teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


戦後70年~東京裁判とGHQ

 投稿者:fusann(63)  投稿日:2016年 9月 4日(日)21時56分44秒
返信・引用
  【戦後70年~東京裁判とGHQ】
老兵・マッカーサーはなぜ「日本は自衛の戦争だった」と証言したのか…
「老兵は死なず。ただ消えゆくのみ。神が示すところに従い自己の任務を果たさんと試みた一人の老兵として。さようなら」
 1951年4月19日。米上下院合同会議で、連合国軍最高司令官(SCAP)として日本を占領統治した陸軍元帥のダグラス・マッカーサーは半時間の退任演説をこう締めくくった。
 後に第37代大統領となる共和党上院議員のリチャード・ニクソンは演説を聴き、その感激は自著「指導者とは」にこう記した。
 「マッカーサーは古代神話の英雄のようだった。彼の言葉は力強く議場全体が魔術にしびれ、演説は何度も拍手で中断された。ある上院議員は『共和党員は感激でまぶたを濡らし、民主党員は恐怖でパンツを濡らした』と語った…」
 8日前の11日、マッカーサーは第33代米大統領、ハリー・トルーマンに全ての役職を解任され、帰国した。人生の黄昏を感じさせる演説だが、心中は闘争心でみなぎっていた。
マッカーサーは52年の大統領選に共和党から出馬し、民主党候補として再選を狙うであろうトルーマンを完膚なきまでに叩き潰す腹づもりだったのだ。演説でも「私の朝鮮政策だけが勝利をもたらす。現政権の政策は長く終わりのない戦争を継続するだけだ」とトルーマンを批判した。
 米国内のマッカーサー人気は絶大だった。愛機「バターン号」がサンフランシスコに到着した際は50万人以上が出迎え、ワシントン、ニューヨーク、シカゴ、ミルウォーキーの各地で行われたパレードには総勢数百万人が集まった。逆に「英雄」を解任したトルーマンに世論は冷ややかで、マッカーサーの第二の人生は順風満帆に見えた。
   × × ×
 米上院軍事・外交合同委員会はマッカーサーを聴聞会に召喚した。テーマは「極東の軍事情勢とマッカーサーの解任」。背景にはトルーマン政権に打撃を与えようという共和党の策謀があった。
マッカーサーは快諾した。大統領選の指名争いに有利だと考えたからだ。狙い通り、世界中のメディアが聴聞会の動向に注目し、事前から大々的に報じた。
 5月3日の聴聞会初日。証言台に立ったマッカーサーは質問に誠実に応じ、1950年6月に勃発した朝鮮戦争の経緯をよどみなく説明し続けた。
 質問者の共和党上院議員、バーク・ヒッケンルーパーは「赤化中国を海と空から封鎖するという元帥の提案は米国が太平洋で日本を相手に勝利を収めた際の戦略と同じではないか」と質した。
 マッカーサーの戦略の正当性を補強するのが狙いだったが、マッカーサーの回答は予想外だった。
 「日本は4つの小さい島々に8千万人近い人口を抱えていたことを理解しなければならない」
「日本の労働力は潜在的に量と質の両面で最良だ。彼らは工場を建設し、労働力を得たが、原料を持っていなかった。綿がない、羊毛がない、石油の産出がない、スズがない、ゴムがない、他にもないものばかりだった。その全てがアジアの海域に存在していた」
 「もし原料供給を断ち切られたら1000万~1200万人の失業者が日本で発生するだろう。それを彼らは恐れた。従って日本を戦争に駆り立てた動機は、大部分が安全保障上の必要に迫られてのことだった」
 会場がどよめいた。証言通りならば、日本は侵略ではなく、自衛のために戦争したことになる。これは「侵略国家・日本を打ち負かした正義の戦争」という先の大戦の前提を根底から覆すどころか、東京裁判(極東国際軍事裁判)まで正当性を失ってしまう。
もっと言えば、5年8カ月にわたり日本を占領統治し「民主化」と「非軍事化」を成し遂げたというマッカーサーの業績までも否定しかねない。
 この発言は共和党の期待を裏切り、激しい怒りを買った。マッカーサー人気はこの後急速にしぼみ、大統領の夢は潰えた。
   × × ×
 なぜマッカーサーはこのような証言をしたのか。
 日本の「自衛戦争」を認めた理由についてマッカーサーは回顧録でも触れていない。だが、マッカーサーが朝鮮戦争でどのような戦略を描いたかを紐解くと答えが見えてくる。
 マッカーサーは、朝鮮戦争を通じて北朝鮮の背後にいるソ連、中国(中華人民共和国)という共産主義国の脅威を痛感した。
 朝鮮と台湾が共産主義国の手に落ちれば、日本も危うく、極東での米国の陣地は失われ、防衛線は米西海岸まで後退しかねない。それを防ぐには朝鮮半島を死守するしかない。この見解は国務省や国防総省にも根強くあった。
ところが、トルーマンは、北大西洋条約機構(NATO)加盟国が「中ソが徹底的に対立すれば、欧州はソ連の報復攻撃を受けかねない」と動揺したこともあり、北緯38度線付近で「痛み分け」にする策を練っていた。
 これに対して、マッカーサーは中国を海と空で封じ込め、毛沢東率いる共産党政権を倒さねば、将来の米国の安全を脅かすと主張して譲らなかった。これがトルーマンがマッカーサーを解任した理由だった。
   × × ×
 マッカーサーの主張は、その後の歴史をたどっても説得力がある。ただ、朝鮮半島を死守しつつ、大陸の中ソと対峙するという戦略は、日本政府が独立を守るために日清戦争以来とってきた戦略と変わりない。
 「過去100年に米国が太平洋地域で犯した最大の政治的過ちは共産勢力を中国で増大させたことだ。次の100年で代償を払わなければならないだろう」
マッカーサーはこうも語った。これは「米国は戦う相手を間違った。真の敵は日本ではなくソ連や中国共産党だった」と言っているのに等しい。
 マッカーサーは日本の占領統治と朝鮮戦争を通じて日本の地政学的な重要性に気づいたに違いない。「自衛戦争」発言は、自らの戦略の優位性を雄弁に語るうちにポロリと本音が出たとみるべきだろう。
   × × ×
 他にもマッカーサーは重要な証言を残した。
 民主党上院議員、ラッセル・ロングが「連合国軍総司令部(GHQ)は史上類を見ないほど成功したと指摘されている」と称えたところ、マッカーサーは真っ向から否定した。
 「そうした評価を私は受け入れない。勝利した国家が敗戦国を占領するという考え方がよい結果を生み出すことはない。いくつか例外があるだけだ」
「交戦終了後は、懲罰的意味合いや、占領国の特定の人物に対する恨みを持ち込むべきではない」
 それならば日本の占領統治や東京裁判は一体何だったのかとなるが、これ以上の追及はなかった。
 別の上院議員から広島、長崎の原爆被害を問われると「熟知している。数は両地域で異なるが、虐殺はどちらの地域でも残酷極まるものだった」と答えた。原爆投下を指示したトルーマンを批判したかったようだが、原爆を「虐殺」と表現した意義は大きい。
 このように3日間続いた聴聞会でのマッカーサー証言は日本人を喜ばせたが、ある発言で一転して激しい怒りと失望を招いた。
 「科学、芸術、神学、文化においてアングロサクソンが45歳だとすれば、ドイツ人も同程度に成熟していた。日本人はまだわれわれの45歳に対して12歳の少年のようである」
ただ、この発言の前後で「学びの段階に新しい思考様式を取り入れるのも柔軟だ。日本人は新しい思考に対して非常に弾力性に富み、受容力がある」とも述べている。「日本人の柔軟性」をよい意味で少年に例えたといえなくもない。
 日本人は大戦で勇猛に戦い、米軍を震撼させながら、敗戦後は驚くほど従順でマッカーサーの治世を称賛した。マッカーサーにはその姿が「12歳の少年」に映ったのではないか。
   × × ×
 1952年7月の共和党大会で、かつての部下で欧州戦線の最高司令官を務めたドワイト・アイゼンハワーが指名され、1953年に第34代大統領に就任した。
 マッカーサーは引退し、ニューヨークのホテル・ウォルドーフ・アストリアのスイートルームで愛妻ジーンと余生を過ごした。軍人時代と同じく常に居間を歩き回り、昼寝を欠かさない規則正しい生活を送った。
マッカーサーを尊敬するニクソンは、GHQ民政局長だったコートニー・ホイットニーを通じてホテルの自室に招かれ、その後何度も教えを請うた。ただ、欠点も見抜いていた。
 「マッカーサーの最大の過誤は政治的野心を公然と示し、軍事的声望を政治的資産に転じようとしたことだった…」
 1964年4月5日午後2時39分、マッカーサーはワシントン近郊のウォルター・リード陸軍病院で84年の生涯を閉じた。ポトマック川岸は桜が満開だった。
 元首相、吉田茂は産経新聞に「天皇制守った恩人」と題した追悼文を寄せた。昭和天皇も米大統領宛に弔電を打った。葬儀は8日に米議会議事堂で営まれ、吉田も参列した。
毀誉褒貶(きよほうへん)の激しい人生だった。マッカーサーの評価は日本でもなお定まらない。ただ、上院聴聞会での証言は軍人マッカーサーの偽らざる思いであり、一種の懺悔(ざんげ)だったのかもしれない。その遺体はバージニア州ノーフォークのマッカーサー記念館にジーンとともに葬られている。
(敬称略)
=おわり
     ◇
 この連載は石橋文登、花房壮、峯匡孝、加納宏幸、森本充、今仲信博、田中一世が担当しました。

 
 

日本国憲法は米国製

 投稿者:fusann(63)  投稿日:2016年 9月 4日(日)21時49分9秒
返信・引用
  「日本国憲法は米国製」を認めぬ護憲派の倒錯 論点すり替え陳腐な反論

                                                2016.9.1 【阿比留瑠比の極言御免】
もう旧聞に属する話かもしれないが、大事な問題なのでやはり取り上げたい。バイデン米副大統領が8月15日の演説で、共和党の大統領候補、ドナルド・トランプ氏を批判してこう発言した件である。

 「(日本が)核保有国になり得ないとする日本国憲法を、私たちが書いたことを彼(トランプ氏)は知らないのか。学校で習わなかったのか」

 米政府の要人中の要人、ナンバー2である副大統領が公の場で、米国が日本国憲法を起草したことを明言したのだ。事実関係からすれば当然のことではあるが、憲法の成り立ちをめぐる戦後の欺瞞が、通力を失っているのを感じた。

 何しろ、米国が主導した連合国軍総司令部(GHQ)は戦後の対日占領期、GHQが憲法起草に果たした役割についての一切の言及や批判を検閲し、削除または掲載発行禁止の対象としていたのである。
 米国が隠したため、まさにわれわれ日本国民が「学校で習わなかった」ことを、米副大統領が自ら表明したのだから興味深い。嘘やごまかしは、いつかほころびていくものだ。
反論にならぬ反論
 だが、予想はついたものの、このバイデン発言に対する日本国内の事実を認めたがらない「護憲派」の反応は実に陳腐だった。
「米国が書いたというのは、副大統領としてはかなり不適切な発言だ」
 民進党の岡田克也代表は8月18日の記者会見で早速、こう批判していた。ただ、岡田氏は同時に「もちろんGHQが中心になって草案を作り…」と認めているのである。
 ならば何が気にくわないのか。岡田氏は「最終的には、国会でも議論して作った」と指摘し、次のように結論付けた。
 「草案を書いたかどうかというよりは、それが日本国憲法になったプロセス、その後70年間、国民が育んできた事実の方がずっと重要なことだ」
 バイデン発言を不適切と言いつつ、事実関係は否定できずに、論点をすり替えている。とりあえず文句をつけてみたというだけでは、反論になっていない。
 また、8月17日付朝日新聞朝刊の1面コラムも、バイデン発言について「無神経というほかない」「発言は傲慢ともとれる」などとかみついていたが、やはり次のように認めていた。
 「日本国憲法が米国主導で生まれたのは事実だ」
 不都合な真実からは目をそらせていたいのに、本当のことを言うなんてやぼだと怒っているのか。コラムは、こうも書いていた。
 「『アメリカから押しつけられた憲法だから改憲すべきだ』と主張する人たちが歓迎しそうな話だ」
確かに筆者も、現行憲法は米国から押し付けられたものだと思っているし、その事実は憲法改正を目指す一つの理由にはなると考えている。
 ただし、バイデン発言をとても歓迎する気になどなれない。かつて自国を占領していた国の政府要人に「私たちが書いた」と堂々と主張されるような憲法を戦後70年以上がたってもそのままいただき、それを野党第一党の代表が「育んできた」などと胸を張る現状がひたすら恥ずかしい。
 GHQ検閲の呪縛
 憲法が米国製だからといって、中身を全否定する必要はないだろう。とはいえ、GHQ検閲の呪縛にいまだにとらわれてか、論点をずらして憲法の成り立ちは関係ないと言いくるめるような論調には、ちょっとついていけない。(論説委員兼政治部編集委員)





 

Re: 伊地知 さま

 投稿者:伊地知  投稿日:2014年 1月 3日(金)22時09分31秒
返信・引用
  > No.178[元記事へ]

inokenさんへのお返事です

申し訳ございません。
こちらの投稿に気付いておりませんでした。
あらためてメールで電話番号をお送りいたしましたが、無事届きましたでしょうか。

> メール届いていないかも
> Tel 番号分かれば
 

伊地知 さま

 投稿者:inoken  投稿日:2013年11月 5日(火)12時44分49秒
返信・引用
  メール届いていないかも
Tel 番号分かれば
 

南洲遺訓

 投稿者:keiten  投稿日:2013年 8月10日(土)18時31分49秒
返信・引用
  炎暑が続いております。異様な気象でもあります。みなさま、お元気でお過ごしのことと、拝察申し上げます。
 過日、ドラマで、沖縄戦時の島田県知事の行動の標として、南洲遺訓が紹介されておりました。たぶん、今日でも、人々の有様として、受け入れられる、また見直されるべき内容と考えます。
どのような形であれ、鹿児島の皆さんが、そのことに気づき、様々な立場の人が、力をあつめて、あるいはそれぞれの立場で、取り組まれ続けられますよう、願っております。
 混迷の時代にこそ、見直されるべき遺訓かもしれません。
 

薩摩の女性

 投稿者:keiten  投稿日:2013年 6月23日(日)19時10分18秒
返信・引用
  初見でした。書店に行ってみます。  

女人

 投稿者:inoken  投稿日:2013年 6月23日(日)17時18分54秒
返信・引用
  keiten 様
日高旺 著『女たちの薩摩』(春苑堂書店)に詳しいですよ。
ご存知でしょうが・・・。
 

薩摩人

 投稿者:keiten  投稿日:2013年 6月 6日(木)23時30分34秒
返信・引用
   年も折り返しました。著名な隼人は多いですが、鹿児島出身の女性はと、地元の知人に尋ねました。乃木夫人、篤姫以外にあまり承知せずの照会でした。おりました。丹下梅子さん、時代を切り開いた一人でした。学舎も丹下さんのやうな子がいてもいいのかもしれません。
 横綱朝潮が鹿児島とも知りました。なぜ子供こごろにもひかれたのか考え直しております。活躍は相撲界でも、西郷さんのように正面から堂々と進み、かつ繊細な心情も併せ持ったところに、国民の共感があった気がしております。
 

薩摩義士リンク

 投稿者:keiten  投稿日:2013年 1月19日(土)10時44分11秒
返信・引用
  映像でみせるのは、次の世代に訴えるものが大きい気がします。薩摩人とはなにか、何が維新のエネルギーを生んだのか。その志の原点は、原風景はなんだったのか。県下有名進学校に象徴される、中央、上昇志向の陥穽。西南戦争を起こさざるを得なかった薩摩の良心ははぐくみ続けられているのか、もう一度、薩摩人の心持の有様を見つめる時期にあると感じます。維新は萩がなしたように口にする、山口の返り咲いた首相が、松陰、晋作をうそぶくにつけ、松陰党に象徴される萩の良心は、萩の乱以降の、知られざる二度の乱で、玉木文之進の自裁をもって、すべて潰えていると教えたいものです。今を生きる、鹿児島の方々が、成った維新の功だけでなく、その原点を見つめなおすことを願っています。そこに、ふたたび、世を救い、助ける人々が育まれる気がします。ラサール志向の世相の中では、なかなか、難しい警世の試みでしょうが、ラサールが世を救う人々を生むとは、考えられない気がします。
 新年にあたり、皆様を含め、薩摩の方々の日々の、ご努力を念じております。
 

電話にて

 投稿者:inoken  投稿日:2011年 8月 7日(日)13時22分51秒
返信・引用
   小生のメール器械不調の為、返事できません。  

返信

 投稿者:inoken  投稿日:2011年 7月 7日(木)22時22分34秒
返信・引用
  山本 様

メールで返信しましたが、出来ません。
連絡まで。
 

見学依頼の件

 投稿者:園田メール  投稿日:2009年 2月11日(水)16時35分57秒
返信・引用
  幸運にも今週の土曜日に代休を取らなくてはならなくなりました。
早速ですが14日にお邪魔させていただきたいのですが。宜しくお願い致します。
 

お返事ありがとうございます。

 投稿者:園田  投稿日:2009年 2月 9日(月)12時56分2秒
返信・引用
  > No.133[元記事へ]

inokenさんへのお返事ごわんどー。

そうなのですか。鹿児島の郷土歴史文化と共に根付いて現在も精力的に活動されているのだろうと思っていたものですから、残念というよりもなにか現在の日本人の心根を寂しく感じました。

常々欧米文化至上主義の風潮に、一方自分達の過ちに気づいた欧米人が精神のよりどころを日本文化に求めている現実を、またそれだけの魅力と底力が日本文化にはあるのだ!と訴えていきたいと考えております。
”明治以来ないがしろにされてきた日本古来の思考法・生活手法の中から、あたらしい共同体の価値の構築を目指す”
先ずは自分と道場、賛同する友人とその子供達から始めようと。

私は去年から小さいながらも合気道と居合道の道場を主催しております。(全員で7名)
道場はクラブや部活とは違い、郷中教育的要素(異年齢による共同活動、目上による目下の指導教育等)は多少共通していると思っております。私が郷中教育の中に求めていたものを道場内で育むためにも不定期の来舎になるかと思いますが、是非とも勉強させていただきたいです。
今月中には一度お邪魔できそうなので見学予定が立ち次第ご連絡差し上げますのでどうぞ宜しくお願い致します。
 

園田 様

 投稿者:inoken  投稿日:2009年 2月 8日(日)09時57分51秒
返信・引用
   現在の薩摩の郷中教育は残念ながら有名無実の状態です。
稚児・二才たちによる本来の異年齢集団による、遊び・学習・勉強等・・、行われておりません。あえて云えば、自彊学舎で体験学習的なことをやっていると聞いております。
今の親(母親)は、塾・習い事 のみ関心が向いて居ります。今の世、当然といえば当然なのでしょう。当舎も今子供は2人のみです。先輩のかたからは、1人になっても続けろといわれて居り、やっております。
 毎週土曜日、2~4時までは出舎しております。まえもって連絡して頂ければ、何時でも舎長が応対できると思います。見物だけでも是非・・・。何の制約も御座いません。
 

Re: 開催

 投稿者:fuusan  投稿日:2009年 1月31日(土)23時47分5秒
返信・引用
  > No.131[元記事へ]

inokenさんへのお返事ごわんどー。

>  今年も出来ました。あわんなっととともに・・・・。
> (長老 2、長才 3、ニセ 1、稚児 1)


※安心しました・・・。
 

開催

 投稿者:inoken  投稿日:2009年 1月28日(水)06時53分22秒
返信・引用
   今年も出来ました。あわんなっととともに・・・・。
(長老 2、長才 3、ニセ 1、稚児 1)
 

雪 ・・・ Re: 訂正

 投稿者:fuusan  投稿日:2009年 1月 9日(金)18時42分44秒
返信・引用
  > No.127[元記事へ]

inokenさんへのお返事ごわんどー。

> 1月12日でした。

1/12は、、、

寒むなっきたごっ、ごわんどなあー

テレビじゃー、雪じゃっちぃ言うもんどんから

成人式っも いけんなんどかいちぃー、心配しかたごわんさあー
 

訂正

 投稿者:inoken  投稿日:2009年 1月 8日(木)07時46分16秒
返信・引用
  1月12日でした。  

新春行事のご案内

 投稿者:inoken  投稿日:2008年12月21日(日)11時38分13秒
返信・引用
  【年始会】
  1月 2日(金) 11:00~
【破魔投げ大会】
  1月22日(祝)  9:00~ 於:市民広場
【赤穂義臣傳輪読会】ー予定
  1月24日(土) 14:00~
 

Re: 妙円寺詣り・招魂祭

 投稿者:fuusan  投稿日:2008年10月16日(木)00時04分40秒
返信・引用
  > No.123[元記事へ]

inokenさんへのお返事です。

>  10月26日(日) 妙円寺詣り
>  11月 3日(祝) 招魂祭 11:30~ 於:四方學舎
>    です。

御案内のハガキが本日とどきました。
どうも ありがとうございます。

いつも ご苦労様です。
 

妙円寺詣り・招魂祭

 投稿者:inoken  投稿日:2008年10月13日(月)09時51分7秒
返信・引用
   10月26日(日) 妙円寺詣り
 11月 3日(祝) 招魂祭 11:30~ 於:四方學舎
   です。
 

六月灯

 投稿者:inoken  投稿日:2008年 7月 7日(月)06時47分43秒
返信・引用
  7月17・18日
恒例、南洲神社の六月灯です。
 

薩摩義士慰霊祭

 投稿者:inoken  投稿日:2008年 4月29日(火)08時45分26秒
返信・引用
  5月25日(日)催されます。
舎では前日の土曜日、『薩摩義士伝輪読会』を
行う予定です。
 

日教組

 投稿者:inoken  投稿日:2008年 4月15日(火)20時19分15秒
返信・引用
   聖職が
    労働の人になりし時
     日本の教育
      ここに廃れり
 

山が動いたといわれた時

 投稿者:inoken  投稿日:2008年 4月13日(日)10時07分20秒
返信・引用
   革新の
  万歳三唱 不可解なり
    国歌君が代
     国旗みずして
 

-新春行事-

 投稿者:inoken  投稿日:2008年 1月20日(日)08時47分59秒
返信・引用
  昨日の ”あわんなっと” で無事終了しました。  

-新春行事のご案内-

 投稿者:inoken  投稿日:2008年 1月 3日(木)07時05分11秒
返信・引用
  【赤穂義臣伝輪読会】
 平成20年 1月19日(土)午後 2時~
  於:四方學舎
 

-新春行事のご案内-

 投稿者:inoken  投稿日:2008年 1月 2日(水)20時25分11秒
返信・引用
  【破魔投げ大会】
  平成20年 1月14日(成人の日) 9:00~
   於:市民広場(甲突川河畔)
 

-新春行事-のご案内

 投稿者:inoken  投稿日:2007年12月20日(木)19時25分10秒
返信・引用
  【年始会】
  平成20年1月2日(水) 午前11時~
       於:四方學舎
 

妙円寺詣り・招魂祭

 投稿者:inoken  投稿日:2007年10月14日(日)22時40分9秒
返信・引用
   妙円寺詣り
   10月28日(日) 8時舎集合~20時解散。
      鎧 着て参加しませんか

 秋季招魂祭
   11月 4日(日) 10時30 ~
            新祭神  3 御霊。

            ご参加下さい。
 

レンタル掲示板
/2