teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


これまでのご投稿感謝です。

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2011年11月10日(木)21時09分13秒
  都合により、熊谷悠子のHPは他に移転しております。
よろしければ、さらにご案内申し上げます。
これまで、本当にありがとうございました。
 
 

(無題)

 投稿者:kasaharaメール  投稿日:2008年11月11日(火)17時29分1秒
  久しぶりに拝見しました。
素晴らしい絵の世界ですね。
どんどん描いてまた見せてください。

http://vie-de-gai@kfa.biglobe.ne.jp

 

(無題)

 投稿者:kasaharaメール  投稿日:2008年11月11日(火)17時22分3秒
  久しぶりに拝見しました。
素晴らしい絵の世界ですね。
どんどん描いて下さい。
 

「美術の窓」評 (国立新美術館示現会展)

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2008年 5月23日(金)16時27分7秒
編集済
  「カフェにて」F-100 熊谷悠子
カフェの中に座る女性や男たち。あるいは、向こうにあるカゥンターのほうに立つ人物とボーイなどを丁寧に描いている。この空間に独特の気配が感じられるところが面白い。
「美術の窓」2008年6月号掲載文より
 

熊谷悠子関連HPの紹介

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2008年 5月22日(木)19時19分57秒
編集済
  http://eitu.exblog.jp/8095791
http://www.anewcityguide.com/citylog/list?category=1&city=1
http://www.g-monma.com/archive/2005/0724_kikakuten.html
 

明日展(あす展)のお知らせ

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2008年 5月22日(木)08時59分41秒
編集済
  明日展(あす展)
2008.6.2(月)~6.10(火)
-上条陽子・熊谷悠子-出展
場所:ギャラリー門馬
住所:札幌市中央区旭丘2丁目3-38
TEL:011-562-1055

北の大地から現代アートを発信するユニークな画廊、ギャラリー門馬。
「あす展」とは、難民をテーマに明日の希望を表す上条の作品と、
温かな叙情あふれる熊谷の作品とのコラボレーション。
相模原在住の2人が紡ぐ生命の賛歌である。
「美術の窓」2008.6掲載文より。

http://www.g-monma.com/exhibition.html

 

第61回示現会展のお知らせ

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2008年 2月20日(水)18時29分8秒
編集済
  熊谷悠子出展
場所:国立新美術館
会期:2008年4月2日(水)~14日(月)
10.00~17.30(8日休館日)
最寄駅:千代田線乃木坂駅6番出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線六本木駅4A出口から徒歩5分
都営地下鉄大江戸線7出口から徒歩4分
 

Merci ! Madame Shibuya

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2008年 1月11日(金)21時40分5秒
  このたびも観に来ていただいてありがとうございます。また作者の意をくみとり、雰囲気を感じ取ってくださってのコメントいつもながら感謝しております。  

(無題)

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2007年 9月25日(火)00時19分26秒
  こんにちは。
お葉書、ありがとうございました。存在感のある絵画をたっぷり楽しませていただきました。作品についてのコメントです。
「華やかな舞台を創り出す、静かな熱気と緊張感が伝わってきます。」
ようやく涼しくなってきましたが季節の変わり目ですので、お体に気をつけてください。
また機会がありましたら、お会いできる日を楽しみにしております。
 

相模原芸術家協会展のお知らせ

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2007年 9月10日(月)09時07分57秒
  第16回相模原芸術家協会展
熊谷悠子出展
2007.9.7(金)~9.18(火) am.10.00~pm.6.00、水曜休館、最終日はpm.3.00まで
9.7(日)am10.30~12.30公開絵画教室講師熊谷悠子会員
相模原市民ギャラリー(入場無料)
JR相模原・駅ビルNOW4F Tel.042-776-1262
 

Merci ! Madame Shibuya

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2007年 4月19日(木)20時37分32秒
編集済
  このたびも観に来ていただいてありがとうございます。また雰囲気を感じ取ってくださってのコメントいつもながら感謝いたしております。  

いってきました!

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2007年 4月 9日(月)16時04分25秒
  こんにちは。
国立新美術館には、はじめて行きましたが、曲線の美しい外観とレストランがあるエリアがとてもおもしろい造りになっていて興味をもちました。
今回も、すばらしい絵画を堪能する機会を頂きありがとうございます。

もの思いに耽っている女性と見守る給仕の男性。
お客さんを取り巻く空気を守ってくれる淡い緑のカフェ。ひとりの時間を過ごしに、私も足を運びたくなりました☆
 

Contact用アドレス変更のお知らせ

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2007年 4月 7日(土)19時57分0秒
編集済
  こんたびContact用アドレス変更いたしております。
本HPのBoardに表示されておりますのでよろしくお願いいたします。
 

60周年記念示現会展のお知らせ

 投稿者:vie-de-gai  投稿日:2007年 2月24日(土)19時19分53秒
  熊谷悠子出展
場所:国立新美術館
会期:2007年4月4日(水)~16日(月)
10.00~18.00(入館は17.30まで)
最寄駅:千代田線乃木坂駅6番出口(美術館直結)
東京メトロ日比谷線六本木駅4A出口から徒歩5分
都営地下鉄大江戸線7出口から徒歩4分
 

Veuillez vous marquer votre trace.

 投稿者:vie-joker  投稿日:2006年11月 5日(日)19時08分45秒
編集済
  Je mapelle Vie-joker qui est web master et surporte une femme pentre
Mme. Kumagai Yuko.
Veuillez vous marquer votre trace que vous avez vu ce page web
etant donne que je vais essayer de toujours garder au frais ce contenu.
Merci beaucoup.

http://homepage2.nifty.com/vie-yuko/

 

第46回神奈川県女流展のお知らせ

 投稿者:vie-joker  投稿日:2006年 9月21日(木)15時56分44秒
編集済
  熊谷悠子招待作家出展
会期:2006.10.26(木)~11.1(水)AM10.00~PM6.00(最終日はPM4.00終了)
会場:横浜市民ギャラリー(横浜市教育文化センター内.関内駅下車)
神奈川県女流美術家協会
 

絵画展「くまばあと仲間たち」ご案内

 投稿者:vie-joker  投稿日:2006年 8月30日(水)22時26分7秒
編集済
  未成年者のグループ展です。
出展者:飯塚智哉、佐藤菜月、鈴木萌、鈴木澪、谷口あゆみ、中津彩子、
賛助:熊谷悠子
会場:画廊喫茶オルセー(小田急線鶴間駅徒歩2分Tel:046-274-5623)
会期:2006.9.19(火)~10.1(日)AM10~PM6時(月曜定休日)
 

相模原芸術家協会創立15周年小品展のお知らせ

 投稿者:vie-joker  投稿日:2006年 8月13日(日)08時11分23秒
編集済
  創立15周年記念小品展
日時:2006.9.3日(日)~9日(土)
AM12時~PM6時.最終日PM3時まで
会場:ギャルリーヴェルジェ (入場無料)

相模原市古淵2-3-7T&T第2ビル1F
Tel:042-776-6375

http://homepage3.nifty.com/VERGE/

 

相模原芸術家協会展のお知らせ

 投稿者:vie-joker  投稿日:2006年 8月 9日(水)19時43分49秒
編集済
  創立15周年記念.カナダ.トロント市美術交流
日時:2006.9.1日(金)~12日(火)
AM10時~PM6時.最終日3時まで。水曜日休館
会場:相模原市民ギャラリー(JR相模原駅ビル内).入場無料
トロントのみならず国内外で高く評価されている5名の招待作家と、相模原芸術家協会会員の作品をご案内申し上げます。会長 陶山定人
 

「美術の窓」評

 投稿者:vie-joker  投稿日:2006年 5月19日(金)17時50分55秒
編集済
  示現会展、熊谷悠子「買い物のあと」。黒いセーターを脱ごうとする若い女性。買ってきたばかりの服を着ようとしているのか。ドローイング風の軽やかなタッチから、この女性の心のトキメキが伝わってくるようだ。女性のフォルムだけでなく、紙バックや、ハイヒールの形などにも、不思議なリズム感があって楽しいイメージを発信している。背景のニュアンスのあるべージュの色調にも、独特のモダンな感性が息づいている。(功刀知子)
「美術の窓」6月号

After her shopping <<In the life-1>>
The young woman who tries to take off a black sweater.
Does it try to put on the clothes to have bought just now?
Throbbing in the heart of this woman seems adopted from the touch with light drawing style.
There is mysterious rhythmic sense and it is sending the paper back and the form of the high-heels in addition to the shape of the woman and so on, too, a delightful image.
Peculiar modern feelings are being breathed to the tone of color of the beige which has the nuance of the background, too.
 

ギャラリー「きのこ」オープン記念展

 投稿者:vie-joker  投稿日:2006年 5月10日(水)09時15分45秒
編集済
  ギャラリーオープン記念展、出品中
臼田康青男、熊谷悠子、作山隆一、瀧川隆、細谷玉枝
会期:2006.5.8(月)~5.20(土)
ギャラリーきのこ:相模原市相模大野6-9-29
相模大野駅北口より徒歩5分(行幸通り左側)
 

ありがとうございます。

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2006年 4月14日(金)22時05分33秒
  お葉書、ありがとうございました。昨日、3人(主人・私・娘)で鑑賞いたしました。
素敵な絵ですね。女の人の視線、表情からとても気に入ったものが買えたのだということがわかります。本当に愛しい品物だけを身につけ、シンプルだけれど自信にあふれたオーラのある女性だなぁと感じました。
 

示現会展を観て

 投稿者:K.M  投稿日:2006年 4月11日(火)22時41分36秒
編集済
  思いがけなく標記展覧会場でご本人にお目にかかれたうえにご懇切なご解説まで頂き、眼福この上ない時を過ごさせていただきました。
ちょっとまとまった感がある”達者”な絵が揃っている中で、熊谷悠子氏の「買い物のあと」は題材、色彩を含めての表現は印象に残る一点でした。それにもまして自閉気味の子供達の指導もされている由伺ったのは心温まる思いでした。
(M氏からのMailより一部転載させていただきました。本人になりかわりM氏に御礼もうしあげます。vie-joker)

In that the " hale "  picture which has a slightly gathered sense was gathered, as for " the back of the purchase " of Kumagai Yuuko, the expression including the subject, the color was to do one being which is left in the impression.
 

絵画を鑑賞して・・・

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2006年 1月15日(日)22時09分6秒
  お久しぶりです。お元気ですか?
最近、実際に会場へ足を運ぶことができなくて残念なのですが、ホームページで素敵な絵を鑑賞できてうれしいです。また、自分が感じたことを書いてみたいと思います☆

黒猫のネックレスが、しなやかな肩を強調していて気品と優しさを感じます。
お花とハートの色が、やわらかなピンクでとてもお洒落な絵ですね☆

小さな秋―1は、葉っぱたちが、ゆっくりと秋色になじんでいく様子が伺えます。赤い実も集まって、じっくりと秋が深まっていくのでしょう。
小さな秋―2は、実物をみてみたいです。
 

HARUKA(中国交流帰国展)

 投稿者:vie-joker  投稿日:2005年11月19日(土)10時01分43秒
  熊谷悠子出展
会期:2005.12.13(火)~24(土)am11.00~pm7.00月曜、祝祭日12/23休廊
会場:ギャルリーヴェルジェ
相模原市古淵2-3-7 T&T第2ビル1F Tel Fax042-776-6375
*JR横浜線古淵駅より徒歩2分
 

Flowers-YUKO KUMAGAI and her friends展

 投稿者:vie-joker  投稿日:2005年11月 3日(木)10時56分15秒
編集済
  出展者:熊谷悠子.寺岡由利子.中津彩子.(高2).中津爽子(10歳)藤平美菜(7歳).
会期:2005.11.23(水)~11.27(日)AM11.00~PM18.00(最終日~17.00)
開場:Gallery Sagan
小田急線相模大野駅北口徒歩4分
(北口を出て左側にある大野銀座通りを入る)
相模原市相模大野6-18-11
tel:042-765-2908
 

コネクションⅡ日本+ドイツ展

 投稿者:vie-joker  投稿日:2005年 9月21日(水)13時45分55秒
編集済
  日独作家のグループ展(熊谷悠子出展)
後援:ドイツ大使館
会期:2005.11.1(火)~6(日) 10.00~19.00
会場:藤沢市民ギャラリー
JR藤沢駅北口駅ビル 藤沢ルミネプラザ6F Tel:046-626-5133
 

相模大野アートめぐり2005

 投稿者:vie-joker  投稿日:2005年 9月21日(水)13時34分33秒
編集済
  熊谷悠子出展
相模大野周辺在住の相芸協作家の展示会
(小品は販売可)
会期:2005.9.22(木)~25(日)
会場:相模大野ギャラリー(ISETAN左隣りビル2F)
主催:相模大野駅周辺商店会連合会
 

Madam S.に御礼

 投稿者:vie-joker  投稿日:2005年 9月19日(月)17時41分34秒
編集済
  いつも抽象画の彼女が今回珍しく私的、出席した姪の国際林間結婚式がテーマでした。
素的なコメントありがとうございました。
 

第14回相模原芸術家協会展に行ってきました☆

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2005年 9月19日(月)16時08分2秒
  こんにちは!今日はまた夏が戻ったような暑さでしたね。
久しぶりにゆっくりと、絵画を鑑賞することができ、とても楽しい時間を過ごしました。
初めて人物画を拝見しました。結婚する2人はもちろん、祝福に集まった人達の横顔がとても幸せそうで、緑と優しさに包まれた素敵な結婚式だと思いました。
 

Mizueさんへ

 投稿者:vie-joker  投稿日:2005年 8月25日(木)21時29分2秒
  素敵なコメントありがとうございます。ただいまMadam Yuko
は大急ぎで9月9日よりの相芸出品作品製作中です。こんどは
趣向をかえて人物を配した描写のようです。気分晴らしにでも
訪れてくだされば幸いです。
 

お久しぶりです。

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2005年 8月23日(火)14時15分19秒
  こんにちは。暑い日が続きますね~お元気ですか?お葉書ありがとうございます。
ホームページ、久々に訪れましたが、素敵ですね☆☆☆
こちらで、ギャラリー門馬の作品を鑑賞させていただきました。
5つ並んでいて、とてもお洒落な作品ですね!
毎日、その日の気分に合った作品を選らんで眺めていたくなります。(楽しい)
 

芸術家協会展のお知らせ

 投稿者:vie-joker  投稿日:2005年 8月12日(金)17時35分37秒
  第14回相模原芸術家協会展
2005.9.9(金)~9.20(火) am.10.00~pm.6.00最終日はpm.2.00まで
相模原市民ギャラリー(入場無料)
JR相模原・駅ビルNOW4F Tel.042-776-1262
 

「親娘3人展」熊谷悠子出展のご案内

 投稿者:vie-joker  投稿日:2005年 7月 6日(水)10時20分30秒
編集済
  芸術家親娘3人同時発表会のご案内です。

門馬よ宇子(母親)インスタレーション
熊谷悠子(姉)  絵画
大井恵子(妹)  陶芸

2005年7月24日(日)~8月2日(火)
11.00~19.00会期中無休
オープニングパーティ/7月24日(日)17.00~
開場:ギャラリー門馬
札幌市中央区旭丘2丁目3-38
 

「アトリエのなかで」展ご来訪御礼

 投稿者:vie-joker  投稿日:2005年 5月27日(金)20時22分17秒
編集済
  このたびの横浜レンガ倉庫での「アトリエのなかで」展には連日百数十名のご来訪をお受けしました。なかにはご丁寧なコメントをいただいたり、力を得るお言葉をいただいたり、ありがたくうれしく、皆様には心から御礼申し上げます。これに元気付けられさらに精進していきたいと思います。本当にありがとうございました。 熊谷悠子  

Group展「アトリエのなかで」に行ってきました☆

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2005年 5月23日(月)14時49分51秒
  赤レンガ倉庫のギャラリーには、はじめて行きましたが
素敵なところですね。
今回は、2作品について思ったことを書いてみました☆

『北国の早春』
雪解けが残る土の固い大地を、春を告げる新芽がやわらかくしていくようです。

『遠望』
大きく立ちはだかる黒い山々を越えると、遥かむこうに輝かしい景色が広がっているような期待が膨らみます。

またの機会を楽しみにしております。
 

渋谷みづ恵 さんに御礼

 投稿者: vie-joker  投稿日:2005年 5月 4日(水)09時50分2秒
  いつもながら感性ゆたかで的確なコメントをいただき
本人ともども満たされたおもいです。ありがとうございました。
(HP更新は都合により少し遅れておこないます。)
 

「白い月」を鑑賞いたいました!

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2005年 4月29日(金)19時57分23秒
  今回は、実物を拝見することができませんでしたが、作品を観ることができてうれしかったです☆

「白い月」を鑑賞して

三日月に照らされた淡い光の中では、枯れゆく花たちも輝きだす。白い光に映し出された黒い花瓶には、夜の静けさを感じます。
 

Group展「アトリエのなかで」のお知らせ

 投稿者: vie-joker  投稿日:2005年 4月16日(土)11時20分21秒
編集済
  出展者
金子千鶴、熊谷悠子、平野桂子、松浦千賀子、今井基子(賛助出展)、渋谷エヴァマリア(賛助出展)
日時:2007.5.16(月)~5.22(日) AM11.00~PM7.00 初日開場PM1.00最終日PM5.00終了
場所:横浜レンガ倉庫1号館 SpaceA (横浜市中区新港1-1-1)
開場Tel:045-211-1555 最寄駅:みなとみらい線 馬車道駅
 

第58回示現会展覧会のおしらせ  

 投稿者: vie-joker  投稿日:2005年 4月16日(土)11時02分39秒
  熊谷悠子会員出展
会場:上野公園内 東京都美術館
会期:4月6日(水)正午開会~4月21日(木)閉会2時
(入場)AM9.00~PM4.00 18日(月)休館日
 

第7回 Groupe 41展のおしらせ

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年11月 9日(火)09時36分22秒
  女子美術大学洋画家S.41年度卒業生のグループ展
熊谷悠子出展
日時:H.16.11月23日(火)~28日(日)11時~18時
               (初日は13時から)
会場:ぎゃらりーコーノ(渋谷パルコ側)TEL03-3462-1186
渋谷駅徒歩5分
東京都渋谷区宇多川町14-14コーノビル5F
 

橘さんにHPご訪問御礼

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年10月31日(日)11時08分46秒
  このたびは私のHPをご訪問いただきさっそくのご感想とエールをいただきありがとうございました。画家熊谷悠子は「まったくおはずかしい。ありがたいお言葉をいただいて恐縮です。」とのことです。また来年は画廊を経営している札幌の実家で親子個展を予定しております。生まれ育った北海道の「大地」が彼女のメインテーマで、どこまで表現していけるかが彼女の研鑽課題となってるようです。
 

オランを思い出しながら

 投稿者:橘 征四郎メール  投稿日:2004年10月31日(日)09時49分50秒
   たまたまですが昨夜は熊谷さんご家族に、かの地アルジェリアのオランでお世話になった次男の砂登士が神田から帰ってまして、just timing!!でした、家内も入れて3人でartsalon 1&2を拝見させて頂きました。
 全員が暫く声もなく、分からないながらも分かるーーー、この小さな画面からでも迫ってくる何かを感じた、これが正に迫力と云うのでしょうかーーー。
 作者が何を感じ、何を使ってどの様に表現しようとしてるのか、技術論は分かりませんが表現の繊細さと色の使い方そして線の鋭さーーー兎に角全員全くの素人ですが感心してました。
 題材からして方々「流浪の旅」をしてる様ですがもしこれからも機会がありましたら札幌の雪祭りとあの町のネオンを是非鋭く取り上げて貰えればーーーとなんとなくそんな気がしたのですがーー失礼しました。
 これからもそして何時までも真っ直ぐな「婦唱夫随」を合言葉に是非我々の励みとなって欲しいと祈念して居ります。

 
 

アジアの墨の文化交流展

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年10月26日(火)20時58分20秒
  自然をうたう日・韓・中・アジアの墨の文化交流展の開催です。
画家熊谷悠子出展
会期:2004年10月26日(火)~10月29日(金)
会場:駐日大韓民国大使館 韓国文化学院(中央会館8階)
地下鉄麻布十番下車2番出口徒歩3分
 

Mr.Algernonに御礼

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年10月19日(火)08時12分51秒
  このたびは私のホームページを訪れていただきかつ貴重なご感想をいただきました。スキル的にまだまだいたらなく熟成中であります。画家熊谷悠子もそれほど当てにしていないようですがそばにいるものとしての好意で自主的にこのHPで支援してます。大変ありがとうございました。  

拝見しております。

 投稿者:Algernonメール  投稿日:2004年10月18日(月)23時24分28秒
  はじめまして。本日管理人殿とお話させていただき恥ずかしながら意見申し上げます。

せっかくこれほどのページをお作りなのに広報、リンクが少ないのが非常に残念です。画廊、美術館案内や美術団体のページにはお話すればすぐにつなげてくださると思いますのでぜひここをご覧になる方を増やして欲しいと考えます。
 いかなる優れた書籍も読まれない限りは重りほどの役にも立てない。

 さてしかし美しいものに触れたいと願う方々にはそれを広め見せることは互いの喜びとなります。見て嬉しく見せて満足。確かに実物を見に行くのが最善の方策ではありましょうが、いつでも作品が展示されているとは限りません。そんなときのために画集やこうしたページがあるのです。むしろ管理人様の告知への無関心に驚かされました。作品を見せて広く意見を取り上げることは必ずや利益のあることと思いますので、ささやかながら私もこのページを応援させていただきたいと改めてここに表明いたします。

 しかして無断リンクなどは致しませんのでご安心ください。

>個別作品感想
 おこがましいのですが拝見した中で申し上げますと「記憶」の椅子が印象深いです。明らかに人間のための道具でありながら人物を配さない画面、という点から想像を広げられつつまた色合いと構成がイメージを産み出す助長をしています。つなげて申し上げれば「電話」も同じくまさに人間がなくては何もならない器具でありながら独立して描かれて素晴らしく期待を産み出しております。写真では表現できない情感、こうした感覚をさらに受け取りたいと思います。
 風景、集落についても思いはあるのですが、もう少しまとめてから改めたいと思います。「田舎の教会」「ホテルのロビー」などのまさにここに人間がくるだろう場所、この期待感に対し「中国の民家」は中から人が出てくる、あるいは傍で料理をする音が聞こえてくるかのような思いがしています。
 描かれたものから勝手に画面外へ想像を広げるのは誤解のもとと考えます。今夜はここまでにしておきたいと思います。

 乱文の上、勝手な意見を述べさせていただき失礼致しました。
 

渋谷さんにご鑑賞御礼

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年 9月25日(土)09時30分17秒
  みづ恵さん、御批評ありがとうございます。
いつもながらわたしの作品よりうまい文章で祝福されるような想いです。
(作者熊谷悠子の弁vie-joker代筆)
作品戻ってきたら撮影してHPに御批評とともに掲載させていただきます。
 

相模原芸術家協会展にて

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2004年 9月21日(火)10時11分39秒
  先日は、熊谷悠子さんに初めてお会いすることができ、とてもうれしかったです。
温かく優しい雰囲気をお持ちの素敵な方でした。
今回の「薫風」は、
厳しい冬の季節が過ぎ去り、豊潤な黄土色の大地で育まれた新芽の絨毯が、
やわらかな光に包まれているような印象を受けました。
風は、緑と土の暖かい匂いを運んでいるようです。
また機会がありましたら、お会いできるのを楽しみにしております。
ありがとうございました。

 

第13回相模原芸術家協会展のおしらせ

 投稿者:vie-joker    投稿日:2004年 8月 6日(金)11時42分59秒
  相模原市制50周年記念
第13回相模原芸術家協会展
トロント市美術交流
熊谷悠子出展
2004.9月3日金~9月21日火 相模原市民ギャラリー入場無料
AM10.00~pm600最終日PM200まで 水曜休館
(JR相模原・駅ビルNOW4Fシティ・プラザさがみはら内)
おきがるにお立ち寄りください。
 

笠原さん、ご訪問ありがとうございました。

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年 6月25日(金)16時47分9秒
  たびたびお会いしていながら笠原さんがこんなに絵に関心と感性をお持ちの方だということに気がつきませんでした。このたびはつたないHPにお付き合いいただき恐縮です。デッサン会でときどきお会いできますこと楽しみにしております。ありがとうございました。  

ホームページを拝見しました。

 投稿者:笠原弘至メール  投稿日:2004年 6月14日(月)10時54分48秒
  熊谷悠子さんの作品を4月の示現会展出品作をはじめて拝見した時、センシブルで美しいなと思いました。ホームページでこれまでの多数の作品を拝見してこれは凄い、力強く鋭い感性を感じました。おそらく原画はもっと感動を与えてくれるのでしょう。機会をみつけて是非とも拝見したいものだと思います。ホームページアドレスをありがとうございました。
また、アトリエム展へご主人がお出でいただきありがとうございました。昨日終了しました。
 

みづ恵さんに御礼

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年 6月 2日(水)16時37分37秒
  みづ恵さん、円展おいそがしいなかご観覧ありがとうございました。またまた作家の意図を感じ取るすぐれた感性でのご投稿たいへんうれしいです。貴女さまのご活躍をたのしみにしております。
(悠子弁、代筆vie-joker)
 

円展を鑑賞して

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2004年 6月 1日(火)11時36分54秒
  こんにちは。
『第19回円展』いつもながら、自由に鑑賞させて頂きました。
中国の街は灰の白・スペインは乳白色で描かれていて白壁の建物に漂う文化の違いを感じました。 NYは空の広がりの違い。上からみた高層ビル群の向こうに見える空と海。空間が横に広がっていくような感じがします。路地の絵は細い道から仰ぎみた感覚で空の息づかいが聞こえてきそうなリアルな絵だと思いました。丸ノ内は少し淋しい日本のうっそうとした冬が始まりそうな気配がしました。前の「カフェ」の絵に似た雰囲気に包まれた絵で、とても好きな感じの絵です。
今後も楽しみにしています。
 

第19回円展のおしらせ

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年 5月20日(木)09時40分46秒
  10人展、熊谷悠子出展
日時:2004.5.26(水)~5.30(日)
   a.m.11.00~p.m.7.00最終日p.m.5.00迄
場所:ぎゃらりーコーノ
   渋谷区宇多川町14-14コーノビル5F
   TEL:03-3464-9656
 

示現会展ご観覧者へ御礼

 投稿者:熊谷悠子  投稿日:2004年 4月21日(水)12時00分1秒
  お忙しいなか示現会展覧会を観ていただきましたみなさまには厚く御礼もうしあげます。とくに渋谷さんにはていねいなご感想までいただきいつもながら心温まるご支援に勇気つけられます。今後ともよろしくおねがいいたします。ほんとうにありがとうございました。
 

観てきました

 投稿者:TU-KA  投稿日:2004年 4月12日(月)21時00分29秒
  示現会観てきました。熊谷さんのすごーい素敵!中山さんと立ちすくみました。
 

展覧会に行きました。

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2004年 4月12日(月)18時07分57秒
  お久しぶりです。日曜日に上野の展覧会に行って参りました。
見応えのある大きな作品をたくさん見ることができてとても楽しい時間を過ごしました。
「季の一隅」という作品は、いつもより鮮やかな色使いの作品だと思いました。白いテーブルクロスの上に温かくやわらかなイチジクのような果実の存在が季節の恵みを表しているように感じました。奥の方にぼんやりと佇んでいる洋なしの姿も気になります。季節がもらたす生き生きとした果物と花束の姿が印象的です。とても好きな感じの絵で、写真の絵はがきが売っていたの購入して家に帰って眺めています。光風会のほうも拝見いたしました。とても強烈な印象を受けました。心に訴えかける絵が多く、絵以外にも色々な素材を使った作品がありとても見応えがありました。このような機会を与えてくださりありがとうございました。また機会がありました鑑賞させていただきたいと思います。
 

第57回示現会展覧会のおしらせ

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年 3月 7日(日)08時30分54秒
  熊谷悠子会員出展
会場:上野公園内 東京都美術館
会期:4月6日(火)正午開会~4月21日(水)閉会2時
(入場)AM9.00~PM4.00 19日(月)休館日
 

Veuillez vous marquer votre trace.

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年 1月10日(土)11時07分44秒
  Je mapelle Vie-joker qui est web master et surporte une femme pentre
Mme. Kumagai Yuko.
Veuillez vous marquer votre trace que vous avez vu ce page web
etant donne que je vais essayer de toujours garder au frais ce contenu.
Merci beaucoup.

 

ご感想ありがとうございます

 投稿者:vie-joker  投稿日:2004年 1月 7日(水)19時05分28秒
  またまた素敵なご感想をいただきありがとうございます。自分の表現しようとしていたイメージを正にピッタリと感じ取ってくださいました。すばらしい文章力にも感心しております。熊谷悠子
(今までPC環境トラブルでweb表示不調であったことお詫びいたします。vie-joker)
 

絵画を鑑賞して

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2003年 9月 9日(火)13時05分21秒
  こんにちわ。お久しぶりです。
相模原芸術家協会展のお知らせをいただきましてありがとうございます。昨日、早速行ってみました。いつもながら、色々な想像を思い浮かべながら観賞いたしました。
「記憶」とは、とても曖昧なものです。グレーがかった白色に、そんな曖昧さを感じました。記憶が確かな出来事だったと証明するために、人は「記録」を残すのでしょうか。そして過ぎ去った果てしない記憶の闇の中で、キラリキラリと光を放っていつまでも輝いている・・・。そんな印象を受けました。
 

第12回相模原芸術家協会展開催のおしらせ

 投稿者:きがるにどーぞ  投稿日:2003年 9月 1日(月)19時42分16秒
  日時:2003.9月5日(金)初日正午より~9月16日(火)
   AM10.00~PM6.00水曜日休館。最終日PM2.00まで
場所:相模原市民ギャラリー(入場無料)
   熊谷悠子会員出展作品名-記憶と記録-
   
主催:相模原芸術家協会
共催:相模原市教育委員会
後援:相模原市/相模原市民文化財団/相模原商工会議所/神奈川新聞社

 

Le site est devenu tres interessant.

 投稿者:Abdoulaye  投稿日:2003年 6月 9日(月)20時45分26秒
  Bonsoir
Merci pour votre mail. Ca me fait tres plaisir.
J'ai visite votre page web.
J'ai ete surpris parceque vous avez fait quelques changements dans votre
page weble site est devenu tres interessant.
Et puis les tableaux de madame Kumagai sont vraiment excellents.
 

奥さんの作品見ました。

 投稿者:nakagawa  投稿日:2003年 6月 4日(水)21時22分28秒
  ホームページ見ました。
奥さんすごいですね、個展を開いたり、講演をしたり、地元の新聞にも取り上げられて、す
ごい、すごい
また新聞のなかで札幌のおかーさんのご様子も知り元気そうで何よりです。
それではお二人ともますます元気で活躍を” おやすみなさい。
 

新聞、熊谷悠子を ZOOM UP!

 投稿者:きがるにどーぞ  投稿日:2003年 5月31日(土)21時10分13秒
  相模経済新聞が熊谷悠子の画家生活を取材し、来る6月1日、日曜版に120行(写真2枚入り)で紹介されることになりました。ホームページのProfileでそのこぴーを紹介いたします。

http://vie-de-gai.hp.infoseek.co.jp/

 

素晴らしい感性に感謝!

 投稿者:熊谷悠子  投稿日:2003年 6月17日(火)20時17分14秒
  こんばんは、みづ恵さん!
また見て下さったのですね。「カフェ」はフランスの田舎を旅したときの想い出でした。「記憶」は20年同居した義母がいま永い病院生活をしております。昔の元気でいたときのことを想いだし描きました。貴女様の感じていただいた通りで本当にうれしいです。奥の室はご覧にならなかったのですね、そこには星の花を描きました。それは2年後に星の固まりを持って戻ってくるロケット(名前わすれました)に希望を託して描きました。見ていただき本当にありがとうございました。
 

円展

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2003年 5月30日(金)11時17分29秒
  こんにちは
先日、「ぎゃらりーコーノ」へ伺いました!はじめに鑑賞いたしました『カフェ』の絵はとても想像力をかき立てられました。荒涼とした異国の地にたたずむ『カフェ』からは、コーヒー(多分カプチーノ)の香りが、建物の外にまで漂っているような感じがしました。なぜかというと、建物全体の茶色と白がおいしそうにまじりあっていたからです。人々はこの『カフェ』でどのような時間を過ごすのでしょうか。店内が気になります。
もう一つの作品は、『記憶』という題名を意識して鑑賞してみました。絵の中に、椅子を長年愛用していた誰かが存在しているようで丸い椅子を通して、座っていた人物に対する懐かしさみたいな愛情を感じるやわらかい絵がな~と思いました。
熊谷悠子さんの絵をみていると、現存しているこの世界とは異なった空間が存在しているようで不思議な気持ちになります。
今回もまた色々と限りなく想像し、楽しい時間を過ごさせていただきました。
 

第18回円展のおしらせ

 投稿者:vie-de-k  投稿日:2003年 4月26日(土)09時53分17秒
  日時:2003.5.28(水)~6.1(日)
   a.m.11.00~p.m.7.00最終日p.m.5.00迄
場所:ぎゃらりーコーノ
   渋谷区宇多川町14-14コーノビル5F
   TEL:03-3464-9656

   内野博子、川村清美、串橋淑、熊谷悠子、坂本道子、堤冨美子、
   野本悦子、原絢子、谷藤いほえ、山崎えみこ、平野桂子
 

熊谷悠子 最新画暦

 投稿者:vie-de-k  投稿日:2003年 4月26日(土)09時31分25秒
  熊谷悠子:     画暦
1950-1956(少女時代)繁野三郎画塾
1966        女子美術大学洋画科卒
1986        青木純子に師事(示現会理事、女流美術家協会委員)
1988        示現会(都美術:上野)初入選
1992        示現会、会友
1994        示現会(都美術:上野)佳作賞受賞
1995        示現会(都美術:上野)佳作賞受賞
1995        示現会準会員
2000        相模原芸術協会会員
2003        示現会会員
 

みづ恵さんへ御礼

 投稿者:vie-de-k代筆  投稿日:2003年 4月26日(土)09時20分27秒
  このたびは示現会展熊谷悠子作品をご覧頂き大変ありがとうございました。
ご覧いただくたび感性あるご感想を述べられ感心致しますとともにもったいなく思っております。
絵画には美術絵画と芸術絵画があり、美術絵画は基礎が出来ていたら美術として素敵な作品となります。芸術絵画というのはその絵の中に芸術的感性を入れて見た人に強烈な印象を与える絵画です。絵画には空間を如何に取り入れるかということが大切なことと考えております。今後ともよろしくお願い致します。
(本人は気になっていないようですがHPの更新もなんとかしなくちゃと管理者のほうは少々あせっています。ありがとうございました。)
 

展示会に行ってきました!

 投稿者:渋谷みづ恵  投稿日:2003年 4月17日(木)10時06分30秒
  先日はお葉書を頂きましてありがとうございました。
昨日(4月16日)、夫婦2人で展覧会に行ってきました!
はじめに熊谷悠子さんの作品が展示してある「3」のお部屋に行きました。どの絵もとても迫力があり、圧倒されました。私は、熊谷悠子さんの作品をみて絵画としての素晴らしさだけでなく、お茶を飲んだり、のんびり過ごすリラックスする部屋に飾って、ずーーと眺めていたい絵だな~だな~と感じました。絵の中に流れている時が、現実の時間とは違っていて疲れたこころを癒してくれるような柔らかい印象を受けました。
他にも素晴らしい作品がたくさんあり、とても有意義な時間を過ごしました。
このような機会を与えてくださりありがとうございます。また、展示会に行きたいです。

 

示現会展覧会開催のおしらせ!

 投稿者:vie-de-k  投稿日:2003年 4月 5日(土)15時20分2秒
  熊谷悠子出展
会場:上野公園内 東京都美術館
会期*:4月6日(日)~4月20日(日)閉会2時
 

第11回相模原芸術家協会展、熊谷悠子出展のお知らせ

 投稿者:vie-de-k  投稿日:2002年 9月12日(木)20時43分42秒
     平面・日本画・洋画・版画・立体
日時:2002.9月27日(金)~10月15日(火)
   AM10.00~PM6.00水曜日休館。最終日PM2.00まで
場所:相模原市民ギャラリー(入場無料)
   熊谷悠子会員出展作品名-北の早春-
   
   ワークショップ
   会場隣接の会議室で相芸会員による絵画講習会も開催します。

  ・日本画何でも質問教室(戸田・松原・鈴木会員)
  ・親子工作教室(講師-熊谷悠子会員)
  ・水墨画基礎講座(伊藤耕会員)

主催:相模原芸術家協会
共催:相模原市教育委員会
後援:相模原市/相模原市民文化財団/相模原商工会議所/神奈川新聞社

 

幸せそうなお二人に、ブラボー!

 投稿者:vie-de-k  投稿日:2002年 8月22日(木)21時40分58秒
  フランスの旅、きっと新婚の美しい想い出となるでしょう!幸せそうなお二人の姿が私どもの若き日のそれと重なり瞼に浮かぶ想いでした。お二人のたどられたコースたまたま未経験でしたので、このつぎのメニュに入れることにしました。お便りありがとうございました。  

フランスへ行ってきました!

 投稿者:澁谷みづ恵メール  投稿日:2002年 8月22日(木)12時10分4秒
  お元気ですか?
お久しぶりです。以前、会社でお世話になりました、
千田こと、澁谷みづ恵です。
久しぶりに、HPを拝見させていただき、お便りしました。
この間、初めてフランスへ行きました。
ずっと憧れていたオルセー美術館では、本物の作品を目の前にし、
首筋からゾワーーと鳥肌が立ち、本物の凄さを体験しました。
でも何より素晴らしかったのは、パリからリヨンに行く時に乗ったTGVからの
眺めでした。
雲が絵のように、青い空にぽっかり浮かび、低く、モクモクと流れていました。
日本では、見られない光景で、とっても、強烈に胸に残っています。
自分の手で、この景色を再現できたら最高に幸せだろうな~と思い
いつか描いてみようと、写真をパチリと撮りました。
自然には、心を開かせる感動があります。
それは、何の計算もなく澄みきった感動です。
しかし、画家の描く絵にも、心を開かせる感動があると思います。
描かれている秘められた想いを、絵の中に見つけ出せたときなどです。
私にとって、フランスは色々なことを感動できるよう心をやわらかくしたいと願う旅になりました。
最後に、お体にお気をつけください。
 

-絵になる瞬間- 女子美アートミュージアム 熊谷悠子出展

 投稿者:vie-de-k  投稿日:2002年 7月 7日(日)13時00分40秒
  2002年7月17日(水)~8月5日(月) 火曜休館
女子美アートミュージアム 入場料一般300円
小田急相模大野駅から神奈川中央交通バス乗車(北口3番バス停)終点女子美術大学下車。

今回の展覧会は、昨年10月に相模原市と女子美術大学がとりかわした文化促進協定にもとづいた企画であり、相模原市の収蔵作品と市内在住作家を紹介する第1回目の展覧会です。

 

熊谷悠子先生へ!<<日本公文教育研究会より>>

 投稿者:町田事務局 加藤  投稿日:2002年 5月22日(水)21時46分19秒
   先日は、アトリエを訪問させていただきまして、ありがとうございました。
 子どもたちの創造力とは、本当にすばらしいものですね。紙や木片やペットボトルなど、どこにもある素材が、子どもたちの手によって、創造力あふれる作品へと変化していく過程に見入っているうちに、あっという間に過ぎた2時間。それぞれが、ある瞬間は、夢中に手を動かしながら、真剣なまなざしで目の前の作業に没頭し、またある時には楽しそうな会話を交わしながら、一つ、あるいはもっと多くの物を次から次へと作り上げている(とも君は大作を作り上げた後も、リモコン、金づちなど次から次へと作っていましたね!)そんな姿に、心から感動しました。先生のアトリエにうかがって、2時間という時間は、こんなにも子どもたちにとって密度の濃い時間になりえるのか・・・と、つくづく思いました。

 また、みんなが「今日はいやだよ」と言って、S君が、はじめての「おやつ当番」になったときの「これも経験だよ」という仲間の一言、(一見、無関心を装いつつも)その後さりげなくフォローする姿(おやつを配り始めたS君を見て、自分たちで取りに行ったり)、合議の中でおやつを分け合う知恵、「砂」が見つかったときのI君への言葉かけなどを見ていると、深い部分での互いへの思いやり、アトリエの仲間同士の絆を感じました。まるで小さなコミュニティーですね。物を創り上げる楽しさを覚え、創造力をいっぱいに働かせる中で、また、仲間同士のさまざまなやり取りをする中で、子どもたちは、毎回、新しいことを心に蓄え、成長していっている、先生のアトリエとは、そういう場なのでしょう。本当にすばらしい、「子どもたちのオワシス」であると思いました。

  「どうしたらいいと思う?」と問いかけ、彼ら自身が自分で答えを導きだせるよう手助けをし、優しく背中をおしてあげる先生、創り上げたものやその過程を誉め、認める先生は、まさに教育者でもあると感じました。
 H先生から、学習障害ぎみの子どもたちも、アトリエに通ううちに、必ず学習面でも変化」が現れてくるというお話をお伺いしております。熊谷先生のアトリエと、H先生の公文式豊町教室の連携プレーで、創作と学習の両方にすばらしいことと思います。今回、アトリエを訪問させていただきまして、先生から、子どもたちから、多くのことを学ばせていただきました。本当にありがとうございます。
 また、機会がありましたら、ぜひお邪魔させてくださいませ。
                            2002.5.20
                            日本公文教育委員会
                              町田事務局 
 

第17回<<円展>>熊谷悠子出展のおしらせ

 投稿者:vie-de-k  投稿日:2002年 5月 6日(月)20時16分21秒
  期日:2002.5.29(水)~6.2(日)
   a.m 11.00~ p・m7.00
     最終日 p・m 5.00迄
会場:ぎゃらりーコーノ
   渋谷区宇田川町14-14コーノビル5F
  (渋谷ハチ公側公園通り突き当たって左)
   TEL 03-3464-9656
出展者:内野博子・川村清美・串 橋叔・熊谷悠子・坂本道子・堤富美子・野本悦子
    原 殉子・谷藤いほえ・山崎えみ子
 

55周年記念示現会開催中

 投稿者:vie-de-k  投稿日:2002年 5月 6日(月)19時38分28秒
  アーチスト 熊谷悠子
 示現会展出展中
東京都美術館 3室展示 <<洋と和の空間>>80号
4月6日~21日 2002年
 

ぜひまた作品をみせてください

 投稿者:M.HOSOKAWA  投稿日:2002年 1月 6日(日)16時39分1秒
  ごぶさたしています。
いや~素敵なホームページ ! きっとご主人が作っていらしゃるのネ。
しかし、くまちゃんのご活躍すばらしいです。ぜひまた作品をみせてくださいませ。
またおあいしましょうね。
 

スペインの風景では突然に

 投稿者:K.MINE  投稿日:2002年 1月 5日(土)20時24分59秒
  ホームページでは眼福も楽しませていただきました。スペインの風景では突然にソフイァ美術館の「ゲルニカ」の画の前に立ったときの鳥肌の立つ思いを想起しました。
 

楽しんで見てほしい

 投稿者:Vie-de-k  投稿日:2002年 1月 2日(水)15時42分55秒
  わたしはアーティスト熊谷悠子の支援をし、ページを管理しているVie-de-kです。
今後ともこのページを常に新鮮であるようにつとめますのでよろしく! 
何なりと感じたことをご投稿ください。
Je mapelle Vie-de-k qui est web master et surporte une femme pentre
Mme. Kumagai Yuko.
Veuillez vous marquer votre trace que vous avez vu ce page web
etant donne que je vais essayer de toujours garder au frais ce contenu.
Merci beaucoup.
 

2001ヴェルジェ展のお知らせ

 投稿者:vie-de-k  投稿日:2001年12月16日(日)09時07分56秒
  熊谷悠子出展の近日開催グループ展のお知らせをします。
2001ヴェルジェ展
日時:12月4(火)~12・22(土) 「月曜・祝祭日休廊」
am11:00~pm7.00(最終日pm4.00まで)初日pm5.00よりささやかなパーティーをします。
場所:相模原市古淵2-3-7 T&Tビル1F Tel 042-776-6375  古淵駅より徒歩2分
 

LA PEINTURE

 投稿者:DIAGNE ABDOULAYE  投稿日:2001年11月20日(火)01時42分34秒
  Je ne connais pas grand chose en peinture.
Je suis ce qu'on appelle couramment un novice en matiere de peinture.
Mais grace aux merveilleux chefs-d'oeuvre de madame kumagai assortis
des explications detaillees de monsieur kumagaij'ai pu me faire une idee
de toute la beaute de toute la philosophie qui se trouvent a l'etat latent
dans les tableaux de madame kumagai.
Merci! Car grace a vous j'ai pu decouvrir une des merveilles de l'art:LA PEINTURE
 

ご挨拶

 投稿者:木幡 守メール  投稿日:2001年 9月 8日(土)20時30分52秒
  本日、9/8の会合は、今井さんのお人柄がしのばれ良い集まりでした。
ところで、いただいた名刺のURLを開けて驚きました。
ご紹介されている絵もさることながら、ご主人の暖かさが感じられるホームページの
出来映えで恐れ入りました。奥様に宜しくお伝え下さいますように。
 

相模原芸術家協会 創立10周年特別展 熊谷悠子会員出典のお知らせ 

 投稿者:熊谷泰明  投稿日:2001年 9月 1日(土)10時02分16秒
  中国MUTYAKU市美術交流・
中国作家・国画.油画
相芸会員・洋画.版画.彫刻(熊谷悠子油彩出展)
日時:2001.9月21日(金)~10月22日(月)
   AM10.00~PM6.00(水曜休館)
場所:相模原市民ギャラリー(入場無料)
   レセプション:9月22日(土)PM4.20より
   パフォーマンス
デモンストレーション:9月22日(土)PM2.00より会場にて、中国ムチャク市書学院による水墨画の実演を行います。どなたでも自由にご観覧いただけます。

ギャラリーガイド:10月6日(土)7日(日)PM2.00より会場にて、展示作品(作家)について、市民ギャラリー職員が解説します。

ワークショップの開催:会期中会場隣接の会議室にて、講習会を開催します。募集要項は市内各ギャラリーに置いてあります。

相模原エコパックの展示・販売:相模原福祉村「虹の家」「たんぽぽの家」制作の布バックに相芸会員・県立相模原養護学校の生徒・虹の家、たんぽぽの家の所有者が絵をかきました。売り上げの一部は福祉に寄付します。
主催:相模原芸術家協会 共催:相模原市教育委員会
後援:相模原市/(財)相模原市民文化団体/相模原商工会議所
   相模原市日中交流協会/神奈川新聞社

 相模原市民ギャラリー:JR・駅ビルNOW4階
            シティ・プラザさがみはら内
        TEL:042-776-1262
相模原芸術家協会事務局:相模原市古淵2-3-7ギャルリー・ヴェルジェ内
        TEL:042-776-6375
 

美しいエールをありがとう

 投稿者:熊谷悠子  投稿日:2001年 7月28日(土)16時49分26秒
  HPご訪問ありがとうございました。女の仕事の中に「待つ」ことが多いこと、それが色んなことを育むためになっており、それがとっても大切であること、画家だからではない、心の中を表現していると感じてくれたことに感謝しています。「道のり」とは画歴のことでしょうか、これよりも生き方が表現できれば最高と思っています。いろいろな描き方をしています。抽象、風景、人物、そのときどき、生活のなかで感じたことを表現したい。心のなかでふいに感じたことを表現したい。出会いのひとびと、子供達、物、雰囲気とのふれあいなどなど、関わり合いがあることによって、それぞれのエネルギーを頂け、次の絵が描けているようです。

熊谷悠子 画歴:
1950-1956(少女時代)繁野三郎画塾
1966        女子美術大学洋画科卒
1986        青木純子に師事(示現会理事、女流美術家協会委員)
1988        示現会(都美術:上野)初入選
1992        示現会、会友
1994        示現会(都美術:上野)佳作賞受賞
1995        示現会(都美術:上野)佳作賞受賞
1995        示現会準会員
2000        相模原芸術協会会員

 

待つという時間

 投稿者:MISUE  投稿日:2001年 7月27日(金)10時30分19秒
  HPを拝見しました。
私は、「待つ」という絵が好きです。
この絵の中に「待つ」という時間の広がりを感じました。
自分の時間の中で、「待つ」というのは考え方によっては孤独を感じてしまいがちですが、
この絵をみていると、その「待つ」時間によって自分の内面が育っていくような感じをうけました。
私は特に、「食堂」と「仮面のある部屋」が好きになりました。
私はとても絵に興味があるので、熊谷悠子さんがどのように画家の道を辿られたのか、
とても知りたいです。よろしければ、その道のりを教えてください。
 

お久しぶりです。

 投稿者:大井恵子  投稿日:2001年 7月15日(日)14時21分25秒
  泰明さん、長いことごぶさたしていました。
例の大学の課題の提出日が今日で今まで作陶やかま焚きに追われていたので、
申しわけありませんでした。ホームページ素晴らしいですね。本当に素敵。
私にとってはフランス語の勉強にもなります。掲示板にも書かれてあったように、
ブルーの背景がお姉ちゃんの絵にマッチしていて素敵。
こんな素敵なホームページ見たことないです。
そちらはとても暑そうですね。札幌は今年は涼しいです。
明日は Quatorze Juillet ですね。 アリアンスでパーティがあります。
    恵子
 

ホームページ見せて頂きました

 投稿者:Tsytsui Hideaki Mie  投稿日:2001年 7月14日(土)23時19分21秒
  素晴らしいホームページでした。ブルーで統一されて、落ち着いて、気品に満ちた作品でした!
悠子さんの作品も素敵!札幌時計台ギャラリーでの展覧会も大好評だったの判ります。
今後ますます忙しくなりますね。
日頃、文字や色が氾濫しているホームページはあまり見る気がしません。
熊谷様のを見て変わりました。私の目にもやさしく、気分を和らげて、透明にしてくれます。
時々、拝見いたします。どうぞよろしく。
 

ホームページ拝見

 投稿者:Tsugawa Tsunehi  投稿日:2001年 7月12日(木)20時58分6秒
  先週、海外出張から帰って、拝見しました。そのあと、貴ホームページでご夫婦のご活躍ぶりを拝見しました。今後も時々拝見させてもらいます。取り急ぎ。  

Je suis tous rouge de honte!まったく、おはずかしい!

 投稿者:Yasuaki Kumagai   投稿日:2001年 7月 9日(月)21時15分40秒
  On a trouve pleusieur indroit que ca marche pas bien. Mais je essayerais toujours faire mieux de temps en temps.
Merci de votre gentllesse.
 

ホームページ作成技術にも脱帽

 投稿者:Nobuo Kawamura  投稿日:2001年 7月 9日(月)20時41分17秒
  Que surprise agreable!
Les mosaiques des travaus artistiques faites par Madame Kumagai sont vraiment magnifiques et impressionanttes.
Felicitation! Avec admiration profonde. 
Madame et Monsieur Kawamura
 

Quelle belle realisation !

 投稿者: DIAGNE ABDOULAYE  投稿日:2001年 7月 1日(日)11時57分46秒
  Je viens de visiter votre site .J' ai beaucoup apprecier la conception de votre
page web.Je vous remercie d' avoir eu l' amabilite de me mettre au courant de
la realisation de votre site et de m' avoir associer a la realisation de cette
oeuvre a laquelle vous avez depensez autant d' energie.
Bnne chance pour la suite.
ABDOULAYE DIAGNE.
 

レンタル掲示板
/1