窮じり貧の例しかありません。そう、驚くべきではなくこの日本は1990年以後、共産圏経済とよく似た失敗に嵌まったのぢゃ。
 明治の開国から暫く、昭和大恐慌に至るまでに我邦の株価は4~50倍にもなった。同じく戦後焼け跡から再起した株価も又、バブル崩壊までの似た歳月で4~50倍(注。新円騒動調整後)になった。ちなみにやら、1940年代の松下電器(現パナソニック)株式公開当時からもし今まで松下の株を持っていたら何万倍にもなっていたのよ。尤もアップル-Macはそれをもっと新しく、短期で遂げたけど。
 同様にして、あるいはまだあの戦前-円タクに乗った記憶のあるお爺ちゃんさえ健在かも知らんが、今ではそれが700円超。わし地元の横浜港(今や旧市街の大観光地)など初期インフラ整備も、明治開闢の最初はたったの総額数十円が十年も経たら数百円、また十年で数千円、数万円……、と変遷したものの、この2019年に五万円ばかり払うとて、山下公園の手すり修復1パーツ調達さえ怪しいwww。けど明治人にとり、あっちゅう間にこれだけの物価高騰だった実感こそ大きかったろう。それは斯の所得倍増期とて似て、焼け跡期に月給5000円だったものが1万円、二万円(←それだけでもう二倍・四倍やんw)と来てバブルまでにそれが20万円、でけれどそこから再々度指摘のとおり“ぴたりと停まっちゃった”上、増税だー・社保増せー、で何故うまく行く? そう、他の物価もやっぱりググれば無数に比較されるとして、近代以降世界の趨勢で物価は常にこんな感じ↑で騰がってこそ健全性を保って来たので、それに悖った共産主義・この日本30年が故に経済困窮・勝手な誤認で“パイの奪い合い”状態になるともむべなるかな。それだけにインフレターゲット2%、なる目標は至って穏当なものなの(この2%は大前提として“インフレ過熱防止策”でもあること誤解なく)。
 そして緩慢でいいから物価-賃金が上昇してこそ、次第に条件が厳しくなる医療・介護・ナマポ(生活保護化する人がこの高齢化で増える自体、仕方ないとこもあるやろ)・無償教育etcへの“原資”もこれにより賄いうる(てな話も昨年まで主柱で終わってますから)。逆に今のままではこれらに対する原資じり貧・国民からまだ絞るしか手立てがなくなる……、でほんまにいいの? その30年前まで月収じゃなく年収がたった3万円だった中国人がインバウンドやらで来訪し、え、こんなにいい炊飯器が日本だと2万円で売ってるの、安いアルねー、わははー、と大挙の買い込み、それもその筈で中国では似た製品をもう4万円やらで売り、けれど買った途端にもうそれが壊れている(製品管理の問題だよね)わ、通販にしたら雨だろうが構わず配達で段ボール箱からずたずた・中身を空けたら最悪、何も入っていない空箱だったアルよー、うぎゃあ、てなざま。そう、物は安い・サービス・管理はそのくせ全世界の第一級、てな異様バランスのこんな島国で一体だーれが儲かってるのか、これじゃ頑張るほど我々日本人は損してすりへるばかりなのにねえ(注。一々精確を期して筆記する余地はないものの、その炊飯器インバウンド期も既に終焉-変遷し、今はコト消費に変化してるとかまで、ここで追いきれんこと悪しからず)。蛇足の極みやら、これも毎度のとおり“物事の一面”だけしか学ばない・見ようとしないと、こんな日本の社会さえ、“世間はこんなもんぢゃね? 仕方ないよねー”てな絶滅危惧級誤認に至りかねぬ~だ・か・ら、しっかと“情報・アンテナ”を多方向に張り渡しなさいというて久しいんだが。おまけにそれらを調べる手間も以前より格段な容易度になりつつ、君たちのガラパゴスぶりが変わらんのは何でや(嘆)。
 現に黒田体制&バブル期以前、日銀がインフレ・ファイター(インフレ潰しと同意)とされていた自体、実は不健全-誤謬ではない。何故なら戦後復興以降の日本は年10%にも及ぶ成長を遂げており、そうした時勢で金融が緩和的だと、物価上昇に賃金が追いつかず、やっぱりそれで人々は困ってしまう。でもバブル崩壊後にデフレ化してまーだインフレ・ファイター頭から切替られず前白川総裁時代まで同じだったのがかなーり痛い←これに関してもとっくに、塩や砂糖を入れすぎた料理は食べられない、適切にしろと説明済み。

※ふひー、本稿もまーた途轍もない駆け足・なるたけエッセンス・わかりよい事例掲示に留めた感じしか筆記後にないねえ。おまけにこれだとまさかの三が日余剰時間全行使、の自分がどれだけバカか忸怩の年明けになっちゃったし。
 

米大陸にも波及した難民問題。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2019年 1月 1日(火)12時53分54秒
  ※例年どおり、今年も虚礼すぎるあ・け・お・めw。この元旦だろうがわしゃがしがし働いてるだけ、なのであるいはますます投稿間隔が伸びるだろうし、まさか三が日の折りをみて好きに続けるかな? のノリですな。bot.すら巡らないこの暗黒BBSに、何故年末年始も構わぬ主要仕事合間さえ休まずヘーキでやっとるなのか→我ながら壮絶な基地甲斐すぎて呆然だわ。

 かなりお目立ちなタイトル案件ゆえ、そこらの基礎情報は省く(そこんとこ大丈夫かやw)にせよ、グアテマラやエルサルバドルなどの中米諸国からも、欧州モデルとしていい大量難民さんアメリカ移動騒動が勃発しちゃった。念入りながらどこの難民さんにせよ、彼等が極めて気の毒な生存を強いられている自体、管理人の吐胸もまた痛すぎる。んが、だからと彼等が来たとて、自分とその四囲の面倒さえろくに看ようのない欧米各地の庶民さんが、これに困惑以外の態度を表明しえずまた責めようはない(←てな論陣を何年も前から重ねているので重複させる愚はやめなはれ)。
 そう、おわかりだろうか? この地球上に無数の困り果てた人たちがあり、管理人のチラ裏(=誰もわしのこた心配してないからなw。多分こんな調子でいつタヒぬやら、固唾を呑んで期待してる奴ならうんざりいるかも知らんがw)に至って、一体何度死に損ねようが誰かに助けられた覚えなどないないなーいだけ自信満々で表明して恥じないものの、詰り命懸けで困ってしまうとも、“他人様”も又、その窮状を救えるほどの出来映えではない“お互い様”~人間はごらんのとおり弱い存在、なんだよ。それは既に介護や医療などで我邦日本も陥って久しいトラップなんだし=再度おわかりか、最早我々のサイレント・マジョリティさんは、“弱者”とされ救われて当然視(そこまでは承認したい)の皆さんを、持てる全力とて支え切れなくなってるのが2018年前後の“現実”なのぢゃ。一体何故、10分間放置したら命にかかわるレベルの患者さん・幼児さん、をあの低給&激務&人手不足であたふたの渦中、ケアしきれずして最悪なら絶命加害者、そうでなくともクレームの嵐にしてやられる危惧が掛け値なしに365日の不条理→これを忍んでいるのがそうした職場にいるサイレント・マジョリティさんだと気がつかんどころか、この無理づくに相乗りして施設側だけを嵩掛けで責めるのが、流石に少数ながらの最低ノイジー・マイノリティさん(そしてここへまだ無考えの善人ぶりっこで相乗りしがちなのがリベラル勢)なのぢゃ。例を列挙したら何冊やらの毎度に就き、ざっと閲するのが限度にせよ、そうした施設に生き、ろくな身動きが取れない(までは同情しかありません)日頃ゆえ、だったらクリスマスや初詣くらいせめて行きたい←もしそれを救いたいと思っただけで済むなら万人がけちをつける余地などないだろう。と・こ・ろが。だとすればそれをケアする人々は正月休みも夏の花火ならバカンスもなくなりかねぬ、ってこっちゃよ。無論それもケアされる側の責任ではなく雇用システムに多くの改善余地があるものの、さりとてそれをプロデュースする側も繰り返すとおり、“同じ不完全な人間”なのである。これと過労死なんて問題は純粋に別個の話なのかよ。のみならずじゃあ補助器具などでやーっと複数の介助さんに連れられ、その初詣を果たせたとして、そこでもし風邪やら体調不振になったら? ケアされて当り前だから怒るぞー・しまいに訴えるぞー、なのか? そう、まだ繰り返すが元々大した能力のない我々は、こうした事例を“支え切れなくなっている”ので、されどだったら放置するのではなく、難民歓迎vs排外wなんて対立上等をやらかすより先に、まず被介助-介助双方の“事情・限界etc”を相互理解せずどうなのさ?

 先ず敢えて↑卑近の卑近から語った上、類似の事例は今やこの社会に無限ゆえ、後は各自が各々の吐胸にて考え直すとして→同じことはこの世界-地球上のマクロにも寧ろ満載でいえておるんや。
 三度おわかりか? 2015年ピークのシリア中核EU向け難民大移動。そして昨年の中米難民同じくアメリカ向け大移動。さりとてどう困難とて、迎え入れる側も既に一杯一杯の人ばかり(その論拠を何年も説いているんだってばさ)、に何ら思いを寄せず、ただ迎える余裕のない側を極右視すればいいと短絡したリベラルゆえ、そのリベラル(当り前だが当人たちだけ違うけどな)はもはや嫌われまくっとるの。サイレント・マジョリティさんへの理解を説くより、その無理解をなじり軽視してばかりゆえ、ますます“支持者の獲得”から遠ざかる……。なんて話も再び20世紀左翼さんの轍-デジャブ=ここでまだ理想に逸ったあげくの山岳ベースがー、なんて話をさせちゃいかんね。
 四度おわかりか? これも数年前から説いているとおり、こう人類の移動が急峻では、「救えるものも救えなくなってしまう」んだよ。何故それがわからん? イスラエル建国の“正義”を唱え、大戦後(実は戦前から模索しきりだったがそこらは各自お調べあれ)に地元民=パレスチナ人の意向・余裕も何も無視し、武力さえ用い“移住”して下手しなくともそろそろ100年-一世紀を経ようとも、何が解決したろうか。この間、中東戦争やインティファーダなんてものが何次あった? 北帰還事業は日朝の国策そのものであったろう。だが“楽園”であった筈の地へ大量移住し、誰が幸せを得たろうか。のみならず貧しすぎた半島=わしはそれを李氏朝鮮の500年にも及ぶデフレ悪政ゆえと結論しているんだが、日本と半島が近代に至りいずれも“開国”を迫られ、日韓併合さえ選択をみた渦中、どれだけの今は在日さんと呼ばれる人々がこの列島へ来て軋轢を産み、寧ろ卑近こそ両国の犬猿ぶりが際立つ一方だろ。いうとくが徴用工なんて人は500人もいない。殆どがデフレ500年悪政wの犠牲になった半島庶民の出稼ぎ・密航なのぢゃ(一回“密航鮮人”でググってみなされ)。そう、困り果てた人たちなんだから、なんでもいいから無条件歓迎で移住すればいいんだよー(←なんつーお花畑や)、だけではごらんのとおりお話にならん、寧ろ解決が永遠に難しくなるわ、関与した者同士が永劫の不和にさえ至る(実際、千年恨というとるね)だけ、の痛恨を産むばかり。

 再び卑近に戻すなら、一体あの実習生さん(最近はベトナムからが多いね)たちがこの国に来て、既に年間何千人となく“失踪”してしまった頭痛のざまながら、それも“受入れ体制・法整備”が杜撰すぎたからだよね。のみならず既に我邦の移民さん実数たるや、世界屈指の状態(OECDのデータだよ)なんだからさ。

 この様に考えて行けば、大歓迎・排外主義のどちらも間違えている事実ばかり浮き彫りにされずどうだろうか。何しろこの暇も2015年にあれだけ歓迎だからねー、拒む人がいけないんだからあ(まー発言byメルケルでいいやろ)、のお調子だったドイツが、なんとその大歓迎だった筈の難民さんを飛行機に乗せ、イタリアへ送り返しただとお、と聴いた時は流石のわしもぶっとんだわな。のみならずあれだけの人数を“受入れ”ようにも、申請他書類さえ一説には8割方の処理が進まないままらしいし。繰り返す。難民側・受入れ側、どちらも生身の人間同士であり、従って我々に出来ることは自ずと限られても仕方ないのぢゃ。そしてそれを一体どこの当事者感覚なき高見遊山から見下しているやら、受入れない=排外主義・極右だと糞マウンティングしとるばかりの者は誰だ(ちなみやら、だ・か・ら、左翼実は生半可なインテリ金持ちばかりだと昭和当時からいわれとるのぢゃ)。
 従って本来、左派~リベラルは、今や世界津々浦々に伸張せる右派政党へ、何故、20世紀ならば自らの主力支持者だった筈の庶民-地の塩さんたちが投票するしかなくなかったか、そこに耳を傾けなくてはいけないものの、ここまでに暴露したとおり、彼等を“極右”と断定すればそれで済んだつもりになってるなんてwww。
 だからこそ我々は、歓迎vs排外なる短絡人類に陥らず、個別ごとの地道な解決に注力せなあかん。

 そう、もっともっと卑近にフォーカスするなら、我々人間は家族・友人個々のクラスターであれ、トラブルばかりだよね。
 EUねたがお目立ちゆえ、仮にそこへ我々日本人が何らかの理由で移住したとしよう~まー独仏あるいはその周辺国でもいいんだが、一緒に住めばお皿を洗い合う関係にもなるだろう~んが、某ドイツ家庭で日本から来た嫁さんやらが、こう、ばーっと流水でお皿を洗っていた……、とて日本なら普通の光景だが、それを見た途端にドイツの姑さんは、「なんでそんなことすんのよーっ、お水が勿体ないでしょー」状態でまじおこw。然るにじゃあそのお皿をどーするかつーと、薄めた洗剤を浸した深トレーにつけこみ、暫くしたら成る程そんな流水は使わず、少量の水だけで済むものの、「うげっ、後はろくに漱がずふきんで拭いただけで、まだお皿にゃ歴然と油汚れがこびりついてるわ、洗剤さえ落ちていないかもー、お義母さんてばー」と抗議しても、「へ? なんでそんなこと気になるのよ。ドイツの洗剤は身体に悪くないし、ちょっとなら逆に身体にいいくらいだからね」うへー、でも双方の普通www。
 これがフランスとてやっぱりあまり漱ぎはしない上、「うわっ、こっちの水(硬水地域ばかりですw)はお湯を沸かしたらすーぐヤカンがごわごわになっちゃうじゃーん」だからそれしきを落とす水は使いたいと切実に思おうが、「へ? うちの嫁さんたら何をいうとんのかしら。そのためにカルゴン(石灰分を溶かす製品ですw)売ってるのよー、ったく」でおしまい。
 そう、これも森羅万象の極く一部以下だが、要するに育った地域が相違したなら、たかが皿洗いすらお互いの折り合う接点を見つけるまで大変だよね。大体フランス人はさっぱり手を洗わないしw。
 同様にこれが中東やアフリカなどから来た人々であれば。故にそこら全般が七面倒くさいゆえ、「来るなーっ」の排外庶民さんが優勢になってしまうとて、そこそこの理解はしてあげてもいいが、だからこれを解決するに性急ではだめ・全然多くの時間と手間をかけ自然解凍-解決で、ながーい時をかけ“全人類の融和”が正しいのぢゃ。それぞ我々に期待していいやっとの性善説-知れたせりふじみているが、“悠久の知恵”で別文化が多文化に融合される。既に我々のおすしたるや、本格江戸前さんがみた途端、うわー、で卒倒しかねんアボガド・ロールやらドーナツと区別つかん揚げ寿司に変わり果ててるやらだがw。
 (また↑今回本稿もはしょるなあ。上記はそれぞれの一例どもに過ぎず、もし事例を探したいなら今はもうネットで調べてこそ真の理解到達に期待……、していいのか。絶対に無理だw)

※次からは経済関連ねたに行く? か毎年アドリブもいいとこでやっとるゆえ直前でも未定・この元旦はこれ一本で限界かなwだが。少なくとも管理人が上記までに書き散らしたどれか、を参考にすればリベラル・ファシズムvs極度排外主義の様相、とかなーり異なる筈なのよ。
 

アンチファ(#antifa)→× Qアノン(#qanon)→× WalkAway(#walkaway)→○ 2

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2018年12月31日(月)19時38分49秒
   (承前)これらアンチファに酷似せる動静、も彼等が相談した訳でもないだろうがのドイツとてガイア説的に蔓延し、やはり数年を費やし、どう斯の難民大歓迎だー、が大間違いかを説いて来た弊BBSだが。
 やれやれでこの暇にも難民歓迎ファシズムwの徒たるや、ドイツであれ残念ながら元々経済困窮の市民がいても簡単に解消しない~従ってドイツ版のフードバンク・トラックなんてものが在って仕方がないだろうが、そこに並ぶ高齢者さん・母子家庭さん、といった人々に続き、難民さんも列へ加わる推移になったものの、限られた原資でやっとトラックを出しているなら、即座に受給者が増加して対応不可能であれ、その能力限界だよね。ところが。目を覆うリベラル・ファシストどもたるや、前から並んでいた母子家庭さんなどを押しのけ、難民さん最優先になんで出来ないんだー、とやらかし、そんなことは実務上無理だと断っても本件ならやむなしにさえ納得せず、何とそのフードトラックにあの鍵十字の落書きをして報復をしおった(これも今や画像がいくらも確認されるので各自の自発性を信頼……、していいのかw)。
 そう、ここらの駄目っぷりに何ら気がつかないゆえ発生した決眥がウォークアウェイ運動なのよ。
 管理人のチラ裏話wはなるたけこんなとこへ漏らさない自戒だが、この十余年でわしなりに困窮者さんの支援を手掛け、驚くだろうがこの間に費やした額たるや、うげっ、○一軒が楽ーに建つじゃーん程の桁に達しつつ、これも初報告やら単に昨年はまだ生じていなかった大事件なんだけど、そこまでやっても何とこの2018唯一年だけで二名がお亡くなりになったのぢゃ。やっと昨年に報告した人命救助が果たせた方がその一人で、もう一人はまさかの三ヶ月前に急逝、てな推移や。まー成る程でこの在り方ゆえ、貧困ビジネスやってるんだろw、てな見た目・そとづらはわしなんぞより遥かに立派な悪漢支援者さんが、こうしたわしの話を聴いて一度もろくな返事をせず黙殺もむべなるかなw。
 んが、それだけにこのフードトラック鍵十字事件は我慢がならんなあ。何故ならたったつごう十数名の困窮者さんを支援するに、この二名が新たに加わりもう総計6名が亡くなった計算になり、そしてここで驚愕の○一軒丸投げ巨額wを加えれば、一体どれだけ今や多岐すぎる困窮支援が途轍もない難事業か痛感するしかなさすぎだろう。
 んが、何かの間違いで管理人の街がドイツにあり、お前みたいな底辺クズさえ支援やらをやってて十数人を担っているなら、じゃあその倍くらいは難民さんが来たって大丈夫に決まってるだろー……、とされてもそれは断るしかありませんが、なにか? ところがこの鍵十字の手合いにかかれば、これだけの年数と額を費やしてわしが出来る限り施した全部がナチ呼ばわりw・排外主義呼ばわりwされ、けれどアンチファがじゃあ自尊するとおりの強烈な正義だー、母子家庭さんを押しのけてこそ正義だー、なのだろうか。そしてこの不条理をつぶさに見た誠実な人々がウォークアウェイに転じたとて、何がおかしい。
 そう、リベラル全般にあるある・いえてるざまだが、世界を救えと念じている自体が間違いではないにせよ、じゃあそれをどう実施しますか? になるとごらんのとおり途端に怪しい当事者感覚ゼロではなく、もはや社会運営さえ不可能になるほどのマイナスになっちゃってるのぢゃ(ミンチン党の隆盛~崩壊も又、この大きな流れ一環だし)。それを補い、防止するには切実に事実を見極め、個別の案件がどうなっているか知悉することなのに、それをでたらめ・テキトーに端折ってはすぐ自分だけが正義だー、でそれきりになれる不誠実さ。あかんわ。
 で、その結果ではなくまだ途上ながら、だ・か・ら、フランスではルペン女史・ハンガリーではオルバン・ドイツではAfD(ドイツのための選択肢)・そしてスウェーデンなる我邦リベラルさんの好感度が高い国でさえこれらとそっくりな主張のスウェーデン民主党がもう第二党になっちゃった。のみならずこれも昨年までに危惧した南米情勢(うぐー、気に喰わんなら当時の筆記をちゃんとみるんだよ。そこの重複は省きます)とて、左派政権どもが産んだどないもならん腐敗~治安悪化ゆえ、ブラジルの新大統領にこれらと類似のボルソナロ、なんて人が当選したとしてもますます偶然ではない~そう、今やウォークアウェイ運動あるいは類似の何かこそが2019以降の世界健全化を担うトレンドでなく何だろうか。これらの極右とされる人々なんぞ、管理人は誰も支持していないw(何しろどいつもこいつも石原類似過激発言大好きってなんだろうね。だがそんなもんに惨敗しとる支持率の左派はじゃーどうなんだつーの)。んが、さりとて各地の市民さんから見れば、他に頼れるものが無くなっちゃっているのこそ深刻な事実なのをどう誤摩化す? ブラジル~ボルソナロの件も卑近に生じたゆえ、やむなく初言及しておくものの、誰がどうみても我々がイオンやダイエーに買い物へ行き、そこで銃撃戦に巻き込まれるだとお? あるいはリオが東京なら差し詰め銀座を歩いてて、かなりの高確率で強盗に遭うだとお? を如何にそこらの人が納得しようか。そうした度し難い経緯ゆえ、今や罪なきブラジル市民は“この治安ではあかん”と判断し、元軍人のボルソナロ、そして中にはあの軍政復活さえ望む者も現れた。
 繰り返す。ボルソナロだ軍政だなんて社会を管理人は全く望まない。されどアンチファ以下、今やリベラル・ファシズムてな言葉さえサイレント・マジョリティ諸兄・姉が不思議がらなくなった側をどう望もうか。だからこそ、世界は今やウォークアウェイ、あるいはこれに似たエスプリに委ねられつつあるんだと。
 Qアノンつーのは要するにトランプ発想=排外主義を、たとえどうひねくれようとも弁護する試行具現者たちだが、アメリカの左右でみてその左派が“リベラル・ファシズム~アンチファ~911テロ陰謀論”であり、右派が“kkkやワスプ~Qアノン陰謀論”に括れて、一体そのどっちを支持しろと? 絶対に無理だw。
 これも毎年の指摘だが、少なくとも日本では“極右”なんて衰退しすぎており、街宣車つーと実は見た目が地味&穏当ながら左派さんも普通に所有している上、そんな車が駐車場にあってもそれ自体はいいんぢゃね? くらいに認知されていよう。ところが極右モスグリーン街宣車さんに至り、あれはもうどこの駐車場でも停めてくれないので困り果ててるんだよwらしい。

※このあたりでアンチファ~ウォークアウェイ関連への言及はひとまずお仕舞い。非常な駆け足・鳥瞰でしかこれでもなさすぎなんだけどさ。やってる暇だけは捻出しえないのよ。
 

アンチファ(#antifa)→× Qアノン(#qanon)→× WalkAway(#walkaway)→○

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2018年12月31日(月)14時13分32秒
  ※今年もいよいよ1分を惜しみ、1日に15時間も働いて当り前、更に365日無休、つー状態から裂いてやっとここへ戻った点、是非ご理解いただきつつ進行しましょうね←何故いきなりこんなことを、の意味は内容の割に甚だしく端折ってもかなりの分量になるんだよなー、つーニュアンスを大前提にせんと頭のお茶目な人だとすぐ“説明不足だーっ(←どこの野党様かいw)”がそれでツッコんだ積りに至るやろ。そんなレベルじゃお話にならんのに。
 従って同じくあまり推敲じみた作業も無理なので、そこらの文体的乱筆もセメントいて(←辻元語とかいわれてるらしいw)。

 ……で、それにしても↑今回=2018年末は、遂にタイトルからして訳わがめ過ぎ、こいつこそ頭がおかしくなりはてたんぢゃね? としか思いつかんかったなら、それはそれでかなりの21世紀型情弱なのぢゃ。何故なら敢えてここ数年、最もおかしくなった人たち=リベラル勢だよなー、の危機感にこの年末年始特化投稿の多くを裂いた、正しくその最新鋭の“地球市民動静”がこのタイトルだからさ。ついでやら“人権・平和・反戦”といった管理人に限らず誰もが譲りがたい大切な概念に同じく、この“地球市民”なる四文字も又、この十数年で随分と好きなだけ手垢まみれにしちまい、そこらのサイレント・マジョリティさんたちの胡散臭さ目線を、けれど無視はおろか「ふん、そんなネトウヨどもは相手にせんわいw」で軽視したあげく、ますます偏向・遅れた思考回路しか維持しえなくなった実存=リベラルになりはてた、そこよ。
 これも弊BBS常套の論法だが、20世紀に伸張し、その長らくを“東西陣営”として二分した共産主義革命とその支持国家群とて、当初の目的は我々の社会を19世紀以前より良いものにしよう・その理想に向け努力しよう、であったターゲット自体、間違いではなかった~でも結果は既に明白で、あろうか必然か問わずとも、人類史上もっとも平等を重視した筈の共産主義国家-体制がだ、物の見事にその正反対(ってその唯一無二生き残りこそお隣の北だがw)にしかならなかった~いわばその21世紀版になりつつあるのが今のリベラル勢(その健全なる批判急先鋒=#walkawayなの)なんだよ。
 ここの趨勢を見極められないと、20世紀で現に明らかだったとおり、斯の最強独裁者-スターリンや毛沢東を“英雄”と誤認してそれきりつー、だめ頭脳で人類に迷惑を齎すざまの人々放置再演になりかねん。実際、1960年代のベルリン左翼デモ画像(今やそれさえ簡単に検索-多数閲覧しうる)でも見給え~そこにあの毛沢東さんの大きな写真が乱舞しているんだよね。そう、この頃は既に彼の大躍進だー、やらで無数の中国人民が餓死し、それがだめならの文革移行でも代わりばえのせん大犠牲しか産まなかった同時進行中なのに、そいつを救世の英雄と世界知性最先端地たる筈の欧州中核国でも誤認しておった。ちなみやらちと訳ありでいつ以来のバナール(日本での知名度は低いものの、20世紀前半イギリス随一の博識・碩学としていい人物だろう)を再読したところ、驚くべきではなくそれなりに当然なんだが、彼でさえも当時の中国=鉄ではなく竹のカーテン、とされた内政偽情報にころころ騙されており、これを大要約していわく「今の中国医療衛生レベル高次化をみよ」と。毛沢東麾下の中国は既に西洋を凌ぐ最先端の医療衛生システムが完成しているゆえ、我々はこれを見習うべきつー唖然の見解だったけれど、期待していいのかよwながら、21世紀の我々が当時の中国なんてあの更に有名な“ニイハオトイレ”しかなかったじゃーんwで大笑いしてこそ健全だよね。けれどそれすらも鉄・竹のカーテンでわからなかったのが20世紀の情報レベルなのぢゃ。余談やらそのニイハオトイレの不衛生ぶり(も、無数に写真が確認される。尤もあれを食事中にみちゃ断じてあかんがw)に至り、個室ではなく隣はおろか全部が丸見えだから成る程“ニイハオ”つー秀抜すぎるネーミングだった上、床のそこらにうん【ヒ゜ー】が転がっているもんだから、人がそれをどれだけ器用に踏まず乗り越えられるか状態だった、のも既に割りとよく知られている→んが、この目を覆う現実、をバナール級の進歩的知識人さんたちが全く誤認し、巷間にこれを“今や中国には蠅も蚊もいない”と思わしめた。罪な話やなあ。
 てなとこで更に蛇足やら、この直近十年で、あれだけ中国庶民のお笑いねたやら悩みの種やらになっていたニイハオトイレも、がしがしと壊され我々と似た新しいものに換えられたが→これもおわかりか。同じくここ数年、もうひとつの柱として言及の“経済”が、やっぱり社会に資金が回らないならニイハオトイレから脱しようがなく、一転、更に衆知の発展を遂げればごらんのとおりに直りもするのぢゃ。我々の日本はバブル崩壊後、明らかにここで間違えたよね(これは後述)。

 ……斯くしてあらら、やら確信犯すぎwやらはともかく、↑前ぶりもかなり豪華になったもんだが。この暇のたった一年、長くても二年ばかりの合間に、依然として世界潮流の根源地であり続けるアメリカさんでわ、タイトルどおりの『アンチファ・ Qアノン・ WalkAway』それぞれ“運動”が勃発し、ここ開設の十五年前にそんなもんはなかったハッシュタグでこれらをフォローして行く新たな様相でかまびすしい。んが、わしはこの最後に並べたウォークアウェイにこそ膝を打った途端反動でパタゴニアまで突き抜ける(←毎年同じギャグを平然とかますなよw)ほどだったのぢゃ。
 されど一体そのアンチファってなに? かつーとやな、wikiをここで参照したら“反ファシズム”つー括りに表記されており、表面的にはその解釈でよかろう。そう、これも前段で地球市民の側が今や危ういwこの十年を表明したとおり、こいつらアンチファ=反ファシズムも又、看板と呆れる正反対の実態に陥り、要するに“自分たちの信奉するリベラル思想以外はみーんな完全ファシズムなんだから、暴力を用いてこれをどう排除しようが我々こそ『正義』”=アンチファと自称する由来だと。けどな。ほんまいい加減にせい。何故このお考えが大間違えかの論拠こそ、この数年を費やし列挙して来た営みゆえ、さっぱりわかっていないお茶目組はとっとと下方へ全力スクロールして頂く(って、どーせ誰もやらんやろw)として、ここでも再び20世紀左翼国家のデジャブ、だと即座に気がつかずどうだろうか。既に多数の動画で確認されるこっちゃが、アンチファどもの粗暴ぶりたるや。そしてそのくせ、本人たちはこれを“反ファシズム”と思い込んでそれきりながら、何のことはない~彼等=アンチファこそ、典型的なファシズム=同調・同圧・不寛容主義でこれに反したら徹底してやつけるぞー、に陥っているのだが。要するに今、リベラルが陥った大問題を最もよく具現した連中がこのアンチファとしてもいいんだよ。
 一方、もうひとつ掲げた“Qアノン”だが、こいつらが又、昨年までにここで吊るし上げた一角の“911テロ陰謀論”支持者の右翼版になっており、これも毎度の話だが“極端な者同士は結局、360度めぐってよく似ている”パターンと何も相違しない。911陰謀論がありえぬ極端な解釈でブッシュやチェイニーを超絶陰謀実行可能者に仕立て上げたつもり、だが、まともに考えれば彼等とて不可能なことの妄想的列挙でしかない。ところが。ここで現れたQアノンどもたるや、正しく911テロ陰謀論者と酷似し、ヒラリーであれ人間業では不可能な超絶陰謀を画策してるぞー、だからだめなんだー、に逸って思い込んで譲らないものの→ほんまにこの二者は360度めぐってそっくりとしか管理人には思えんかったのよ。ついではなくアンチファと20世紀までの史上ファシストもそこで同じ。
 そして然るに、ここで現れた発想こそが管理人膝打ちのウォークアウェイ運動なので、その中核になってる人たちたるや、トランプ-ヒラリー決戦当時(=ついこないだの最近までw)は典型的なヒラリー~民主党支持者だった筈が、何年もかけ管理人が批判して来たどんずばの“リベラル危機”にやっと気がついて、だ。その発言も既に膨大な上、大半は英語でみないといけない現状ながら、発案とされるブランドン・ストラカさんなどの大意をここにかいつまんで紹介するなら
 「今やリベラルは不寛容・硬直にして偏狭・非論理的・ベンキョー不足で無知」etc
 と、管理人なんぞ一蹴の苛烈さなんだが。されどアンチファやリー将軍像などを倒せばそれでいい彼等リベラルこそファシスト化の一途、に対する抗議が深刻ゆえ、こうした提言になったとしても意味は痛切にわかるのぢゃ。これも簡単にググって調べられる話なので、ウォークアウェイ各位の意見を好きに研鑽してちょんまげな。そうしないとここでの行数が途轍もなくなるんだし。

 ※毎度ながらあっちゅう間にこの分量ゆえ、稿を改めますね~只今もまーだ片付ける仕事の片手間中に就き、あるいは時間が飛び飛びの投稿になるかも知らんけど。
 

てなとこで2018年度版・推奨人名事典。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2018年 1月 1日(月)09時01分10秒
   ※この編はおまけよ。これ以上の只今執筆は勘弁してちょんまげ百個。

 ……さて、まずは二年前に敢えて最年少のホープとして、三浦瑠璃さんを挙げたものの。残念ながらこの暇に(´_`。)もう彼女は脱落しちゃったなあ(´_`。)。それなりに見栄えのいい美人さん?で、人柄も至ってよく、だかどうだかそんなこた知らんものの、どうやらマスゴミの毒牙にあああっさりやられちまい、けれど管理人の割りと早い三浦瑠璃推し自体は何も間違っていなかったのよ。ドラフト1位の選手がそれからさっぱり駄目になったのと似ている。
 二年前に三浦さんを推し、それからあれよでテレビに出ずっぱり、まさか元よりそんな全問題に完答するほどの天才ではなくてよろしいっ、のにあたかもそんな才媛ですー、で売り込まれおった。全く違う。惜しい。あんなになんでも芸能ゴシップねたまでほいほいお返事せんでいいんだってばさ。
 けどな。同じ-あるいは似た羽目に陥り、折角の美点がスポイルされてしまった人なら、やっぱりそう珍しくないので、管理人がイラク戦争当時にいちおしした天木さんのレバノン報告は、今でも素晴らしいものと確信しているにせよ、そこでお馴染み左派論壇やらに取り込まれてもう十年、ますますおかしくなって目を覆う有り様のあげく、今はもう当時の期待などどこにもない。原発の小出さんもそうなの。彼が原発の危険を永年の研究を経て世間に訴えた価値は極めて高い、としてもそれにまつわる政治能力云々まで期待してはいかんのに、それを相互にやらかしちゃった。
 けれどご自分が好きでテレビに出たいなら、それでどう人気にでもなってくださればいいやろ。本人のテリトリーでもっともっと研鑽して、を放棄してもご自由に。

 ☆従ってそこらはもういいとして、管理人は9条を一度も無価値・無意味と揶揄したことはない。んが、だからとそれに又も極端な原理主義信奉を捧げてはだめなのよ。そもそも“戦争はだめ”=国際法として実は世界大半の国々が承諾しているんだし。……てなニュアンスを我邦にあるあるの左派憲法学者・あるいは数ではそれより劣勢な改憲論の右派憲法学者、とは異なるベース=上記の“国際法”基礎目線で冷静にこの問題を説く人に山元一(はじめ)さんがいる。彼によれば今の日本主流憲法解釈は“グロテスク(注・管理人の発言ではないよ)”となるらしいが、それはともかく、“集団-個別自衛権”とは何かを、左右の立ち位置論争と異なる世界鳥瞰の客観性から読み解こうとする試みを推奨。次点、ではなく論法としてはとても鋭く頼もしいものの、その左右論争に深入りしすぎに就き、それがちとここでの紹介に不向きかもな、の人ながら篠田英朗さんも推しておきたい。
 ☆中国関連もあれだけの大国に加え、近年の拡張(軍事も経済もだ)ぶりから論者も無数に上るものの、そんな中で毛沢東-国共内戦の中国から、現在の中国共産党まで通観し、おまけにこれらの時期に大陸で滅多にないひどい目にも遭いながら、その貴重な経験を基礎に“現代中国の成立~明日”までを網羅して我々に教える人は遠藤誉さんを措いてまずいないだろう。
 ☆二年前に欧州-ドイツ事情の観察報告者として最適ゆえ挙げた川口マーン恵美さんに続き、今度は北欧ノルウェー事情の今を伝えるに最適な人として鐙麻樹さんを推しておく。川口さんも今のトレンドらしく、どちらかといわず右派論壇に受け入れられる論調自体は事実だが、鐙さんにはそうしたトーンがないのですねー。より平易に左右中道の別なく、客観的に北欧の人のいい点・そんなでもない点を知るに格好の材料を多数、伝えてくれます。
☆今回の韓国系いちおしは、若年ながらこんなに客観的でハングル・バイアスが皆無、我々に馴染みやすい思考を何故得たのかな? ほど練れている崔碩栄さん。それがいい人であるかだめな人であるかを問わず、韓国特有の社会観から世界標準の現代的思考に通じがたい自体、やはり海外からは必ずしもどうと言いうるものではないその懸念がないのですね。この客観思考の目線で、韓国に住んでいなければ見えない情報を数多く教えてくれる貴重な人(注・今は日本にいる時間が多いらしい)。
☆今回の前記に僅かながら健康関連への言及もあったが、今日は却って情報氾濫に過ぎ、一体どれが正しいか検証の暇さえ我々には難しい。けれどそのわかりにくい諸般に就いて、可能な限りの客観情報-エビデンスを伝えている人に松永和紀さんがいる。というよりも松永さんが代表の

http://www.foocom.net

FOOCOM.NET

ここを是非一瞥いただきたい。ここでも無知ならば一見はそれらしい偽情報にころころ騙されたあげく飛びついてそれきり、食べても無害な場合も多数ながら、何故この食べ物の健康情報が間違いであるか、エビデンスを詳しく提供してくれるサイトの最高峰だろう。余談ながら、この件でも左翼~リベラルはおかしなスピリチュアル思考に憑依され、松永さんの説くエビデンスと正反対の厄介な立ち位置に居座る場合が少なくない。くれぐれも左派さんそろそろ自重あれを促す意味で推奨に加えました。
☆以前、わしのところにもイラク戦争の混乱などで、知らない内に【9.11テロ陰謀論】なる訳わからんメールが舞い込んだ日もあった。みた途端、こんなに荒唐無稽なお話があるけえwww・なーにがペンタゴンの穴かよと一笑にて無視したものの、いつの間にかそれが拡大していたらしいのよ。生憎それは今回報告したとおり、管理人のドメスチック混乱期だったゆえ経緯を追えなかったものの、この変な陰謀論がどれだけでたらめな代物かを説いた論客代表に菊池誠さんがいて、この件に関してもその総合的批判に

http://skepticswiki-jp.org/wiki.cgi?page=%A3%B9%A3%B1%A3%B1%B1%A2%CB%C5%CF%C0

 911陰謀論

 まずこれを見て頂きたい。そう、遺憾ながらここでも左翼-左派さんのゴーマン極まりない“自分たちが思い込めば”ありえないもの-ここでは物理学に反するとも“ある”と信じ込んでしまう彼等の危うさがとことん痛感されるだろう。ついでか否か、彼と管理人の原発に対するスタンスもよく似ており、けれどとてもじゃないがわしの知識ではこちらに敵さないなあ、も含めての推奨。

2018年度版人名事典一覧

・山元一・篠田秀朗(憲法関連)
・遠藤誉(中国関連)
・鐙麻樹(欧州関連)
・崔碩栄(韓国関連)
・松永和紀(健康関連)
・菊池誠(911テロ&原発関連)

 今年はこんなとこかな。おかげで大晦日から元日に、こーんな誰もみていない掲示板相手に過ごす羽目とはwww。やっぱり人類未踏のばかだね。
 

2018年度版アメリカ及び世界情勢俯瞰。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2018年 1月 1日(月)08時04分56秒
   さて、オバマに代わる大統領として、トランプなんて床屋政談爺さんは候補にさえお話にならん、と管理人は数年前に明言した。今もその見解を撤回していない。けれどまさかやら、そのトランプが大統領になっちゃった只今ながら、だからとそれ自体を悔やむ立場では更にないのよ。
 何故って結論から申し上げ、あんな爺ちゃんをアメリカ国民とその国家選挙システムが選んだ以上、外国人にすぎぬ管理人はその選択を尊重するだけ。
 然るにあまり意味のない仕事ながら、何故ヒラリーではなくトランプになったか後出しで挙げるなら、ひとつにヒラリーの健康状態が悪かったと思うのですねー。演説中に嘔吐? らしい映像・更にそうしたひとつの直後、車に乗り込む間際に明らかな病的卒倒の映像まで出回った。一方、トランプは先頃来日してゴルフに興じても、あの歳とは思えぬ見事なスイングを披露していただろ。そう、これを見てもし四年の任期にヒラリーが倒れるよりは、と思った人がいてもやむなし。
 もうひとつにここまでクリントン夫8年・オバマ8年、の間にやっとブッシュ子8年=ほぼ四半世紀で8年しか共和党政権がなく、もしここでまた敗れると稀な民主党政権長期寡占になるバランス感覚にて選んだ人もいたろう。
 更に日本でもタレント候補さんの強さたるや、説明を要さないに似て、トランプの知名度は我々が思っているより浸透している筈で、さっきもたまたまタイソンのKOシーン動画がレコメンドやらにあり、うっかり見たらコーナーポストのそこら中に“Trump Tower”やらのにぎにぎしいロゴがこれでもかで貼られており、そうしたアピールに弱い人も多かったと思いたい。
 んが、これらはこんなとこに裂いて語る話ではなく、管理人的に最もこれと思えたトランプ当選理由は↓。
 (ここで急いでトランプ政権やらがどうなっちゃうの? に言及すると、あんな床屋政談さんの介護を誰がやるのかに尽きているのよ。爺ちゃんが何か言った先に四囲のフォローでそれはだめだ、つわれて明日にはすぐそうか、じゃあ辞めるみたいなほのぼの展開になることを期待。いや、とっくにその流れだがw。念入りながらそんな共和党を選んだのは米国民さんだよー)
 ……そう、俗にポリコレ棒と言われる日本の、ではなくアメリカなりの“リベラル暴走”を肯んじえない人々の投票が、まさかのトランプ大統領を産んだのぢゃ。そしてこれは二年前に詳述した“難民大歓迎”のドイツ・リベラルの過誤にも共通している。おわかりか? 実は崩壊左翼~そして自由を旨とするリベラルに至る脈絡は、なんやかやと現在の世界混乱を助長させる役目になっちゃっており、今回の大統領でいえばリベラルの信条に於いて“メリー・クリスマスと言ってはいけない”=政教分離を徹底することが平和へのコンセンサスなんだと。一見、これだけを聴けばなんら過激ではなく穏健そのものに見えてしまうだろう。と・こ・ろ、が。その一方で今や全世界に増える一方のムスリム・ムスリマさんには、アメリカで働くにせよ彼等の祈祷を禁じてはいけないと←じゃあ一体、あんたらの背中を振り向いた途端、その言ってのけた“政教分離”とこれはどう整合するの? を誤摩化さず平等概念の許、平準化せずどうだろうか。そう、どこによらず今の左翼~レベラルはこうした理窟にならないお手軽ダブスタを場当たりに吐き散らし、けれどそこへのデリカシーがあまりにもないのぢゃ。わしならばメリクリも祈祷もOKとするだけ。無論、お仕事に差し支えるのはだめに過ぎん。もし宗教を政治利用する目的であればどちらも駄目。個々人の裡にある信条が日常に浸透し、それらの行いを咎める必要もないならそれこそが自由。ここらですよ。
 南北戦争関連でリー将軍が奴隷制度維持側についた=そんな奴の像は壊して当り前だー、だろうか。違う。当時は北軍の要人であれ奴隷を雇用していてもおかしくはない世相の中、更に戦争で問われた確執の全部が奴隷制度を巡ってのものでもない。産業化・欧州大陸との関係etcの多岐に及ぶ確執の渦中、リー将軍自体も果たして南北どちらに与するか、少しの違いで北軍の人だったかも知れぬ中間派にすぎん。
 いわんや将軍を郷土の誇りと思い、その人格に敬意を表するだけの穏当な市民は、何故に彼の像が破壊すらされなくてはならないか、理窟で納得しろとされても、だろ(この件は日本の多数論客さんが西郷さんもだったら倒されるんぢゃね? てな意見が多い)。
 即ちここらの左派暴走的なダブスタ三昧ゆえ、そんな社会は困ると今や少なくないプアホワイトさん・あるいは中間~富裕層米国民さんが抗議した票=ヒラリー落選を招いたのはあんたらリベラル暴走かも、に目配りせなあかんやろ。
 ここで再び欧州難民問題に振り返っても、ドイツで大歓迎をぶちまけた無責任リベラル、は、じゃあ一体バルカン諸国のシリア難民以下貧困層さんたちへの目線が、どこにあったろうか? 調べればすぐわかることだが、共産体制あるいは内戦などに疲弊した彼等バルカン-東欧諸国民は、依然として西欧主要国を遥かに見上げる低収入ぶりなのぢゃ。

http://www.afpbb.com/articles/-/3156803?cx_position=23

首相の給与倍増に市民激怒、政府庁舎にネクタイつるす コソボ
“ネクタイを掛けに訪れた退職者の男性(67)は、自身の月収がわずか75ユーロ(約1万円)だと述べ、ハラディナイ氏の行動を「道理に合っていない」と強く非難した。”


 翻ってあの困難を冒して辿りついたシリア難民さんに、だからとわしは何も言えん。ただ、彼等は今やスマホ(管理人はいつの骨董品だ? つー尚ガラケーw)を携え、ダマスカスにいて内戦がなければ引用コソボ庶民よりかなーり増しな暮らしをしていた人が少なくないんだよ。やはり蛇足やら、ほんとに困窮のシリア人はそもそも地元から出る余裕さえもありません。当地で配給の列に空腹を堪えて並ぶだけ
 そう、敢えて何度も何度も何度も告げなくてはならん事実として、一方的・ひとつの観点だけ、を見て飛びついたあげく歓迎だ像を倒せだとやらかすから、いつまで経ってもその行き過ぎ自体が、それもたかが隣に居る・住むちょっと立場の異なる人々の拭いがたい怨嗟を招く。こればかりは今の日本リベラル~そこらのサイレント・マジョリティが抱える構造となんら相違しないし。何故この最も簡単な“他者との関係性”に気がつかない? それを指摘されては居直り、すぐ右翼視して誤摩化したあげく、自分とその仲間だけ安寧確保とはなんだ? 最早我々は20世紀のまだ一方向メディアによる欠陥情報に頼らざる世界の住民ではない。敢えていつもの例にしたいが、1950年代にどこぞの教授さんが“北朝鮮は地上の楽園”と説き、庶民がそれを鵜呑みにしても責めるべきは教授にしかない。当時では図書館で調べてもそれ以上の情報に大衆は辿れなかったからね。けれど今や上記の話の全部に及び過言なく、双方向かつリアルタイムで多くの異なる立場の情報を我々は確認しうる。詰りリベラルさんやらはそこを怠けているのぢゃよ。
 ルペン女史がその右寄り反対典型で、リベラル官僚主義のEUに過度の敵意を持っている自体そのとおりだろう。ところが女史の基盤たるフランス北部の仏版ラスト(錆びた)ベルト地方で、女史はその貧困に苦しむ人々を思い切りの号泣で抱擁し、その限りでは偽りがないゆえあれだけの支持を得ている。
 究極にはリベラル-ルペンどちらも真理ではない。ただ唯一、そのどちらにも困っている人々がいるのを認めあうところにこそ、両者の融合がある
のぢゃ。再びしつこく言う。なんでそれがわからない?
 実際、これもイラク戦争当時、管理人は“ブッシュ=実態ネオコンの暴走では、南米諸国の政権がばたばたドミノで左派になっても当り前”と説いた。んが、それでいうなら今般はリベラル暴走時代になりかわり、その南米でアルゼンチンもブラジルもその左派がどんどん汚職やらで倒れているのも実は無関係ではない~ファベーラの驚くべき治安悪化をみたまえ。然しここで南米の話までは無理すぎゆえこの示唆のみに留めるが、我々は決してルペン娘(父はアウトw)、そしてオーストリアの青年新首相・クルツとその又も極右レッテルされとる連立自由党、あるいはこないだの独選挙で躍進した“AfD-ドイツのための選択肢”、などの人々をゆめ軽視してはいかん。ハンガリーのオルバンさんはだめだがwww、何故、イラクの無理な開戦があればその反動で左派伸張し、リベラルの勝手気ままな暴走があれば右派反動が生じるか~そこに偶然はない。左右の別なく、常に我々人類はその“行き過ぎ”を自ずと警戒する自律調整能力が備わっているのよ。健康であれば薬は要らん。そもそも大抵の薬には副作用があり、極力使用しない予防をしてこそより理想的ならば、これら左派・右派勃興それ自体を支持する必要も本来的になくてこそ、と結論するのが一番なのぢゃ。
 そう、極めて多くの点で斯く世界情勢を客観視すれば、イラク戦争=極右発想の暴走・それから15年ほどを経て、今度はリベラル暴走。故に南米の左派ドミノではなく欧州の右派伸張-躍進が生じてしまった。元より管理人はどちらのお考えを支持する立場では断じてない。どちらにどれだけの誤りがあり、逆に正解があるか、明くまでも調べて判断を下すところにしか、真の意味での“正義”などないだろ。
 実際、この間にどれだけの難民さんがあんたら無責任な21世紀版・地上の楽園=ドイツだよー、に惑わされたろうか。一体、彼等が何千人となく地中海に溺死した惨状を見ないのか? のみならずサハラ砂漠なる依然として人間に越えがたい過酷な地に埋もれ亡くなった方は? 更にリビア(は、只今マグレブ-来たアフリカ沿岸諸国で無二の混乱中ゆえ、ここを利して難民、そして彼等を食い物にする悪徳業者-ブローカーが集うのです)で彼等ありったけの財産を騙しとられたあげく、奴隷扱いになった人々は? おまけにやっと欧州大陸へ着き、無法トラックに載せられたあげく、荷室内で酸欠死した人々は? その歓迎のはて、メルケルさえギブアップし、結局は膨大な難民数制限をしなくちゃならなくなった上、ドイツ国内の右派もはや暴力込みの反動を根づかせてしまった悪夢=斯く中途半端な政策の責任を誰がとるのか。

※ふうー、後半になるほど誰しも、はしょりすぎぢゃね? 論調になってしまいましたが。↑これだけの多岐かつ掛け値なしに73億の“地球市民”=この星に済む者すべての事情を網羅なんてとても無理だよね。けれどそれをなるたけぱぱぱの鳥瞰にし、理解を促す年始特化の我が試み。そう、後はまさかここを見ている人がいたら、これを種本に無限で調べるこっちゃが、期待したら負けwwwで終わりそうな予感が。(°д°;)え、違うの(°д°;)。
 

2018年。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2018年 1月 1日(月)07時46分33秒
編集済
  ※これも毎度お馴染みの美人すぎる虚礼すぎる、あ・け・お・め。

 ……さて、実は足掛け何年だか数えていないまま、ずーっと管理人は365日24H労働(理想値)の積り、で過ごし今年はそれが365日12H実現くらいになっちゃっている底無しのおバカな渦中、じゃあなんでこんなもんまで大晦日~元日くそくらえで書き散らしているのか、本人の納得だから好きにさせて(^o^;)。
 けれどともかく二年ぶりにここを本腰行使する機会なら、とことん当時からのねたも継承するとして、一体この暇にもあの南沙諸島問題がどうなったかあんたたちは知ってるかや。意外や知っていたなら頼もしい上、それは失礼しましたと平身低頭だものの、まずそうではない又も左派論客某有名人さんの本件誤認がここでも確認され、その大意

“南沙問題では中国・ASEAN共に過剰な領土拡張など行われた証拠はありません”

 みたいなうそ論陣(とにかく“事実”を調べず、“自分の思い込み”に合わせるのが好き&特徴だから“お左翼様”と揶揄されちゃうのに)をぶちまけ、多数の良識ある無名さん諸兄に瞬く間の論破されながら、撤回する積りがないらしい(←似た光景は今やどこでも普通にみられるのぢゃ)。
 ……だがここでわしは待てよと。もしかしなくてもこのうそ論調は、わしがイラク戦争当時に左巻きの皆さん特化とかとも思わず、その南沙事情としてお報せしたそのものぢゃね? にとっとと悟ったのよ。そう、ここでも毎度の勝手に時代・世界をも自分の都合に合わせて切り貼りしちまう左派流儀の不出来が炸裂し、念のためだがそれは精々2000年代前半までの“事実”ではあった。当時まで中国といわず、地理的にそう関係ないのでわ? の台湾さえこの海域に領土を主張し、現にフィリピンなど周辺国も小規模ではあるがあちこちの岩礁~小島に施設を建築してはいた。念入りやらそこでもやや厳密にはやっぱり問題児=中国がお目立ちだったにせよ、当時の彼等軍拡は今に比べれば子供並だったのも事実さ。
 ところが。その15年前あたりから近年に至るまで、わし命名の“アジア的曖昧”~そこに領土問題があるともないとも棚上げとも言わん、西欧人からみれば背中がむずむずする如き“折合い”の典型だったここ・南沙のかかる微妙なバランスさえ、見事にぶちこわし剣呑な“進出”をやらかしたのが軍拡大シフトの中国に他ならず、だ・か・ら“南沙問題では中国・ASEAN共に過剰な領土拡張など行われた証拠はありません”~なんであんたは勝手に15年くらい前で時計をとめてるんだよ=左派典型のゴーマンかましてけれど私は善人です、ってな。
 本件の2017年現状たるや、15年ほど前まではそのとおりの曖昧政治均衡であったそれを、好きなだけ崩した中国だからこそまずい、から何故に目をそらす?
 二年前にもう九段線なんちゃらとぶちかまし、既に南沙へ勝手な軍事はおろか民間施設まで築いただけでも辺野古の環境がー、と比較にならん破壊者ぶり=それだけでも左翼さんは全力非難せなあかんのに、今や中国はその南沙へ

洋上原発建設するアルー


 まであのペース&実行力ではすぐ実現させてしまう明言の昨今とは。一体その近年経緯のどこが“南沙問題では中国・ASEAN共に過剰な領土拡張など行われた証拠はありません”にしか見えない? けれどそこまで眼識が狂っておかしいながら、それを指摘されても居直り見苦しい反論の積り……、もずーっと同じパターンでしかないゆえ、ますます嫌われても弁護の必要はない。
 更にこの並行、どれだけ不正確な事実検証しかしていなかったあの朝日新聞発-慰安婦問題第二波の積りなんだろな、で、ここに来て韓国は軍艦島にも誤りだらけの難癖をつけはじめ、ところが~慰安婦問題ではその朝日新聞のおかげ+時代はまだ昭和終盤-平成初期のメディア一方通行情報独占により、永年の禍根を罪なき日韓両国民に積み上がらせた痛恨だったものが、今やさっすが双方向革命のネット時代だよね↓。

https://www.gunkanjima-truth.com/l/ja_JP/

軍艦島の真実 -朝鮮人徴用工の検証

https://www.youtube.com/watch?v=WnshXParsTA

「誰が歴史を捏造しているのか」

https://www.youtube.com/watch?v=-H5ZpCch_7c

「誰が軍艦島の犠牲者なのか」

https://www.youtube.com/watch?v=LiFudDfxh_s

「誰が世界に誤解を広めたか」

※紹介サイトの動画だけで30本超に就き、管理人が適当と思われるものを選びました。あくまでも希望ながら、もし関心があればもっと見てあげて頂きたい。

 これを見れば有無なく又も韓国の主張=日本の左派定型の不健全極まりない鵜呑みがどれだけ事実と懸隔しているか、更にもし慰安婦さんの“証言”がー、といいうるなら何故、軍艦島元住民さんの朝鮮人(注・当時韓国って国はありません)とは“友達”にすぎなかったとの証言だけ無視されていいのか。時間は戻せないものの、その無理を承知で慰安婦だー、を朝日がやらかした頃、既にネット時代だったなら、日韓は今頃日台並の“仲良し”になれていたかも知れんのにい、級に悔しいんだよ。無論やら、これだけの明白な元島民さん証言および、この誤摩化しがなく率直なサイト-動画作成した人々に対しても、又ぞろ右翼がー、と言って退けてでも無理に勝ちたい(流石に)一部の左翼。幼稚すぎるぞ。
 そう、もはや老婆心級のおせっかいやら、この対軍艦島でもよーくわかるとおり、“片方の側”だけが並べたのみの資料は、断じてそれひとつで虚実を鵜呑みしてはいけません。それでは現代の法治-民主主義社会に於いて、“欠席裁判”を認める愚行になっちゃうだろ。それさえもわからんのか。

※中韓関連はとりまこれしきにして、次に行きますね。本気でやったらこの調子で何倍にもなる、そのセーブたらざるを得ないだろ。

http://

 

2017年末。2

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2017年12月31日(日)22時25分57秒
編集済
   斯くして我が直前掲投稿さえ、左翼-左派批判の徹底ぶりは明らかだが。何もひるんではいかん。そう、“戦後日本”にもし“亡霊”がいるとすればそれこそが彼等つーよりその残党なんだよ。ついでではなく極右さんはもうそこまでの勢いさえない消滅組だが。
 そこで例えばだ。かつて管理人は『ル・コミュニスト』なんて作品を皆さんの前に提出した。現時点でもかなーり大事なお話だが、創作者にもしその作品意図を自ら語らせたら、それは受け手の壊滅級大敗なんだよ。けれど初めてその禁をこれだけの歳月が経ったやむなしにて告げるなら、あれは左翼賛同ソングではない。但し各自の吐胸にあそこで表現された“世界”をどう受け止めるか、あるいは過去追慕・逆に“ばかだなあ、あんなのを信じるなんて”と捕える者、更に別の解釈をする者もいるだろう。でもそれでいいのぢゃ。見方によって無数の解釈が成り立つ、そのプリズムゆえ芸術は芸術たりうる。必ずしもひとつの正解などない。
 けれどやっとここ数年やらの論旨を踏まえ、『ル・コミュニスト』の内容に作者たるあのバカもんwwwを別にここで問うなら、“もし何かの間違いにせよ、あの思想を信じることにより矛盾から逃れようがなくなったなら、あそこまでとことん悩んでみろ”と。あるいはそうしたメッセージを作っている暇からあのバカもんwwwは曲に籠めたのかも知れぬ=従って作者は元々一度とて共産主義やらを信奉した試しはなくとも全く矛盾はない。尤もこの件は『ミッドナイト・ランブラー』=ミック・ジャガーじゃないよ、と消滅HPでも説明済みだけどその駄目押しにて、ますます当り前にモンキー・パンチ先生は大泥棒=ルパンではない。風俗嬢を映画などで演じたどこぞの女優さんはそんな仕事をした経験がなくてはいかんのか=ほんまに数例書いた途端、陳腐すぎてもうここまでとしか思えんが。
で、これも永らく明言のとおり、わしの私淑最大の坂口安吾に邂逅したのはミドルティーンの頃だったが、そこで未だに驚くべき彼の謦咳-発想に初めて触れ、途轍もない感銘を受けた渦中でも

 “当時隆盛な左翼文学に就ては、芸術的に極めて低俗なものであつたから全く魅力を覚えなかつた。もしあの当時左翼芸術に高度の芸術性があつたなら、私の今日もよほど違つたものになつてゐたと思ふ。” 処女作前後の思ひ出 坂口安吾より引用

 “又、いよいよ、日本も発狂しはじめたか、と思いますよ。一方にマルクスレーニン筋金入りの集団発狂あれば、一方に皇居前で拍手をうつ集団発狂あり、左右から集団発狂にはさまれては、もはや日本は助からないという感じであった。” 安吾の新日本地理 安吾・伊勢神宮にゆく 坂口安吾より引用
※注。旧仮名期・新仮名期の2作に就き、仮名遣いは上記で間違えありません。


 既にこんな感じ(改めてみるとウヨサヨどっちも嫌いまで明白な一致だが)。蛇足だが安吾の左翼批判は常に苛烈・冷淡そのものに徹底していたんだよね。また別にそれはよく知られたバクーニンのマルクス批判からも得ており、そしてそのアナーキズム思想を説いた勝田吉太郎(京大名誉教授)さんの言説にも学んだ立場として、やはり何も変わらない。その勝田さんにしてもあの吉田寮wやらで有名な学風ゆえ、左翼学生が“日の丸”=国旗をひきずりおろしに来てけしからんとの見解であるとおり、特に彼等が右翼の筈はなく常識的にみて行けば結局“左翼批判”者たらざるを得なくなってしまう、そこにも矛盾はない。
 のみならずここまで人気-民意を失い、それで寧ろ劣化して行く昨今の左翼-左派、そしてこれらと違って構わん筈のリベラル諸君も巻き込まれる形でおかしくなる一方にわしは最も痛切な遺憾を表明せざるを得ぬ。そう、暫く前であれば【左翼・左派・リベラル】はそれなりに弁別されていたものが、今やご本人たちの論調を聴く限り、いっしょくたの何が科学的やら、最もカルト宗教的で雰囲気・思い込み一点張りの論調に陥って目を覆う凋落ぶりなのよ。これは割りと最近の騒擾だが↓

https://www.amazon.co.jp/徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪-月刊Hanada双書-小川榮太郎/dp/486410574X

徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 小川 榮太郎

 有無なくリンク先のレビューをみなされ。☆5つあるいは高評価組の論陣に深く頷く一方、あちゃー、で☆1つ=小川さん批判-朝日新聞擁護側のでたらめぶりたるや。然しますます驚くべきことに、どうやらこうした論理能力のなさゆえ、一体朝日新聞のなにがどう批判されているのか、ほんまにわからないままなんだねー、てな人たちしかもう左派陣営にはいなくなっちゃった。そもそもここで朝日新聞の在り方を批判している人々の誰が“右翼”だろうか。寧ろ彼等こそが本来のリベラルだよね。クリック確認で済む件ながら、敢えて現時点で350人からの支持を得ているレビューさんより引用すれば

 “「言論の自由」が大切なのは言うまでもありません。しかし、朝日新聞の記事の事実に反した誹謗・中傷による名誉毀損(きそん)の程度はあまりにひどく、 言論の自由の限度を超えています。建設的な言論空間を維持・発展させていくためにも、こうしたやり方は許されるべきではありません。”

 ごらんのとおり。更におわかりか? 既に半世紀前で停止した発想にあぐらをかき、メディアなる大きな“既得権益”の側に立つもののバックボーン役になっちゃってるのが左派論陣。何しろあげくに↑この本が気にいらーんっ、のざまで朝日新聞は訴訟まで起こしてるなんて、言論社会の敵すぎるわな。

 既にここ数年の管理人説明を理解しているならば、あちこちで既述同然みたいな念入りだが、現時点でとっくに崩壊理論・やっと喩えるなら冷戦崩壊頃のチャウシェスクやラーコシやホーネッカーだろwww、状態の日本左派が甚だしく誤認している最も大きな理由を説くなら、“左翼が大失敗した筈のそこから学ばなくてはいけない平等社会を選択した方が、今の政権より良い社会になる”唖然の思い込みにほぼ総て発しているのよ。他方、大半のバイアスなきそこらの人は、冷戦崩壊=ソ連がうまく行かなかった明解な事実も知っていれば、ミンチン党も派手さなら同じくらいの崩壊に至り、そんな発想に逆戻りしてどうその“良い社会”になるか、決してわかりはしないそれにしがみついているのぢゃ。
 一体、誰がより不平等な社会・人権が軽視された社会を望むだろうか。そんな人は珍しい。けれど極めて明白にそこの根幹でも左派が思い込む社会は大間違いなのよ(ここで“?”の人はとっとと前記までを数年は遡行してから出直してちょんまげな)。差別される側に立つ、といいながらそれを利して大衆多数へのマウンティングを狙う。被差別者さん・多数派さんのどちら自体にも罪はない。されどそれを胡乱な政治利用している者は誰だ?
 斯くして実は半世紀前、もう共産主義がうまく行かないことも確定していた。その東側崩壊でそれは明白になった。けれど以降、より穏当な革新的社会……、を目指すべく発足した民主党~ミンチン党にも、“そこまでの発展段階より良い社会”を実現する能力はなかったのぢゃよ。従ってでは次にその“良い社会”を実現するためのビジョンは? こそ、どうやら現政権やらに“人間じゃなーいっ(←山口とかいう変な先生にあやかりますたw)”とさえ思い込み譲らないのも構いやせんが、だったら我々にわかりよくそのあんたらが掲げる“より良い社会”のビジョンを徹底してアピールせなあかんやろ。けど何しろそれがないwww。実は民主党やらが人気の頃、それらしいガソリンがー・林業がーetcはあったんだが、繰り返しにしかすぎんそんなこたここの合間の寝言で、“じゃあ財源どうすんだよwww”てな問い掛けに答えられずしてそれきりの無責任ぶりたるや。
 斯くしてもし自らに明確な“明日へのビジョン”があり、その実現にたる能力もあれば、今よりもっともっと現政権批判やらをやらかしてもいいだろう。んが。

☆政権批判は好きにしてもいいが、アベノセイダーズにはなるな。

 ってこっちゃよ。尤もイラク戦争当時からコイズミガーさんが実在したものの、あんまり相手にしなかったなあ。けど前掲の朝日新聞モリカケ問題やらが金太郎飴の典型であるとおり、うっかり批判でだめだだめだとやらかしたあげく、交代した輩がもっとだめ(=それを民主党でうんざり見たのにい)ではどないもならんのや。ところが見ているといつまでもずーっとそのレベルから抜け出す見込みがない。だ・か・ら、いつまで経っても多数派呼応の民意は産まれない。そしてそのビジョン創造をやらない分、どころか全部の知恵をアベガー・アベの賛成に反対が正義だー、に費やしているざまをどれだけ多くの良識派サイレント・マジョリティが嫌悪しているか。のみならず

☆他人には好きなだけ厳しいが自分には大甘。

 おかげでこんな人士ばかりが左派陣営に残ってしまう惨状。それはもうレンホーやら山尾(パコリーヌとかいわれてるw)やら某新聞の望月(IS子とかいわれてるw)やらをみて、多くが真っ先にそのとおりの人物と呆れるとも、本人たち及びやっぱりそのお仲間だけでそれを正当化~黙過しているんだよ。敢えて山尾さんやらの話をするなら、別議員の不倫はいけまーせんっ、とあれだけお馴染みの断定で騒いだあげく、自分もほぼ同じざまなのに、そうなると自分だけは許してしまう。こうした不誠実すぎる在り方を我々はみているのさ。
 そう、こうしたあまりにもお気軽なダブスタぶりしか無くなっている事態、と、それに気がつかない不誠実な人々の支持しか最早ないなら、この手合いはもっと一度は堕ちるべきって、これぞもろの『堕落論』だが。

※うむむー、こーんな誰もみる筈のないとこへ、ここまでのありえんガッツ。ばかだねー、のまま、けれど一回寝た年明けにまーだやっちいますー。

http://

 

レンタル掲示板
/14