teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


和ラビ

 投稿者:松本  投稿日:2017年 1月13日(金)18時57分54秒
  ラビオリ「和ラビ」、よろしかったら、ぜひお聴きください。
日本の心。
和の心。
 
 

おすすめソング

 投稿者:松本  投稿日:2015年10月27日(火)11時36分24秒
  こんにちは。
ラビオリの「珈琲屋」はおすすめソングです。
よろしかったら、ぜひお聴きください。
 

夏歌「せみ」

 投稿者:松本  投稿日:2015年 8月22日(土)20時53分50秒
  こんにちは。

早いもので8月も後半ですね。夏もあっという間に過ぎ去って行くのでしょうか・・・。

ラビオリの夏歌「せみ」は美しい曲です。よろしかったら、ぜひお聴きください。
 

ごめんなさい

 投稿者:堤春恵  投稿日:2015年 5月15日(金)12時41分3秒
  松田美乃様、

お元気ですか?5月17日の蝉の会、楽しみにしていたのですが、
週末大阪の実家に行く用事が出来てしまいました。

またの機会にーーー

会のお知らせなど、よかったらこのメールにお送りください。

がんばって下さい!

堤春恵
 

大藏基誠がご案内する 親子で楽しむ伝統芸能「狂言でわっはっは」

 投稿者:青葉の森公園芸術文化ホール  投稿日:2012年 5月22日(火)17時50分53秒
  こんにちは。
 千葉県千葉市中央区にございます、青葉の森公園芸術文化ホールです。
 緑豊かな公園内にある当ホールでの催し物「狂言でわっはっは」(8/26(日))について
皆様にもぜひお越しいただきたいと思い、書き込ませていただきました。

 狂言ラウンジなどおこなっている狂言界のプリンス、大藏基誠氏を招いての公演です!
 ワークショップ(解説)と公演の二部構成となっており、初めての方もすでにご興味をお持ちの方もお楽しみいただけるような内容になっております。
 ぜひとも皆様お誘いあわせの上、お越しください。
 お待ちしております。

◆大藏基誠がご案内する親子で楽しむ伝統芸能「狂言でわっはっは」◆
○日時:平成24年8月26日(日)
    開場 13:30/開演 14:00
○会場:青葉の森公園芸術文化ホール
    千葉市中央区青葉町977-1
○料金:一般2,000円
    18歳以下1,500円
    ※未就学児のご入場はご遠慮ください。
○プログラム:【第一部】ワークショップ
            (出演者による解説)
       【第二部】公演
            (「附子」、「盆山」)
○問合せ:青葉の森公園芸術文化ホール
     千葉市中央区青葉町977-1(月曜休館 9:00-17:00)
     TEL) 043-266-3511

★公式Facebookでもイベント情報掲載しております、ご覧ください★
 

終演後は

 投稿者:六狂連OG  投稿日:2009年 6月18日(木)21時30分57秒
  そろそろ蝉会の掲示を「終了しました」とかしてもいいのでは?  

「狂言」&「コンメディア・デッラルテ」他/世田谷パブリックシアター 上演作品レクチャー2009

 投稿者:世田谷パブリックシアター 学芸メール  投稿日:2009年 6月15日(月)15時51分47秒
編集済
  こんにちは、世田谷パブリックシアターです。
この6月から8月にかけて世田谷パブリックシアターが上演する主催公演5作品を、
さまざまな角度から幅広くお楽しみいただくためのレクチャーをご用意しました。

その中から特にこちらのBBSにご参加している皆さまに
ご興味のありそうなレクチャーがありましたので、突然ながらお知らせさせていただきます。


◇7月1日(水)19:00 「アルレッキーノって、誰?」
講師:田之倉 稔(演劇評論家)

◇7月2日(木)19:00 「太郎冠者って、誰?-狂言の物まね」
講師:小田 幸子(能狂言研究家)

日伊伝統喜劇の競演となる『狂言劇場 その六』では
能狂言研究家の小田幸子さんに、狂言の人物造形と演技の型についてお話しいただき、
ミラノ・ピッコロ座『アルレッキーノ――二人の主人を一度にもつと』では
演劇評論家の田之倉稔さんにイタリア即興仮面喜劇(コンメディア・デッラルテ)の
起源とその影響についてお話しいただきます。

連続で開催する2つのレクチャーを通して、「狂言」と「コンメディア・デッラルテ」の
共通点と相違点を生み出しているものを浮かび上がらせます。


ご興味のある講座がありましたら、ホームページから詳細などをご確認のうえ
申込フォームかお電話にてお申し込みくださいませ。
(レクチャーのみでもお申し込みいただけます)

どうぞよろしくお願いいたします。


■―上演作品レクチャー2009 Jun-Aug―■

【料金】1回1000円  【場所】世田谷文化生活情報センター

⇒お問合せ:世田谷パブリックシアター学芸 03-5432-1526

◇そのほかのレクチャーはこちら

7月8日(水)19:00 「韓国の現代演劇とオ・テソク」
講師:大笹 吉雄(演劇評論家)
…韓国の伝統的な演劇手法を取り入れ、現代演劇の流れを変えたと言われるオ・テソク作・演出の『胎(て)~The Life Cord~』では、演劇評論家の大笹吉雄さんが、オ・テソクの戯曲、演出を出発点に韓国演劇の現在について解説します。

7月19日(日)19:00 「小泉八雲、異界への旅~『怪談』の背景を探る~」
講師:小泉 凡(島根県立大学短期大学部教授)
…小泉八雲の『怪談』を題材に創造する『奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話』。小泉八雲の曾孫で民俗学者の小泉凡さんが、八雲の思想と、伝説や民話を語りなおす「再話文学」という形式の二つの角度から『怪談』に切り込んでいきます。

8月23日(日)18:30 「オスカー・ワイルドの肖像―反逆者そして/または逸脱者」
講師:及川 和夫(早稲田大学教育学部教授)
…オスカー・ワイルド唯一の長編小説の舞台化となる『ドリアン・グレイの肖像』では、イギリス・アイルランド文学文化研究者の及川和夫さんが、ワイルドの作品世界を紐解きつつ、あまり語られることのないアングロ・アイリッシュとしてのワイルドと、その魅力に迫ります。
 

野村萬斎氏を招いて、『葵上』を上映!!

 投稿者:京都造形芸術大学 舞台芸術研究セメール  投稿日:2009年 5月22日(金)13時51分46秒
  公開講座 映像+トーク2009-2010 渡邊守章の仕事 「テクストと身体」
能ジャンクション『葵上』

■上映作品『葵上』解説
能ジャンクション『葵上』は、本行通りに演じられる能の『葵上』と円地文子訳『源氏物語』「葵の巻」のテクスト、湯浅譲二のミュージック・コンクレート(『葵上』の謡と囃子を電子音でアレンジした楽曲)の出会いによって生み出された作品で、野村武司(現在の萬斎)の<時分の花>の美しさが大評判となりました。レオタードに緋色の長襦袢をまとった野村武司(萬斎)に、泥眼の面をつけ唐織の装束を身に纏った観世榮夫演じるシテ(六条御息所の怨霊)が、闇から現れ取り憑く。青年は「葵の巻」を抑揚のないモノトーンな口調で語り始め、怨念がその肌に官能の匂いとして散りばめられていく・・・。

■ゲスト:野村萬斎(狂言師、世田谷パブリックシアター芸術監督)
 聞き手:渡邊守章(演出家、京都造形芸術大学舞台芸術研究センター所長)
■日時 : 5月30日(土)17:00開演(『葵上』上映時間:1時間5分)
■会場:京都造形芸術大学(人間館)B1F 映像ホール ■参加費 : 無料
■ 定員 :80名  ※要事前予約
■ お問い合わせ・お申込み  京都芸術劇場チケットセンター
京都市左京区北白川瓜生山2-116 TEL 075-791-8240(平日10~17時)
 

蝉の会演目(順番は暫定)

 投稿者:chidori  投稿日:2009年 5月 4日(月)02時05分23秒
  早稲田の現役です。質問書き込みがあったので答えます。

演目順は変更の可能性もありますが、現時点で出る演目は以下のものでほぼ決定です。ご参照ください。

《第一部》
小舞 海道下り
舟ふな(茶/2)
仏師(早/2)
附子(東女/3)

《第二部》
竹生島参り(東女/2)
因幡堂(茶/2)
茶壺(共/3)


《第三部》
小舞・景清(早)
鐘の音(茶/2)
成上り(成/3)
文荷(TW/3)
 

蝉の会

 投稿者:早稲田OB  投稿日:2009年 4月24日(金)22時00分45秒
  番組はまだですかー?  

レンタル掲示板
/6