teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


今回の不満足点は・・・

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 1月10日(火)22時00分11秒
編集済
  今回の目的は、1/12のフジミのGT-Rをそれほど遠くない将来に作ることを前提に、まず1/24でやってみて感触を掴むことだったんですが、残念ながら理想の形にはならなかったのが不満点の一つです。でもどこをどうすればいいかはなんとなく見えたので、次はもうちょっとましになるとは思いますが。

もう一つの不満点は、タミヤを間違ってグループA仕様にしてしまったことですね。実車の知識があやふやなのが自分でも悔しい。
でも1/12をやる時はエンジンのディテールアップもつきものでしょうから、全体を理解することができた。転んでも只では起きないぞと・・・。

デフォルメに関しては全くおっしゃる通りです。メーカーも何度もトライしては「本物っぽく見える」方向を見つけていったのではないかと。

JTCCももちろん魅力的ですが、私はその前のシルエットフォーミュラが年代的にストライクですねえ。スカイラインは1/24で作ったけど、ブルーバードやシルビアのキットもあるし。
いつでも作れると思っていると、なかなかその機会がないんですが。
 
 

3台連作お疲れ様でした。

 投稿者:TH  投稿日:2017年 1月10日(火)00時05分8秒
  電動士さんらしく、きっちりした出来上がりですね。あまり満足されていない様ですが、見ている方としてはタミヤとフジミの比較がとても興味深く見ていて楽しかったです。
模型のデザインって難しいですよね。実物の図面を持ってきて正確にスケールダウンしたとしてもその車らしく見えるかというと違うと思うし・・・絶妙なデフォルメがあって実車のイメージに近づくんじゃないかと考えます。だから各社で微妙に形が違うんでしょうね。

ところでグループA規定で行われていたJTCCの頃は実際に市販されている車を改造してレースしていたので、スカイラインとかスープラとかの種車の性格なんかがレース結果にも表れていて面白かった。
現在のスーパーGTではレースカーと車名は全く関係無いですからね。

http://motor.geocities.jp/ykknq001/index.html

 

ぬめっ!

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 1月 9日(月)22時28分17秒
  制作記を楽しんでいただいて、ありがとうございます。

8代目のR32型が1989年出た時、当時は角ばった車が主流だったせいか、妙にぬめっとした車が出たなあと驚いた覚えがあります。GT-Rも、そのボディーを使ってフェンダーがワイドになって、すごく存在感があった。
タミヤはその「ぬめっと感」をデフォルメしてうまく表現していると思うけど、ちょっとやりすぎたかなと思っているんですがどうでしょう。
逆にフジミやアオシマは、当時の普通の車のイメージが残っている印象でしょうか。
アオシマはアオシマなりの良さがあると思うので、また忘れた頃にやるかも・・・。

どんなキットも実車のイメージぴったりってのはなかなかないかなと思うのですが、このR32のGT-Rはあまりにも有名な車だから、ちょっとした違和感が気になってしまうのかもしれませんね。
 

(無題)

 投稿者:dotage-dog  投稿日:2017年 1月 9日(月)21時07分56秒
  完成おめでとうございます
同じ車種をメーカー違いで並べるだけでも、とても楽しそうですね。
模型電動士さんの中では、満足度が低いようですが、追いかけているこちら側は、相当、満足度が高い製作記で、大いに楽しませて頂きました。
自分の印象ですが、フジミは自社内で完結させていて、タミヤは平均を詰め込んで、本来の特徴を無くしているような?
そして、やはりアオシマが気になって来てます。
お時間があれば、ぜひ模型電動士さんに、挑戦して頂きたいなと(^^)
 

あー終わった終わった

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 1月 9日(月)00時39分23秒
編集済
  GT-Rが完成し、速攻で撮影とページ作成、アップロードを行いました。
今回の三台連作、疲れた割には今一つ満足感が得られなかったのが正直なところ。
何とも言えない敗北感を、どう説明すれば良いのだろう。

さて、ひと休みしたら今度はマルイのイオタの仕上げです。
 

確かに最近のキットはパーツが多く感じます

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 1月 3日(火)20時50分5秒
  あけましておめでとうございます。
カプセル怪獣は、怪獣ってくらいだから生物だとは思うんですが、ウインダムだけは外観からロボットって思っていた。機械生物ですか、なるほど・・・って結局どっちなんだ。

私も最近はパーツが多いと疲れるようになってきました。1/24くらいだったらサクサク終わらせたい。ちょっと前に作ったオオタキのパルサーが妙に楽しかったのは、パーツが少なかったせいもあるかも。

と言うわけで、今年も宜しくお願いいたします。
 

新しい年

 投稿者:ゴメどん@春巻きが好き  投稿日:2017年 1月 3日(火)15時23分51秒
編集済
  ブースカ 「あっニワトリだ バラサバラサ~
  みんなで新年の記念撮影!」
ウインダム 「ミミズク型ロボット(機械生物?)なんですが・・・(汗)」
ウインダム、ミミズクがモチーフなんですが動きとかが
ニワトリっぽいんですよね(^^;)


昨年最後に完成したプロター製1/24フェラーリ126C2
ジル・ビルヌーヴ仕様です。タミヤドライバーの流用です。
年齢的なものでしょうか このキットのように
パーツが少ないとうれしくて(^^;)
新年はこのキット↓↓↓に着手しました。


新年といえば東京オートサロン始まりますね~
http://www.tokyoautosalon.jp/2017/

今年もよろしくお願いいたします。

 

あけましておめでとうございます

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 1月 3日(火)11時20分16秒
  昨日はお寺への年始挨拶も済ませたし、今日は何もない一日です。

>THさん
このキットは待ち望んでいる人も多くて、メーカーの英断に拍手喝采の人もたくさんいたでしょうねえ。
プロポーションが良いのは良かったです。そこがダメだと直しようがないものね。
ではまた5月にお会いしましょう。

>ヒロシさん
写真を見た時、一瞬「?」となったけど、ニチモのセブンでしたか。
私にも思い出のプラモがたくさんあって、もう一回作りたいものもいくつかありますが、小学生の時はSFプラモが多かったせいか、ミドリとかヤマダとかが手に入ったら狂喜しちゃうでしょうねえ。

今度の大物は1/12マトラですか。これは楽しみ。
私も1/12の仕込みを少しずつ始めていますが、またまた改造を考えているので今からではおそらく5月には間に合わない。でも早いうちにちゃんと作ってヒロシさんにもお見せしますね。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:TH  投稿日:2017年 1月 3日(火)00時36分52秒
  昨年はホビーショーでセリカターボを見て頂き、お世話になりました。今年も何か見て頂ける様なものが出来ると良いなと思っております。
最新作は日産240RSです。アオシマBEEMAXはセリカの印象が良かったのでグループB好きの私としては
240RSは是非欲しい車種だったので発表後すぐ予約してました。ただ、このキット作るのに苦労します。出来上がればプロポーションとかは抜群なんですがね・・・

http://motor.geocities.jp/ykknq001/index.html

 

あけましておめでとうございます

 投稿者:ヒロシ  投稿日:2017年 1月 3日(火)00時21分27秒
  旧年中はお世話になりました。本年も宜しくお願い致します。

昨年最後の完成品は大晦日に完成したニチモのスーパーセブンです。
タミヤの934用コバルトグリーン缶スプレーの吹きっぱなしで、コンパウンドで磨いただけで仕上げましたが、これはこれで良いかな…と(笑)
ただデジカメでは微妙な色が再現できずちょっと残念です。

気楽に作った作品ですが、小学生の時に作ったことがある思い出のプラモなので感慨もひとしおでした。
それから新年早々ついにタミヤのマトラに着手しました。
静岡までに完成できればと思ってますが、どうなるか分りません(笑)


 

あけましておめでとうございます

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 1月 3日(火)00時16分1秒
編集済
  そもそもこのサイトを始めた目的は、ラジコンサイトを作って情報を集めるのが主な目的だったはずでした。でもおまけで書いたプラモの歴史に注目が集まり、しかも子供が小さくて休日ごとにラジコンレースで家を空けることが許されないなと思い、ラジコンの代りにプラモに戻って今に至るわけです。

そう考えると、このサイトの方向性を決めたのは、まだ小さかった長男ってことになります。そんな長男とも今一緒に酒飲んでるわけですから、月日の経つのは早いものだなあと思います。


「この世界の片隅に」はぜひ見ていただきたいと思いますが、後から原作を読んでみると、もしおまみさんが原作を読んでいなかったら、原作→映画の順に進むのがおすすめかなあと・・・。その方が両方の素晴らしさを堪能できるし、映画だけだとちょっとわかりにくいところもあるから。でも映画だけでも十分良い体験ができると思います。

「色々」は喜んでいただいて何よりです。そちらで話題にしていただけるようで、楽しみにしていますね。

では今年も宜しくお願いいたします。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:おまみ  投稿日:2017年 1月 2日(月)21時37分17秒
  かつて小さかったお子様達が正月に「帰ってきている」と聞くと、
サイト始められて随分経ったんだなあと思わずにいられません。
そういう僕のHNのネタ元の姪も去年から大学生なんで同じなんですけど…(苦笑)。

「この世界の片隅に」は、これまでは少し離れたシネコンまで
出向かないと観られなかったのでなかなか足が向きませんでしたが、
7日からは地元でも始まりますのでこれを機に行って来ようと思います。
観終わった後感化されて「ありゃあー(≧ワ≦)」が口癖になりそうで怖いです。

あと色々ありがとうございました。
それでは本年もよろしくお願いします。

http://www.h3.dion.ne.jp/~mokei/

 

GT-R三台は

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 1月 2日(月)17時03分45秒
編集済
  2016年中に完成させるつもりでしたが、年末年始は他のことばかりやっていて・・。
後はこのパーツをつけるくらいなんですけど。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:模型電動士  投稿日:2017年 1月 1日(日)21時42分24秒
  こちら、特に何も変わらないお正月です。
子供たちが帰って来ているので、特にこの春から就活を開始する長男とは仕事って何だろうと話すことが多いです。最後は彼が自分で決めることですけど。

さて、今年も宜しくお願いいたします。

>dotage-dogさん
去年はお会いできて嬉しかったです。あれは本当に素晴らしい作品でしたよ。私なんか最近は大きさでウケを狙っているところもあって、これでいいのかなと思う時もあります。
(と言いながら、次の1/12の準備を着々と進めているんですが)

今年も静岡には二日間参加する予定です。またお会いしましょう。

>SHUN1/24さん
dotage-dogさんもそうでしたが、 一瞬、なぜこの車種選択?と思いました。
酉年だからバードで揃えたんですね!

ツートンはもうノルマ達成ですし、三台進行中のGT-Rの一台もツートンと主張できなくもない。
もう少ししたらイオタの制作に戻るし、その後5月までどうしようかな・・・などと考えているお正月です。
 

あけましておめでとうございます

 投稿者:dotage-dog  投稿日:2017年 1月 1日(日)09時35分46秒
  旧年中は大変お世話になり、特に静岡では「モンキー」を見ていただけて
今年は、カーモデルとしては「stratos」がちょこちょことしか進まないと思います
が、腕磨きは怠らず
また模型電動士さんに見ていただけるような作品を作れるよう、精進します。
今年もどうぞ、宜しくお願い致します
 

明けましておめでとうございます

 投稿者:SHUN1/24メール  投稿日:2017年 1月 1日(日)06時44分12秒
  SHUN1/24です。

旧年中は大変お世話になりました。
本年も宜しくお願い致します。

今年のお題のツートンカラー車をアメ車で複数台同時進行ですが、元々のキットが問題だらけのものなので、工作進行は遅々としています。
 

映画三昧第二弾

 投稿者:模型電動士  投稿日:2016年12月30日(金)17時20分48秒
  今日はこちら。

じわじわ来る、心に残る映画でした。
 

子供たちが戻ってきたので

 投稿者:模型電動士  投稿日:2016年12月25日(日)22時13分3秒
編集済
  今日は長男の希望で「艦これ 劇場版」を見に行ってきました。

ちなみに奥さんも誘いましたが、「女の子が軍艦になって戦うやつでしょ? 私はパス」

艦これは子供がゲームをやっているのをチラチラ覗いている程度ですが、テレビアニメは全部見ています。

劇場版ですが、これはこれで「あり」だと思った。
実在の軍艦を擬人化することにはもともとかなり抵抗があったんですけど、映画版を見ながら
「ゲームやアニメをきっかけに、若い人たちが当時沈んだ多くの艦船のことに興味を持ったのならそれは良いことかもしれない。艦とともに死んだ人たちはきっと”忘れ去られたくない”と思っているだろうから」
なんて感じましたけど。
 

このキットは1974年くらいみたいですね

 投稿者:模型電動士  投稿日:2016年12月25日(日)21時59分0秒
  マルイって言えば、私にはもちろん一世を風靡したスーパーカーシリーズですが、そのブームは1970年代後半。
ちょっと調べたら、マルイはその前から結構こういう架空メカのキットを出しているんですね。
私はMACH5さんとやや世代が違うせいか、架空メカとなると1960年代のミドリ・イマイ・コグレあたりが印象深いです。

このキットが出ていた1970年代前半は、ちょうど大学生だったこともあり、プラモからちょっと離れていたこともあって、正直ってよくわかっていないんですが、調べてみたら結構たくさんのキットを出していたんですね。
このメカニックマシン4号、透明で中が見えるあたりはなかなか魅力的。それを大事に取っておいたなんて・・・。

昔作った懐かしいキット、今でも探せば手に入るんでしょうけど、とんでもなく高いものも多い。でもまた作ってみたいものも結構あります。
懐かしいお話をありがとうございました。

ちなみに写真は、私が小学二年の時にニチモのイ号潜水艦を作った記録。1961年のことです。そこから数年間が、私がSFメカやロボットプラモを作っていた期間ですね。
 

「日本 懐かしプラモデル 大全」

 投稿者:MACH5  投稿日:2016年12月25日(日)13時05分28秒
  失礼いたします。プラモマニアの方にお薦めの書籍の紹介です。
さきほど「日本 懐かしプラモデル 大全」というのを書店で発見。ビニ本で中身はチェックできませんでしたが購入しました。税別1300円。
なんと、「メカニックマシン」(マルイ製)が載っていました。実家に「メカニックマシン4号」を保管しているのですが、私が小3の時にサンタさんがプレゼントしてくれたモノです。
他のネタも懐かしさ一杯で大変満足でした。それでは失礼しました。
 

レンタル掲示板
/105