teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助 youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]


てなとこで2018年度版・推奨人名事典。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2018年 1月 1日(月)09時01分10秒
   ※この編はおまけよ。これ以上の只今執筆は勘弁してちょんまげ百個。

 ……さて、まずは二年前に敢えて最年少のホープとして、三浦瑠璃さんを挙げたものの。残念ながらこの暇に(´_`。)もう彼女は脱落しちゃったなあ(´_`。)。それなりに見栄えのいい美人さん?で、人柄も至ってよく、だかどうだかそんなこた知らんものの、どうやらマスゴミの毒牙にあああっさりやられちまい、けれど管理人の割りと早い三浦瑠璃推し自体は何も間違っていなかったのよ。ドラフト1位の選手がそれからさっぱり駄目になったのと似ている。
 二年前に三浦さんを推し、それからあれよでテレビに出ずっぱり、まさか元よりそんな全問題に完答するほどの天才ではなくてよろしいっ、のにあたかもそんな才媛ですー、で売り込まれおった。全く違う。惜しい。あんなになんでも芸能ゴシップねたまでほいほいお返事せんでいいんだってばさ。
 けどな。同じ-あるいは似た羽目に陥り、折角の美点がスポイルされてしまった人なら、やっぱりそう珍しくないので、管理人がイラク戦争当時にいちおしした天木さんのレバノン報告は、今でも素晴らしいものと確信しているにせよ、そこでお馴染み左派論壇やらに取り込まれてもう十年、ますますおかしくなって目を覆う有り様のあげく、今はもう当時の期待などどこにもない。原発の小出さんもそうなの。彼が原発の危険を永年の研究を経て世間に訴えた価値は極めて高い、としてもそれにまつわる政治能力云々まで期待してはいかんのに、それを相互にやらかしちゃった。
 けれどご自分が好きでテレビに出たいなら、それでどう人気にでもなってくださればいいやろ。本人のテリトリーでもっともっと研鑽して、を放棄してもご自由に。

 ☆従ってそこらはもういいとして、管理人は9条を一度も無価値・無意味と揶揄したことはない。んが、だからとそれに又も極端な原理主義信奉を捧げてはだめなのよ。そもそも“戦争はだめ”=国際法として実は世界大半の国々が承諾しているんだし。……てなニュアンスを我邦にあるあるの左派憲法学者・あるいは数ではそれより劣勢な改憲論の右派憲法学者、とは異なるベース=上記の“国際法”基礎目線で冷静にこの問題を説く人に山元一(はじめ)さんがいる。彼によれば今の日本主流憲法解釈は“グロテスク(注・管理人の発言ではないよ)”となるらしいが、それはともかく、“集団-個別自衛権”とは何かを、左右の立ち位置論争と異なる世界鳥瞰の客観性から読み解こうとする試みを推奨。次点、ではなく論法としてはとても鋭く頼もしいものの、その左右論争に深入りしすぎに就き、それがちとここでの紹介に不向きかもな、の人ながら篠田英朗さんも推しておきたい。
 ☆中国関連もあれだけの大国に加え、近年の拡張(軍事も経済もだ)ぶりから論者も無数に上るものの、そんな中で毛沢東-国共内戦の中国から、現在の中国共産党まで通観し、おまけにこれらの時期に大陸で滅多にないひどい目にも遭いながら、その貴重な経験を基礎に“現代中国の成立~明日”までを網羅して我々に教える人は遠藤誉さんを措いてまずいないだろう。
 ☆二年前に欧州-ドイツ事情の観察報告者として最適ゆえ挙げた川口マーン恵美さんに続き、今度は北欧ノルウェー事情の今を伝えるに最適な人として鐙麻樹さんを推しておく。川口さんも今のトレンドらしく、どちらかといわず右派論壇に受け入れられる論調自体は事実だが、鐙さんにはそうしたトーンがないのですねー。より平易に左右中道の別なく、客観的に北欧の人のいい点・そんなでもない点を知るに格好の材料を多数、伝えてくれます。
☆今回の韓国系いちおしは、若年ながらこんなに客観的でハングル・バイアスが皆無、我々に馴染みやすい思考を何故得たのかな? ほど練れている崔碩栄さん。それがいい人であるかだめな人であるかを問わず、韓国特有の社会観から世界標準の現代的思考に通じがたい自体、やはり海外からは必ずしもどうと言いうるものではないその懸念がないのですね。この客観思考の目線で、韓国に住んでいなければ見えない情報を数多く教えてくれる貴重な人(注・今は日本にいる時間が多いらしい)。
☆今回の前記に僅かながら健康関連への言及もあったが、今日は却って情報氾濫に過ぎ、一体どれが正しいか検証の暇さえ我々には難しい。けれどそのわかりにくい諸般に就いて、可能な限りの客観情報-エビデンスを伝えている人に松永和紀さんがいる。というよりも松永さんが代表の

http://www.foocom.net

FOOCOM.NET

ここを是非一瞥いただきたい。ここでも無知ならば一見はそれらしい偽情報にころころ騙されたあげく飛びついてそれきり、食べても無害な場合も多数ながら、何故この食べ物の健康情報が間違いであるか、エビデンスを詳しく提供してくれるサイトの最高峰だろう。余談ながら、この件でも左翼~リベラルはおかしなスピリチュアル思考に憑依され、松永さんの説くエビデンスと正反対の厄介な立ち位置に居座る場合が少なくない。くれぐれも左派さんそろそろ自重あれを促す意味で推奨に加えました。
☆以前、わしのところにもイラク戦争の混乱などで、知らない内に【9.11テロ陰謀論】なる訳わからんメールが舞い込んだ日もあった。みた途端、こんなに荒唐無稽なお話があるけえwww・なーにがペンタゴンの穴かよと一笑にて無視したものの、いつの間にかそれが拡大していたらしいのよ。生憎それは今回報告したとおり、管理人のドメスチック混乱期だったゆえ経緯を追えなかったものの、この変な陰謀論がどれだけでたらめな代物かを説いた論客代表に菊池誠さんがいて、この件に関してもその総合的批判に

http://skepticswiki-jp.org/wiki.cgi?page=%A3%B9%A3%B1%A3%B1%B1%A2%CB%C5%CF%C0

 911陰謀論

 まずこれを見て頂きたい。そう、遺憾ながらここでも左翼-左派さんのゴーマン極まりない“自分たちが思い込めば”ありえないもの-ここでは物理学に反するとも“ある”と信じ込んでしまう彼等の危うさがとことん痛感されるだろう。ついでか否か、彼と管理人の原発に対するスタンスもよく似ており、けれどとてもじゃないがわしの知識ではこちらに敵さないなあ、も含めての推奨。

2018年度版人名事典一覧

・山元一・篠田秀朗(憲法関連)
・遠藤誉(中国関連)
・鐙麻樹(欧州関連)
・崔碩栄(韓国関連)
・松永和紀(健康関連)
・菊池誠(911テロ&原発関連)

 今年はこんなとこかな。おかげで大晦日から元日に、こーんな誰もみていない掲示板相手に過ごす羽目とはwww。やっぱり人類未踏のばかだね。
 
 

2018年度版アメリカ及び世界情勢俯瞰。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2018年 1月 1日(月)08時04分56秒
   さて、オバマに代わる大統領として、トランプなんて床屋政談爺さんは候補にさえお話にならん、と管理人は数年前に明言した。今もその見解を撤回していない。けれどまさかやら、そのトランプが大統領になっちゃった只今ながら、だからとそれ自体を悔やむ立場では更にないのよ。
 何故って結論から申し上げ、あんな爺ちゃんをアメリカ国民とその国家選挙システムが選んだ以上、外国人にすぎぬ管理人はその選択を尊重するだけ。
 然るにあまり意味のない仕事ながら、何故ヒラリーではなくトランプになったか後出しで挙げるなら、ひとつにヒラリーの健康状態が悪かったと思うのですねー。演説中に嘔吐? らしい映像・更にそうしたひとつの直後、車に乗り込む間際に明らかな病的卒倒の映像まで出回った。一方、トランプは先頃来日してゴルフに興じても、あの歳とは思えぬ見事なスイングを披露していただろ。そう、これを見てもし四年の任期にヒラリーが倒れるよりは、と思った人がいてもやむなし。
 もうひとつにここまでクリントン夫8年・オバマ8年、の間にやっとブッシュ子8年=ほぼ四半世紀で8年しか共和党政権がなく、もしここでまた敗れると稀な民主党政権長期寡占になるバランス感覚にて選んだ人もいたろう。
 更に日本でもタレント候補さんの強さたるや、説明を要さないに似て、トランプの知名度は我々が思っているより浸透している筈で、さっきもたまたまタイソンのKOシーン動画がレコメンドやらにあり、うっかり見たらコーナーポストのそこら中に“Trump Tower”やらのにぎにぎしいロゴがこれでもかで貼られており、そうしたアピールに弱い人も多かったと思いたい。
 んが、これらはこんなとこに裂いて語る話ではなく、管理人的に最もこれと思えたトランプ当選理由は↓。
 (ここで急いでトランプ政権やらがどうなっちゃうの? に言及すると、あんな床屋政談さんの介護を誰がやるのかに尽きているのよ。爺ちゃんが何か言った先に四囲のフォローでそれはだめだ、つわれて明日にはすぐそうか、じゃあ辞めるみたいなほのぼの展開になることを期待。いや、とっくにその流れだがw。念入りながらそんな共和党を選んだのは米国民さんだよー)
 ……そう、俗にポリコレ棒と言われる日本の、ではなくアメリカなりの“リベラル暴走”を肯んじえない人々の投票が、まさかのトランプ大統領を産んだのぢゃ。そしてこれは二年前に詳述した“難民大歓迎”のドイツ・リベラルの過誤にも共通している。おわかりか? 実は崩壊左翼~そして自由を旨とするリベラルに至る脈絡は、なんやかやと現在の世界混乱を助長させる役目になっちゃっており、今回の大統領でいえばリベラルの信条に於いて“メリー・クリスマスと言ってはいけない”=政教分離を徹底することが平和へのコンセンサスなんだと。一見、これだけを聴けばなんら過激ではなく穏健そのものに見えてしまうだろう。と・こ・ろ、が。その一方で今や全世界に増える一方のムスリム・ムスリマさんには、アメリカで働くにせよ彼等の祈祷を禁じてはいけないと←じゃあ一体、あんたらの背中を振り向いた途端、その言ってのけた“政教分離”とこれはどう整合するの? を誤摩化さず平等概念の許、平準化せずどうだろうか。そう、どこによらず今の左翼~レベラルはこうした理窟にならないお手軽ダブスタを場当たりに吐き散らし、けれどそこへのデリカシーがあまりにもないのぢゃ。わしならばメリクリも祈祷もOKとするだけ。無論、お仕事に差し支えるのはだめに過ぎん。もし宗教を政治利用する目的であればどちらも駄目。個々人の裡にある信条が日常に浸透し、それらの行いを咎める必要もないならそれこそが自由。ここらですよ。
 南北戦争関連でリー将軍が奴隷制度維持側についた=そんな奴の像は壊して当り前だー、だろうか。違う。当時は北軍の要人であれ奴隷を雇用していてもおかしくはない世相の中、更に戦争で問われた確執の全部が奴隷制度を巡ってのものでもない。産業化・欧州大陸との関係etcの多岐に及ぶ確執の渦中、リー将軍自体も果たして南北どちらに与するか、少しの違いで北軍の人だったかも知れぬ中間派にすぎん。
 いわんや将軍を郷土の誇りと思い、その人格に敬意を表するだけの穏当な市民は、何故に彼の像が破壊すらされなくてはならないか、理窟で納得しろとされても、だろ(この件は日本の多数論客さんが西郷さんもだったら倒されるんぢゃね? てな意見が多い)。
 即ちここらの左派暴走的なダブスタ三昧ゆえ、そんな社会は困ると今や少なくないプアホワイトさん・あるいは中間~富裕層米国民さんが抗議した票=ヒラリー落選を招いたのはあんたらリベラル暴走かも、に目配りせなあかんやろ。
 ここで再び欧州難民問題に振り返っても、ドイツで大歓迎をぶちまけた無責任リベラル、は、じゃあ一体バルカン諸国のシリア難民以下貧困層さんたちへの目線が、どこにあったろうか? 調べればすぐわかることだが、共産体制あるいは内戦などに疲弊した彼等バルカン-東欧諸国民は、依然として西欧主要国を遥かに見上げる低収入ぶりなのぢゃ。

http://www.afpbb.com/articles/-/3156803?cx_position=23

首相の給与倍増に市民激怒、政府庁舎にネクタイつるす コソボ
“ネクタイを掛けに訪れた退職者の男性(67)は、自身の月収がわずか75ユーロ(約1万円)だと述べ、ハラディナイ氏の行動を「道理に合っていない」と強く非難した。”


 翻ってあの困難を冒して辿りついたシリア難民さんに、だからとわしは何も言えん。ただ、彼等は今やスマホ(管理人はいつの骨董品だ? つー尚ガラケーw)を携え、ダマスカスにいて内戦がなければ引用コソボ庶民よりかなーり増しな暮らしをしていた人が少なくないんだよ。やはり蛇足やら、ほんとに困窮のシリア人はそもそも地元から出る余裕さえもありません。当地で配給の列に空腹を堪えて並ぶだけ
 そう、敢えて何度も何度も何度も告げなくてはならん事実として、一方的・ひとつの観点だけ、を見て飛びついたあげく歓迎だ像を倒せだとやらかすから、いつまで経ってもその行き過ぎ自体が、それもたかが隣に居る・住むちょっと立場の異なる人々の拭いがたい怨嗟を招く。こればかりは今の日本リベラル~そこらのサイレント・マジョリティが抱える構造となんら相違しないし。何故この最も簡単な“他者との関係性”に気がつかない? それを指摘されては居直り、すぐ右翼視して誤摩化したあげく、自分とその仲間だけ安寧確保とはなんだ? 最早我々は20世紀のまだ一方向メディアによる欠陥情報に頼らざる世界の住民ではない。敢えていつもの例にしたいが、1950年代にどこぞの教授さんが“北朝鮮は地上の楽園”と説き、庶民がそれを鵜呑みにしても責めるべきは教授にしかない。当時では図書館で調べてもそれ以上の情報に大衆は辿れなかったからね。けれど今や上記の話の全部に及び過言なく、双方向かつリアルタイムで多くの異なる立場の情報を我々は確認しうる。詰りリベラルさんやらはそこを怠けているのぢゃよ。
 ルペン女史がその右寄り反対典型で、リベラル官僚主義のEUに過度の敵意を持っている自体そのとおりだろう。ところが女史の基盤たるフランス北部の仏版ラスト(錆びた)ベルト地方で、女史はその貧困に苦しむ人々を思い切りの号泣で抱擁し、その限りでは偽りがないゆえあれだけの支持を得ている。
 究極にはリベラル-ルペンどちらも真理ではない。ただ唯一、そのどちらにも困っている人々がいるのを認めあうところにこそ、両者の融合がある
のぢゃ。再びしつこく言う。なんでそれがわからない?
 実際、これもイラク戦争当時、管理人は“ブッシュ=実態ネオコンの暴走では、南米諸国の政権がばたばたドミノで左派になっても当り前”と説いた。んが、それでいうなら今般はリベラル暴走時代になりかわり、その南米でアルゼンチンもブラジルもその左派がどんどん汚職やらで倒れているのも実は無関係ではない~ファベーラの驚くべき治安悪化をみたまえ。然しここで南米の話までは無理すぎゆえこの示唆のみに留めるが、我々は決してルペン娘(父はアウトw)、そしてオーストリアの青年新首相・クルツとその又も極右レッテルされとる連立自由党、あるいはこないだの独選挙で躍進した“AfD-ドイツのための選択肢”、などの人々をゆめ軽視してはいかん。ハンガリーのオルバンさんはだめだがwww、何故、イラクの無理な開戦があればその反動で左派伸張し、リベラルの勝手気ままな暴走があれば右派反動が生じるか~そこに偶然はない。左右の別なく、常に我々人類はその“行き過ぎ”を自ずと警戒する自律調整能力が備わっているのよ。健康であれば薬は要らん。そもそも大抵の薬には副作用があり、極力使用しない予防をしてこそより理想的ならば、これら左派・右派勃興それ自体を支持する必要も本来的になくてこそ、と結論するのが一番なのぢゃ。
 そう、極めて多くの点で斯く世界情勢を客観視すれば、イラク戦争=極右発想の暴走・それから15年ほどを経て、今度はリベラル暴走。故に南米の左派ドミノではなく欧州の右派伸張-躍進が生じてしまった。元より管理人はどちらのお考えを支持する立場では断じてない。どちらにどれだけの誤りがあり、逆に正解があるか、明くまでも調べて判断を下すところにしか、真の意味での“正義”などないだろ。
 実際、この間にどれだけの難民さんがあんたら無責任な21世紀版・地上の楽園=ドイツだよー、に惑わされたろうか。一体、彼等が何千人となく地中海に溺死した惨状を見ないのか? のみならずサハラ砂漠なる依然として人間に越えがたい過酷な地に埋もれ亡くなった方は? 更にリビア(は、只今マグレブ-来たアフリカ沿岸諸国で無二の混乱中ゆえ、ここを利して難民、そして彼等を食い物にする悪徳業者-ブローカーが集うのです)で彼等ありったけの財産を騙しとられたあげく、奴隷扱いになった人々は? おまけにやっと欧州大陸へ着き、無法トラックに載せられたあげく、荷室内で酸欠死した人々は? その歓迎のはて、メルケルさえギブアップし、結局は膨大な難民数制限をしなくちゃならなくなった上、ドイツ国内の右派もはや暴力込みの反動を根づかせてしまった悪夢=斯く中途半端な政策の責任を誰がとるのか。

※ふうー、後半になるほど誰しも、はしょりすぎぢゃね? 論調になってしまいましたが。↑これだけの多岐かつ掛け値なしに73億の“地球市民”=この星に済む者すべての事情を網羅なんてとても無理だよね。けれどそれをなるたけぱぱぱの鳥瞰にし、理解を促す年始特化の我が試み。そう、後はまさかここを見ている人がいたら、これを種本に無限で調べるこっちゃが、期待したら負けwwwで終わりそうな予感が。(°д°;)え、違うの(°д°;)。
 

2018年。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2018年 1月 1日(月)07時46分33秒
編集済
  ※これも毎度お馴染みの美人すぎる虚礼すぎる、あ・け・お・め。

 ……さて、実は足掛け何年だか数えていないまま、ずーっと管理人は365日24H労働(理想値)の積り、で過ごし今年はそれが365日12H実現くらいになっちゃっている底無しのおバカな渦中、じゃあなんでこんなもんまで大晦日~元日くそくらえで書き散らしているのか、本人の納得だから好きにさせて(^o^;)。
 けれどともかく二年ぶりにここを本腰行使する機会なら、とことん当時からのねたも継承するとして、一体この暇にもあの南沙諸島問題がどうなったかあんたたちは知ってるかや。意外や知っていたなら頼もしい上、それは失礼しましたと平身低頭だものの、まずそうではない又も左派論客某有名人さんの本件誤認がここでも確認され、その大意

“南沙問題では中国・ASEAN共に過剰な領土拡張など行われた証拠はありません”

 みたいなうそ論陣(とにかく“事実”を調べず、“自分の思い込み”に合わせるのが好き&特徴だから“お左翼様”と揶揄されちゃうのに)をぶちまけ、多数の良識ある無名さん諸兄に瞬く間の論破されながら、撤回する積りがないらしい(←似た光景は今やどこでも普通にみられるのぢゃ)。
 ……だがここでわしは待てよと。もしかしなくてもこのうそ論調は、わしがイラク戦争当時に左巻きの皆さん特化とかとも思わず、その南沙事情としてお報せしたそのものぢゃね? にとっとと悟ったのよ。そう、ここでも毎度の勝手に時代・世界をも自分の都合に合わせて切り貼りしちまう左派流儀の不出来が炸裂し、念のためだがそれは精々2000年代前半までの“事実”ではあった。当時まで中国といわず、地理的にそう関係ないのでわ? の台湾さえこの海域に領土を主張し、現にフィリピンなど周辺国も小規模ではあるがあちこちの岩礁~小島に施設を建築してはいた。念入りやらそこでもやや厳密にはやっぱり問題児=中国がお目立ちだったにせよ、当時の彼等軍拡は今に比べれば子供並だったのも事実さ。
 ところが。その15年前あたりから近年に至るまで、わし命名の“アジア的曖昧”~そこに領土問題があるともないとも棚上げとも言わん、西欧人からみれば背中がむずむずする如き“折合い”の典型だったここ・南沙のかかる微妙なバランスさえ、見事にぶちこわし剣呑な“進出”をやらかしたのが軍拡大シフトの中国に他ならず、だ・か・ら“南沙問題では中国・ASEAN共に過剰な領土拡張など行われた証拠はありません”~なんであんたは勝手に15年くらい前で時計をとめてるんだよ=左派典型のゴーマンかましてけれど私は善人です、ってな。
 本件の2017年現状たるや、15年ほど前まではそのとおりの曖昧政治均衡であったそれを、好きなだけ崩した中国だからこそまずい、から何故に目をそらす?
 二年前にもう九段線なんちゃらとぶちかまし、既に南沙へ勝手な軍事はおろか民間施設まで築いただけでも辺野古の環境がー、と比較にならん破壊者ぶり=それだけでも左翼さんは全力非難せなあかんのに、今や中国はその南沙へ

洋上原発建設するアルー


 まであのペース&実行力ではすぐ実現させてしまう明言の昨今とは。一体その近年経緯のどこが“南沙問題では中国・ASEAN共に過剰な領土拡張など行われた証拠はありません”にしか見えない? けれどそこまで眼識が狂っておかしいながら、それを指摘されても居直り見苦しい反論の積り……、もずーっと同じパターンでしかないゆえ、ますます嫌われても弁護の必要はない。
 更にこの並行、どれだけ不正確な事実検証しかしていなかったあの朝日新聞発-慰安婦問題第二波の積りなんだろな、で、ここに来て韓国は軍艦島にも誤りだらけの難癖をつけはじめ、ところが~慰安婦問題ではその朝日新聞のおかげ+時代はまだ昭和終盤-平成初期のメディア一方通行情報独占により、永年の禍根を罪なき日韓両国民に積み上がらせた痛恨だったものが、今やさっすが双方向革命のネット時代だよね↓。

https://www.gunkanjima-truth.com/l/ja_JP/

軍艦島の真実 -朝鮮人徴用工の検証

https://www.youtube.com/watch?v=WnshXParsTA

「誰が歴史を捏造しているのか」

https://www.youtube.com/watch?v=-H5ZpCch_7c

「誰が軍艦島の犠牲者なのか」

https://www.youtube.com/watch?v=LiFudDfxh_s

「誰が世界に誤解を広めたか」

※紹介サイトの動画だけで30本超に就き、管理人が適当と思われるものを選びました。あくまでも希望ながら、もし関心があればもっと見てあげて頂きたい。

 これを見れば有無なく又も韓国の主張=日本の左派定型の不健全極まりない鵜呑みがどれだけ事実と懸隔しているか、更にもし慰安婦さんの“証言”がー、といいうるなら何故、軍艦島元住民さんの朝鮮人(注・当時韓国って国はありません)とは“友達”にすぎなかったとの証言だけ無視されていいのか。時間は戻せないものの、その無理を承知で慰安婦だー、を朝日がやらかした頃、既にネット時代だったなら、日韓は今頃日台並の“仲良し”になれていたかも知れんのにい、級に悔しいんだよ。無論やら、これだけの明白な元島民さん証言および、この誤摩化しがなく率直なサイト-動画作成した人々に対しても、又ぞろ右翼がー、と言って退けてでも無理に勝ちたい(流石に)一部の左翼。幼稚すぎるぞ。
 そう、もはや老婆心級のおせっかいやら、この対軍艦島でもよーくわかるとおり、“片方の側”だけが並べたのみの資料は、断じてそれひとつで虚実を鵜呑みしてはいけません。それでは現代の法治-民主主義社会に於いて、“欠席裁判”を認める愚行になっちゃうだろ。それさえもわからんのか。

※中韓関連はとりまこれしきにして、次に行きますね。本気でやったらこの調子で何倍にもなる、そのセーブたらざるを得ないだろ。

http://

 

2017年末。2

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2017年12月31日(日)22時25分57秒
編集済
   斯くして我が直前掲投稿さえ、左翼-左派批判の徹底ぶりは明らかだが。何もひるんではいかん。そう、“戦後日本”にもし“亡霊”がいるとすればそれこそが彼等つーよりその残党なんだよ。ついでではなく極右さんはもうそこまでの勢いさえない消滅組だが。
 そこで例えばだ。かつて管理人は『ル・コミュニスト』なんて作品を皆さんの前に提出した。現時点でもかなーり大事なお話だが、創作者にもしその作品意図を自ら語らせたら、それは受け手の壊滅級大敗なんだよ。けれど初めてその禁をこれだけの歳月が経ったやむなしにて告げるなら、あれは左翼賛同ソングではない。但し各自の吐胸にあそこで表現された“世界”をどう受け止めるか、あるいは過去追慕・逆に“ばかだなあ、あんなのを信じるなんて”と捕える者、更に別の解釈をする者もいるだろう。でもそれでいいのぢゃ。見方によって無数の解釈が成り立つ、そのプリズムゆえ芸術は芸術たりうる。必ずしもひとつの正解などない。
 けれどやっとここ数年やらの論旨を踏まえ、『ル・コミュニスト』の内容に作者たるあのバカもんwwwを別にここで問うなら、“もし何かの間違いにせよ、あの思想を信じることにより矛盾から逃れようがなくなったなら、あそこまでとことん悩んでみろ”と。あるいはそうしたメッセージを作っている暇からあのバカもんwwwは曲に籠めたのかも知れぬ=従って作者は元々一度とて共産主義やらを信奉した試しはなくとも全く矛盾はない。尤もこの件は『ミッドナイト・ランブラー』=ミック・ジャガーじゃないよ、と消滅HPでも説明済みだけどその駄目押しにて、ますます当り前にモンキー・パンチ先生は大泥棒=ルパンではない。風俗嬢を映画などで演じたどこぞの女優さんはそんな仕事をした経験がなくてはいかんのか=ほんまに数例書いた途端、陳腐すぎてもうここまでとしか思えんが。
で、これも永らく明言のとおり、わしの私淑最大の坂口安吾に邂逅したのはミドルティーンの頃だったが、そこで未だに驚くべき彼の謦咳-発想に初めて触れ、途轍もない感銘を受けた渦中でも

 “当時隆盛な左翼文学に就ては、芸術的に極めて低俗なものであつたから全く魅力を覚えなかつた。もしあの当時左翼芸術に高度の芸術性があつたなら、私の今日もよほど違つたものになつてゐたと思ふ。” 処女作前後の思ひ出 坂口安吾より引用

 “又、いよいよ、日本も発狂しはじめたか、と思いますよ。一方にマルクスレーニン筋金入りの集団発狂あれば、一方に皇居前で拍手をうつ集団発狂あり、左右から集団発狂にはさまれては、もはや日本は助からないという感じであった。” 安吾の新日本地理 安吾・伊勢神宮にゆく 坂口安吾より引用
※注。旧仮名期・新仮名期の2作に就き、仮名遣いは上記で間違えありません。


 既にこんな感じ(改めてみるとウヨサヨどっちも嫌いまで明白な一致だが)。蛇足だが安吾の左翼批判は常に苛烈・冷淡そのものに徹底していたんだよね。また別にそれはよく知られたバクーニンのマルクス批判からも得ており、そしてそのアナーキズム思想を説いた勝田吉太郎(京大名誉教授)さんの言説にも学んだ立場として、やはり何も変わらない。その勝田さんにしてもあの吉田寮wやらで有名な学風ゆえ、左翼学生が“日の丸”=国旗をひきずりおろしに来てけしからんとの見解であるとおり、特に彼等が右翼の筈はなく常識的にみて行けば結局“左翼批判”者たらざるを得なくなってしまう、そこにも矛盾はない。
 のみならずここまで人気-民意を失い、それで寧ろ劣化して行く昨今の左翼-左派、そしてこれらと違って構わん筈のリベラル諸君も巻き込まれる形でおかしくなる一方にわしは最も痛切な遺憾を表明せざるを得ぬ。そう、暫く前であれば【左翼・左派・リベラル】はそれなりに弁別されていたものが、今やご本人たちの論調を聴く限り、いっしょくたの何が科学的やら、最もカルト宗教的で雰囲気・思い込み一点張りの論調に陥って目を覆う凋落ぶりなのよ。これは割りと最近の騒擾だが↓

https://www.amazon.co.jp/徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪-月刊Hanada双書-小川榮太郎/dp/486410574X

徹底検証「森友・加計事件」――朝日新聞による戦後最大級の報道犯罪 小川 榮太郎

 有無なくリンク先のレビューをみなされ。☆5つあるいは高評価組の論陣に深く頷く一方、あちゃー、で☆1つ=小川さん批判-朝日新聞擁護側のでたらめぶりたるや。然しますます驚くべきことに、どうやらこうした論理能力のなさゆえ、一体朝日新聞のなにがどう批判されているのか、ほんまにわからないままなんだねー、てな人たちしかもう左派陣営にはいなくなっちゃった。そもそもここで朝日新聞の在り方を批判している人々の誰が“右翼”だろうか。寧ろ彼等こそが本来のリベラルだよね。クリック確認で済む件ながら、敢えて現時点で350人からの支持を得ているレビューさんより引用すれば

 “「言論の自由」が大切なのは言うまでもありません。しかし、朝日新聞の記事の事実に反した誹謗・中傷による名誉毀損(きそん)の程度はあまりにひどく、 言論の自由の限度を超えています。建設的な言論空間を維持・発展させていくためにも、こうしたやり方は許されるべきではありません。”

 ごらんのとおり。更におわかりか? 既に半世紀前で停止した発想にあぐらをかき、メディアなる大きな“既得権益”の側に立つもののバックボーン役になっちゃってるのが左派論陣。何しろあげくに↑この本が気にいらーんっ、のざまで朝日新聞は訴訟まで起こしてるなんて、言論社会の敵すぎるわな。

 既にここ数年の管理人説明を理解しているならば、あちこちで既述同然みたいな念入りだが、現時点でとっくに崩壊理論・やっと喩えるなら冷戦崩壊頃のチャウシェスクやラーコシやホーネッカーだろwww、状態の日本左派が甚だしく誤認している最も大きな理由を説くなら、“左翼が大失敗した筈のそこから学ばなくてはいけない平等社会を選択した方が、今の政権より良い社会になる”唖然の思い込みにほぼ総て発しているのよ。他方、大半のバイアスなきそこらの人は、冷戦崩壊=ソ連がうまく行かなかった明解な事実も知っていれば、ミンチン党も派手さなら同じくらいの崩壊に至り、そんな発想に逆戻りしてどうその“良い社会”になるか、決してわかりはしないそれにしがみついているのぢゃ。
 一体、誰がより不平等な社会・人権が軽視された社会を望むだろうか。そんな人は珍しい。けれど極めて明白にそこの根幹でも左派が思い込む社会は大間違いなのよ(ここで“?”の人はとっとと前記までを数年は遡行してから出直してちょんまげな)。差別される側に立つ、といいながらそれを利して大衆多数へのマウンティングを狙う。被差別者さん・多数派さんのどちら自体にも罪はない。されどそれを胡乱な政治利用している者は誰だ?
 斯くして実は半世紀前、もう共産主義がうまく行かないことも確定していた。その東側崩壊でそれは明白になった。けれど以降、より穏当な革新的社会……、を目指すべく発足した民主党~ミンチン党にも、“そこまでの発展段階より良い社会”を実現する能力はなかったのぢゃよ。従ってでは次にその“良い社会”を実現するためのビジョンは? こそ、どうやら現政権やらに“人間じゃなーいっ(←山口とかいう変な先生にあやかりますたw)”とさえ思い込み譲らないのも構いやせんが、だったら我々にわかりよくそのあんたらが掲げる“より良い社会”のビジョンを徹底してアピールせなあかんやろ。けど何しろそれがないwww。実は民主党やらが人気の頃、それらしいガソリンがー・林業がーetcはあったんだが、繰り返しにしかすぎんそんなこたここの合間の寝言で、“じゃあ財源どうすんだよwww”てな問い掛けに答えられずしてそれきりの無責任ぶりたるや。
 斯くしてもし自らに明確な“明日へのビジョン”があり、その実現にたる能力もあれば、今よりもっともっと現政権批判やらをやらかしてもいいだろう。んが。

☆政権批判は好きにしてもいいが、アベノセイダーズにはなるな。

 ってこっちゃよ。尤もイラク戦争当時からコイズミガーさんが実在したものの、あんまり相手にしなかったなあ。けど前掲の朝日新聞モリカケ問題やらが金太郎飴の典型であるとおり、うっかり批判でだめだだめだとやらかしたあげく、交代した輩がもっとだめ(=それを民主党でうんざり見たのにい)ではどないもならんのや。ところが見ているといつまでもずーっとそのレベルから抜け出す見込みがない。だ・か・ら、いつまで経っても多数派呼応の民意は産まれない。そしてそのビジョン創造をやらない分、どころか全部の知恵をアベガー・アベの賛成に反対が正義だー、に費やしているざまをどれだけ多くの良識派サイレント・マジョリティが嫌悪しているか。のみならず

☆他人には好きなだけ厳しいが自分には大甘。

 おかげでこんな人士ばかりが左派陣営に残ってしまう惨状。それはもうレンホーやら山尾(パコリーヌとかいわれてるw)やら某新聞の望月(IS子とかいわれてるw)やらをみて、多くが真っ先にそのとおりの人物と呆れるとも、本人たち及びやっぱりそのお仲間だけでそれを正当化~黙過しているんだよ。敢えて山尾さんやらの話をするなら、別議員の不倫はいけまーせんっ、とあれだけお馴染みの断定で騒いだあげく、自分もほぼ同じざまなのに、そうなると自分だけは許してしまう。こうした不誠実すぎる在り方を我々はみているのさ。
 そう、こうしたあまりにもお気軽なダブスタぶりしか無くなっている事態、と、それに気がつかない不誠実な人々の支持しか最早ないなら、この手合いはもっと一度は堕ちるべきって、これぞもろの『堕落論』だが。

※うむむー、こーんな誰もみる筈のないとこへ、ここまでのありえんガッツ。ばかだねー、のまま、けれど一回寝た年明けにまーだやっちいますー。

http://

 

2017年末。1

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2017年12月31日(日)22時11分50秒
   さて誰もみていないwwwこの年末年始しか投稿なし、おまけに管理人専用のぶざまな無縁仏状態さえ、それがどうしたでもう15年超もやっとる恒例のカレンダーがまた来たらしい。図太いのか黒歴史こそ我が人生なのか、そんなこた考えても仕方ねえがな。
 従って数ヶ月前の異例に、かつての“ふかたにまひかるHP”がプロバイダー=dionさんの都合で消滅する告知だけしてあっても、それさえ誰も見なかったろうねえ、の配慮にてここにその事実を再掲。詳細はめんどうくさかろうが下にスクロールすれば当該投稿がめっかるやろ。
 で、同じく万人に関心などありゃせん管理人の近年動静も最初にやつけとくなら、いやー、特にここ数年どうやら右肩あがり・尻上がりぢゃね? にやっと我が画策した新たな試みが自分で驚きの大成功を収める予兆で満ち、そしてそれが今年こそブレイクしちゃったなあ、のままこの大晦日お迎えなのよ。
 昔の失敗ってなんだったんだろうな、を無論熟慮せざるを得ぬほど十数年前まではにゃんをやってもくそビンボwww・それでもえいえい頑張るほど更に大赤字www・遭う奴みんなと差し違えwwwの惨状しか数えようがなく、おまけにやっと告げていいその後-ここも徹底沈黙するしかなくなったそうだなあ、05~09くらいまではな、何しろドメスチックな事情でその経緯は四囲の実在さん多数に迷惑が及ぶねたに就き、全く公表しようがないどたばたに巻き込まれ、この管理人名義の活動などとてもやっておれん窮状に陥ってはいたのぢゃ。但しそれはもう覚悟を決めてお馴染み常に独力・誰も頼らず乗り切ればなんてことはないんだぞ、のみで一点突破したんだが。
 ……そしてそこらの身動きがとれぬ環境渦中とて、寧ろ地道にここまでを考え直し、もう一度ベンキョーしなおさなくては駄目だのまた新たな覚悟が加わった。
 そう、先に記したここ数年開花の成功やらは、こんな十数年の走馬灯こそ礎石に構築されたものなのぢゃ。一体そこまでの反省点とはなんだろうか? 他人がどーたらではなく、明くまでも管理人個別のアプリオリにさえ及ぶ事情として、どうやらこの人間は生来他人と折り合えず、彼等をあてにしたから駄目だったんだなあ、てな結論がここで出た。だったら先ずそこを是正しろ。別にこの在り方が善ではない。けれど悪でもない。でも事実に於いて他人をあてにせず、自力-自己責任でやった部分が多いほど“うまく行った”割合いが大きくなる、それだけが過去を閲してますます明らかになる一方でね。
 以前この掲示板に関与してくれた人は誰も関係ない(←(°д°;)ほんとか、おい(°д°;))にせよ、自分の内部でこれだー、の完成度を確信した多数の仕事さえ、どうせいつかはその他人やらと接点を結ぶしかなくなり、けれどそこから常にずーっとわし特有の“失敗”が積み重なり、あるいはこれも前記のドメスチック事情期間にて、そこらの冷却期間になってくれたのかも知れぬ。そう、従って以降はどうすれば他人と接点がなく、あくまでも徹底した自己責任=自分の判断や能力が正しいなら勝ち・逆なら負けの世界とは何かをひたすら追求しておった。
 他人のせいにはしない。そもそも他人が存在しなくてもいい仕事。そしてその新たな目標に於いて追求-実践の更に何年となく築きあげた今、やっとその全部が自己責任の世界で“思ったとおり”の結果が出た。のみならず寧ろここが新たな起点にすぎず、以後はますますこの確信した新世界で誰がどうした・あいつがどうだ無縁絶縁にして突き進む実に潔い覚悟横溢。
 あらら、果たしてこんなチラ裏wwwを、たとえ一回限定にせよここまであけすけにぶちまけていいのかよゴラ、のみ懸念されるものの、既に誰も読んでいない見込みだからそこは気楽にやらせて貰うだけ。

 一方、にも係らずこいつは一切の社会的責任から逃れ、自分さえ良ければいい人間になりはてたのかよ、見下げ果てた奴だね、と思われる方が73億人であれそれも関係ないので、けれど実はこれと並行して、管理人はやっぱりこの十年超ますます地道に生活困窮者さんたちの面倒を自分が出来る範囲で努めており、この間に一体何度お役所はおろか、どうやらこいつ貧困ビジネスの典型ぢゃね? みたいなあほちん相手にガチの喧嘩腰さえやらかして、まーそこで同じくそうした人たちとも関係がない支援の在り方をそれなりに完成させていたりします。ただ余談やらつごう十数名のそうした人たちを看る暫く、もう3人がお亡くなりになり、唖然の報告としていいだろうが、管理人はその惨状に至る寸前でもう2人のいわゆる人命救助さえ果たせたんだが(最新の1名はなんと二ヶ月前救済)。うち無念の一人に至り、もしもう半日かそこら発見が早かったら助かったのにー、ほど切迫していたのよ。
 然るにこれがここ数年、ここへ明言している経済原則の徹底学習と無関係どころか、こうした人たちの命を繋ぐにせよ、崩壊ミンチン党以下がやらかす分配社会観はお話にならず、それよりも彼等に限らず必ずしも豊かではなくなった層に至るまで、日本の特殊な左派提言とほぼ正反対にもっと経済成長、そしてそれを背景にした技術=IoT・AIなどへの大規模投資をせなあかんなあ、の結論にも至ったのぢゃ。そう、間違いなく(日本の)左派-リベラルをも含む、は、度し難い誤解をこの世界に冒しており、もしたまたま告げた彼等困窮者を救いたいなら、一例、そのIoTを利した見守りシステムなどの普及・低廉化、そして元よりその開発にこそ原資を投じずどうだろうか。現時点の社会はまだ科学としても未熟そのものであり、一体いくつの例に於いて我々の健康を左右する食事-食べ物にさえ定見が固まらないか=ついこないだまでコレステロールを抑えるため、卵は一日1個以下に、が世界の医療エビデンスとして正解とされたあげく、なんのことはなくもうそれが撤回され、今では卵のコレステロールは普通に食べている限り問題がないつー論調ばかりになっちゃっただろ。割りと最近に亡くなったイタリア一番の高齢お婆ちゃんに至り、その卵を必ず毎日3個食べていた(°д°;)90年間(°д°;)らしい。同様にして著名な投資家バフェット爺ちゃんにせよ、やはり若年からずーっとマクドとコーラ三昧で他の食べ物を出されても拒否する有り様だが、80代半ばの高齢にして数時間の総会質問を難無くこなす健康ぶり。
 おわかりだろうか? そうした例を列挙しているだけで物凄い字数になるゆえ敢えてここまでだが、我々の世界は医学~経済に至るまで、まだまだ未熟で不完全な我々人間自身が運営して行かねばならないもの、つー認識でなくなんだろうね。
 ところが特に(日本のw)ガラパゴス左派たるや、“今在る現状の社会”=まだ不完全な社会の枠内で、何故ナマポ(生活保護)費をさげるんだー、権利だからもっとよこせー、てな不満しか述べない。けどな。それで全くうまく行かずごらんの有無なき大崩壊をしちゃったのがミンチン党やらなのよ。数行前をもう忘れてるだろうから繰り返すが、管理人は彼等困窮者の命そのものにも相対していながら、けれど彼等左派は学ぶほどますます大間違いとしか言わん。
 北欧~オランダ型の福祉社会にしろ、だから税率をもっと高くしろ、が叶う社会とはな。仮にルクセンブルグを見給え。斯の国がどれだけ“経済成長”を忘れた日本の四半世紀の合間に成長したろうか。同じことが北欧諸国にも言える。物価や文化まで含め、簡単直接にこう遠隔な諸国を比較しようがないにせよ、仮にこうした(模範の?)国々で皆さんの賃金が月30~40万円に相当したとしよう。そしてそこから税率がほぼ5割であるなら、個々の手許に20万円相当が残り、福祉や教育に国家もひとりあたり20万円が使える。そう、だからこそ北欧がー、とモデルにしたがるそちらの社会では、あまり不満がなくても不思議はない。
 一方、我邦たるやもう経済成長なんて無理だから皆さんから少しずつでもお金を頂きナマポさん他の困っている人にも分配しましょう、てなレベルで多くの左派論客が留まっているゆえ、常にここで“行き詰まり・崩壊”してしまうのぢゃ。ぶっちゃけ今やまともなフルタイム労働をしてさえ、職場によっては15万円さえ稼げず、その上で少し増しでも20万円、更に30万円ともなれば、お、稼いでるねー、だろ。けれどそれだと皆さんの手許にはちょっと税・社保を取られたら10万円、しか残らない人がうんざりいる、のではなくもうそうなっちゃっている中から、まだナマポさんだけをみて減額はとんでもなーい、と喚くほどその10万円も残るやらのワープアさんが反発してあったりまえだぜwww、さえ頑迷に認めようとはせん。そうでなくそこそこの企業につとめ、半分とられても15万円は残るからー、ってな。そこに奥さん(は今時パートさんだろうが)と子供がいたらどうだ。
 詰り結局、高齢化などの福祉-医療、そして保育園から大学までの無料低廉化、を誰もが否めない社会に日本もなりつつ、その原資をどう捻出するか、左派お仲間でそこを軽視して権利だー、だからお話にならんのよ。
 我々日本のみが経済成長はおろか、医療(物凄い右肩で国保が増えてるだろ。管理人がやっと最近稼げる様になったらもう年間60万だ70万だの唖然w)を始め社会保障関連の費用ばかり増えて賃金はこれもやっと最近やや増した程度なら、実質でわ右肩さがりなんて国は世界の椿事よ。従ってこの現状でもっと金よこせー、と喚いてるだけじゃだめなの。
 北欧の制度に学ぶ自体は構わん。けれどEU主要国も含め、彼等はその原資への手当ても間違えていない=バブル期から右肩下がりvsじわあげで賃金逆転、のそこをしっかり見なさい。何しろフランス人の働かんこと(一応は管理人の専攻関連だから知らない訳ないわな)つーたら、トイレや水道が壊れて頼もうがいつ来るんだよwww・日本で駅員-店員さんがスマホをいじってたら即通報で炎上させたるぞー、なのにフランスではそれしきを気にしてはいない緩い労働でも賃金逆転されちゃった。然しそのどちらが健全だろうか。緩く働いてもなんとかなり、金持ちとはいえんが我々みたいな文句たらたらではない社会。我々のガッコーやらでお母さんが手抜き弁当を持たせたからいじめられたんだよー、てな話は割りにあるあるだろうが、フランスでは何とポテチみたいなお菓子を売ってる袋のまま、これに日本のより旨い訳がないリンゴもまるごと持たせてもおかしいとは言われん。彼等が日本の学食に来て驚くのは、ここまでおいしいものが用意されてこの安値なんてー、らしい。そう、フランスに限らず実はドイツ(最近はいよいよ電車の運行さえ笑い話満載w)やイタリアなども適宜ゆるゆるにして、それでも賃金は我々より上がり続けなのよ(やや余談だがいわゆる3k仕事やら、のやっぱり安いなあ、を実は移民-難民さんにやらせているから、つー見方も忘れてはいかんがそこまでやると煩瑣だから省くだけ)。ところが日本の陥った陥穽たるや、たとえ低賃金のブラック小売りや外食でも客をなんだと思ってるー、ちゃんとやれー、じゃよ。
 そう、一言でいいあまりにも“ないものねだり”になり果て、仕事は完璧に・けど節約合理化して賃金(=結局料金w)は安く・おまけに社会保障も権利だから北欧並だぞー、の驚くべき息が詰まる社会にしちゃったのよ。
 もし賃金なんぞ上がらんでもいい社会なら、これ以上の分配社会要求はおやめなさい。何しろその桎梏に陥った大失敗社会こそが共産主義体制だと、これはこれでここ数年、ここでのメインひとつでこっぴどく批判している筈。以前、管理人はここ開設の15年やら前、“経済は朝三暮四だなー”と慨嘆しきりだった。と・こ・ろ、が。今の左派はどうこれを逃れるか、一度も疑った試しがない如くその朝三暮四頭で、貧しい側に寄越せー、ばかりまーだ無限にやっとる。違うだろ。その要求により何が生じるか。前記したのと全く同じだが、その寄越した分だけ真っ先に“中間層”がやられてしまう・しまった。そう、彼等こそこの社会の大多数派であり、その生活をも分配至上発想ではすりへってしまうのぢゃ。って、このデフレ四半世紀で彼等中間層=重要な消費者層の経済余力が減る~ものを作ってもだから売れなくなる。そんな蟻地獄そのものの役目を左派はやらかしおった。わしが説明しなくてもこんなのはデフレ・スパイラルの教科書1ページだがな。ついでじゃなく、だ・か・ら、福祉・権利を連呼し、それが問答無用の正義だー、をごり押ししたあげく、もうそのすり減ってしまった多数層=サイレント・マジョリティさんが、その高邁らしい“正義”を支え切れず、ある者は不満をSNSにぶちまけ、ある者はその要求ゆえ鬱々とした生存に悩まされる。そしてそこに目配りしようとせんから、ミンチン党およびその四分裂支持層こそ、彼等に疎ましがられているのに、それさえ気がつかんゴーマンぶりなんて、管理人の黒歴史弊掲示板より途轍もない無神経だわな。
 即ちぶっちゃけ、このデフレ四半世紀なる現代地球に稀な欠陥経済シフトの推進者だったミンチン党およびそのイデオローグどもが、今や国民の怨嗟を招き、管理人がここに語った明解な事実を理解しない不誠実極まりないお花畑さんばかりがやっと誤認すぎる支持に残っているだけ。実際、革命後のソ連経済発展は驚くべき進捗ではあった。生憎これに重なり第二次大戦があったゆえ難解になっちゃったものの、けれど戦後“そこがゴール”と誤認した東側社会はその経済発展を終えてしまったんだよ。再びおわかりか? そう、実は曖昧すぎるデータにせよ1950年代までは西側と角逐する経済成長追求社会、だった筈の東側がそこで歩みをとめた結果、如何なる忍受しがたき社会になりはてたろうか。現にそれからやはり四半世紀~そして30年を経て、あの壁、あのベルリンの壁がどう至ったのさ。

 バブル崩壊後の日本、なる地政学的に仕方のない点(=世界の東端)も多々ある我々の社会また、そうした発展を事実上に否んだ東側社会とよく似た陥穽に陥った。話はやや変わるのかな、ながら、あの戦局大扇動をやらかした当の朝日新聞が終戦直後に誰よりも早く正反対の左傾化を遂げたに似て、バブル期の我々たるや株価4万円をみて尚、野村証券さんがだったら株価は十万円になりまーすっ、とやらかしたあげく斯の第二の敗戦やらだろ。そう、実はいつもの話wwwだが、何故こう極端から極端にならなきゃ納得しないのか。元よりあんな戦争を起こしてはいかん。同様に脆弱な極東小島経済力の限度を知らずいきなり株価十万円と喚いてもいかん。……だがな。じゃあなんでその羹に懲りてなますを吹くのが駄目だー、を何度となく喰らったたかがこの百年を既に学ばず、現時点の現代社会では全くありえん四半世紀デフレ・スパイラル社会がおかしいとは思わんのか。この大局観ほどのスケールでもない物差しを、けれど今であれば全く理解していない左派知識人からマスゴミまでこそ、我々の悪人なのよ。試しに“サンモニ 老害”で検索してみなされ。あるいはそこでの著名人さんやらも、昭和の成長期と脳内はひとつも変わっていない(要するに勉強嫌い・していないw)んだろうが、当時はたとえ現実味のない放言で政府がー・国家がー、と喚いてお仲間カタルシスを得ても差したる実害はなかったのよ。でも今はこんな人たちのシルバー・デモクラシーこそ“守旧”そのもので、これを誤認してはいかん。そう、反体制だー、と喚きつつそれを唱えていた主力さんたちが、おしなべて実はその守旧派の古狸にそっくりなってるのぢゃ。

※てなとこで今回はやってみたらちょっと馬力の出た大晦日ゆえ、二年ぶりにまともな論考を続けてみますね。
 

ふかたにまひかるのHPが無くなるよー。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2017年 9月11日(月)17時54分29秒
   年末ではない超異例投稿の上、話は↑上の一言でもう終わりだが。
 DION=KDDIさんの都合にて、dion.ne.jp~従って“dion.ne.jp/~fqtn”とあるHPが2017年中にぜーんぶ無くなるとかなり前に連絡がありました。
 そのカウントダウン? までもう一ヶ月かそこららしいゆえ、やむなくこの件をここに報告せなあかんなー、めんどくさいなー、もうパスワードもIDも忘れちゃってるし、こんな手間さえあんな誰も見ていないHPに掛けていいのかよ、ゴラwww、が本音かジョークかわしにも全く不明ながら、まー事実は事実、一応は誰かがまさか“dion.ne.jp/~fqtn”にアクセスしたら、あれ、消滅してるじゃーん、で驚かない程度の管理責任は果たさなくちゃいけませんからね、って、

o(^▽^)o やったあ、これであのくそ忌々しいふかたになんちゃらの余計千万な存在痕跡が無くなるのか、さあみんな、奴の血で炊いた赤飯を炊けーっo(^▽^)o

 でも

 (´・ω・`)ほっ、やっとこれであのおかしな支離滅裂・基地外野郎の見たら腹立つだけのHPがこの世界から消えるのね、これを知った今日から枕が高いわよー(´・ω・`)

 でも何でも関係ないので好きに罵倒・嘲弄・お祝いetcにいそしんでちょんまげな。

 何しろこの暇も管理人本人はいよいよ孤立無援・他人を頼っては負け・わしの好き勝手に暴走を繰り返したもん勝ちwwwで徹底するほど、驚きの絶好調化を遂げる一途なので、↑(^o^;)あんたらの思惑どおりにならず残念だったな(^o^;)、としか。じゃあお馴染みの年末までこんなとこは見ないから、酔露死玖ー。

 ※念のためだが、無くなるHPに記述した内容自体、何も恥じるところなし。ただプロバイダーさんの都合で無くなるつーなら、それもそれで定めじゃね? に過ぎないのぢゃ。
 

2017年。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2017年 1月 1日(日)06時27分33秒
   ほんとに毎度ながら、一年なんて瞬く間に過ぎちゃうもんだよねー、がこの2017年頭も最大の実感。そんな渦中、たまたまだが昨年はここへ久々に管理人最近の思考を連ねてみたし、それを只今も披瀝するに大した困難は感じていない。
 けどな。我ながら意外にもこの年末から、ますます他にやらねばいけない仕事が満載状態だー、に気が附いたやら陥ったやらで何しろ余裕がありません。
 この事情から敢えて昨年に長駆筆記した事項のエッセンスだけ再確認に留めるけれど

“事実”という最も大事な論点を軽視し、自分の都合にその“事実”を当てはめようとして譲らなかったから左派、そしてこの思惑を教本として鵜呑みし、自ら考えることを事実上、放棄してしまった“リベラル”もまた負けたのぢゃ。その事例たるや如何なる個別案件をみてさえ、ほぼひとつも討論に於いてこれら左派が勝ちはおろか、常に圧倒的な惨敗しかしていない、これはこれで唖然の有り様から目を逸らしてはいかんのだが。……まーもろにそのやってはいかんこと・負けを認めずして論点ずらし・居直りに終始するしかない更に目を覆う惨状ばかりぞろぞろ認められ、まだそれを受入れえない悪循環。念入りだが、その実例をここに列挙なんて無数・簡単すぎながら、やり始めるときりがないんだってばさ。そんな理由にて

https://togetter.com
ツイッターをまとめよう - Togetterまとめ

 推薦はここ。ごたくはいいから先ずこのサイトの検索欄に“左翼”と入れ、更に勧めるならこれをビュー数=閲覧数順にソートして一読しなされ。他にもそこらの人が大挙として集う、あの2ちゃんやらヤフコメやらも知名度なら高いが、あれらの悪質参加者たるや、だったらまだ左翼さんの方が増しぢゃね? レベルにひどいwww。もうひとつにあれらの掲載方式ですね。どれをみてもこうしたあほどもが喚いているだけで、中にいい意見もあるんだろうが、とてもじゃないがそれを探してはおれんのよ。
 ところがここのみ、テーマ-キーワードを頼りに探せば、おおー、こんな論争があったんだねー、てな瞠目の上、そこで勝ちを占める人々こそ、どうやら真のWeb議論ウィナーとしていい事例が数多い。オスプレイの話なんかがいいんじゃないかな。
 これぞこのBBS開設当初から主張してやまないとおり、左右上下のどれかひとつだけを見て、世界なんてものは我々に真相を教えてはくれんのです。それを怠る、理解しないゆえ、ウヨサヨあるいは宗教などの差異が極端・偏向化し、それを総じて“原理主義”なる代物に陥ってしまう。そう、けれど一方、永らく我々の世界はその原理主義村でしか人間個々を思考せしめえなかった事例ばかりや。敢えていつもと同じ例にてわかりよさ最優先にしたいが、北朝鮮=地上の楽園だー、の訳はかつて一度もなく、今やそこへの帰還事業やらで送られた人々の慟哭・惨事報告に吐胸を詰まらせない人はいなかろう。ところがその隣国に等しい位置の国家情報さえ、その過酷なる独裁実態をも“楽園”と誤認させたのは、誰だろうか。
 即ちそれこそが“事実”を確認しようともせず、自分たちがそれに就いて如何なる誤認をやらかしたか、指摘されても認めようとしなかったあまりにも愚かしいこの半世紀超余塵、なのである。そして同様に、慰安婦問題とて“事実”がまず何であるか、念入りに繰り返すがウヨサヨどーたらに惑わされず、おまけにこれだけの資料が得られるWeb検索で数分にて得られる情報さえ参照せず、どちらが正しいと鵜呑みしてはいかん。そうした場合、元々管理人はどちらも信用などしていない立ち位置しか今後ともなく、もし左派の話を調べてどう解釈しようが左派が事実に沿うじゃーん、ならその時は左派を支持するだけ。ところが調べるほど左派の好きなだけでたらめな惨状ばかり目立ち、まーその結果があの朝日新聞さえ謝罪、と。北朝の拉致判明で在日さんの多くすら、そこまで信じていたあの体制信奉から離脱した経緯こそ、どちらかと言わず健全でなくなんだろうか。
 ついでじゃなくメインで、イラク戦争はこの正反対やらアメリカのどないもならんナショナリズム・俺様流儀最悪のごり押しがなさしめた代物なのよ。あれも“大量破壊兵器はある”との誤情報なく成立しなかった経緯を、人が信用したゆえ出来上がった愚かな戦争ゆえ、そんなもんを断固として許すな=だからここを開設した。そう、おわかりだよね? ここでももしまだサダムがクエート侵攻をやらかした同様の気配を、実は国際社会との約束を反故にしてまだ進めていたなら、そしてその証拠として尚も軍拡=そうした兵器の開発を行っていたなら、それはそれで確かに理不尽だったろう。けどごらんのとおり今やそんな兵器開発の痕跡はなく、あるとするならその朽ちた廃棄物ばかり。
 再度おわかりかや? 同様にして慰安婦や南京問題なども、アメリカ、ではなく中韓のナショナリズム-極右化により嵩じた代物が源泉なんだから、その米中韓いずれもの“右傾化”こそ世界の危険物でしか又ない。アメリカだから正しい間違っている・中韓だから正しい間違っている、とこれに如何なる関係があるのさ。元よりソ連は左翼の本家だが、理念としてそうであれ、やっとることはスターリン独裁・後期になってもアフガン侵攻、であった。従って管理人はそんな国家観も断じて許しようはない。
 そうしたバイアスなき目線、でみれば今の中韓姿勢も又、イラク侵攻のアメリカ同様に許しがたくて何がおかしい。まだ老婆心だが、ここには我が親類が元米国軍人であり、昨年もご近所の在日さんにひとりとて“悪人”は確認されない事実さえ遠慮なくお報せしている。そう、詰りこれらの政治体制がどうであるか、と、そこに生きる人々がどうであるかは直接に関係しない。然しアイダホの農園おじさんがもし、イラクは我等のパウエルさんがまだ危険だと言っているぞー、だからやつけなきゃいかん、と思い込んでいたらそれは違うと返答するだけ。同様にして慰安婦問題は朝日新聞がかつてでたらめ千万を撒き散らしていたものと実態がかなり違うのに、それを誤認しているお花畑さんがもしいたら、そんなもんにほいほい騙されていいのかと。詰り何れも彼等の理念なんちゃらがどうであれ、事実と反していたらその時点でどう高尚な理窟を唱えたとて間違いは間違い。
 ここで我邦の左翼さんは物の見事にこの愚かしいトラップに嵌まりつつ、断じてそれを認めない見苦しい様相、をキャッチするに紹介サイトは最もわかりよい。
 てな感じでやらないと言いつつ、あっちゅう間にこれくらいになっちゃうだろ。でもここまで呼び水を撒いたなら、後はご自分で調べて考え直しなされ。って今や誰ひとり見ていないかも知れないものの、そんなこたどうでもいいやろ。更に念入りやら、この間に仕入れた新情報中心で上記を執筆したら、ますます行数が増えて敵わんゆえ、ここで以前からお馴染みの材料を敢えて採用しての示唆たること、尚誤解なくな。じゃまた来年www。
 

参考・推奨人名事典(韓国以外)。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2016年 1月 1日(金)17時58分10秒
 

 と、前稿は韓国系の余談が意外や豊富すぎ分割になったものの。依然として報道の中核を朝日新聞以下、左派が牛耳っているゆえの腐敗つー認識こそ、既に多くのネチズンが痛感しているだろう。そう、彼等こそが立派な既得権益者典型なのである。故に政治の腐敗がー、と喚いているその彼等マスゴミ自身こそ、それに負けず劣らずの惨状だと、我々サイレント・マジョリティーはとことん追求せなあかんのや←これぞ21世紀日本に於ける大衆の健全な“反権力”運動ぢゃよ。かつてソ連の秀抜な地下ジョークに“プラウダで正しいのは日付だけ”とあったけれど、今やそれが我等の朝日新聞にもそのまま通用しちゃう程なんだからね。尤も東スポの場合はそう揶揄されても勲章になるほど、まるでモンティ・パイソン匹敵の見上げた風格だがwww。

 随ってもしそれらネオ極東プラウダの報道=情報しか知らない人がまだいたならば、以下に挙げる人々の論考を数多く確認して頂きたい。


 ……弊掲示板立ち上げの頃、尤も管理人が“弱かった”・一知半解の分野こそ実は【経済】だったので、あるいはそれを痛感した一理でも個人的な価値は開設にあったのかも知れぬ。何故わかったかつーと、夜郎自大やら、やっぱりそこまではアート系ばかり熱心に鍛錬し、他に疎い(←こうした経過の自称芸術家さんは多いと思うぞwww)まま、社会系のこんなものもやってみました、ではそりゃあちこち無知とて仕方がありません。なんでも知ってる訳がねえんだよ。でもそれじゃいかん、と思えるか否か。思えたならばやってみろ。

 それでも消費税なるものがどうして駄目か、程度は今に省みてもほぼ誤らず当時から既に看破しており、ギリシャに至りそれが20%超にまで跳ねあがったとて、にゃんが改善したろうか。EUと日本は税制の基礎が元々異なるんだから、それをいわゆる木に竹で継ぎ足す発想自体がおかしい。尤もこの件とて本腰に記述してしまえば、やっぱり途轍もない分量しか予期しえぬに就きこの程度ながら、事実、年に一度しか書かないこの何年とない間合いさえ、一瞥すれば明らかなとおり、【経済】関連ねたを敢えて選び解説していただろ。おまけにそれがベンキョーした分、間違えてはいないんだし。そう、結局は何事もベンキョーぢゃよ。

 実際、ここ十年とて何故左翼経済論の殆どが使い物にならず、ソ連や東欧名物だったあの配給行列リプレイだろwww状態が、今もまたベネズエラで再現されたかをも、おかげさまで手にとる如くわかっちゃったし。左派御用学者の経済理論を援用した民主党政権が、どれだけ経済政策もぐたぐただったか、高見の見物で当然視可能だったのも、この知見獲得ゆえよ。

 そこらをまともに押さえて行くと、“えー、どうしてその民主党から自民党に変わっても大してよくならないのー”てな疑問さえすらすら解けるのさ→そう、これは黒田日銀金融緩和のせい、じゃなく、又しても消費増税=財務省なる自分の算盤第一・国民なんぞはその帳尻より下の連中が主犯であったにすぎん。日銀の緩和は、前白川総裁も現黒田総裁も、名目ばかりは“やっていた”如くみえる人もいるだろうが、実態は両者で大きく異なるのぢゃ。白川の場合、緩和の看板を掲げつつ実際は少し蛇口を緩めた途端、うわ、こんなに出たとすぐ絞るナーバスかつ惰弱な有り様に対し、黒田の場合はそれこそ白川比限定だが、逆にどばーっと遠慮なく開けて締めないほど違う。ただそのどちらがおかしかったかも、ガラパゴス日本の頭でみれば白川が穏当らしくみえるものの、世界的にみれば黒田が寧ろ普通なのよ。バーナンキやドラギはおろか、中国習体制下でさえ、リーマン後の緩和量は(もし白川基準でみれば)途轍もないものの、なんのことはなく、バーナンキ基準に照らせば黒田はそれに合わせただけ。もし日本が世界の金融政策から鎖国的に唯我独尊を決めようとも、それに耐えるほどの超大国であったならばともかく、まさかそんなことはないのだから、これらの潮流に乗り遅れた白川の罪は重い。一方、黒田緩和は良しのくせして、あんまり景況がぱっとしないままじゃーん、が何故そうにしか実感しないかこそ、緩和を世界基準でしつつ一方、消費増税もやっちゃった・詰りアクセルとブレーキを意味なく一緒に踏んだせいに尽きる。

 いやー、ごらんのとおりこれひとつをさらっ、と一瞥しかけただけでこの行数になっちゃうんだから、ほんまに概説(=細部まで誤解なく説明すんのは本一冊級だわ)で勘弁ねがうものの。これもこれら情報-経緯にひとつとて戸惑わんほどの理解力を確保したゆえ、じゃあ一例なんで今の日銀にて岩田規久男さんが副総裁となり、改選の新委員に原田泰さんが就いたかまで、管理人の不思議はない←専らこの分野、に力を入れて学習していた弊掲示板沈黙期間の動静なのよ。

 してみれば一体、にゃんが消費増税の影響でまた緩和のそれか、全くごちゃごちゃに論じて又も政府が悪いー、と喚く役にしか立たん左派学者のだめさ加減、がここでもひどすぎ、とてよーくわかっちゃう。例えば浜むらさきおばさん、なんて人は一体なんの根拠やら、もう何年も続けて今年は円が50円になるからー、むっきー、と騒ぎつつ、毎年100円を超えたままwwwほど大外れしてもまだ、同じ大声をやめんとかさ。これだけ外しっぱなしの先生たち、をけれど信用し、経済記事のご意見版番に充てているのも、やっぱり左翼陣営なのぢゃ。そんな奴らに任せ、ソ連名物の配給行列に加わりたいのかwww。

 けれど再び、それもこれもここでひとまとめに論じては無尽蔵に就き、あるいは上記すべてのアンチョコぢゃね? 程これらがどう正しくどう間違っているか解説させたらこの人が随一→高橋洋一さんをここに推薦しておくゆえ、以降の空白は彼に学んでください。これら経済学基礎を敷いた安保・集団的自衛権の特にコスト学習でも、極めて有益なデータをいくつとて教えてくれるし(高橋さんを補完する人たちは、他に広木隆さん・会田卓司さん、あたりがいい)。

 同様、今度はこの2016年始短期集中シリーズにて、とことん批判しとる朝日新聞以下のマスゴミがどれだけ底無しにもう駄目か、を同じ記者・ジャーナリズム目線で詳細に批判している人は、長谷川幸洋さんを措いてやはり他に居ない。旧弊、それもこんな感じになってとっくに50年さえ超えているだろ、の目を覆う新聞論調自体を、根底から“正しいジャーナリズムの眼”で見直すに、彼の役割りは極めて貴重なので、ここでも左翼陣営がどれだけ事実・現実と乖離しているか思い知るに格好の論拠を学びうる。

 であればその“左翼”が何故こうだめに成り果てたかを、これもとことん誠意に説明してくれる人・それもどんずばの“当事者”感覚に富む者は、元共産党幹部の筆坂秀世さんを措いてやはりいない。一応ここは反戦サイトのひとつじゃなかったっけ? けれどなんでこう反左翼なんだよー、としか思えん向きは真っ先に筆坂さんが何故、今や共産党をあからさまに批判しているか(けど呉さん同様、そこには深すぎる郷愁さえ濃いのよwww)、そして結果的にだが、その目線はこんな管理人と何故やら酷似してさえいるのか。まず余計な先入観を排除し、彼の話を聴くこっちゃな。

 一方、日韓あるいは中国も含めた極東諸国の実におかしな嘘仕合、が何故に永らく解決せず、深刻化さえしとるのか、これも我邦左翼のお話だけ聴いてると、ほんまに頭がおかしくなりますwww。まるで世界にはこの三国しかないのかよ、てな論調のいびつさに何故、彼等およびその鵜呑み組は悟らんのやら。そうなると後はどれだけ公平な外国人がそのジャッジをしてくれるか、要は東芝とかで事件が生じれば第三者なんちゃらが絶対必要になるやろ、あれと同じニュアンスで欠かせぬ名前がケント・ギルバートさん。紛争解決のイロハとすんならそのとおりなので、日中韓は当事者そのものすぎ、従って外部の意見判断が公平であるほど実益も高い。反対の位置取りを挙げるならば、なんで嘘の側についてるんだよ、の浜おばさんと同じ手合いで、マイク・ホンダみたいな人は信用してはいかんのよ。お話はいつものとおり好きなだけ、ケントさんと同じに聴いていいが、両者を公平に並べたらマイクさんの客観性欠如、偏向ぶりひとつとてトランプ候補のライバル状態wwwしかわかるものはない。他にはトニー・マラーノ=テキサス親父さん、なんてこれも実に親日すぎるおじさんが居るものの、彼に大した瑕瑾はなくとも、ちと過剰にサービスしすぎなんだよなあ。ケントさんの方が左派言論にも公平な見方を忘れていないと私見します。

 あるいは永い時を経て、やはりそんなこともあったのかな、に成りかねん昨年こそ沸騰した難民問題だが、ここでも当事者感覚ゼロの場当たり批判しか出来ん左派どもは、“どーして日本は難民を受入れないんだー”に嵩かけるばかりだろ。けどこの場合とて、彼等が一体にゃんを取材し、調べているやら、ただそれらしい表層の数字さえ列挙可能ならもうそれで“批判”一点張りとは? これが事実とどう異なり、何故に見た目上の受入数が少ないのか現場叩き上げにて知悉し・それを誠実に報告している人こそ吹浦忠正さん。もし新聞の浮薄かつポピュリズム迎合そのものの“どーして受入れないんだー”に騙されてそれきりの人がいたら、彼の論旨を先ずみなされ。

 同様、ではなく関連性ならそのままそっくりだが、我々日本とは異なる欧州難民受入れ事情に就いても、やっぱりドイツの左巻きとてだめなんだ、を正しく伝えている人に川口マーン惠美さんがいる。この難民関連論旨概説も前記投稿にピエリ守山さえ援用して提示済みゆえ、そちらを参照して頂くけれど、彼女の目線では《緑の党》さえ散々のお花畑視にやりこめられちゃうとて、とてもじゃないが否定しようはありません。何しろ今の勢いで受入れろー、としても、一体どうすれば? の子供じゃない大人なら誰もが考えなきゃいかん論点をも、見失っている何割かのドイツ人。全く尋常ではないそのざまを、当り前の常識的見地から指摘して何がおかしいのだろう。

 もうひとり、この事典中の最年少ながら、うわっ、もうこんな世代の人がここまで鋭利の思考を獲得しているの? の驚きも含め、三浦瑠麗さん(国際政治学者)を挙げておく。管理人の論理力・公平重視の目線ととてもよく一致する論旨の明快かつ多様さに瞠目して然るべきだが、何やら早くも左翼さんたちがざわざわ彼女を疎ましがってる様相も、逆に面白い。そう、公平であろうと務めるほど、それが偏向にみえてしまう今の左翼陣営不健全さ、をたまたまながら三浦さんみたいな人が結果的に映しとっているんだよね(但し文体の多様さ、を“ちとわかりにくい”とする批判する人なら、今のところ少なくない。それは理解していいだろう)。けどそれがほんまかどうか、各自が虚心に検証すれば済むこっちゃし。


 と、あるいはまだ掘り下げて員数を増やすことも可能ながら、一瞥ではこれくらいが限度かもね。そもそもこれらの人をリンクに、彼等個々の論文なりを読み、更にそこから人脈を辿る作業? ここをたまたま読んだ誰かの、どなたがそこまで遂げられるんだよwww。そんなもんはこの地球上にいるとは思えんわ。従って今年の実に珍しい長駆年始挨拶もここまで。


 ☆以下は本稿の蛇足に類するが、これら採用の多くが、なんやかやと前記の“保守”陣営にとりこまれ加減自体、事実なんだからそのとおりと認めてもよろしい。けどな。そうならざるを得ないほど、左巻き陣営が底無しにひどい有り様ゆえ、だとすれば上記の彼等がどうしてそんな汚染環境で発言してくれよう。管理人は誰の箸にも引っかからんが、このざまで左翼さんサイトへ何か書き込む訳にもそりゃ行かんやろ。それと同じこっちゃわ。

 以上、よくぞこんな誰もみていないとこへ遠慮なくまた書き散らしたわーい、の自分に呆れてもうおしまい。後はこんなとこ早くても2016年の大晦日まで見ないから、そこんとこ四露死苦ーって、事典形式宣言のとりまとめだけはもうひとがんばりで一覧作成しなきゃいけませんね↓。


呉善花(日韓関係)

鄭大均(在日問題)

高橋洋一(経済関連)

長谷川幸洋(報道関連)

筆坂秀世(左翼関連)

ケント・ギルバート(アメリカ人・第三者的立場代表)

吹浦忠正(難民問題)

川口マーン惠美(欧州関連)

三浦瑠麗(国際問題)

※敬称略。

 

参考・推奨人名事典(韓国篇)。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2016年 1月 1日(金)11時32分42秒
 

 △……事典、には程遠いものの、個人が年に一度ひとまとめに書く規模なら、まーそんなものかなのニュアンスにて頼みますね。


 旧来の左派、とされる論客さんの頼りなさ・旧弊ぶりたるや、いくら彼等の文物を読むともどないもなりません。断じてあれで言論・意見はもう出尽くしとか勘違いしたら百年目さ。又、たまたま何年ぶりやらで書いたとて、とても論旨を尽くせる質量にはならんゆえ、最後に前記までの管理人思索を相互フォローしてくれよう人々を紹介して、擱筆としますね。


 韓国および今の韓国人がどう間違っているのか、管理人さえ嫌韓ブームに相乗りかーい、か否かそんなこた関係ありませんから。ウヨサヨ同様、親韓嫌韓論議もお断り。正しいなら正しい・間違っているなら間違っている、に於いて今の韓国全般はちとおかしいのよ。永い歴史からみればそれとてやがてそんなこともあったかな、になるんだろうが、一応の経済大国化を得て、特にこの十年はこれじゃいけません。で、それは恐らく当の韓国人同士とて、寧ろ身内からその危機感を暴露・批判しない限り、出口などありゃせんのだが、何しろそれを依然として言論封殺、しまいに暴力行使でも防がん風潮がいよいよ強い(一昨年は産経新聞記者起訴を例にしたけれど、昨年であれば“慰安婦問題=広汎な人権問題”なる、これぞまともな提起を示した朴裕河教授案件さえ、又しても言論封殺に忙しかった有り様や)。

 そうした意味合いで“真の韓国愛”を健全な形で表明している人は、呉善花さんくらいしか数えられないのぢゃ。一見、韓国に痛烈な非難を加えるばかりに見えるものの、その根底にあるものはどうすれば祖国が“真の国際化”を遂げるか、心底追求しているゆえだろう。もしこのまま夜郎自大・おかしな事後法の横行する国・嘘と捏造ばかりの国で故郷があり続けたら? それでも通用していたのは、たかが1980年代にやっと国民の海外渡航が自由化され、米飯もその頃にみんなが食べられる経済へ到達した、実は極めて若い国だからで、そのガス抜きを政治三流のひよわい日本相手で反日教をやってりゃ良かったここまでに過ぎん。ありとあらゆるもの、を日本の模倣で済ませ、サムスンさえ日本イメージで売り込んだここまで。たとえれば長ーいストレートエンドまで、日本の後ろについて並走していたものが、どばっ、とスリップストリームから抜け出した国=21世紀序盤の韓国なのよ。けれどそれを管理人に限らず、日本人がいくら指摘したとて所詮よそものだが、そこらでこそ呉善花さんの存在は実に大きい。尤もおかげで正直者の呉さんは、今や入国さえ危うくなっとる……、のも知られるほど韓国の異様さが目立つとは思えんのかや。

 同様にして在日問題もいよいよぐたぐたの様相だが、参政権云々他、多くの問題に於いてまともな解答を与えてくれる在日さんは、鄭大均さんをおいて他にいない。呉さん以上に穏当・地味な論調で目立ちはしないが、それゆえに傾聴すべき常識人なのぢゃ(注・両者ともに今は日本国籍取得者です)。

 そもそも在日一世とされる世代の韓国人は、今にみる傲慢でわからず屋のイメージばかりだったろうか? そんなだめ人間も昔からいたものの、個人的に該当する“悪い韓国系の人”に遭ったことはない。さりとてこの件に関しては、他になんだか想像を絶するひどい目に遭った、と話す日本人も確認が容易なゆえ、自分のみたもの=全部とは別に言わん。もしそれが前記ネトウヨ捏造ではなく、確かな事実である限り、いつでも報告いただければ幸いである。一方、若手とてゴルフのイ・ボミさんとか、悪くいう人はみたことがないし。まーそこらは個人の狭い体験で完全な答えを出す訳にも行かんやろ。

 何れにせよかつては弱小・今や世界的企業にまでなった韓国財閥の始祖たちも、驚くほど謙虚な在り方の元々であった。なんとか我々に教えてくれ、そうでなければやって行けないんだ、と頭をさげ我々の爺さん世代に平身低頭した韓国人はいくらもいた。それ自体、その時は嘘じゃなかったろう。

 在日だが、ひとりだけそのレジェンド立志伝的モデルにくりそつなお爺ちゃんをかつて、管理人も知る機会があった。とっくにやめて何の関係もなくなった会社だが、そこに勤めていた折り、そこの社長と懇意だった在日のたぶん一世さんがおり、仄聞ながらうなるほどの金持ちだったらしい。けど会合なりでお会い(その程度の関係でしかありません)すると、これが又とてもじゃないがそうは見えず、ん? そこらの老朽安アパートに住んでる普通のお爺ちゃんぢゃね? と誰もが失礼にも思ったろうほど質素そのものの身繕いなのよ。と・こ・ろが。やはり折りあってお話を窺うと、驚くべきか“A駅前のパチ屋はな、昔、俺がやってたんだよ。今はもう息子に譲ったが”てなまさかの事実で、要するになるほど在日さんの典型すぎる人もいたもんだと。社長のつてでやはり唯一度のみ、爺ちゃんの家へ招かれたところ、下手すると億ションぢゃね? の広大かつ市街セレブ地でそこがあった上、“いや、息子はな、もっと高いとこに住んでるんだよ”と窓を指差した山手方面は、更になるほど物凄いセレブ街(都内ならシロガネーゼ・関西ならアシヤレーヌ居住地みたいなwww)中核であった。ただ顔とか身なりは、もしソウルの貧民街で遭遇しても違和感がないほど痩せて小さいのぢゃ。これも余談すぎるが、多くの人が話に聴いたことはあっても、事実と一致するか確認する機会がないあの“朝鮮人、朝鮮人とパカにするな”つー発音上の訛りさえ、リアル一世そのものだったのよ。バビブベボは全部パピプペポになってたな。けれど急いで説明しておくが、トーホクから来た似た世代のお爺ちゃんとて、“東京へ来たらな、なんでも下に嫁っこみたく「こ」をつけるんじゃねえっぺ、と教えられたもんで、昔は煙草屋で「タバください」と言ったら大笑いされたんだよ、あれは参ったな”てなお話も聴いた試しがある~そう、これもおわかりか。その人の故郷ごと、訛りなんてものは無数にあるんだから、管理人的にこれらの爺ちゃんたちがもし、パピプペポやタバを恥じ入り、気にさせてはだめだと。それはそれで別にいいんぢゃね? の寛容を最近こそますます喪失しとるなんてさ。何しろ管理人にしてからが、典型的すぎる関東人(わしのご先祖ルーツはガルパンの街近辺らしい。まさかあんな鄙が有名になるとはさっぱり思えんかったが)すぎで、今も“し”と“ひ”の区別がうまく附けられませんwww。なんで“品川-しながわ”なのに、“品質-ひんしつ”なんだと。詰りな、差別だー、にせずゆるゆるで構えときゃ済むものにさえ、“差別”定義をしたがるゆえ、ますます世間がぎすぎすする一方の昨今(この件、下記後述)だろ。そこでも左巻き就中-人権屋あたりがおかしい・ゆがみきった様相を斬らずどうだろうか。

 そして決定的に驚いたのはな、そこまでのさぞ大儲け人生ながら


普段は月収十万円かそこらの、道路ソージのお爺ちゃんを、それもほぼ毎日勤めあげてるだけ


 つー、金目を除けばこれみな謙虚の塊みたいな人であった。どこにも威圧感がありませんwww。至って優しい。唯一、こりゃ困ったのはこれとて人生唯一度の機会だったが、そこで出された奥さん手製キムチ(やっぱり生活は韓国系そのものやねwww)が、何しろまずい。あんな味のキムチは後にも先にも一度とて食べたことがない代物だったが、一体なんで? と後になってつらつら思い直したところ


うげっ、あれはたぶん化粧品の味だー


 にやっと悟ったのぢゃ。そう、推測ながらさっすがそこも韓国人らしく、ろくな手洗いをしないまま、お化粧と混じった手でキムチを漬けていたのだろう。爺ちゃんはずーっとそれで普通・なんでそんなことが日本人は気になるんだろうね、かも知れぬが。

 然るにこの僅かな実像、と、あちこちで伝わる韓国大企業創始者たちの性格・人となりが又、物の見事にリンクせずどうだろうか。確かに色々と日本人にはない性格・在り方は如実だが、そこには誠実・努力・節制の総てが滲んでいる。もひとつ驚いた仄聞だが、なんと我々の社長は爺ちゃんから経営上のお金を融通して貰ったこともあるらしい。

 ついでか否か、管理人の母親が焼肉大好きなもんで、子供の頃からやはり在日経営だろうな、の店へ無数につきあわされたものの、そこでも実に一度とて不愉快な覚えはありません。あれがどーしても焼肉を、つーもんだから、じゃあ同じ店もなんだと思い、何軒となく通おうとも、悪態ひとつつかれたことはない。最も驚いたのはな、斯くしてあまりにもよく食べたがる最頻度のお店、へは高校生くらいの頃からなんだか恥ずかしくなり、さっぱり行かなくなったものの、それでも事後ながーい空白を経て、もうおばちゃんもわしを忘れただろ、の頃、たまさか友人とその店へいつ以来で入った途端

「あらー、おにいちゃん、すんごい久しぶりー」

 にて、信じられんことに子供の頃から顔も変わったろうわしを、昨日の如く覚えての大歓待とは。今に想い出しても恥ずかしい逸話、どころか泣きそうになるほど手厚い持てなしだよね。さりとて結局は又そこへ行くのも恥ずかしいままだから、今時はこんな下町の店でもグルメ・サイトのクチコミが何件もある確認をすれば、やっぱり

“おばちゃんが優しいからねー”“だよねー、いっつも親切でー”

 てな話しか出て来ないwww。誰に対しても表裏なくそんな感じってこっちゃよ。同様に、他の焼肉屋さんでも初見でいきなり

「いやー、お客さんみたいに残さず食べてくれたら、とても嬉しいんですよねえ」

 まーそこらは母子ともに元々そんな性格・在り方だが、そこまで素直なにったらこ、に喜ばれた店はほぼありません。そう、これら在日さんの生身、と接したとてこの程度だが、一体だれがどう悪者はさっぱりわからんのよ。共通して言いうるのは、何によらずフレンドリーで率直。

 従って在日、であれそこらに普通の生活をしている人が悪い、とは特に認めようはない。あんまり気にせず、世代を経た方が日韓友好ともなんとも言わん内、問題なくなったんぢゃね? それを何者って、朝日新聞や左派人権屋どもが日本海だ東海だを挟んでの深刻な対立にしおった。あまりにもマッチポンプすぎまいか?

 んが一方、仮に李信子【仮名w。こんな奴とそのぱよぱよしばき仲間やら、が万一ここを察知してもろくなことにならん配慮ぢゃよ】やらいう人をみてしまう限り、これでは“差別の当たり屋”とか揶揄されても仕方がないだろうと。たまたま報告したそこら・生身の在日さんは、同様にたまたまパチ屋・焼肉屋であるのみで、後はそれさえ気にせんかてええ。多分それが日韓ベスト関係や。けれどにも関わらず、それにわざわざあれこれとけちをつけ、何としてでも日本が悪い・韓国に謝れとやらかす連中。火のないところによくぞ煙はおろか、今時の言葉でいえば“炎上”しか画策せんものよ。流石にやむなくその信子やら、を調べたところ、それでもあまり怒らず済んだのはな、やっぱり対日本人だと在特会みたいのがカウンターに現れて収集つかんわこりゃ、になるところを、ツイッターで上記提示系それら穏健派在日さんが、信子を猛攻撃しておった。いわく“こっちがまじめにやってるのに、あんたみたいなのがいるから”“在日のつらよごしやん”“一日中差別差別ってうるさいっ”とかかなりのぼろくそだが、それでいいんだよ。だって発言の感覚が、これみなこれでこそ普通なんだからね。もっと好きなだけ言ってやって下されwww。これがほんとか否か、他と同じく簡単に検索で獲られるゆえ、ご確認よろしく。変で過剰な反日ノイジー・マイノリティお断りの上、繰り返すがそれを日本人が指摘しても収まりがたいゆえ、これらサイレント・マジョリティの在日さんこそ我々は支援せなあかん。ヨケーな屁理屈はどないでもええ。結局はそこらの人のそこら感覚で、それなりに暮らせる社会よ。

 つーより最後には誰が在日で日本人だか、そんなのどーでもええやん、が普通になる日こそ日韓問題の実はゴール・鄭大均さん以下、単なるそこらの人同士で何が悪い。逆に差別だー、とそれを煽るばかりの人権屋・恫喝屋こそ国籍(信子と中身互換の人権弁護士やらにも、ひどい奴が目立つのぢゃ)はどうあれ我々の敵なのである。って、書く内にますます朝日新聞やら人権左翼やらこそ、怒りを改めて覚えたがな。ありもしない過剰な慰安婦ストーリーを世界に拡散し、友好どころか下手すりゃ永遠に取り戻しようのない日韓離反の種を蒔き続けたんだからさ。


※まだやったるー、つーより↑これじゃまだ事典案件なかばすぎ。

 

2016年-お笑いネトウヨ編www。

 投稿者:ふかたにまひかる  投稿日:2016年 1月 1日(金)07時53分37秒
 

※ふひー、書いとる内に年を越しましたが、にゃんの関係もあらしまへん。って、とりまのあけおめ・ことよろくらい、人並に並べなきゃいけませんな。


 (承前)その例をいくつか、サイト特定(しても仕方ないのぢゃ。似たのがいくつもあるんだから)しない形で、こんなものかの紹介すれば


【韓国某自動車メーカーの凄まじい勘違い戦略が頓挫確定。日本側も呆れる】


 こうタイトルしてあるので、何かと記事(どこかから勝手に拾うだけwww)本文をみれば


 “その某社が欧州高級自動車メーカーから、幹部を引き抜いたが経営にどれだけ関与するかは不明”


 程度しかどこにも書いていない。いわんや何が確定だか。


 【韓国議会が日韓合意の破棄を宣言。日本は呆然】


 これでも表現を控え目に治したんだが、やはり記事は


 “慰安婦問題での日韓合意に対し、韓国の某野党代表は、「合意は国会同意がなく無効」と主張”


 にすぎない。詰り宣言ではなんらなく、単に一野党がこの合意に対してこうした異論を述べただけで、おまけに日本の誰が呆れたり笑ったりしているかはますます定かではなく、だとすればそれをやらかしとるのこそネトウヨ諸君自体だろうと。

 なんともはや。もっと数を増やそうと思ったが、あほらしいので二件でやめときますね。余程その気になれば、これを見た各自(いるのか?)が勝手に検証しても大した時間は喰わないよ。そしてこれを連日連夜ずーっと、嫌韓サイトなら韓国がわるーいっ、で続けてるなんて。こんな感じであるとも言えん話を百あるとすりかえ、ばかり繰り返しとる=典型的なネトウヨ行動だろう。何がおかしい・違和感ありって、上記までに述べた左翼・あるいは韓国政治ならではの偏向報道や政策、がけしからん鉄槌の意志、増して慰安婦問題の虚偽がー、と喚きつつこうしたまとめサイトを立ち上げた覚悟? けど自分たちはそのくせもっと全然ひどい改竄しかしないwww。なんつー自分に甘く・他人に厳しい在り方だろう~でもそれって左翼マスゴミと根が一緒どころか、この手法=ネトウヨ諸君のタヒぬほど嫌いな朝日新聞-その往年どんずばなんだけど。恐らくこれらの“理由”のひとつは、タイトルで釣り-アクセスを稼ぎたいんだよおお、だろうが、それも含めあんたらがマスゴミを嫌う・批判していたんじゃないの?

 そう、だとすればたまたま今は左翼の数多い失策・直近では民主党の無益さ加減による自滅を受け、にわかに保守と称する人間が反動的に隆盛しとるものの、なんのことはない、こんなレベルではいつまた逆相になるばかり

 戦中朝日新聞の国民戦意煽動ぶり、も甚だしいもので溢れていた。ところが終戦直後、なんと彼等は誰よりも早いたったの数日で今度は戦争憎悪・反戦だー、に逸り今日を迎えたのだが。まーよく似ているものや。

 極端から極端へ行けばいいのではない。そうじゃなく、その“極端から極端”になるからいつまでもだめなのぢゃよ。


 ある料理があって、それに1グラムの塩を加えれば適当とする。ところが、左翼お花畑さんは“わたしは甘いの好きだからどばーっと砂糖を入れましょう”状態vsネトウヨ-なんでも中韓が悪いー、ですっきりしたいだけの奴なら“男なら塩をどばーっと入れんか塩をーっ”状態、にどうやら現状のレベルはすぎんらしいwww。わしからみればそのどっちも明らかに間違いだ、と極めて普通の話しかしとらんのよ。精々、薄味が好きな人はこれを0.8グラムに、濃い味が好きなら1.2グラムに、で許容範囲だろ。砂糖どばー・塩どばー、のどっちでも大半の人は“ぺっぺっぺー、こんなの喰えるかーっ”でこそ健全や。この当り前がわからん限り、我々に平和は来ないよなあ。


 故にこれらネトウヨどもの捏造も、左翼や韓国のそれと大差はありません。その手合いたるやイスラムも大嫌いで、韓国人と一緒にムスリムも来るなーっ、にて団結度も極めて高いものの、なんのことはない→彼等が豚肉を食べられない、それは変だと断じつつ、自分たちはロッテ(在日企業だかららしい)が食べられない・在日特有の通名は漢字でわかる、etcではどれだけの矛盾撞着だろうか。何しろ検索にて《ネトウヨ 戒律》と入れたら何万件となくヒットし、ネトウヨの戒律が厳しすぎてカルトみたい”“ネトウヨの嘘と戒律をまとめてみたら韓国以云々と、自分たちも又おかしな原理主義・邪教信徒、しまいにその大嫌いな韓国反日教と互換さえ指摘されとるざまや。


 んが、にも関わらずそれでさえ左翼が負けちゃうのはな、産経新聞や穏健保守論客がここまでに述べた“事実重視”成果に、ネトウヨは都合よく相乗りしとるだけwww、なのに対して、左翼のオピニオン・リーダーが精々朝日新聞および行き過ぎた人権や平和ばかり唱える旧弊論客ベース、の違いなのよ。詰りどこまで調べても、いや、調べるほど左翼ベースは根拠が怪しい過去の出任せねた援用に対し、そうではないだろうと調べ直した保守との違い。

 もうひとつに割りと新しいぱよぱよちーん騒動、やらで唖然だったとおり、他人にヘイトスピーチをやめろー、と厳しいくせして、左巻き本人たちはそれこそあさま山荘or山岳ベースじみた統制ばかりに頼って恥じない……、聴いたなりこのおかしさにぶっとばなあかんがな。実にそのヘイト本家? とされる在特会界隈すら、動静をみていると一時の害虫呼ばわりはもうやめ、穏健路線の模索(そりゃとっととルペンやハマスの後を追った方がいいのよ)と伝わる一方、シールズやらも含め、ぱよぱよだ闇のキャンディーズだの口汚さたるや、これでは“のりこえネット(上野千鶴子やらのヘイトも耳を疑うひどさぢゃ)”などの類似発想団体も含め、高齢から若年まで、味方が増えっこないやろ。どころかこれを繰り返して反省しないまま、呆れた常識人の離反を招いて必至ならば、ほっといて良策かも。どうしてそこにこそ往年の“自己批判”てお考えが及ばんのか訳わからんわ。何がこれでアメリカのダブスタがー、か。尤もだから似たレベルの人間しか残らんのだろうなあ。

 管理人はあくまでもそのどっちじゃなく中道のこと忘れたらいかんよ。どっちかが正しかったら支持するし、間違えていたら批判します。その眼でみて、今の左翼はごらんのとおり再起不能級にもうだめだと。一方、少なくともここに提起したネトウヨ諸君なんぞは、いつか又まさかのネオ学生運動が1960年代みたく大流行したなら、前後の脈絡なくそちらへ転身してただろ、ほど了見が怪しいし。ほんまにどっちも信用したら負けな奴らばかりだよなあ。


※まだ話は半ばに就き、立て続けに頑張りますね。

 

レンタル掲示板
/13