teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


少し形ができてきた

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 4月17日(月)23時00分39秒
  >あいばーんさん
フジミの1/12 GR-Rのヘッドライトは、とても変なんですよね。完成するとあんまり気にならない感じにまとまってしまうかもしれませんが、ここはこのままではちょっと・・・というわけで、「サフ⇔整え」の繰り返しをやっています。

BIGWIG、懐かしいですね。違いがわかる由良拓也氏のデザインで、タミヤの1/10オフロードカーの歴史の中では、ホットショットシリーズの集大成ってイメージを持っています。
当時レース場で何台も見ましたよ。
あいばーんさんもBIGWIGには特別な思いがあるようですね。工作が進むのを楽しみに見ています。
 
 

おお??

 投稿者:あいばーん  投稿日:2017年 4月17日(月)20時08分29秒
  模型電動士さま、ありがとうございます(´▽`)

早速ですが、ヘッドライト形状の修正とは恐れ入りました<(_ _)>
私も1/12 ノーマルGT-Rを作った時にどうしても納得いかない部分がここだったのです。
確かに実車はプロジェクターなれども、ここの造形はタミヤの1/24の方が適切じゃないかあああ!と思ってもみたものです。

そんなこんなで過去の製作をも反省をして現在に反映させる・・・奥深いですね~(汗)
私も今のBIGWIGですが、かの人との約束もありますから期待を裏切らないよう製作していく次第です!

ジャンルは違えど電動士さまにはこの思い伝わると幸いです。

http://blog.livedoor.jp/galiant736-mini4wd/

 

いらっしゃいませ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 4月16日(日)20時46分41秒
  >あいばーんさん
書き込み、ありがとうございます。私も毎回新しいキットにかかる度に「今度はさらっと気軽に作って・・・」と思いながら、毎回どこかで引っかかり、つい手の込んだ工作にはまり込んでしまいます。
自分の中にそのキットが完成した時の合格水準があって、それに達しない部分があるとものすごく気になるんですね(内装や足回りにはあまり気が回らないのですが)。

で、そういうところで苦労していると、ここを見てくれている人も一緒に楽しんでくれているようです。模型作りのモチベーションの多くは閲覧者の反応ですので、もしサイトをやらずに自分一人で作っていたら、もっとあっさりした工作をしているんじゃないかと思います。

私はミニ四駆はやらなかったのですが、ラジコンは長く楽しんでいて、その当時プラモは滅多に作らなかった。趣味ですから今やりたいことをやればいいと思いますよ。

また、模型趣味は一生技量が上がり続けるんじゃないかと思います。今やっているGT-Rも、20年以上前に作ったものは、もうどうにもならないくらいへたくそで、ということは20年で自分の技量は確実に上がったんだなと言えるわけで。

先はまだまだ長い。一緒に模型道を探求していきましょう。

(写真は最新状況です)
 

すみません・・・

 投稿者:あいばーん  投稿日:2017年 4月16日(日)09時39分13秒
  過去に・・・との記載が抜けていました。
申し訳ありません<(_ _)>

http://blog.livedoor.jp/galiant736-mini4wd/

 

お初にお目にかかります

 投稿者:あいばーん  投稿日:2017年 4月16日(日)09時33分55秒
  模型電動士さま、初めまして。
毎回HPを楽しく拝見させて頂いています<(_ _)>
1/12のGT-Rを製作されていて、私も同じフジミのノーマルGT-Rを作ったので共感がこの書き込みに走らせたんじゃないかと思ってます。

まじまじと電動士さまの製作を拝見していると、私もプラモデル好きでありながらこんなにクオリティ高くは完成させてなかったな・・・と反省の念があると共に、今になってミニ四駆にハマってしまい、その完成度をどう追及するのか?を課題としています。

HPの配信を楽しみにしていると共に、私もちまちまと模型道を究めていきたいと思っています。

http://blog.livedoor.jp/galiant736-mini4wd/

 

もちろんですとも

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 4月13日(木)23時12分45秒
編集済
  鶴亀さん、お久しぶりです。もちろん覚えていますとも。
こうやってやり取りするのは10年ちょっとぶりくらいでしょうか。
あの頃は私もまだこの世界に入ってから何年も経っていなくて、当時仲良くしてくださった人は皆恩人だと思っています。

でも鶴亀さんはあれから自転車の方が趣味の中心になってしまったようで、模型はあんまりかなーと思っていたら、久しぶりに鶴亀さんのブログを見たら、自転車はもちろんのこと、模型も精力的にやっていて嬉しくなりました。

私もいくつか趣味や興味はありますが、やはり一番は模型だし、外に発信できるネタはこれしかないので、今もこれからも模型中心に活動する予定。またもう2年ほどで会社勤めも終わるので、その後は静岡だけでなく全国の展示会に顔を出したり、ネットで知り合った日本中のモデラーさんのところを訪ね歩くのも楽しいんじゃないかと思っています。

お顔をさらしていただいたので私もサービス。先月地元のテレビで紹介された時のカットです。ちょっと恥ずかしいけどご覧ください。

「勉強させてください」などと謙遜を・・・。サニトラもそうですし、その前に作ったマクラーレンM23なども、ものすごく手が込んでいて(パイピングやニップルとか色々)、かえってこちらが勉強させてもらうくらいです。
これからも末永く宜しくお願いしますね。
 

ご無沙汰しております。

 投稿者:鶴亀  投稿日:2017年 4月13日(木)17時05分57秒
  岡山県の鶴亀こと小林と申します。
覚えていらっしゃいますか?今日、FacebookでモケデンさんのHPリンクを拝見し、思わず書き込みしました。
ボクは相変わらずダラダラと模型を作っています。
最近ではサニトラを7台作りました。昨年4台今年3台です。
モケデンさんは相変わらずクォリティが高いですね。流石です!
また色々と勉強させて下さい。
 

お久しぶりです

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 3月20日(月)00時27分39秒
  >nanapapaさん
こちらもブログに足跡は残さなくても、定期的に覗きに行っておりますよ。
私も仕上げは結構気にする方かもしれませんが、nanapapaさんのディテールへのこだわりは尋常じゃなくて、工作過程を見ていると「命削ってるなあ」と感じるほどです。
その分、完成までの時間は長くなってしまいますが、今回のコルベットも本当に素晴らしい仕上がりですねえ。

nanapapaさんの場合はサークルの他の方の作品にも素晴らしいものが多くて、特にスジ彫りの精緻さなどはサークル全体で刺激しあって切磋琢磨しているんじゃないかと思います。

静岡は、私たちの方が先に別のかたまりの中に動いちゃいましたが、あっちの方が出入りも楽だし風通しも良くて快適だと思います。あと二ヶ月切ってしまい、私もできる限り今の1/12を進めて持って行きたいと思います。よろしくお願いします。

>ゴメどん@春巻きが好きさん
R33はR32以降の歴史の中では「失敗作」みたいな扱いになってる面もありますが、私は少なくともスタイルではR34より好きです。

水性塗料の上に油性を使うとはなかなかチャレンジングですねえ。でも常識を破るところに発見もある。
いい色、出てると思いますよ。
 

ご無沙汰しております

 投稿者:nanapapa  投稿日:2017年 3月19日(日)17時22分2秒
  nanapapaでございます。
いつもリードオンリーで,勉強だけはさせていただいております。<(_ _)>

コルベット コンバーティブル アリイ 1/24 は,
今さらお恥ずかしいので,こんな画像で...(^^
ウインドシールド,灯火レンズ類,エンブレムなどを自作し,
スジ彫りを究極(当社比/笑)まで細くしてみました。

静岡ホビーショーまでホント2か月を切りましたね。がんばらねば。
今年はブースがだいぶ移動して,お近くになるようです。
その節はどうぞよろしくお願いします。

http://nanapapamodelcars.blog.fc2.com/

 

ニッサンGT-R R33

 投稿者:ゴメどん@春巻きが好き  投稿日:2017年 3月19日(日)13時43分19秒
  タミヤ製1/24ニッサンGT-R R33とりあえず完成しました~
パッと見はすごく地味に見えますが、
ヨーロッパではゴジラと呼ばれたパワフルなスポーツカーです。
水性シルバー吹いてから油性のクリアーパープルを数回吹いてみました。
水性のクリアーパープルって無いんですね(^^;)


CSのナショジオのイギリスの番組「カーSOS」で父親の形見で動かなくなった R33を蘇らすという感動的番組がありました。
個人的には前勤めていた会社に乗っていた同僚がいました。結婚を機に下取りに出してしまいましたけれど。

R33関連で見つけました♪
R33って太っているかなぁ?
http://jidoshafan.com/skyline-gtr-r33.html


 

興味津々なのは嬉しいです

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 3月 5日(日)19時17分9秒
  >THさん
最近は工作ページに全部カウンタを入れているので、どんな工作が見ている人に興味を持たれているかがある程度わかるのですが、この1/12のGT-Rは前回のイオタほどは回っていない感じ。

おそらく1/12などはやる人が少なくて参考になる部分が少ないんだと思います。しかも最近1/24を三台もやっているから、今回は流石にあきれる人も多いんだろうと覚悟。

でもTHさんのように興味津々と言われると、何かホッとします。

今回はボディー修正が肝ですけど、エンジンはそれなりにいじります。でもフェアレディのようには凝らないつもり。体が持ちませんし。

海外キットは当たりはずれも大きいと思うけど、自動車文化が日本よりはるかに長いので、模型にするときのアプローチの仕方が日本のキットと違うのが面白いですよね。
こういうところにこだわるのかと、驚いたり感心する場合も多いです。
「何か雰囲気が良い」この作品も確かにそれを感じます。
 

究極のR32 GT-R

 投稿者:TH  投稿日:2017年 3月 5日(日)16時32分55秒
  電動士さんが作る究極のR32 見ている方は興味深々で非常に楽しみなんですが、そういった期待を一身に集めて製作するのはプレッシャーでしょうね。エンジンルームの表現についてはフェアレディと並んで非常に楽しみです。フェアレディでは全て機械式でしたが、R32の時代は結構コンピュータ制御ですからワイヤーハーネスの表現が大変かなと想像します。

私の方はこんなものを作っていました。
ドイツレベル製でして、部品の精度もイマイチでさらに部品の変形も結構あって苦労しましたが、完成品を眺めていると何か雰囲気が良いんですよね。日本製では感じない不思議な魅力があります。

http://motor.geocities.jp/ykknq001/index.html

 

結構見ている人がいるなあ

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 3月 5日(日)14時09分40秒
編集済
  録画設定だけして、放送時間帯はちょうど行きつけの床屋にいたんですが、そこで生鑑賞。

家に戻ったら奥さんが誰かと電話中。
「どうやら気づかれなかったな」
と安心していたら、実は友人からの
「旦那さん、今テレビに出てるわよ」
の電話で急いでテレビをつけてバッチリ見られてしまっていた。
その後友人と長電話している途中に私が帰宅って顛末。

あの放送の中には
「家族からさめた目で見られながらも・・・」
という表現があるんですが、もちろんそれは「脚色」なんですけど、奥さんはそこを特に気にしていなかった、と言うかその友人と久しぶりに電話ができて上機嫌だったのでホッとしました。

工房は最初は自宅まで来て取材したいとの話だったんですが、さすがにそれは断り、こっちで撮影した画像を提供してあります。

あー、今奥さんが録画再生している!

静岡まであと二ヶ月、とにかく手を動かさないと進みません。がんばろー。
 

私も見ましたw

 投稿者:yaszo  投稿日:2017年 3月 5日(日)13時02分26秒
  お久しぶりです(^^;
私も昼飯食いながらボーッとTV見てたらなんと!
いやぁ、びっくりしましたw 工房も撮影されてたようでけっこうきっちり放送されてましたね。
最近はいろいろあってぜんぜん活動してないですが、静岡まであと2ヶ月ちょっと、ネジ巻かなきゃなりません(^^;
 

げ、見たんですか

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 3月 5日(日)12時20分31秒
  家族にも誰にも話さず、こっそり録画設定だけはしていたんですが、回り回って奥さんにもばれるかもしれないなあ・・・。

お陰様で元気にしております。ラジコンは子供が生まれてから日曜日ごとにレース三昧ってわけにはいかず、もう十分楽しんだので今はすっぱりやめています。
その代償(?)で再開したプラモが今こんな感じです。

でも当時の仲間たちと、最近定期的に飲んだりしてます。

またいつでもここに遊びに来て下さい。

 

懐かしい姿を

 投稿者:sugiメール  投稿日:2017年 3月 5日(日)12時11分54秒
編集済
  新潟一番、今ほど拝見しましたよ

多分お会いしたのはラジコンやってた30年以上前ですが、会長のお変わりない姿を拝見しました
お元気そうで何よりです(^^)
 

おそらく何かやらかすことはないと思う

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 3月 4日(土)23時52分44秒
編集済
  >えりあんさん
相変わらず素晴らしいジオラマをやってますねえ。
そして毎回、レンガとか銅像とか新しいことに挑戦している。ジオラマは素材にしても技法にしても、表現手段が無限大ですから終わりがない。
いつかは・・・と言いながら、いつも単体で済ませている自分がちょっと恨めしい。

GT-R、特にR32は伝説的な名車ですけど、なかなか納得できる形状のキットがなくてすっきりしないままここまで来ましたが、そろそろ自分なりの結論を出さなくてはならないと思い、1/24三台のスタディを経て本番です。

前回が市販車タイプなので、今回もそうすると繰り返しになっちゃいますのでレーシングタイプで行こうと思います。やることは屋根の形状修正とエンジンルーム(キットは市販車そのままなので)に徹し、それ以外は目をつぶることになるでしょう。

共石のカラーリングはあんまり好きではないのですが、まあこれで行くでしょう。もしかしたらGR-Aにあこがれたおっさんが中古のレーサーを手に入れて・・・なんていう、どこかで一回聞いたことあるような無理筋にまとめるかも。

>ゴメどんさん
新潟は冬の間は当然のようにスタッドレスですが、いつノーマルに戻すかのタイミングが難しいです。新潟市内だったらもう降らない可能性もありますが、三月末でもたまに降る時があって。
でもずいぶん暖かくなってきたなと思います。

R33とポインター、どちらも大好きな車種です。
特にポインターは前から作りたいと思っているんだけど、これをやるのなら、絶対アンヌ隊員のフィギュアを添えなくてはならないと思ってるんで、そう考えると結構めんどくさい工作になりそうで逡巡してます。
 

少し寒さが緩んできました

 投稿者:ゴメどん@春巻きが好き  投稿日:2017年 3月 4日(土)15時31分28秒
  >真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!
自分はとりあえず46ってところですね。←乃木坂46もファンです♪
仕事4プライベート6~


R32、良いですね♪
R32が世に出たころ がんばって働いて
シルビアを購入して乗っていました。
まだ、アンチロックブレーキやエアバッグが出る前で前照灯が
プロジェクターヘッドライトのヤツです。


さて自分はタミヤの1/24R33キットが手に入ったので作ろうと思っています。
R32やR34がインパクト強すぎて、地味な印象ですが欧米では「ゴジラ」と呼ばれていたとか。



そしてオクで安価に出ていたので、何気にまた購入してしまいましたフジミ1/24ポインター。
このキットが出たのが10年ぐらい前ですが うれしかったのを覚えています。
それまでなかったですから1/24スケールモデルの劇中車って。
ウェリー製1/24VWタイプ2、メトロン星人の回に出ていました♪
ウルトラセブンはエクスプラス製です。
 

ジオラマ三昧

 投稿者:えりあん  投稿日:2017年 3月 4日(土)10時05分39秒
  毎度でございます。
珍しく三台同時製作なさっていたと思っていたら1/12への布石だったとは流石電動士さんですね~。
今回はキットのままレーシング仕様になるのか、それともオリジナルのカスタムバージョンになるのか、はたまた意表をついてノーマル仕様に変更!?
なんにせよ電動士さんこ事ですから何かやらかすのでしょうね。実に楽しみです。

こちらは昨年末からひたすらジオラマ作りをしておりました。
300SLの方は車より坂のあるジオラマを作ってみたいと思いこのような感じに。
灯台はLEDにて点滅する仕様になっております。
ただクリスマスツリー用の物の流用なので点滅頻度がかなり早いです(泣)

二つ目はまたもやミニですがカブリオレ仕様に軽く改造してみました。
こちらはゲームに出てくるネコのガレージキットを銅像にしたら面白いネタになるんじゃないかと考えこのようになりました。

どちらも新たなチャレンジをしていまして300SLの方はレンガの製作を、ミニの方は銅像風の塗装を試みてみました。
個人的にはほぼ思った通りに出来て満足しております。

次作のアイデアも出てきているのですがもう少しまとめないといけない段階ですね。
とりあえず百均でパーツになる部品を色々購入してコーヒーポットを作っていますがこれがどうなるのかはまだ内緒です(笑)

http://elian.cocolog-nifty.com/blog/

 

趣味はやらされてやっていることじゃないから、中途半端はいや

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 2月26日(日)00時51分57秒
  >RJさん
あの一文に反応してくださってありがとうございます。

毎回「頼まれもしないのに何でこんなに面倒なことやってるんだろう」なんて考えるんですが、趣味って仕事じゃないから、コストや時間を気にせず際限なく取り組めるわけで、それが上手くいった時はこの上なく楽しい。

気晴らしとか暇つぶしでやる趣味もありますけど、私にとって模型はそういうたぐいのものではないようです。

タモリさんの遊びについての名言で、
「真剣にやれよ!仕事じゃねぇんだぞ!」
がありますが、最近それに妙に共感している。

もちろん仕事だって真剣にやれば成果につながりますが、あれはあくまでも報酬とのバーター。だから一線を越えると過労死とかの問題になってしまう。
趣味で過労死した話を聞いたことないのは、趣味は自分でやりたくてやっているからなんでしょうね。

話が変な方向に行っちゃいましたが、まあ趣味ってそういうものじゃないかと。
 

レンタル掲示板
/106