teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


ランボのトラクターも欲しい

 投稿者:えりあん  投稿日:2018年 4月26日(木)00時43分39秒
  >ゴメどんさん
日本のプラモメーカーはあまり働く自動車が出ていないのが残念でなりません。
1/35や1/32だと少しはありますがやはり1/24で欲しい所です。
その点レベルはトラクターから消防車まで色々発売されていてありがたいです。
しかもこのトラクター新製品というのが素晴らしいと思います。
このポルシェのトラクターの事はよく知りませんでしたが有名な車種だったんですね。
箱の写真を見た時、あまりの格好良さに久しぶりに衝動買いしてしまいました。

>模型電動士さん
柏崎にはこれは間に合わないと思いますが、昨年作った奴は持っていくと思いますので存分に遊んでやってくださいませ。
そういえば二次創作で思い出しましたが、以前某模型店で働いていた時にHJ誌にお店の広告のイラストを描いていたんですが、ある時HJ誌のイラストコーナーにそのキャラ(女の子)のイラストを描いてきた人がいてびっくりした記憶があります。
ちょっとした事ですがやはり嬉しいものですね。

ジオラマの方は階段を作ってみました。
これで二階部分も出来るので面白さ倍増!苦労も倍増ですw

http://elian.cocolog-nifty.com/

 
 

ご存じないかもしれないけど

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年 4月25日(水)22時06分5秒
編集済
  >ゴメどんさん
プラモがなくて自分で作ってみたいメカとなると、子供の頃のマンガに出てきたものになります。少年サンデーが創刊されたのは1959年で私が5歳の時だったんですが、創刊と同時に連載された藤子不二雄の「海の王子」が読みたかったものの、毎週30円出すなんてとても無理でした。
そのマンガのメインメカ「はやぶさ号」は憧れでしたねえ。

藤子不二雄は小学〇年生に「ロケットけんちゃん」を描いていましたが、こっちは毎月購読していたので、主人公が乗るロケット(二代目)は当時粘土で作ったりしていました。

両方ともマイナーすぎて知っている人は少ないと思うけど。

どちらも今ならそれなりに再現できると思いますが・・・まあやらないだろうけど。

>えりあんさん
今回はタミヤとオオタキの作り比べでしたが、タミヤの方がはるかに良くできてはいるものの、並べるとオオタキの方がしっくりくる。タミヤの形は何となくわざとらしく感じるんです。

フリースペース、いいですねえ。自分の作った模型をここに置いて、誰でも撮影できるようにするとか。ライティングも準備してあれば最高ですね。私もやりたいと思いながらなかなか時間がなくて。

「スターシステム」についてはウィキでも解説されてますが、手塚治虫先生がハム・エッグ、アセチレン・ランプ、ロック・ホーム、ヒゲオヤジなどのキャラを色々な作品に登場させるって仕組みは、えりあんさんも考えてみても面白いと思いますよ。
そのうちに人気キャラになって二次創作する人が出てきてりして・・・。
 

妖怪自動車・ジュニア 108

 投稿者:ゴメどん@ペペロンチーノが好き  投稿日:2018年 4月25日(水)18時48分55秒
  管理人様
>魔道カーをスクラッチしようとするなんて
ありがとうございます♪
実は数年前イマイ製・ゲゲゲの鬼太郎妖怪自動車プラモを作りまして、
そういえば悪魔くんにも車出ていたようなとウッスラした
記憶が残っていて いろいろ調べまくり作った次第です。
このアニメ版だと百目とコウモリ猫がお気に入りです。
>私にも色々あるもんね。
ぜひヒントだけでも(^^;)


えりあん様
トラクター良いですね!
トラクター国内からはミニカーが1/24で出ていますが、
キャビン付(屋根とドアで室内が覆われている)だけみたいなのでこのモデルは貴重ですね!

作品のトラクター見たことがあるなぁと思ったら
昨年のBSプレミア ルマン24hダイジェストで現地のポルシェ919のCMにも出ていました。
このレベル製トラクター、1950年代から1960年代の初めまでポルシェが生産していて  中でも有名な一台がジュニア 108で、単気筒ディーゼルエンジンで14馬力のパワーだったそうです。

 

次は…

 投稿者:えりあん  投稿日:2018年 4月25日(水)08時20分4秒
  >模型電動士さん
先日昔のホビージャパンを読み返していたら当時新製品だったシティターボⅡの4社(イマイ・アオシマ・アリイ・タミヤ)の作り比べが掲載されていて、こちらのHPを見ている人にはなんてタイムリーなんだろうと思ってしまいました。
現代ではモンキーが125ccになって復活するとか。
モトコンポも排気量アップで復活したら面白いんじゃないかな~と考えましたが、そうなると重くて車載するには厳しいですよね。
むしろ電動化してバッテリーを外してから載せれば少しは軽いのかな?

ジオラマは作り終えるとすぐに次のが作りたくなってしまうのが困ったものでして、今度はこんなのを作っています。
今度はフリースペース用の展示台で当初こちらを静岡用にと考えていた物です。
よくあるガレージ内のジオラマなのですが、今まで作ったことが無かったので一度はやってみたいと思っていまして挑戦してみる事にしました。
かなりごゴチャっとした感じにしたいので少々時間が掛かりそうな予感です。

「スターシステム」は初めて聞きましたが面白いですね!
繋がるようなシチュエーションのジオラマが出来れば考えてみたいと思います。

http://elian.cocolog-nifty.com/

 

いい感じ、出してますねえ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年 4月23日(月)23時07分27秒
編集済
  >えりあんさん
今ほどシティ2台の更新をしたのですが、ドライバーとモトコンポがまだ。モトコンポは貴重な頂き物なので少し手を入れてみたいのですが、そうなると静岡には間に合わない可能性大(フェラーリ275もあるし)。てなわけですごく焦ってます。

そちらは今回のジオラマでノルマ達成なんでしょうか。でもそんな雰囲気ではなさそうですが。
毎度思うのは、区切られたスペースの左右後方にも何かありそうって感じさせるレイアウトの妙。樹木があるおかげかもしれませんが、ただレイアウトしているんじゃなく、作品の中にストーリーを感じさせる、あるいは見る人の想像をかきたてるところがすごいです。

キャラクターの動物もえりあんさんの特徴ですが、こうなったら一人一人の性格とか経歴なども固めてしまって名前も付け、色んな作品に登場させる・・・いわゆる「スターシステム」みたいな扱いにすると面白いなあなんて勝手なことを思ったりして。

>ゴメどんさん
これは「悪魔くん」のアニメ版ってことですね。
今ちょうど「ゲゲゲの鬼太郎」の新作アニメがスタートして、グッドタイミングですね。「ゲゲゲの鬼太郎」の新作アニメは猫娘が可愛くなっちゃって、私的には「おいっ!」なんですが、「悪魔くん」のアニメ版も「鳥乙女ナスカ」が全然水木タッチじゃなかったなあと思いだしたりして・・・。
それにしても魔道カーをスクラッチしようとするなんて考える人はゴメどんさん以外誰もいないんじゃないかと思います。昔見た印象的なアニメのキャラクターメカを作りたくなる気持ち、すごくよくわかります。
私にも色々あるもんね。
 

1/24メフィスト・魔道カー

 投稿者:ゴメどん@ペペロンチーノが好き  投稿日:2018年 4月23日(月)18時31分5秒
  御久しぶりです~
暖かくなってきて 炬燵しまおうか迷っています。


'84テレ朝放映版「悪魔くん」 からメフィストが駆る魔道カーを
タイムボカンのメカブトン(バンプレスト・クレーンゲームの景品)
をベースにして1/24セミスクラッチしてみました。
タミヤのドライバーにエポパテでメフィストの頭部を、プラ板やジャンクパーツで
車体を作りました。

 

パンダの八百屋さん

 投稿者:えりあん  投稿日:2018年 4月22日(日)22時11分5秒
  そろそろホビーショーへ向けてラストスパートですね!
シティは好きな車だけに楽しみです。
そしてこちらもようやく静岡用のジオラマが完成しました。
最近流行っている”小熊のケーキ屋さん”にあやかってタイトルは”パンダの八百屋さん”です。
今回は一般の方も多い展示会という事で、いつもの動物シリーズにして仕上げました。
トラクターはレベルの新製品、牽引しているトレーラーはエブロのシトロエンHバンの運転席をカットした物を改造して使用しています。
木は今年の大雪で折れてしまった自宅の梅の木にドライフラワーを使って枝付けしました。
野菜はFIMOというカラー粘土を使いましたが、色を塗らなくていいので楽チンでした。
その他もろもろ小物はスクラッチです。
今回は久々にやり切った感があって満足できる作品になりました。
何とかGWの青物釣りのシーズンまでに完成して良かったです(^^:)

http://elian.cocolog-nifty.com/

 

ご指摘、ありがとうございます

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年 4月17日(火)21時52分30秒
  >天邪鬼さん

シルバーはあらゆる色の中で一番難しいんじゃないかと思ってます。
自分の作例の中にシルバーが少ないのも、本能的に苦手意識を持っているからかもしれません。

今回は模型的に派手に見せたくてあえて粒子の粗い塗料を選んだ面もありますが、下地がいつもほどきちんとできていなかったせいもあって磨き傷がうっすら見えているところなどが気になっていますし、クリアーがちょっと欠けていたりする部分もあって、全体に今一つの感触。

またご指摘のように塗り方もベストじゃなかったかもしれませんね。

今回はそんな結果ですが、苦手は克服しなければ面白くない。また次の機会には色々試しながらより良い仕上げを目指そうと思います。ありがとうございました。
 

シルバー塗装?

 投稿者:天邪鬼  投稿日:2018年 4月17日(火)18時19分42秒
  ブルドックの記事で

>全体的に今一つ仕上がりが悪いように感じるのはなぜなんだろう。

シルバーの肌ではないでしょうか。
メタリックの目(粒子)が目立ち過ぎのように感じます。
ムラを消そうとガンを離しドライ気味で何回も塗っていくと粒子がお団子状に積もって盛り上がり
「仁丹肌」になっているのだと思います。
シンナー希釈が少ない場合もだめです。

シルバーは大き目の口径のガンで適正にシンナー希釈された塗料でウエット気味に吹くと上手くいきます。
シンナーが蒸発して自然とムラが消えるのが上手い塗り込みです。

フレーク塗装表現でない限り1/24でメタリックの目が見えるのは少しおかしいかなと思います。
思うに1/24ではグレーが少し反射するくらいになるのが正解だと。





 

ですよねー

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年 4月11日(水)22時57分13秒
編集済
  一枚目はクリヤマさんの写真でしたか。私もニチモのエレキギターバンドはクリヤマさんで見ていて、「おや、若喜・昭和館にも同じのあるんだ」って勘違いしちゃった。
よく見ればクリヤマさんのショーウインドウだ。
また、昨日貼ってもらった写真では、何と言っても「キングシャーク」と「キングモグラス」にぴくっと来ます。
子供の頃、高くて買えなかった記憶があるんで・・・。

そう言えば最近、こんなのを発見しました。
海底軍艦で神宮司大佐の娘の神宮司真琴を演じた藤山陽子さんの「生写真」です。
僕のものじゃないんですけど・・。
 

補足

 投稿者:謎だ!OHara  投稿日:2018年 4月11日(水)07時06分44秒
  先の投稿の一枚目の画像は、クリヤマモケイのウインドーです。あのコーナーは良いですね。
昭和館から追加で2枚、定番の懐かしいところ。
撮り鉄は、鉄道模型趣味の延長です。プラモデルは、ちょっと息抜きで軽くです。
それでは、静岡ホビーショーで、すれ違ったたら?よろしく

 

いや、新潟に来られていたとは

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年 4月10日(火)22時40分28秒
  >謎だ!OHaraさん
ずいぶんお久しぶりです。 謎だ!OHaraさんは撮り鉄だったんですか。多趣味ですねえ。
クリヤマ模型さんのところには作品ができると毎回置かせてもらっていて、次のものができると入れ替えてもらってます。大体2~3か月毎って感じですね。

「若喜・昭和館」は知らなかったなあ。喜多方はまあ近いし何度か行ったことはあるけど、何だ、坂内食堂本店の近くじゃないですか。
またラーメンでも食べに行くついでに寄ってみたいです。
それにしてもこれらのプラモ、子供の頃には模型屋で普通に見ていたものが多いけど、当然全部は買えなかったわけで、今見るとみんな欲しくなっちゃいますね。特にニチモのエレキギターバンドが懐かしいです。
タミヤの戦車のリモコンも昔よく遊んだし・・。あれからもう50年か。
 

クリヤマモケイへ行きました。

 投稿者:謎だ!OHara  投稿日:2018年 4月10日(火)10時00分54秒
  ご無沙汰しております。先週末に撮り鉄(SLばんえつ物語)しに新潟を訪れました。 クリヤマモケイへ立ち寄り、モケデンさんの作品を拝見してきました。 静岡ホビーショーで「伝説の・・」他でも生で拝見してますけど、あまりクルマは興味の範囲外なので細かいところはわかりませんが(^^; 帰りは福島会津経由で喜多方の「若喜・昭和館」へ寄って帰りました。この二階の展示は、懐かしいプラモが沢山あって良かったです。特にタミヤの動く戦車のパッケージ多数で(笑)   

うわっ、すみません

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年 3月23日(金)19時33分0秒
編集済
  こちらのレスと投稿の時間が近かったせいか、昨日は気づきませんでした。

>まさちんさん
いらっしゃいませ。私は時々フィギュアや小物を車に添えて作ることがありますが、今回はホンダシティですし、モトコンポは必須。
幸いストックを送ってくださる方がいてありがたかったです。
教えていただいたアオシマのモトコンポコレクション、これは分解できるんですね。
実は私もいただいたキットでそうしようかなと考えてみたんですが、これが出るなら無理しなくてもいいなと思いました。良かった。

7月発売なのでまだ待たなければなりませんが、出たらきっと買うと思いますよ。
情報、ありがとうございました。
 

こんな感じでパーツが入っているんですよ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年 3月22日(木)21時56分41秒
  >THさん
これはもちろんラジカセで、キットにこんな風にパーツが入っているんです。他にテニスラケットも入っています。
リアのハッチが開くキットですから、こういうおまけパーツを積んで楽しめるようになっているんでしょう。
でもパーツは本体部分だけ。アンテナやハンドルはないので自作しました。
また、カラーリングが知りたくてヤフオクに出ているラジカセをほぼ全て確認したんですが、これと同じ形状の本物は見つからなかった。だから塗り分けは適当にそれっぽくやります。
できるならこのラジカセを肩に担いでいるフィギュアもやりたいんですが、時間との戦いになってきました。

>高松のFさん
「オートモデラーの集いin四国」、楽しくなりそうですね。私も地図を見ながら四国に行くならどんな交通手段がいいだろうなんて考えるんですが、車だと結構しんどい。行くなら電車かな、そうなると持って行ける数もこのくらいかな・・・なんてイメージするのも楽しいです。
いつかは必ず伺いたいと思います。

へぇ~、そんな仕事をされていたんですか。私も会社で広告宣伝の担当でしたので、その世界には若干足を突っ込んでいました。

私の中では下の三つの映画がセットになっています。

・柳生一族の陰謀 1978年1月
「烏丸少将文麿」をやった成田三樹夫さんのキャラはドラゴンボールのフリーザの原型。宇宙からのメッセージのロクセイアもその延長。

・宇宙からのメッセージ 1978年4月
音楽を担当した森岡賢一郎さんは、ウィキによれば
"「君といつまでも」「恋のしずく」「ブルー・シャトウ」「今日でお別れ」で日本レコード大賞編曲賞を受賞"
てな感じで、作曲者と言うより編曲者(アレンジャー)。だから宇宙からのメッセージもそんな感じなのかな

・里美八犬伝 1983年12月
宇宙からのメッセージも基本ストーリーは里美八犬伝。そう意味でこっちも兄弟作品。監督も同じ。で、映画としては大成功してめでたしめでたし。

宇宙からのメッセージはスターウオーズの便乗作品であることは間違いないでしょうが、それまで時代劇や仁侠映画を作っていた東映がSF映画を作るとああなっちゃうんだな・・・でも仕方ないよなと感じさせてくれます。
と言いながら、あの映画、ものすごく好きなんですね。







 

はじめまして

 投稿者:まさちんメール  投稿日:2018年 3月22日(木)21時50分28秒
  はじめましてこんばんは。模型電動士様がシティのキットを製作されており、モトコンポの1/24をお探しになってたようですが、どうやらアオシマからガチャガチャで発売されるそうです。
ソースです。https://twitter.com/toymininews/status/9767900
34522058752
 

宇宙からのメッセージ

 投稿者:高松のF  投稿日:2018年 3月22日(木)01時38分8秒
  ご無沙汰してます。
意外な映画の話題だったので寄り道してしまいました。

実はこの映画の音楽の録音に参加してました(笑)
東京にいた30歳までは音楽屋やってましてこの映画の録音も参加してました。
テーマもそうですがいろんな映画音楽のパクりみたいな音楽が多く練習時点から複雑な気分での録音だったことを懐かしく思い出しました。
スターウオーズ万歳の映画でしたねw
うちにはこれのサントラレコードまだ大事に保管してます。
これ書き終わったら引っ張り出して聴きたいと思います(笑)

「オートモデラーの集いin四国」もあと10日になりました。
時期が来ましたらぜひご参加ください。楽しみにしています。
 

ラジカセですね?

 投稿者:TH  投稿日:2018年 3月21日(水)23時13分7秒
  これ大きさはどのくらいなんでしょうか。
エポパテで作った様に見えますが。・・・
私が学生の頃は、カーステなんて一般的では無かったのでドライブする時、ラジカセと予備の乾電池が必需品でした。そんな事を思い出して見てました。
取っ手とアンテナが動くんですね。何処に使うのでしょう?

http://motor.geocities.jp/ykknq001/index.html

 

なかなか進んでおりませんが・・・

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年 3月19日(月)23時13分30秒
編集済
  長男の卒業・就職に伴う引っ越し手続き等諸々が忙しく、なかなか模型をいじれない日が続いています。
とりあえず、空いた時間にこんなことやってます。
 

今日の小ネタ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2018年 3月11日(日)21時59分24秒
編集済
  奥さん「今テレビで佐渡裕指揮のコンサートのコマーシャルが流れてたんだけど、バックに流れている曲、聞いたことがあるのよね」
私 「あ、これ、ショスタコの5番でしょ。結構有名」

https://www.youtube.com/watch?v=d_ZLitfxmqA&list=RDd_ZLitfxmqA#t=27

奥さん「そうそう、これなんだけど、なんで私、この曲聞いたことあるような気がするのかな」
私 「もしかしたらこのせいじゃない?」

https://www.youtube.com/watch?v=_O7mOl5KkEw

奥さん「そうそう、これよ! 前に見た時真田広之がルークっぽくて、志穂美悦子がレイアっぽくて、千葉真一が出ていて、成田三樹夫がダース・ベイダーっぽいんだけど、何でこんなに情けないの? って思ったわ。だからこの曲、聞いたことあるような気がしたのね。でもこれってパクリじゃないの?」
私 「作曲者もショスタコの5番のアレンジだって公言してるみたいだし、パクリとは言えないと思う。まあ時間のない中でそれっぽい曲を準備しなければならなかったらしいから、一から書き起こす余裕はなかったのかもね」
奥さん「佐渡裕のコンサートのチケット、取って」
私 「へ? 高いよ。それに五月だと静岡ホビーショーとかち合わないかな・・・あ、大丈夫。じゃあ取るよ」
奥さん「うん。ショスタコービッチ、全部聞いてみたい」
と言うわけで、チケット押さえました。大散財。

お暇な方は、リンク先の二つの音楽の差をご堪能ください。 いわゆる’完全に一致’。
 

レンタル掲示板
/115